ホーム >

花咲か日記

2009年1月31日

双眼鏡

104853.JPG

105439(1).JPG

野鳥の撮影中に先輩カメラマンさんから

「双眼鏡があると世界が違って見えますよ。」

というアドバイスを頂きました。 

至極もっともなご意見。何で今まで気づかなかった? 

「何処だ?何処だ~?」

早速ヒゲ君(夫)の部屋を引っ掻き回し、最初に見つけたのはミノルタの一眼レフ。

マクロレンズやら何やらがいろいろ出てきて、昔を思い出し不覚にも涙がポトリ。

でも、おまさにはとても使いこなせそうもないので、そのままボックスに戻しました。勿体ないかなぁ‥

 

少しして、近くで双眼鏡も発見!安物のおもちゃのように見えましたが、試しに覗いてみたらちゃんと遠くが見えました。

「いいねぇ。これでしょう、これ!」「よ~し、お天気のいい日に双眼鏡とカメラを持って出かけるとしますか!」

ヒゲ君の分もね!

キレンジャク見~つけ!

094713-1.JPG

094207.JPG

ついに、憧れのキレンジャクに会うことができました。

4年くらい前に見てから、ぷっつり姿を見せなくなったと思っていましたが、毎年来るところにはちゃんと来ていたようです。

やっと写真を撮ることができ、感激です。

101853.JPG

 

こちらは5年ほど前に、自宅の庭で撮った写真です。

この年のキレンジャクの個体数は多くて、あちらこちらで簡単に見ることができました。

どちらかというとポッチャリ型で、「チリチリチリ」と鈴を鳴らすような細い声で鳴きます。

 

‥テレコンバーター、欲しいなぁ‥

2009年1月29日

キタキツネ

今日は久しぶりに車があったので、キレンジャクに会いに柏木神社方面に行ってまいりました。

 先輩カメラマンさんに教えて頂いた ナナカマドのそばで しばらく待っていましたが、残念ながら遭遇はならず。

まぁ、「そう物事上手くいくはずはない」とあきらめ、続いて漁川にある 例のオジロワシの木(?)に。

 

093743(1).JPG 090950.JPG

091026(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもこちらも空振りに終わってしまい「今日は収穫なしか‥。」と溜息をついていたら、目の前をワンコがトボトボと‥。

「野良犬なんてめずらしいわねぇ。」と思っていたのだけれど、よく見れば尻尾が大きい。

「もしやキタキツネ?う~ん、このまま逃がしてなるものか~!」と猫なで声で呼び止めたら、こちらを振り返り「待て」の姿勢。

「ありゃ、いやに従順。やっぱワンコであったか‥。」と思いつつも、写真をパシャリ。その写真が右上の2枚です。

しょぼくれていたおまさに、神様がちょっとしたプレゼントをくださったのかも ♪

2009年1月28日

アカゲラ、見~つけた~♪

抜けるような青空を見ていると、どうしたって じっとしていられない。

 「外を散歩すれば気持ちいいだろうなぁ。もしかしたら、珍しい野鳥に会えるかもしれない。‥でも、今日こそ家の中の用事を済ませなきゃなぁ‥。」

悩むこと数分。結局青空の誘惑に負け、カメラ片手に近場の西島松で野鳥観察をすることになりました。意志の弱い私‥。

114755(2).JPG

 

111530(1).JPG

111623(1).JPG

103111.JPG

 

 

 

 

 

 

思いつきで出かけた場所だったのに、いるわ、いるわ。おまさにとっては、そこはまるで野鳥の宝庫みたいでしたよ。

ミヤマカケス、ゴジュウカラ、ウソ、ヤマガラ、シジュウカラ、アカゲラ、ヒヨドリ、トビなどなど‥

相変わらず そのほとんどがピンボケ写真でしたが、アカゲラだけはなんとか撮れていて感動!「うぅ‥やっと撮れたよぅ。」(涙)

写真としては出来が悪いのですが、苦労して撮ったので、へなちょこ写真もアップします。えへへ‥

 

110509(2).JPG

110141.JPG

114644.JPG

 

 

 

 

 

 

左上は「ヤマガラ」、真ん中は「ウソ」です。2羽で仲良くしていました。

下の写真は、左がミヤマカケスで、右が多分ゴジュウカラです。

ミヤマカケスの写真は、手前の枝にピントが合ってしまって残念でした。綺麗に撮れるようにと場所を移動した瞬間、飛び立ってしまいました。ちょうど鳩くらいの大きさに見えました。

  103631.JPG

104932(2).JPG

113728.JPG

 

 

 

 

 

 

帰りに北集園さんの所で、キジらしき野鳥がバサバサと飛び立ちました。低くちょっと飛んだだけですけれど‥あれは何だったのかなぁ‥。

それにしても、頬がヒリヒリします。あ~、こりゃあまたシミが増えたね‥きっと。

2009年1月27日

野鳥の写真は難し~い!

キレンジャクを見たという噂を耳にし、いそいそと恵み野東の緑地帯へ。 がんばってその姿を探しましたが、今日は他所にお出かけ中だったようです。

 

102355.JPG

103648.JPG

101222(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、恵み野旭小学校裏で、たくさんの野鳥に遭遇しましたよ。残り少ないナナカマドの実が目当てのようでした。

写真は左から、ツグミ、マヒワ、シメです。な~んて偉そうに書いていますが、「マヒワ」という野鳥の存在を知ったのは、実は今日が初めて。(笑)

「見慣れない黄色いオチビちゃん、いったい何ていう鳥だろうなぁ。」なんて思いながら近づいてパシャリ!警戒心が少ないようで、なんとか写真に収めることができましたけど‥

う~ん、でもやっぱりショボイ! シメの写真もねぇ‥せめて顔の近くの2本の小枝を取り払いたいなぁ‥。

他にもシジュウカラやヒヨドリ、ヤマガラなどがいましたが、写真はあきらめました。

 

105452.JPG

105338(1).JPG

110109.JPG

105804(1).JPG

こちらは日本庭園のカモさんたちです。

久しぶりの公園の池には、ずいぶんたくさんのカモの姿があってビックリ!

少なくても100羽は、いたと思いますねぇ。

カルガモ以外にもマガモやコガモまでいましたよ。

寒くて一本足になっているコガモさん、シンクロ特訓中のマガモさん。皆さま、お疲れ様です ♪

 

2009年1月25日

庭づくりの参考に Ⅱ

昨日に引き続き、庭づくりの参考になりそうな写真を紹介します。今回は、フォーカルポイントについて。

まるで雑誌に出てきそうな下の写真は、スイートグラスと銀河庭園で撮ったものです。

深い緑を背景に、2本の白樺の木と青く塗られた美しいガーデンチェアー。

淡いブルーのアーチの奥に置かれた装飾的な石のコンテナ。  

パンパスグラスの入った、特大サイズの寄せ植え。うわぁ~、どれもオシャレで素敵~♪

 

113346(1).JPG

100753(1).JPG

105013(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、うちのような狭い庭じゃねぇ‥なんてご心配は無用。小さなコンテナ一つでも、ちょっとした寄せ植え一つでも、十分人目を引くフォーカルポイントは作れますよ。

ちなみに左下と右下の写真は、我が家の庭の写真です。コーナーに天使の像を置いてみたり、ポール仕立てにしたノイバラで、庭を印象づけるポイントをつくっています。

真ん中の写真は、滝野すずらん丘陵公園のハンギングバスケットです。綺麗ですね~♪ 目が釘付けになってしまいます。

ちょっとしたバードバスや、オベリスク、ニューサイランなどを使った寄せ植えなんていうのも、いいかもしれませんね。

もし「庭が単調でつまらない。」なんてお悩みの方がいらしたら、春にフォーカルポイントづくりなんていうのはいかがでしょう。

 

105931(1).JPG

100018.JPG

092453(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

おまさが庭づくりをするのに、参考になった本の紹介を始めました。

興味のある方は、こちらへどうぞ。 http://www.omasa.org/shokai.html

2009年1月24日

庭づくりの参考に Ⅰ

「これは素敵。我が家の庭にも取り入れたいなぁ。」そんな、庭づくりの参考になりそうな写真を、撮りためたものの中から拾い出してみました。

下の写真は去年の夏に、銀河庭園や「いころの森」で撮ったものです。

 本当はガーデニングシーズンに紹介するつもりでしたが、忙しい毎日に追われあえなく挫折。

これから春に向かってガーデニングプランを立てる参考になればと、この時期思い切ってアップしましたよ。

105333(1).JPG

101611.JPG

101542(1).JPG

 

 

 

 

 

 

左上の写真は苫小牧の「いころの森」で、残り2枚は恵庭の銀河庭園で撮った写真です。

 

左端の写真は、板を交互に編んだフェンスです。とても美しい仕上がりで、手前に植えたライムグリーンのシダを美しく引き立てています。

もしこれが、無機質なブロック塀だったらと想像してみると‥。

庭づくりというと植物だけに目が行きがちですが、庭の構造物で雰囲気はずいぶん変わりますよね。う~ん。やっぱり、このフェンスはいいなぁ‥。

後の2枚の写真は、ヤナギを編んだフェンスです。こちらもお洒落~♪ 

細くて繊細な枝で作るバスケットウィーブパターンは、荒削りな感じがなくていい感じ!ナチュラルガーデンにはうってつけですね。

庭のイメージに合った素敵な構造物を入れると、庭がワンランク上になります。

成功の秘訣は、夫婦で仲良くしてご主人様に日曜大工をがんばってもらうこと!

おまさのような独身女性の場合は‥う~ん、どうしよう?? あは‥

オジロワシ Ⅱ

100058(2).JPG

もりもりさん情報を頼りに、オジロワシを求めて再び漁川へ。

ブラックアイスバーンの上に積もった雪は、要注意。気を抜くと、すぐに滑ってバランスを崩しそうになります。

「ふぅ‥危ない、危ない。カメラが壊れたら大変。」慎重に、慎重に‥

下ばっかり見ていたおまさでしたが、優しきオジロワシは、ちゃ~んと現れてくれましたよ。

 

細心の注意を払って、そろ~り、そろ~り。

 

 

 

100429(1).JPG

100714(1).JPG

「よし、今だ。ピントを合わせて、連写といくか!」 

と思った瞬間、バサバサバサ‥。

「あ~。オジロワシ~!またか~!」

 

何とか飛び立つ前にピントを合わせたいのですが、まだまだ腕が足りないようです。

唯一撮れたのが左の写真です。これが精一杯でした。‥ショボン‥。

2009年1月23日

雨の日

124412.JPG

152525.JPG

今日は一日中雨でした。まるで春の雪解けシーズンのようです。

横倒しにした鉢植えを覆っていた雪も あっという間に解けて、とうとう鉢の一部が出てきてしまいました。

明朝は氷点下10℃前後の予報です。まずい‥むき出しの鉢植えは、もろに寒さにさらされます。 

「なんとかがんばって、この寒を凌いでおくれ。」

「そんでもって、部屋の中から応援しかできない おまさを許しておくれ。」

 

180035(2).JPG

雨風で大荒れの今日、おまさ本人は、のんびり室内で読書三昧でした。

気分転換にボタニカルアートの本を見ているうちに、

「大好きな草花を自分の手で描くことができたらどんなに素敵だろう。」

そんな思いが急にあふれてきて‥「よ~し、思い切って挑戦だ!」ということに。 

左端のレポート用紙の裏に描いたヘデラは、おまさ作です。

デッサンは狂っているし、影のつけ方もおかしいけれど、「楽しければいいや。」の精神で描いちゃいました。

そうなんです。絵の才能はないからと敬遠していましたが、描くことは意外にも楽しくてビックリ ♪

下手でもいいから、今度は、色をつけてみようかな。

2009年1月22日

柏木川

カワセミがいるという噂を聞きつけ、島松の柏木川に行ってまいりました。

雨まじりの湿った雪が降るあいにくのお天気でしたが、墨絵のような静かな風景は幻想的でした。

 聞こえるのはカラカラと雪の落ちる音と、川のせせらぎと、野鳥のさえずりだけ‥

 

小学校の裏手の大木(右上の写真)に、数羽の小鳥がいるのを見つけました。下から見上げると全体が白く、頭も白で尾が長めです。ピンボケ写真片手に、図鑑とにらめっこした結果、小鳥は多分 シマエナガだろうと判明 しました♪

 

135939(1).JPG

140134.JPG

135337(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カワセミはいないかなぁ‥」目をこらして川面を見つめること40分。

「そう簡単にはいかないよなぁ‥」と諦めかけたその時に、長い嘴をもった野鳥が、水面近くを ビューン~♪

「うひょう~!あれは、もしや~!」高鳴る胸を抑えつつ、見失うまいぞ~!と集中力をMaxにしたはずなのに‥何処に消えちゃったのか‥ぐすん。

遠目だったから断定はできないけれど、その野鳥、地味~な色をしているように見えたんですよね~。‥何だったんだろう、あの野鳥‥。カワセミではないと思うんだけどなぁ‥。

 

131938(1).JPG

140052.JPG

141008(1).JPG

その後見つけたハクセキレイをなんとかカメラに収め、今日の散策はおしまい!

離れた場所からの撮影だったので、写真はこれで精一杯です。(参考までに、昔にヒゲ君が撮ったハクセキレイの写真をアップしておきました。)

野鳥を撮るのは難しいなぁ‥と、つくづく感じた柏木川散策でございました。ふぅ~ 

2009年1月21日

漁川の工事

104004(1).JPG

漁川に写真を撮りに来るようになって、半年足らず。

豊かな自然に恵まれた漁川は、四季折々に美しく、川辺にはオジロワシをはじめとするたくさんの野鳥が集まる場所です。

おまさはまだ新参者ですが、先輩カメラマンの方々のブログを拝見していると、みなさんがこの場所を大切に思われていることがよく分かります。

 

しばらく前から、この川辺に生えているたくさんの木が伐採されています。 

 

110422(1).JPG

085358(1).JPG

工事のために騒音を立てながら行き交う、ダンプやショベルカー。

どういう理由で行われている工事なのかは知りませんが、この事で せっかくの美しい自然が損なわれ、野鳥がいなくなってしまうのでは悲しすぎます。

先輩カメラマンさんのブログによると、漁川にはカワセミやヤマセミなども集まって来るとか‥。

貴重な野鳥の存在を、何とかして守って欲しいと願わずにはいられません。

2009年1月20日

ベタ雪

074140.JPG

103015(2).JPG

昨日の恵庭は、日中7℃くらいまで気温が上がりました。

 

春のような暖かさで、道に積もった雪はぐちゃぐちゃ、庭木の枝も雪の重みでしなって辛そうです。

屋根からの落雪で、出窓の向こう側のバラなどはズシリと重い雪で 殆ど埋まってしまいました。

う~、サラサラの雪は大好きだけれど、湿った雪はちょっと苦手だぁ‥。

 

074719(1).JPG

でも、一番たいへんな思いをしたのは、やっぱり雪ダルマかな。

昨日の春のような暖かさで目も鼻も落ち、すっかり痩せ細ってしまいました。

トロトロトロトロ‥‥

 

帽子とマフラーさん、長い間ご苦労様でした。

2009年1月19日

厚岸物産フェア

093035.JPG

103321(1).JPG

095030(1).JPG

 

 

 

 

 

 

17、18日の二日間、恵庭市の道の駅「花ロードえにわ」で、厚岸物産フェアーが開催されました。産地直送の殻つき牡蠣は鮮度抜群で、大人気!

オープンまで まだ20分もあるというのに、牡蠣を求めて並ぶ人の数は既に十数名。待っている間にもどんどん人が増えて、あっという間に軽く100人を超えていましたよ。凄いですねぇ。

殻つき牡蠣の他にも、あさりや加工食品。それに、牡蠣の蒸し焼きやホタテの炭火焼、あさり汁なんかもあってワクワクしてしまいました ♪

おまさも殻つき牡蠣を買いました。蒸し焼きにして、レモンをかけて‥「う~ん、まいう~!」

プリプリ、ふっくらの厚岸の牡蠣は、海水の塩分がちょうどの塩加減でございました。

2009年1月18日

冬の漁川 Ⅴ

082937(1).JPG

082346(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                                                          秋の漁川もいいけれど、冬の漁川も本当に美しい。

ことに澄み切った青空が広がる日は、清々しい気持ちで心がはちきれそうになる。

生きているって素晴らしい。

思いっきり息を吸い込んで、声に出してみる。

「生きているって素晴らしい。」

 

085020(1).JPG

082130.JPG

091304.JPG

昔見た映画に、キラキラ輝く光を見て、「あの光にも音があるの?」と尋ねる聾唖の少女がいました。

凍えるような寒さの中で きらめくススキを見ていると、本当に澄んだ音が聞こえてくるような気がします。

ヒゲ君、漁川は今日も綺麗だよ‥‥

オジロワシ

084555(1).JPG

083748(1)-1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

オジロワシに恋焦がれて、漁川を彷徨うこと数回。

念願の、オジロワシとの出会いの顛末は‥

 

何気なく見た対岸の木に、鳥のような影を発見。明らかにトビやカラスよりも大きな影です。

もしや、もしや、もしや~!高鳴る期待に、胸はドキドキ。近くで写真を撮りたい!こうなりゃ、この雪の中進むしかないっしょ!

 

雪をかき分け一歩、一歩。「あともう少し‥。」と思った瞬間、黒い影は羽を広げ バサバサと飛び立ってしまいました。

「あ~!やっぱりオジロワシだったんだ~!」尾っぽの白いオジロワシは、悠然と川上の方角に‥

今から慌ててカメラを構えても、いい写真は撮れないし、生のオジロワシを見損なってしまうかもしれない。

二兎を追う者は一兎をも得ず!」そう割り切って、今回はオジロワシの姿を目に焼き付けることに‥。

上の写真は、豆粒くらいになったオジロワシの姿(左上)と、近づく前に撮ったオジロワシの黒い影(右上)の2枚です。ごめんなさい。次回は写真、がんばります ♪

2009年1月17日

トビ

081341(1).JPG

080935.JPG

 

漁川で見かけたトビです。今日は近距離から写真を撮ることができました。

ラッキー ♪

 

 

 

 

人を警戒してなかなか近づくことが難しいトビですが、偶然にも餌付けに成功した女性と この場に居合わせました。 

彼女がポーンと真上に放り投げた餌を、上空で見事にキャッチするトビ。「おぉ‥素晴らしい。」

 

081228.JPG

081713.JPG

左の写真は、その方と一緒に散歩していたワンコ、マルちゃんです。

腰を悪くしているので、近くまで車で来るのだとか‥。

もう年なのかもしれませんね。 

吐く息が白く写っていて、めんこ~い♪

 

実は今日の散歩で、念願のオジロワシにも出会えました。その話は、次回に残しておくことにします。ではまた‥

冬の漁川 Ⅳ

075447(1).JPG

075525(1).JPG

075209(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はちょっとだけ頑張って、早朝 漁川に出かけました。

氷点下12度という極寒のなか、吐く息は真っ白で手袋をしていても指先はジンジン。

でも川を見たとたん、寒さなんか吹っ飛んでしまいました。

モアモアと立ち上がる川霧が 冷え切った冬の景色にとけ込み、目の前には別世界が‥。

「うっ‥美しい‥。おまさ、泣きそう‥。」

 

夢中で写真を撮っているうちに いつの間にか川霧は消えて、代わりに目が痛くなるような青空が広がっていきました。

北国の美しさに強く惹かれるのは、北国育ちでないからかもしれません。見るもの見るものが、おまさにはまるで宝物のように見えるのです。 

 

081804(1).JPG

075725(1).JPG

080428(1).JPG

 

2009年1月16日

すずめの学校

おまさの部屋の窓から、庭のアカエゾマツが 見えます。距離にして4~5mといったところでしょうか。

アカエゾマツには始終すずめがやって来て、愛らしい表情や仕草を見せてくれるので退屈しません。気配を悟られないようにそっとしていると、逃げないで写真を撮らせてくれます。

窓越しに視線が合うような時もあるけれど、こちらがはっきりと見えているわけではなさそうです。

今はすっかり すずめさんの虜です。‥チュン‥ 

132951.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

132940.JPG

133106.JPG

133004.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

オリズルラン

105000.JPG

125129.JPG

冬越しのために室内に入れたオリズルラン。

いつの間にか、たくさんの子株ができていました。

 

切り取った子株を、ビニールポットに植え替えてっと‥。あっという間に、オリズルランが7株に~♪

寄せ植えの素材として重宝するオリズルラン。

来シーズンは思う存分、寄せ植えに使えるぞ~!

2009年1月15日

チューリップ

103647.JPG

102613.JPG

 

年末に頂いたチューリップ‥

長~い間楽しませてくれたけれど、とうとう今日終わりに。

 

 

 

 

花束はいいなぁ‥ 贈り手の心遣いが、心にしみるからかなぁ‥ 

2009年1月13日

朝焼け

064546.JPG

昨日の朝は、空が赤く染まってとても綺麗でした。 

最近はすっかり ねぼすけになってしまい、慌ててゴミ出しに走る始末。

この写真も、寝起きに部屋の中から撮ったものです。

ワンコが元気だった頃は、毎日夜明け前に散歩していたというのに‥なかなかの堕落ぶりです。(笑)

心を入れ替えて、明日は暗いうちに散歩でもしてみようかなぁ‥

あ~した、天気に な~ぁれ ♪

2009年1月12日

バードケーキ

095436(1).JPG

144353.JPG

144406(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりにバードケーキを作りました。

バードケーキといっても、小麦粉、マーガリン、砂糖を 2:1:1 の割合で混ぜ合わせただけのお手軽品です。  

マツボックリに詰めて 枝にぶら下げてっと‥‥

 

しばらくすると、常連さんがやって来ました。 リンゴそっちのけで、バードケーキに夢中です ♪  

ツグミも、これが大好物です。そろそろ我が家の庭にも 姿を見せてくれると、嬉しいんだけどなぁ‥。

2009年1月11日

ヒヨドリ

094929.JPG

昨夜降り積もった屋根の雪が、今朝になって次々に滑り落ちていきます。

一塊になった雪は、大きな音を立てて バラやラベンダーの植えに落ちて砕け散ります。

ふぅ‥、真面目に囲っておいてよかった‥。

囲ったバラが雪の中に埋もれてしまうのも、そう遠いことではなさそうです。 

 

 

後で、写真の中にトビを発見。 

小っちゃ!

 

 

111620(1).JPG

111704(1).JPG

こちらは毎度おなじみのヒヨドリです。

バーゲンセールのリンゴを美味しそうに食べています。

 

今まで気づきませんでしたが ヒヨドリ君、かわいいおヒゲを生やしていたのですね。

なんだか‥愛しい。

 

 

(付けたしの話) ヒゲにしか見えないモノ、もしかしたら糸状羽と呼ばれるものかもしれません。「ヒゲのある鳥」の方が、面白いと思うんだけどなぁ‥

2009年1月10日

ガーデンプラン

141338(1).JPG

142117(1).JPG

142850.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 雪に閉ざされた北国のガーデナーにとって、冬の時間は貴重です。

忙しすぎてできなかった庭の見直しや、夏の間に浮かんだアイデアをまとめたりするのにはもってこいの時間ですから。

ここに載せた写真は、おまさの庭づくりに欠かせない本や、実際に作った庭の植栽プランのメモなどです。

ちなみに、上段右端(下半分)の写真は庭づくりを始めた頃に、カタログの写真を切り貼りして庭の色彩計画を立てたものです。

142200(1).JPG

142011.JPG

 

本は、何も分からないおまさにとって、ガーデニング生活の頼もしい先生役でした。 

美しい写真でイメージを膨らませ‥

植物の特性を学んだり、宿根草の組み合わせや、カラースキムを教わったり‥

 

生き物相手のガーデニングですから計画通りにいかないことも多いですが、冬の余った時間に夢を膨らませるのも楽しい作業かもしれません。

P.S. ついでながら、上段左端の左下に写っている植物は「カタナンケ」です。^^

2009年1月 9日

シジュウカラ

131454(1).JPG

最近、スズメの写真ばかりアップしているおまさの前に、かわいい3羽のシジュウカラが現れました。

久々のシジュウカラの登場に、ちょっと興奮!張り切ってカメラを構えてみたものの‥。

これがなかなか難しい。ピントを合わせているうちに、すぐにフレームの外に飛んでいってしまうシジュウカラ。

かろうじて何とか写っていたのが、左の写真です。

後1秒じっとしていてくれたら、いい写真が撮れるんだけどなぁ‥

 

アカゲラやハクセキレイも、未だにちゃんとした写真が撮れません。

動くものを写真に撮るのは、つくづく難しいです。‥でも、諦めないぞ!

冬の漁川 Ⅲ

昨日紹介し切れなかった、漁川散策の第2段です。 深い雪の中、ちょっぴり冒険してみました。

111922(2).JPG

112714(2).JPG

111627(2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

真ん中の写真の 矢印のように見えるのは、鳥の足跡です。最初はカラスかとも思いましたがおまさの足と比べても、かなり大きな足跡に見えます。

もしかしたら猛禽類?ひょっとしてオジロワシ?しかもこの足跡、新しく見えるぞ!高まる期待に胸はドキドキ!

アカエゾマツをかけ分けて ひたすらこの足跡を追いかけながら、歩くこと数十メートル。

右も左も、前も後ろも見えるのはアカエゾマツと雪ばかり。まさかこんな所で迷ったりはしないよねぇ‥

一抹の不安を抱えながら足跡を追いかけましたが、残念ながら途切れた足跡の近くに鳥を見つけることはできませんでした。やっぱしねぇ、そう上手くはいかないよね。(笑)

林を抜けた先には小動物の足跡が一直線に続いていて、おまさの冒険心をくすぐります。

がんばって後を追ってみましたが、装備が不十分で足はズブズブ雪の中に‥膝上まで沈んでしまうと、別の恐怖が襲ってきましたのでそれ以上の深追いは止めました。

やっぱりカンジキがいるなぁ。ネットで探してみようっと ♪

 

下の3枚の写真も漁川で撮った写真です。真ん中の氷柱は、いつもの散策コースにある小さな東屋にぶら下がっていたものです。北国の冬って感じですよねぇ‥

 

112816.JPG

115740(1).JPG

103929(1).JPG

 

2009年1月 8日

冬の漁川 Ⅱ

今日もよく晴れて気持ちのよい日でした。久しぶりにカメラを持って、漁川まで行ってまいりました。

113102.JPG

103955.JPG

104228.JPG

 

 

 

 

 

 

橋の上から見た恵庭岳や樽前山、深い雪に包まれた漁川‥何処を見ても溜息のでるような美しさでしたよ。

 

どなたかが残した足跡をたどりながら階段を下りると、そこには感動の世界が待ってしました。

落葉した木の枝や、枯れた宿根草についた雪の結晶は、まるでガラス細工のようです。

104604(1).JPG

104739.JPG

110329.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白銀の衣をまとった植物たちは、冬の日差しを浴びて光輝いていました。‥キラキラキラ‥ 

120907(1).JPG

121431.JPG今日は、対岸の川べりを中心に歩いてみました。

オジロワシに出会えなかったのは残念だけれど、それは気長に待つことにします。

 

漁川‥素晴らしい~、大好きです ♪

2009年1月 7日

冬晴れの日 Ⅱ

150114(1).JPG

135424-1.JPG

 

 

 

 

 

 

赤いナナカマドの実は、青い空によく合うなぁ。

白い雪の上で寒さに耐えるスズメの姿は、愛しいなぁ。

 

北国の美しい冬は、厳しさと背中合わせ。 

 ‥チュン之助、また明日ね ♪

2009年1月 6日

物好きおまさの雪ダルマ

104548.JPG

104530.JPG

今朝の気温は、氷点下14℃まで下がりました。

「寒い寒い」と家に閉じこもっているのも 何だかつまらないので、外に出て雪ダルマを作りました。

いまさら雪ダルマという年でもありませんが、北国でなければこんなこともできないわけでして‥

子供の頃できなかったことを、この年でやっても何も恥ずかしくはない!

‥と、開き直って作りました。

 

104634.JPG

ところが気温が低過ぎるのか、雪が思うように固まりません。

以前降った湿った雪も、水分がとんでしまっているのか、まとめようと思ってもパラパラと崩れてしまうのです。

あ~、こりゃ~、前途多難だ‥

 

かろうじて新しいふわふわの雪をつなぎにして、なんとか形を作ることができたのは40分後。

鼻は人参。目と口はごろ土。

小枝を差し込んで、マフラーと帽子をのせて‥‥

帽子を取り替えて、女の子バージョンも作ってみました。

 

 

いや~、思ったより楽しい作業でしたよ。たまには童心に戻って、雪遊びもいいかもしれません。

ちなみに、作業中の気温は氷点下7℃でしたけれど‥。

2009年1月 5日

恵み野中央公園 Ⅵ

132832.JPG

133203.JPG

132704(2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに訪ねた恵み野中央公園です。

以前に来た時より雪の量は増えていて、池の水は、所々が氷っていました。

 おまさの姿を見つけて、一斉に寄って来た カルガモさん達。

「お~い、カモさん。こんにちは~!」と 一応ご挨拶をしてはみたものの、今回もカモにやる餌は何もない。

カモさん達の失望ぶりが想像できて、小さな後悔と罪悪感。

「あ~、また忘れた‥。ごめんよ~。」

 

133647(1).JPG

133559.JPG

 

 

 

 

 

 

 

       「今度こそ、食パンを必ず持って来るから‥。」 

2009年1月 3日

スコーン

161556(1).JPG

去年の誕生日に娘からプレゼントされた、ラズベリージャムとマンゴージャム。

「究極のジャム」と書かれたその千疋屋のジャムは、貧乏性のおまさには勿体なくて おいそれとは食せない。

‥で、娘の帰省を待って、焼きたてのスコーンと一緒にいただくことにしました。

入れたての紅茶と一緒に、アツアツのスコーンにたっぷりの生クリームとジャム。

ムム‥、これは‥美味しい!さすが千疋屋ですじゃ。 

もし美味しいジャムを手に入れた時は、皆様もスコーンなど焼いてみてはいかがでしょう。相性抜群ですよ! 

 

161803.JPG

161711(1).JPG

スコーンの簡単な作り方

(材料) 薄力粉 260g ・   重曹 小さじ1 ・ ベーキングパウダー 小さじ4 ・ グラニュー糖 小さじ2 ・ バター 100g ・ プレーンヨーグルト カップ1

(作り方)

①バター、ヨーグルト以外の材料をボウルに合わせる。

②室温で柔らかくしたバターを手でもみ入れる。

③生地がボロボロの状態になるまで手ですり混ぜる。

④ヨーグルトを少しずつ加え、一かたまりになるまで混ぜ合わせる。

⑤打ち粉をふりながら1cm暑さくらいに生地を伸ばし、抜き型で型抜きをし、天板に並べ220℃のオーブンで10~15分焼く。

以上です。生地の状態をみて、かたい場合は少し余分にヨーグルトを入れるといいと思います。 ♪ お試しあれ ♪

2009年1月 2日

2009年の幕開けです

153902.JPG

明けましておめでとうございます。

 

2009年(平成21年)の幕開けです。

今年最初のブログに載せる写真は何にしようかと迷いましたが、この食卓の写真に決めました。

実はこの写真、2006年に撮ったものなんです。

今年作ったお節の写真と一緒に、年頭のご挨拶をと意気込んでいましたが、年末にインフルエンザに罹ってしまい あえなく挫折。

 

090821-1.JPG

お節作りは無理をせず思いっきりハードルを下げ、今日使う写真はズルをして3年前のものを使うことにしました。まぁ、イメージ、イメージ!

今年は、このゆる~い考えで乗り切っていこうかとも考えております。(笑)

とりあえず、元旦の食卓は、お寿司とお雑煮を作り、買ってきた黒豆、数の子を取り分けて終了。

それでも子供たちは喜んでくれたので、思わずニマニマ‥何だ、こんなのでいいんだ‥なんてね。

 

祝い箸には毎年、家族の名前を書きます。今年は三人分。心を込めて書きました。 

一年後、今年もよい一年だったと振り返ることができるように、毎日を大切に、丁寧に過ごしていきたいです。

どうぞ皆様、本年もよろしくお願い申し上げます。