ホーム >

花咲か日記

2009年5月31日

5月の終わり

宿根草が大きくなって、庭の体裁が少しずつ整ってきました。

ただ バラの開花がまだなので、全体に地味~な色合い。まぁ、落ち着くって言えば落ち着くとも言えるかな!

そうです。物事なんでもいい方に考えちゃいましょう ♪ 

下の写真の爽やかなブルーの小花は、ポレモニューム。その周りを取り囲むように、ライムグリーンのシダ、ゲラニウム(ビオコボ)、ヒューケラ、アサギリソウ、斑入りヨメナ なんかを植えています。

おぉ~、やっぱり渋いね~ ♪ おまさ色です。(笑)

 

P5304688.JPG

P5304630.JPG

084520.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 左上の写真は、ゲラニウム・Tシェルダ。右上は、クルマバソウです。

控えめに咲く清楚な花に惹かれます。フィールドを歩くようになってから、その傾向は ますます顕著になったかも‥。

「地味過ぎて、つまらない?」 

「大丈夫、大丈夫!」6月下旬頃からバラが咲き始めると、庭の様子は一変します。

今度は華やか過ぎて、私にはちょっと落ち着かない庭になっちゃうんですけれど‥。

 

     ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

  

6月の壁紙が用意できました。今回は、カンパニュラとアンヌ・ボレイン(バラ)、それにアマドコロです。

過去の壁紙を利用することもできるようになりました。気に入ったのがあれば、お使いくださいね ♪

http://www.omasa.org/wallpaper/index.html    ← こちらからどうぞ!

2009年5月29日

西島松のフィールドで、見~つけた!

P5294331.JPG

P5294359.JPG

 

風は少し強いけれど、いいお天気!こういう日は、どうしたってじっとしていられない。

 

午後からは予定が入っていたので、午前中ちょっとだけ近くのフィールドを散策することに。

フィールドに向かう途中の小道には、タンポポがいっぱい。

ほとんどが綿毛になって、風に乗ってふわり、ふわり~。長閑だなぁ‥。

そういえば昔 うちのチビッコ達が、よく芝の上でタンポポの綿毛を飛ばしていたっけ‥。あれは、恐怖だったなぁ~。(笑) 

 

           ハシドイ(モクセイ科)                        

P5294193.JPG

P5294382.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

左上の写真は、フィールドに行く途中で見つけた落葉樹「ハシドイ」です。

ライラック(ムラサキハシドイ)の台木として使われることもあるとか‥。なかなか綺麗な花ですね~。う~ん、好きです! 

右上の植物は何だろう?セリ科のように見えるけれど、よく判りません。

コリアンダーに似た可憐な白花がとても素敵で、これも好き ♪ 多情な女、おまさです。

 

        ヤマガラシ?の群生                        ユキザサ(ユリ科)

P5294364.JPG

P5294398.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左上と下の写真は、多分ヤマガラシです。群生している姿は、なかなか綺麗でした。

後ろに見えている赤茶色の植物との対比が美しくて、思わずベス・チャトー の庭を思い出してしまいました。

右上の写真は、ユキザサ。若芽や若葉が山菜として食されます。この辺りでは "アズキナ"って呼ばれることが多いみたい。

一度ご近所の方にいただきましたが、癖がなくてホント美味しい!‥でもね。この綺麗な花を見てしまったら、ちょっと私には取ることができないなぁ‥。

 

             ヤマガラシ(アブラナ科)? 

P5294379.JPG

写真のヤマガラシ(?)のすぐそばには、湧き水でできた小さな水の流れができていて、 日の光が反射してとても綺麗でした。

手をそっと入れてみると、ヒンヤリして気持ちが良かった‥。

だから自然散策は止められないんだよなぁ。

 

ほんの1年半前までなら ただの退屈な場所だったかもしれないけれど、今はまるで違って見える。

これもヒゲ君のおかげなのかなぁ‥。

2009年5月28日

モンタナ・ルーベンス

P5284088.JPG

P5284169.JPG

早咲きのクレマチスが咲き始めました。

左端の写真は、モンタナ・ルーベンス。

今満開で、近づくと甘い香りが漂ってきます。

な~んて書くと、まるでこのクレマチスが我が家の庭に咲いているようですね。

実はこのモンタナは、ご近所のお庭に咲いているもの。

 

あまり綺麗だったので、お断りをして パシャパシャと写真を撮らせていただきました。 

右上の写真は、我が家の庭にある唯一の置物です。モンタナ・ルーベンスの横に並べるとピッタリの雰囲気だったので、脈絡なくアップしてみました。(我ながら、いい加減‥。)

 

       ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

下の写真は、我が家の北側の通路(シェードガーデン)の今の様子です。斑入りイワミツバには蕾ができ、クルマバソウには小さな白い花が咲き出しました。

このクルマバソウ、かなり丈夫です。そして広がります。通販で数株買って、ポツン ポツンと植えていましたが、今やものすごいことに‥。野山に自生しているだけのことはあるなぁ‥と感心しきりです。

 

        フウチソウ             斑入りイワミツバ               クルマバソウ 

P5284110.JPG

P5284147.JPG

P5284102.JPG

 

 

今にも開花しそうなピンク色の蕾は、タイムです。香りのよいタイムは、そばを歩くたび幸せな気分に‥。 

ミヤママタタビの蕾もパンパンに膨らんできて、そろそろ花開しそうな気配です。葉も、くっきりと白くなってきました。

先端が鮮やかなピンク色がに染まり始めたものもあります。シェードガーデンも、少しずつ賑やかになってきました。

 

       ロンギコーリスタイム               ミヤママタタビ 

P5284108.JPG

P5284128.JPG

  

2009年5月27日

蕾いろいろ

                  スモークツリー                        セントランサス

P5273937.JPG

P5273950.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 庭の草木に、次々と蕾がつき始めました。緑ばかりが目立っていた庭も、これから少し華やいできそうです。

 

        ギンフミズキ               スタンウエル・パーペチュアル

P5273982.JPG

P5273953.JPG

バラはまだまだと思っていたのに、スタンウエル・パーペチュアルにはもう  立派な蕾ができていました。

バラの季節か‥。

嬉しいなぁ~。でも、これからは また忙しくなりそう‥。

 

 

P5274019.JPG こちらは庭に咲いていたチューリップ「楊貴妃」です。以前に、寄せ植えに使っていました。

密集させたコンテナで咲かせた球根なので、地植えにしても花は咲かないかも‥

と思っていましたが、捨てるのが勿体なく地植にしていました。3年目でやっと花をつけました。

強風で伸びた茎が蛇のようにクネクネ状態。

格好が悪いので、思い切って切花にして部屋に飾ってみました。 

蕾の写真ばかりでは味気ないかと思い、蕾君たちと一緒に写真をアップ!

色っぽいチューリップでしょう。 なんせ、「楊貴妃」ですから。

 

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ 

 

アイリスさんのサイトで、我が家の庭が紹介されました。興味のある方はご覧になってくださいね。

●素敵なお庭紹介トップ
http://www.iris-gardening.com/oniwa/

●素敵なお庭紹介 おまささんのお庭
http://www.iris-gardening.com/oniwa/48/01.html  ← ここをクリックしてね ♪

 

2009年5月26日

ブルーベリー

084929(2).JPG

ブルーベリーの花が満開です。

直径25cm程の、小さな鉢植えで栽培しています。 

もう6年くらいになるでしょうか。

植え付けの時にピートモスを少し入れてやった他は、伸びすぎた枝を剪定するくらいで特にこれといったことをしていません。

それでも毎年たくさんの実をつけてくれます。

そんなブルーベリーが1度だけ、かなり調子が悪くなったことがあります。

理由は肥料のやり過ぎ。

「何もしないでこれだけの実ができるんだから、肥料をやれば‥ウハウハかも!」などと欲を出したのがいけませんでした。

たくさんの実ができるどころか、株自体の元気がなくなってしまって がっかり‥。

ブルーベリーに肥料のやり過ぎは禁物!という情報をTVで聞いたのは、それから1年後のことでした。

そうか‥欲張りは失敗の元なんだ。

というわけで皆様!くれぐれも、ブルーベリーの肥料のやり過ぎには気をつけましょう~♪

2009年5月23日

セイヨウカンボク

P5232684.JPG

P5232629.JPG

庭の花木にも花が咲き始めました。

上の写真は " セイヨウカンボク " 、左の写真は " リキュウバイ " です。

セイヨウカンボクの花はご覧の通り、オオデマリにそっくり。

もう少しすると、ライムグリーンの花は純白に変身します。

トォ~!

このセイヨウカンボクは、大好きな庭木ですが、とにかく虫がつきやすい!

 

毎年サンゴジュハムシがあっという間に葉を穴だらけにしてしまい、頭を悩ませていました。

でも今年はその被害から、数年ぶりに開放されました。 

去年悪循環を断つために、しっかりと薬剤散布をしたことが功を奏したみたい‥です。 あ~、よかった~♪

 

今日は午前中に、ほんのちょっとだけ庭仕事。後は家の中でゴロゴロ‥。ゴロゴロ‥。

早く外に出たいけれど、ちょっと風邪気味です。明日こそ‥。

2009年5月22日

雨の日の写真

         ゲラニウム(ヒマライエンセ)                     ドイツスズラン

122227.JPG

114817(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日までの良いお天気が嘘のように、しとしとと降り続く雨。

法面に張ったばかりの芝が 乾燥で傷み始めていたので、ちょっとホッとしました。

 

        メギの花                   スモークツリーの蕾                  寄せ植えのチューリップ

122403(1).JPG

121805.JPG

121918.JPG

 庭の植物たちも雨を歓迎しているようで、生き生きして見えます! 

そうか‥私もちょっと雨にでも打たれるか~。(笑)

 

一雨ごとに緑が濃くなり、次々と花が開き始めました。ガーデナーには、いよいよ喜びの時がやって来ました~♪

 

           シレネ ・ ディオイカ                          アマドコロ 

120259.JPG

P5222560.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は、アマドコロ以外は全てPanasonic FZ10で撮りました。スズランはちょっと暗い‥失敗だ! 白い花を撮るのは、難しいなぁ~。

2009年5月21日

ハマキムシ

P5202418.JPG

P5202300.JPG

そろそろ その時期だとは思っていたけれど、ついにやって来ました。

葉っぱクルクル&ムシャムシャ攻撃!

柔らかい新しい葉が数枚くっついていたり、くるりんと巻かれた状態になっていたり‥。

 

そろりと葉をはがすと、中から出てくる小さな芋虫。これこそ憎っくき、ハマキムシ(ガの幼虫)です。

葉は既に食害にあって傷んでいるものが多いので、葉ごと取り除いています。

ちぎっては投げ、ちぎっては投げ‥。あ~ん、貴重な葉が‥。もう、いい加減にしておくれ~。

 

私は農薬の散布が苦手なので もっぱらテデトール(手で取る)にしていますが、どうしても使わないといけない場合はオルトラン水和液を希釈して散布します。

農薬散布にしろ、手で取り除くにしろ、基本は早期発見と早期の処置!バラ愛好家の皆様、心を一つにして戦ってまいりましょう~!

2009年5月20日

アゲラタムの定植

              シェードガーデン                            ミヤママタタビ

P5202373-1.JPG

P5202402.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庭の季節のダイヤルが一段切り替わったみたいに、いろいろな植物が成長し花を咲かせ始めました。

北側の狭い通路には クルマバソウの白い花やアジュガの青い花が今にも咲き出しそうだし、ラミウムやツルニチニチソウの花は満開状態です。

ミヤママタタビにも小さな蕾が付き、葉の一部が白くなり始めました。

 

   スモークツリー(グレイス)              アマドコロ

P5202409.JPG

P5202404.JPG

芽吹きの遅いスモークツリーも、やっと葉が展開してきました。

我が家にはたくさんのスモークツリーが植えてあるので、この木に葉が茂ってくると やっと庭がそれらしく見えてきます。 やれやれです。 ホッ‥。 

アマドコロにも、スズランに似た白い花が咲き始めました。 

雨上がりに 雫をたたえた姿はとても美しく、その姿には毎回感動してしまいます。

でも天気予報を見ると、当分雨マークがないのよね。‥そう言えば法面の芝、大丈夫かなぁ。 う~ん、明日は一番に芝の水遣りだな!

 

      ティアレア                     ポレモニューム 

P5202328.JPG

P5202424.JPG

 線香花火みたいに見える小さな花を咲かせているのは、ティアレア。ユキノシタ科の植物です。

とても繊細に見えますが、その丈夫なことといったら‥。いわゆる"芯の強い大和撫子"といったふうで、誰かさん とはえらい違いです。

 

青い花は私の大好きな花、ポレモニューム。ハナシノブの仲間です。花色も花の形も、それからシベも‥み~んな大好き! 

写真には写っていませんが近くにライムグリーンのシダがあって、その組み合わせがまたいいんだなぁ‥。フフフ‥自己満足していちゃ、進歩がないか?

 

    アゲラタム(カットブルー)        寄せ植えのチューリップ 

P5202436.JPG

P5202357.JPG

今日は暖かい一日で 風もそれほど強くなかったので、窓辺で育てていたアゲラタムを花壇に定植しました。 

これで一応、庭が埋まりました。

後はそれぞれの成長を待ち、病害虫対策や花柄つみをするくらいかな。

いや、いや。忘れていた!

寄せ植えとハンギングと、そうそう。芝を刈って、種まきもしなくっちゃ‥。あ~、サボっていたツケが回ってきたか‥。

 

 

おまけ 青味がかったピンクのチューリップ、なかなかいい色に写りました。やはりOLYMPUSの青は綺麗かも‥。ニッ!

2009年5月18日

おまさの冒険 恵庭公園

P5181602.JPG

P5181606.JPG

最近バードウォッチングにハマっていて、庭仕事の合間をぬっては近くの公園に出かけています。

葉を落としていた落葉樹にも新芽が育ち、森に美しい緑が蘇ってきました。

風でサワサワと揺れる葉を眺めながら、思いっきり息を吸い込んで‥

 

「ファイト一発~!」ん?違うか‥。(笑)

ともかくこういう場所に来ると、力が湧き出て元気になります。子供の頃に体験したドキドキするような冒険を思い出して、楽しくて仕方がない!

 

P5181783-1.JPG

P5181639.JPG

足元ではエゾエンゴサクが咲き終わり、ニリンソウやオオバナノエンレイソウ、クルマバソウ、フッキソウが花をつけるようになりました。 

美しい野草と、野鳥のさえずり。う~ん、やっぱりここは 天国のような場所だなぁ‥。

 

左上の黒っぽい鳥は、「クロツグミ」。これが、実にいい森の歌い手で、この声をきけば誰しもうっとりすること間違いなし! この鳴き声に、何度慰めてもらったことか‥クロスケ‥ありがとう。

 

P5181746.JPG

P5181671-1.JPG

こちらの頬が茶色い野鳥は、コムクドリの雄です。うん、やっぱりかわいい! 

公園内を散策していていると、たくさんの野鳥に出合います。それはちょとした宝探しにも似ていて、飽きることがありません。 

 

P5181854.JPG

そして左の写真は、オオルリ。私のなかでは、「幸せの青い鳥」ということになっています。

後ろ姿で申し訳ありませんが、なかなかの美形です。 

しかもまた歌声がいい。よくとおる声で、うっとりするようなさえずりを聞かせてくれます。 

ガーデニングサイトですが、たまにはこういう写真もいいかと アップしてみました。

大丈夫‥ですよね?

2009年5月16日

ガーデニング日和

163431(1).JPG

5月になればガーデニング三昧の予定が、鳥見の深みにはまり込んでしまい 気付けばもう5月も中旬です。


これではいけないと、焦って庭仕事に没頭しました。
いつの間にか庭には蝶が舞い、バラの新芽にはアブラムシと葉巻虫が‥。


あれ~!いつの間に‥。「この~!悪いやつらだ~!」と、一人騒ぎながらブチブチと殺生を繰り返す私。

芝のなかの雑草を取り、エッジをスコップで整えてやりました。


日差しが眩しくて頬がひりひりしますが、帽子嫌いの私はシミ覚悟で作業を続けます。
でも、後で必ず後悔するのよね。はぁ~、どうすんのこの顔‥。 

 

P5151215.JPG

カエデには花が咲いていたし、ギボウシは地面からニョキッと新しい葉が顔を出しています。 

あれ‥いつの間に?アメリカコマクサにも、花が咲いていました。

 

 

 

 

 

      カエデの花                 ギボウシ(ホスタ)              アメリカコマクサ                 

P5151165.JPG

P5151152.JPG

164536.JPG

  

        アオキの花                     クリスマスローズ

P5151173.JPG

164410(2).JPG

アオキには今年もかわいい雌花が咲きましたが、去年は実ができませんでした。 

どこかに雄花さえあればと思うけれど、世の中そう上手くはいかないんだよなぁ。

近所の花友のアオキにも雌花が咲いていたっけ。

クリスマスローズの白花も、綺麗に開いてきました。毎年夏の盛りまで咲き続ける、おりこうさんです。

先は長いんだから、まだまだがんばってもらわなくっちゃ‥。頼みますよ~♪ 

2009年5月14日

5月の庭で

P5130273.JPG

P5130277.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左の写真のスズランは、我が家のお隣の空き地に咲いているスズラン。日当たりのよい場所で、今年もいっぱい蕾をつけました。

昔、スズランは日陰が好きというイメージを持っていたのですが、日当たりの方が花つきもよく元気に育ちます。いつ、どこでインプットされた情報なのか‥う~ん、謎。

右上の写真は、ラミウムです。別名、おどりこそう。我が家では白花を植えていますが、濃いピンクや淡いピンク、黄色いものなど花色は豊富です。葉が綺麗で花のない時期も楽しめるし、とにかく丈夫。花壇の前や地面を覆いたいような場所に使うと、かなりいいかも~ ♪ もちろん、寄せ植えに使ってもO.K.ですよ~。 

    シラネアオイ               ジューンベリーの花              エンレイソウ

P5130247.JPG

073605.JPG

P5130281.JPG

 

庭の草花もどんどん開花しています。

開花期間の短いものもあるので、最低でも1日に1回は庭に出てチェックしなきゃ咲いてくれた花に失礼。

そう思いつ毎年見逃してしまう植物が出てきてしまうのは、何故? ちょっと欲張って庭に植物を植えすぎちゃったかなぁ‥。

2009年5月12日

芝の張替え

P5110070.JPG

P5110045.JPG

 

 

 

 

 

 

 

昨日一昨日と丸二日、芝の張替え作業にかかりっきりでした。

張替えは傷みのひどい法面を中心に12ロールほどのものでしたが、古い芝を剥ぎ取り、土に肥料を混ぜ込んで、ちゃんとした形に土を押し固め、芝を張っていく作業は手のかかる大変な作業でした。

法面の芝の管理は大変です。なにしろ、水切れに弱い。水をやっても表面を流れていくだけで、たっぷりと水を吸い込んでくれません。おまけに芝刈りはバリカンを使ってでないと刈り込むことができまない。そうよ、あなたは手のかかる存在!

それでも芝に固執するのは、芝が庭づくりにかかせない名脇役だからかな‥。大変だけど、やっぱり外せないよなぁ‥。

上の写真は、クリスマスローズ。朝日を受けて、とっても綺麗に見えました。下の写真は左から、銀扇草(ルナリア)、アラビス(プロクレンス)、ビオラです。

 

P5110073.JPG

P5110036.JPG

P5110038.JPG

 

 

 

 

 

 

今日は久しぶりの雨。張り替えたばかりの芝には、恵みの雨となりました。

やり~♪ 

2009年5月11日

雑貨店

P5100027.JPG

P5100011.JPG

私は北海道に住んでいるけれど、親類縁者は道内には一人もいません。でも、そのことで寂しいと思ったことはありません。

それほど社交的でもなく どちらかというと不器用なタイプの私が ここで快適に暮らしていけるのは 、ひとえに友達の助けによるものです。

 なかでも今日紹介する雑貨店のオーナーは、私にとってなくてはならない家族のような女性(ひと)。

辛いことがあったときは自分のことのように悲しみ、嬉しいことがあったときは心から喜んでくれます。一人になった私を心配して、今でも度々様子を見に来てくれます。

もっとも最近は、「まさ、いつ行ってもいない。庭にも出てないし、ガレージは閉まっているし‥。また鳥だ。」と言って笑っているけれど ♪

 

P5100032.JPG

P5100010.JPGP5100026.JPG

彼女がガーデニングの雑貨店を始めて、3度目の春をむかえました。 

庭の一部に並べられた商品は、どれもお洒落で彼女のセンスのよさを物語っています。 

何気なく飾られている寄せ植えやハンギングも、素敵。 

我が家から歩いて2分‥いや1分? 心強い友人のは、私にとって大切な大切な存在です。 

 

 

P5100013.JPG

P5100012.JPG

P5100016.JPG

 

花仲間に限らず、いつも優しい心遣いで助けていてくださる皆さんに 心から感謝しています。

2009年5月 9日

美談‥かな?

       OLYMPUS E-520                                                Panasonic  DMC-FZ10

P5090001.JPG

121929(2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

先日の大型連休の日には、子供達が帰省。久しぶりに、のんびりと家族で過ごしました。

戻って来る日が息子の誕生日と近いこともあって、4日は札幌で家族みんなでプレゼント選びをしよう という約束になっていました。 

おまさ 「で、何処に行くのかな?何が欲しいの?」

息子 「うん、まぁビッグカメラかヨドバシかな。」

 

おまさ 「ふ~ん、そうか。ねぇ、ねぇ、ちょっとだけカメラを見てもいい?見るだけだから‥。」

息子 「カメラを見に行くんだよ。母さんのカメラ。」

おまさ 「‥‥えっ?‥私のカメラ?だって、Uさんのプレゼントじゃないの‥?」

息子 「そうだよ。まずは、お母さんのカメラ。僕の初任給で買ってあげたいんだ。」‥と言って、娘とアイコンタクト。 

え~!え~!え~! 思いがけない展開に、慌てふためく私。 

 

060243(1).JPG

P5090006.JPG

結局、店頭では購入せず、ネットでOLYMPUSのデジタル一眼レフを注文することに‥。

キットが昨夜届き、先ほど試し撮りをしてみました。

 

はぁ~。いいです。最高に撮りやすい。今までの苦労が嘘のよう‥。 

それにしても親孝行な子供達です。カメラ購入に際しては、娘からも少し援助がありました。

夫亡き後、あちらこちらに出かけてバードウォッチングや写真撮りにハマっていく私を、嬉しそうな顔をして見守ってくれた子供達。

私を想う気持ちが痛いほど伝わっていました。でもまさかこんなプレゼントまで、待っていたなんて‥。ぐすん。

 

しかし どっちが子供でどっちが親か、ますます分からなくなって来たぞ~。ちょっとは、しっかりしなくちゃ!

2009年5月 8日

恵庭公園 早春編

154940(1)-1.JPG

153615-1.JPG

庭仕事が忙しくなるこの頃、南からやって来た野鳥でフィールドも賑わいます。 

まだ見たことのない夏鳥に会いたくて、庭仕事の合間にあちらこちらを訪ね歩いています。

春のやさしい光が満ちた林には、伸び伸びとそこに暮らす生き物達の姿があます。

自然のなかに身を置いて その様子をそっと眺めることが、なによりの楽しみになりました。

生き物のなかには、もちろん植物も入っています。見上げるような落葉高木の下に、ひっそりと咲くエンレイソウやニリンソウ。

どんなに真似をしようと思っても、この自然界の美しさには到底敵いません。 

白い絨毯を敷き詰めたようにどこまでも広がるニリンソウの間に、青いエンゴサクが彩りを添えている風景を見た時の感動。 

陽が傾いて 水草の浮かぶ澄み切った水面に、まるで宝石のようなきらめきが映った時の感動。

数え上げれば、きりがありません。 

153111(1).JPG

164538(1).JPG

152936(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

162012-1.JPG

161202(1)-1.JPG

でも私が一番胸を打たれるのは、全ての命がつながっているということを知らされるときです。 

植物も動物も そして私たち人間を含めて、命の輪のなかで生かされていることを、ここに来ると感じます。 

庭づくりには、一見関係ないように思えるバード&ネイチャーウォッチングですが、なかなかどうして奥が深いです。

ただ‥時間を作るのが一苦労。友人宅の素敵な寄せ植えを、早く紹介したいと思っているのですが、う~ん、今日も忙しくなりそうだぞ。(笑)

2009年5月 5日

桜咲く頃

待ちに待っていた、桜の開花。ついにこの辺りでも、あちらこちらで桜が咲き始めました。

 (恵み野中央公園の桜)

051451(2).JPG

051337.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

053734.JPG

053551.JPG

053105.JPG

北海道の桜は、あっと言う間に散ってしまいます。 

忙しさに取りまぎれて見逃しては大変と、この日は朝5時に公園に出向きました。

我ながら、根性あるなぁ‥。 

 

(千歳 青葉公園のコブシ)          (恵み野中央公園の柳 )

162531(2).JPG

054414(1).JPG

一足先に開花していたコブシの花は、まさに満開状態!

落葉樹にも、新しい葉が芽吹き、全てのものが生命感に満ち溢れています。

あ~!テンション上がるなぁ ♪

 

桜の咲く頃は、ガーデニングで一番忙しい頃。

特別耐寒性の弱い植物以外は、花壇への定植がO.K.! 寄せ植え作りも本格スタートです。

我が家の庭でも、園芸作業が急ピッチ!スコップ片手に走り回っています。

そんな慌しい時間、ホッとさせてくれるのが早春に咲く草花。ここにきて、次々に開花し始めました。

左下の真っ白の花は、八重咲きサンギナリア。右下の紫色の一重の花は、タツタソウ。二つとも、夫の大好きだった花です。

真ん中の写真は、ヒトリシズカ。花はまだですが、お日様に向かって真っ直ぐ伸びる様子があまりにかわいくて思わず写真を撮ってしまいました。葉はその後 深い緑になり、大人の雰囲気に変わります。私のお気に入りの宿根草の一つです。

これからの時期、一斉に草花が花を開かせます。睡眠時間を切り詰めて、走り回る日が続きそうです。がんばります。 お~!

 

  (八重咲きサンギナリア)            (ヒトリシズカ)              (タツタソウ) 

084028.JPG

084152(1).JPG

101912(3).JPG

 

 

2009年5月 2日

恵庭公園で

ガーデニングをするようになって、自生する樹木や草花が気になるようになりました。自然界の植物は、何といっても庭づくりの一番のお手本です。

その土地に合った植物は、庭でも無理なく育つことは言うまでもないこと。

どんな条件でどんな風に咲くのか、咲いた後はどうなっていくのか。その一つ一つに丁寧に答えてくれるのが、自然のなかで力強く生きる植物の姿なのかも‥。

 

102009.JPG

101657(2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜より一足先に咲き始めたコブシは、ちょうど今が見ごろ。はっきりとした白い花は、青空によく似合います。

「私たちはお日様が大好きなのよ。」そんな声が聞こえてきそうです。

手前の枝に止まっているのは、コムクドリ君。気持ち良さそうに羽づくろいです。かわいいですね~ ♪ 

 

095555(2).JPG

102818(2).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

左上の写真は、ニリンソウ。右上はエゾエンゴサクです。どちらも、落葉樹林の下草として群生しています。

落葉樹が 葉を展開させる前に、 十分な日の光を受けて花を咲かせます。やがて頭上の落葉樹の葉が茂り日差しが途絶える頃、地上部は枯れて休眠期に入ります。

朽ちた落ち葉がいっぱいに広がる林床は、湿り気のあるフカフカの土に見えました。

この時期だけ精一杯花を咲かせる、ニリンソウやエゾエンゴサク。なんだか健気で、愛しくなってきます。

 

暖かい春の日差しの中、林に響き渡るクロツグミのさえずりを聞きながら、美しい草花や花木を眺めました。もしこの世に 天国というものがあるのなら、それはこういう所ではないかと思いました。

あ~!今日はいつになく、真面目な文章を書きすぎました。まるで おまさらしくないですね~。  おしまい!

 

P.S. 5月になりました。新しい壁紙を用意していますので、興味のある方はこちらからどうぞ。

     http://www.omasa.org/wallpaper/index.html