ホーム >

花咲か日記

2009年10月31日

持つべきものは‥やっぱ、友だちね ♪

Happy birthday to you ♪ やって来ましたお誕生日!

っていう歳でもないのですが、年に1回の記念日を忘れないでいてくれる人がいるというのはありがたいことです。一昨日は私の誕生日。♪~そうよ、私はさそり座の女~♪ こんな私のためにケーキを届けてくれた友だちが‥。ジ~ン。

うきうき気分で箱から取り出そうと中を見ると‥ありゃ~、大きく傾いたケーキは見事に箱にぶつかってグチャ!細かいことに頓着しない友人。いびつな形のケーキを見て、思わす爆笑してしまいました。

 

夫がいなくなって3度目の誕生日。来年には夫の歳に追いつきます。一人で心細かった私を支えてくれた子どもたち。そして友だち。

どうやって感謝の言葉を伝えればいいのか判らないけれど、ありきたりだけど‥

ありがとう、ありがとう。 

 

PA293369.JPG

  

 注: 大きなロウソクが1本、小さなロウソクが5本。

でも私は15歳ではないし、60歳でもありません。ニッ!

2009年10月29日

三鷹の森ジブリ美術館

P9260030.JPG

P9260036.JPG

さあ、今回の旅行の最後は 三鷹にある「ジブリ美術館」です。

アニメのことには疎い私。

それでも宮崎駿のことは知っているし、「となりのトトロ」や「風の谷のナウシカ」などは好きで この美術館の存在も一応知ってはいました。

ゲートをぬけて敷地内に入ると、トトロのずんぐりした姿が‥。思わずニコニコ顔になってしまうのは、子供だけじゃないみたいです。駆け寄る女の子の気持ち、解るなぁ~。

 

こだわり抜いて造ったんだろうなぁ‥と思われる美術館は、細部に至るまで 本物志向。さすがだね。

 

P9260046.JPG

P9260041.JPG

P9260052.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

館内の様子を写真に撮ることはできませんでしたが、外もなかなかのものでしょう?国籍不明のワンダーランドは、遊び心いっぱいの贅沢な造りでしたよ。

真ん中の写真の子供たちが群がっているのは、井戸。ちゃ~んと、水が出ていました。大したものだ。 

 

P9260055.JPGこちらは敷地内にあるカフェ「麦わらぼうし」。

暑い日で喉も渇いていたので、子どもたちと一緒にちょっと休憩。

そうそう、申し遅れましたが、この日は息子と合流して親子3人でのんびり過ごしたのでありました。ちなみにゴツイ外観をした息子は、宮崎駿のファンなのでした。

 

 

カフェには、小さな子供でも注文できるように 赤い踏み台が置かれていました。背伸びをして中をのぞきこむ女の子が、なんともかわいらしくて‥。宮崎ワールドだなぁ。

私と娘はアイスクリームを。息子はビール。ビール瓶には「KAZE no TANI BEER」と書かれたラベルが貼ってあって思わず笑ってしまいました。 

 

P9260059.JPG

P9260054.JPG

P9260053.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P9260067.JPG

P9260072.JPG

左の写真は、屋上にある「まもり神」だそうです。

館内にはいろいろな展示品のほか、美術館でしか観られない短編映画や、大きな猫バスなんかもあって、子どもたちが大いに盛り上がっていました。

小さなお子さんがいらっしゃる方や、子どもの気持ちを思い出したい方にはうってつけかも ♪

 

駆け足で ひと月前の旅の様子をお届けしてまいりましたが、それもこれで終わりです。

今月中旬に北海道に戻ってきてから撮りためた写真もありますので、おいおいそれも紹介したいと思います。

へなちょこ旅行記にお付き合い頂きまして、どうもありがとうございました。

 

2009年10月28日

井の頭公園

この日はカメラをぶら下げて、一人で井の頭公園に。JR中央線吉祥寺駅を降りてテクテク。今からちょうど1月前くらいのことで、まだ暑く 木々の緑が目に眩しく見えました。

P9240973.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

池 のあちらこちらにある噴水が、涼しげで美しかったです。野鳥はカルガモくらいしか見かけませんでしたが、11月になれば渡り鳥が飛来して賑やかになるというから そろそろかな‥。キンクロハジロやカイツブリなんかも見られるそうだから、ちょっと羨ましい!

P9240848.JPG

P9240855.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木陰のベンチに座ってのんびり。長閑だなぁ~。井の頭公園は、私のお気に入り。木陰の散策路を歩くのは快適で、つい時間を忘れてしまいます。

左下の写真は、ツクツクボウシ。夏の終わりに鳴くセミの声です。北海道では一度も聞いたことがないので、少し懐かしかったかも‥。

P9240900.JPG

P9240842.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神田川の水はとても綺麗でした。まるで湧き水からなる小川のように、澄んで見えました。

P9240898.JPG

P9240894.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期、あちらこちらでヤブランの花を見ることができました。日陰にも強く、栽培に手間がかかりません。

公園の帰り道、ヤブランの苗を数株買って鉢植えに。これなら娘でも育てられるかな。‥枯らさないでよ ♪

P9240843.JPG

P9240880.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京滞在も後わずか。次回のブログが、へっぽこ旅行記の最終回で~す。

2009年10月27日

TOKYO CRUISE

P9230660.JPG

P9230649.JPG

 

 

 

  

 

 

 

隅田川、東京湾を行き来する水上バス。そうね、視点を変えて川からビル群を眺めてみるのも面白いかも。

ということで、浅草からお台場海浜公園までの船旅を楽しむことにしました。時間にして約50分。お値段は1,520円です。

浅草・お台場直通ラインに使われる船は、漫画家の松本零士がデザインしたというちょと風変わりな船。 左下の写真が それです。

なかなか快適な乗り心地でしたが、写真は全てガラス越し。

しまった!ガラスは反射し、水しぶきを浴び‥そして所々が汚れで曇っているような‥。結果、写真のほとんどが いまいちでした。

下の写真は下船してから撮ったものです。 

P9230766.JPG

P9230784.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 左下の写真は、お台場にある自由の女神像のレプリカです。なんでもフランス政府公認のレプリカだそうで、「台場の女神」という別名で呼ばれることも多いとか。レインボーブリッジや東京タワーを背景に、なかなかステキ。

 

右下の写真はヴィーナスフォートの噴水広場。素通りしようとしたら、娘に写真を撮るように勧められたのでパシャリ。なるほど‥写真写りがいい。

ちょうどブライス展をやっていたので、しばしその姿をマジマジ。確かになにか惹かれるものが‥。ちなみにブライス (Blythe ) は、1972年にアメリカのケナー社から発売された着せ替え人形のことです。でも侮る無かれ。これが結構、高価なのでありまする。

帰りはちょっとお疲れモード。東京テレポート駅に着いた時には、もう半分眠っていたような‥。
 

P9230806.JPG

P9230831.JPG

 

浅草寺

翌日もまずまずのお天気。しかし、暑いなぁ‥。この日は浅草に。ベタだけど、雷門、仲見世、浅草寺は見ておかなきゃ。 

P9230555.JPG

P9230561.JPG

 

 

 

 

        

 

 

 

風神、雷神をチラ見し、そのまま仲見世に。揚げ饅頭の誘惑にかられ「ちょっと買ってみる?」と娘に聞くが、「私はいらない。」と冷たい返事。

なんだ付き合いの悪い奴。一人で買うのは気がひけるので、グッと我慢。

 

P9230565.JPG

P9230568.JPG

 浅草寺 の宝蔵門。

左の写真にちょっと写っている大きなわらじは、長さが4・5m、幅1・5m、重さは400kgもあるらしい。

でも、そんな風には見えないけどなぁ‥。

 

P9230605.JPG

P9230606.JPG

近くにある「花やしき」から 聞こえてくる歓声が平和でいい。

 路地には、昼間からビールを飲む人が溢れていた。

 ほろ酔い気分で、こちらも長閑。

私達もここでもんじゃ焼きをいただくことにした。

 下町情緒たっぷりの味でした。

2009年10月26日

ディズニー パレード

旧古河庭園を見た後、出向いたのはディズニーランド。

私にディズニーというのは どう見てもミスマッチなのだけれど、「夜のパレードを、見に行こうよ ♪ 」という娘の誘いに 「夜景を撮る練習に ちょうどいいかもね。」と納得し、気軽な気持ちでカメラ片手にディズニーランドへ‥。

でも、考えが甘かった。シルバーウィークを甘く見過ぎていた私達。園内は混雑で、チケットの販売は一時中断。再開予定の時間まで なんと2時間というから、溜息吐息。

仕方なく長蛇の列に加わり、じっと我慢の2時間を過ごす。カワセミ待ちなら2時間って何てことないのに、ここでの2時間は2年くらいに感じた。‥長かった。

P9220212.JPG

P9220213.JPG

それでも園内に入れば、 やっぱり気分は高揚!

おとぎの国だ~。さあ、写真を撮るぞ~♪

明かりが灯り、辺りはますますロマンチックな雰囲気に‥。

いいね、いいね~。 

かぼちゃもミッキーの顔に。ハロウィンだ~♪ 

パレード待ちの人が、園内にはぎっしり。 我々も適当な場所に腰を下ろし、パレードを待つことに。 

  

P9220218.JPG

P9220221.JPG

小腹が空いたので、ホットドッグを買って来てムシャムシャ。

う~ん、まいう~!こういう場所で食べるホットドッグって、どうしてこんなに美味しいんだろう? 

 

 

P9220222.JPG

P9220239.JPG

そうこうしていたら、パレードの時間に。

さぁ、がんばって写真を撮るぞ~!

‥張り切って撮ったはいいけれど‥。

あ~、残念無念。動きのある被写体はどれもボケボケ。

どうしてもシャッター速度が遅くなるからなぁ~。

なんとかアップできそうな写真だけ数枚載せることに。

しらゆきひめに、ミッキーマウス、ピーターパンに‥う~ん、緑の龍は、エルマーの冒険の龍かなぁ?あとは、判りません。 

どちらにしろ、夜景の写真はまだまだ練習が必要なようです。がんばろうっと!

 

 

P9220348.JPG

P9220329.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P9220363.JPG

P9220399.JPG

 

 

  

 

 

 

 

 

 

P9220369.JPG

P9220334.JPG

 

2009年10月22日

旧古河庭園

京都嵐山を後にし、新幹線で東京の娘のマンションに戻る。シュラフにくるまって、すやすや。

翌日は、「暇があったら訪ねてみて。」と言う友人のアドバイスに従い 北区西ヶ原にある旧古河庭園へ。

JR「駒込」駅から 徒歩で10分少々。坂道を登りたどり着いた門には、「国指定名勝 都立 旧古河庭園 」と書かれたものが‥。おぉ、ここじゃ、ここじゃ。

P9220170.JPG

P9220119.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地内に入った途端、美しいコニファーや落葉高木が目に飛び込んで来る。 う~ん、実にいい。素晴らしい。

続いて入場料を‥150円か、安いね。これも文句なし。

‥で、振り返って超お洒落な洋館に感動する私。「うわぁ~、すご~い!すご~い!」とボキャブラリーの貧困な雄叫びに、娘はそっと私から離れ他人のふりをする。

それにしても見事だ。洋館を取り囲む木々の植栽は、これ以上ないというふうだったし、手入れも最高。まさにパーフェクトという感じだ。

ナチュラルといようりどちらかというと、フォーマルな庭。ツゲらしきもので縁取られたノットガーデンには、完璧な状態のバラが育っていた。感心、感心。

P9220152.JPG

P9220118.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ここの庭のすごいところは、洋風の庭と和風の庭が見事にマッチしているところ。

もちろん同じ場所にというわけではないが、絶妙なバランスでそれらが協調している。こういうのって、なかなか真似できないんだよな~。 

 

P9220116.JPG

P9220150.JPG

P9220128.JPG

  

 

 

 

 

 

 

 

目立たない所にも、こだわりが‥。う~ん、贅沢なつくりだ。こんな場所で暮らすことができたらどんなに幸せだろう‥。 

 

P9220137.JPG

P9220155.JPG

美味しい紅茶なんか飲みながら、焼きたてのスコーンに生クリームとジャムをたっぷり。

いかん、いかん。ダイエット、ダイエット!

2009年10月21日

嵐山 竹林の道

P9219917.JPG

P9219924.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道には竹がありません。

真っ直ぐ伸びる竹を どうしても見たくて、嵐山の「竹林の道」へ。 

日本をイメージする代表格の竹。風に吹かれて、サワサワと音を立てる様は、まさに日本の原風景です。

時々、そういったものが妙に懐かしくなってしまいます。 

 

P9219909.JPG

P9219904.JPG

P9219915.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都といえば舞妓はんどす‥?

祇園じゃないけれど、嵐山にもちゃ~んと、いらっしゃいましたえ。

‥って、これって本物?最近流行の「あなたも舞妓さんになれる!」ってやつじゃないよね。

渡月橋

P9219897.JPG

P9219963.JPG

 

P9210036.JPG

渡月橋です。月が橋を渡るように見えたことから付けられたというこの橋は、全長250m。

「嵐山」の桜や秋の紅葉のシーズンは、格別の美しさだだとか‥。

 

橋の下を流れる川は、桂川。コサギやダイサギなどが、のんびりと餌を捕っていました。

 

 

お昼はお豆腐料理を、おやつにはわらび餅をいただきました。

美味しかった~ ♪

二条城

すっかり遅れてしまいましたが、先月21日に訪ねた二条城のお話を‥。

 

二条城は慶長6年(1601年)、徳川家康の命により 京都の守護と上洛の際の宿所を目的として造られました。その後、三代将軍家光が伏見城の遺構を移すなどして寛永3年(1626年)に完成したとか。

桃山文化の華麗な武家風書院造を残す二の丸御殿(下の写真)は国宝となっていますし、唐門(右下の写真)や本丸御殿などの国の重要文化財が多数。ユネスコの世界遺産にも登録されたのは、今から15年前のことです。

 

P9219829.JPG

P9219778.JPG

P9219814.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は朝からすっきりと晴れた絶好の行楽日和。シルバーウィークということもあって、チケット売り場に並ぶ人の数が半端じゃありませんでした。

豪壮絢爛な唐門は、伏見城から移築されたとか。う~ん、見事な彫刻だ‥。 

 

P9219845.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは特別名勝に指定されている、二の丸庭園です。池を中心とした書院造庭園で、二の丸御殿の大広間や黒書院などから眺められるように設計されているそうです。 

P9219851.JPG

P9219856.JPG

建築に調和した庭は、落ち着きと力強さを感じる格調高いものでした。

二の丸御殿にある狩野派の障壁画も、本当に素晴らしく感動しました。 必見です。

 

 

 

慶応3年(1867年)、十五代将軍 慶喜の大政奉還によって二条城は朝廷のものとなり明治17年(1884年)には離宮、昭和14年(1939年)京都市に下賜されました。

平成15年(2003年)には築城400年を迎えた二条城、見ごたえのある素晴らしい世界遺産でした。ありがとう、二条城!

 

P9219887.JPG

P9219837.JPG

P9219862.JPG

 

2009年10月17日

恵庭渓谷の滝

PA150496.JPG

留守にしていた間にたまった家事や雑用、それに庭仕事に追われる毎日で、疲れはピークに‥。

こういう時は、思い切って何もかもうっちゃらかして出かけるのもいいかも。

‥ということで、久しぶりにカメラ片手に恵庭渓谷へ。

もう紅葉は終わってしまったのではないかと半ば諦めていたのだけれど、どうやら間に合ったみたい ♪

おぉ‥ラッキー!

 

 

PA150477.JPG

PA150446.JPG

上の写真と左端の写真は、多分「白扇の滝」。

右の写真は、「ラルマナイの滝」かな?

あまり自信ありません。間違っていたら、ごめんなさい。 

先日の旅行中の写真を紹介しようと思っていましたが、紅葉の写真を撮ったので こちらを優先することにしました。

おまさの「へっぽこ旅行記」は、次回からお届けすることにします。

2009年10月13日

ただいま、北海道!Part2

P9300304.JPG

P9300320.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しばらく留守にしていましたが、昨夜家に戻って来ました。

ちゃんとした説明もできないままの外出となってしまい、皆様にはご心配をおかけしてしまいました。申し訳ありませんでした。

 

実は 10日間ほどの東京(京都、大阪)旅行から戻って3日ほどして、突然実家の母から電話がありました。

父が階段から転落し、脊髄を損傷したとのこと‥。

「医師から身内に連絡をするようにと言われたの‥。」と話す母の声は消え入りそうな声でした。

旅行かばんを片付ける前に再度荷物を詰め込むことになってしまい、不安を抱えたまま慌しく 翌朝 新千歳空港に向かいました。

 

病院のベッドに横たわる父の体は首から下が麻痺した状態でしたが、それでも意識はハッキリしていて 私に気付くと「すまないなぁ。」と気遣ってくれました。

数日後に行われた手術は、無事に成功。脱臼骨折でグラグラだった頚椎がしっかりと固定されたとの説明を受けた時は、正直ほっとしました。

もっとも、傷んでしまった神経の回復は望めません。これからの父、そして母のことを思うと単純に喜んでばかりもいられませんけれど‥。  

旅立つ前の9月の末、北海道は美しい秋色でした。朝晩の冷え込みはありましたが、日中は過ごしやすく快適そのもの。

でも久しぶりに戻った北海道は 、身震いしそうなほどの寒さでした。まだ秋は残っているかしら?我が家の西側のシャラの葉は、もうほとんど落ちてしまいました。

 

 

遅くなってしまいましたが、今月の壁紙ができました。興味のある方は、こちらからどうぞ ♪

http://www.omasa.org/wallpaper/index.html 

 

2009年10月 1日

お知らせ

P9219828.JPG

事情ががあって、 またしばらく家を留守にすることになりました。

京都のお話は、しばらく先になりそうです。

戻りましたらまたがんばるので、よろしくお願いいたします。