ホーム >

花咲か日記

2010年2月28日

お知らせ (3月の壁紙準備中)

P2171318.JPG

083235(2).JPG

このところの暖かさで雪解けが進んだというものの、まだまだ庭は雪の中。

北国の春はもう少し先のことです。

それでもこの雪解けが、ガーデニング熱を一気に加速させたこと間違いなし!

‥と推測されるので、3月の壁紙はちょっと早めに 春の植物にしようかと思っています。

「まぁ~、気が早い。」と思われるかもしれませんが、どうぞご容赦を。

ちなみに写真の植物は、フキノトウとエゾエンゴサクです。

まだ準備中ですが なるべく早くご利用いただけるように(プログラム班が)がんばりますので、もう少しお待ちくださいね。

用意できましたら再度お知らせします。

その際は、こちらからどうぞ。http://www.omasa.org/wallpaper/index.html

 

103830(1).JPG

 

MacOSX の場合の 壁紙の保存、設定方法についてのサイトです。

参考までに載せました。

興味のある方は、どうぞ。

http://www.koujyu.co.jp/kabegami/settei.html 

 

 

追伸 壁紙が完成しました。よろしければご利用ください ♪ (3月2日)

2010年2月22日

よく晴れた日

P2212560-1.JPG

鳥見に夢中になってからというもの、冬でも毎日お天気が気になって仕方がない。

カラッと晴れた日には、朝からそわそわしてしまう。

動きの速い野鳥を撮るには、日の光は欠かせない。晴れた日は、野鳥を撮る絶好のチャンスなのだ。 

そういう日に鳥見できないとなると、これがけっこう辛い。

どんよりとした曇り空が続いた後なら、尚更だ。

 

昨日は久々に恵まれたお天気だったのに、体調不良で外に出られなかった。

あ~、せっかくのまばゆいばかりの日の光‥勿体ない。ぐやじい。

諦めきれずに、カメラを持ち出して家の中から光を撮ってみる。‥おぉ、けっこう綺麗かも!

アカエゾマツに積もった雪は、日差しを受けてポタリ、ポタリ。そんでもって、キラリ、キラ~リ!

上の写真と下の真ん中の写真は、3Dレーザークリスタル。以前、ニュージーランド(ティマル市)の市長さんから頂いた。

 

それにしても‥出窓、えらい傷だらけだな~。恥ずかしい。ちょっと反省。

 

P2202209-1.JPG

P2212554.JPG

P2212531-1.JPG

 

2010年2月21日

ミルクとドラヤキ

P2212270.JPG

3日ほど前から風邪をひいて、体がだるい。

熱もないし、それほどひどい症状ではないけれど、外出は見合わせて家でごろごろしている。

体調が悪い時の一人暮らしは、少し堪える。

普段感じない孤独が一気に押し寄せてきて、つい夫の顔がチラチラする。

ベッドに横になったままオリンピック観戦。カーリングの対イングランド戦は見応えがあった‥。

でも試合が終わった途端、寂しさで息が詰まりそうになる。‥なんて弱虫なんだろう。

 

こんな日は早く寝ちゃうに限る。部屋の電気を消して目を閉じたのは、8時頃だったかなぁ。ウトウトし始めた頃、メールの着信音が鳴った。

「玄関ドアに袋をかけてあるよ。ミルクを温めて飲んでね!」

友だちからだった。

ごそごそと起き出して玄関のドアをそっと開けたら、メール通りにドアノブに白い袋がかかっていた。中をのぞくと、好物のドラ焼きと500mlの牛乳パックが入っていた。

薄っすらと積もった雪の上に、彼女が残した真新しい足跡がついていた。

孤独感が、スーッと遠のいていくのが判った。

2010年2月18日

雪のあとで Ⅱ

前回のブログに載せた雪景色の写真は、露出補正を間違えて ちょっと残念な出来栄えだった。

実際の雪景色は感動的な美しさだったんだけどなぁ。あ~駄目だなぁ‥。

で、昨日も朝起きるといい感じの雪が降っていたので リベンジ!

ちょっと場所は違うけれど、雪景色を撮り直しだ~!ちなみにこの時の露出補正は、+0,3 。

この日は幸運にも、キタキツネにも会うことができた。スッキリと晴れ渡った昨日の陽光は、キツネさんにも眩しかったみたい。

キツネさん、キツネさん。‥もしかしてサングラス、要る?

P2171316.JPG

P2171318.JPG

P2171315.JPG

P2171334.JPG

P1073597.JPG

P2171959.JPG

P2171971.JPG

P2171972.JPG

 

2010年2月16日

雪のあとで

P2161150.JPG

朝方降ったふわふわの雪。

気温が低かったせいか、お昼前になっても残っていた。

北海道に移り住んでもうずいぶんになるけれど、雪景色に飽きることはないなぁ‥。

雪が降ると、むき出しの枝には まるで白い花が咲いているように見えるし、

白い雪原に映る影はその景色に深みを与えていて 実にいい。

 

P2161020.JPG

だから寒い日、しかも雪が降った後はじっとしていられない。

変~身~!

普段怠け者の私は、突如勤勉な働き者に変わってしまう。

今日も変身した私は、カメラを持ってあちらこちらを うろうろ。

 

多分‥

この変身は、当分の間続きそう‥。

2010年2月15日

バレンタインデー

P2140834.JPG

昨日はバレンタインデー。毎年この日になると、孝行娘からチョコレートが届く。

今年のチョコレートは、ニューヨークの生チョコレートだった。表参道の海外チョコフェアで見つけたらしい。

う~ん、美味しそう ♪ このままムシャムシャと食べてしまうのは、なんだかちょっと勿体ない!

ちょっとだけお洒落な食卓にするのも悪くないかも。

たしか冷蔵庫にクリームチーズがあったよな。そうだ、リッツも一袋残っていたはず。

生ハムと明太子を買ってくるかな。ベイーリーフも買っちゃえ~!

あとはワイン‥は、飲めないから‥ミツヤサイダーだ~。

おままごとのような、バレンタインデーの食卓。粗食続きの女一人暮らし、たまにはこういうのもいいかも ♪

2010年2月11日

沙流川の野鳥たち 

昨日、写真仲間らと一緒に沙流川に行ってまいりました。(正確には、むりくりの便乗)

沙流川は日高山脈を源とし太平洋に注がれる一級河川で、サケやマス、シシャモがのぼる川としても有名な川だそうです。

訪ねたのは河口近くでしたが、そのほとんどが氷っていて水の流れが見えるのは両サイドの3、4m前後。

そこにマガモ、コガモ、カワアイサ、ミコアイサ、ウミウなどがプカプカ浮いたり潜ったり。(もっとも、マガモとコガモは上手に潜れないですけれど。)

水鳥の他にも、オオワシ、オジロワシなどの絶滅危惧種になっている猛禽類や、ノスリ、オオタカ、トビ、アオサギ、ダイサギ、カモメ、カラス、それにツグミを見ました。

まさに豊かな自然を証明するような野鳥の多さに、終始テンションは上がり気味。この日撮った写真の枚数は、なんと863枚でした。わたくしの狂乱振り、ご理解頂けるかと‥。

本来でしたら下の写真は野鳥ブログに掲載するところですが、パノラマ風の横長写真は野鳥ブログだとミニサイズになってしまうため 花咲か日記にアップすることに致しました。

「あ~、鳥きらい~!」という方、平にご容赦を‥。

ちなみに最初の写真は、写真仲間から「雰囲気いいから、撮ってみて。」 と教えて頂いて撮った写真です。まぁ平たく言えば、パクリ‥かな?

沙流川での野鳥の写真は何回かに分けて野鳥ブログでも紹介するつもりですので、興味があったらのぞいてみて下さいね。

おまさのこっそり野鳥日記 http://tyunntyunn3479.blogspot.com/

 

写真は上から、「オオワシとマガモ」「オジロワシの幼鳥と若鳥」「逃げるカワアイサ」「切り株とオジロワシ幼鳥」です。

P2109915.JPG

P2109425.JPG

P2100230.JPG

P2109828.JPG

 

2010年2月 9日

冬のフィールド

P2099329.JPG

今日は久々に、西島松のフィールドに行ってみました。

ずいぶん前から工事中となっていたので足が遠のいていましたが、やはりここはホームベース。

たまにはチェックしなくっちゃ!というわけで、デイパックを背負いスノーシューを履いてスタスタスタ。

心なしかスノーシューの沈み方が‥。

こりゃあ本腰いれてダイエットせねばなるまい。

 

重機の機械音が辺りに響き渡り、フィールドで鳥の鳴き声はほとんど聞こえませんでしたが、奥の沼ではマガモやコガモ達がひっそりと羽を休めていました。

3枚の写真に写る1本の直線は、今日の足跡です。誰も歩いていない まっさらな雪の上を歩くのは最高にいい気分でした。

(下の写真をクリックしてみてね。雪のキラキラが見られるかも)

P2099324.JPG

P2099325.JPG

 

寒い日の名残り (長都沼)

P2089027.JPG

 

 

P2089052.JPG

P2089055.JPG

 

 

 

 

 

 

 

自然は美しいけれど、同じくらい厳しい。 

私のお気に入りの長都沼も、数日前の大寒波で見事に氷りついていた。

もちろん、数え切れないほどいたカモ達の姿はどこにもない。

代わりにいたのは、カラスの群れだった。

オオハクチョウ達は、氷の上にうずくまって寒さから身を守っている。

 

所々に、群れから離れたハクチョウがポツンと立っている。その周り、をカラスが取り囲んでいた。

なんだい!あんた達。多勢に無勢なんて、卑怯じゃないの!

P2089050.JPG

左の写真のオオハクチョウは、右足を傷めているように見えた。

上の写真のオオハクチョウは、まだ完全に羽が白くなってないから若鳥なのだろう。よたよたと、一歩一歩歩いていた。

カラスだって食べなきゃ死んじゃう。生きるための行動に、文句を言える筋合いじゃないのは判っている。

でもどうしても我慢ができなくなって、思いっきり大きな声で叫んでしまった。「ホー!ホー!」

カラスはバサバサと飛び立った。でも、またすぐにもとに戻って来るに違いない。バカなことをしたのかな‥。

「ハクチョウさん、仲間達の所まで飛んで行きなよ。一人でいちゃ危ないよ。」

グレーがかったオオハクチョウは、よたよたと歩いて行く。「数日間は、ここに来られないなぁ‥。」

 

自然の摂理だ。これでいいのだ。そう判っているつもりだったけれど、目前で見るそれはやはり心を重くした。まだ修行が足りないなぁ。

2010年2月 7日

雪の降る日

P2078991.JPG

久々に本格的な雪が降った。

風も強くて、降り積もった雪は地吹雪となってあちらこちらに吹き溜まりをつくっている。

このところウルトラ級の寒波のせいで、厳しい寒さがつづいていたが、今日は比較的暖か。

雪は思ったより重く、除雪はちょっと大変だった。

庭にあるバードフィーダーはすっかり雪をかぶってしまい、野鳥達はヒマワリの種を見つけることができなくなっていた。

私の除雪作業が終わるのを待って、マツボックリのバードケーキめがけてシジュウカラやヒヨドリがやって来た。

雪はその小さな体にも降った。‥道行く人や散歩する犬にも、雪は等しく降った。

P2078790.JPG

P2078863.JPG

P2078835.JPG

P2068750.JPG

P2078914.JPG

P2068767.JPG

P2068745.JPG

 

2010年2月 6日

お知らせ

遅くなりましたが、2月の壁紙が用意できました。興味のある方はこちらからどうぞ。

http://www.omasa.org/wallpaper/index.html

 

PC180687.JPG

PC251841.JPG

 

2010年2月 4日

寒い日 Ⅲ (漁川)

今朝は冷え込みました。 気温は氷点下20℃以下です。 お天気も思ったよりいい感じ。

もしかして、ダイヤモンドダストを見られるかぁ~?期待を抱き、久しぶりに漁川を訪ねてみました。

 道の駅に車を停めて‥ おぉ~。川霧がきれいだね。 陽の光も幻想的。

何枚か写真を撮った段階で、手が痛い。

え~い、なんだ-20℃くらい!我慢の無い自分の手を叱りつけ、なんとか30分ほど写真を撮りました。

キーンと冷えた北国の朝の景色です。ダイヤモンドダストは見つかりませんでしたが、なかなかに美しい風景でした。  ‥はっ、はっ、はっ‥はっくしょ~ん!

P2048466.JPG

P2048410.JPG

P2048406.JPG

P2048419.JPG

  P2048432.JPG

P2048417.JPG

 

2010年2月 2日

寒い日 Ⅱ

どちらかというと寒さには弱い方で、すぐに手足の先がジンジンしてしまう。おまけに、私は根っからの怠け者。

だから寒い日の早朝にごそごそと起きだして、 カメラ片手に出かけて行くようになるなんて思いもよらなかった。

でも写真を撮るようになって、大げさな言い方をすれば人生が変わった。今まで気にもとめなかったものに、目が向くようになった。

なんの変てつもない風景が意味のあるものに見え、そこに暮らす生き物が輝いて見えた。 

P1093873.JPG

P1296730.JPG

P2017664.JPG

P1275970-1.JPG

 

P2017966.JPG

P1296745-1.JPG