ホーム >

花咲か日記

2010年4月30日

石手寺を訪ねて

P4141063.JPG

P4141057.JPG

石手寺は、四国八十八箇所霊場の51番札所です。

左端の写真は 国の重要文化財にもなっている三重塔なのだけれど、

大きなレンズしか持っていなかったので、全体を写しきれませんでした。

(相も変わらずトンマな私。)

 

 

現存の本堂、三重塔、仁王門、鐘楼堂などは鎌倉末期の再建なのだそうで、全体に 静かで、とても美しい佇まいでした。

P4141060.JPG

P4141061.JPG

お遍路さんの姿を何人も見たけれど、みなさん凛として 気高く見えました。

一つのことにしっかりと向き合う姿が、そう見せるのかもしれません。

 

 

P4141068.JPG

P4141064.JPG

穏やかな春の日、お線香の匂いを感じながら、遠い昔に この地を訪れた人々の姿に想いを馳せるのでした。

‥と、ここで終わらないのが私。 

帰りに名物の「おやき」(10個で700円 )を買いました。

その素朴で香ばしい「おやき」は最高に美味く、それまでの感慨を見事に吹き飛ばしてしまいました。

 

同じDNAを持つ身内がすっかりと平らげてしまった後で、写真は撮れずじまいとなりました。う~ん、残念!

 

5月の壁紙を用意しています。興味のある方はこちらからどうぞ ♪

http://www.omasa.org/wallpaper/index.html

 

2010年4月29日

坊っちゃん列車

松山の街を走るオレンジ色の路面電車。張り巡らされた電線‥この風景を見ると、懐かしさで胸がいっぱいになります。

右下の写真は「坊っちゃん列車」。マッチ箱のような小さな列車は、ご存知夏目漱石の小説「坊っちゃん」にちなんだ名前です。

この機関車の復元運行が始まったのは、今から10年くらい前だとか。松山を離れて15年になりますから、もちろん当時 坊っちゃん列車なるものは存在しませんでした。

P3299093.JPG

P3319557.JPG

時おり汽笛を鳴らしながら、白煙をあげる坊っちゃん列車。

動力は ディーゼルだそうですが、なかなかどうして大したものです。

そう言えば今回の帰省で、マドンナバスも見つけました。

夏目漱石と司馬遼太郎には、頭が上がりません。 

P3299014.JPG

P3319630.JPG

お城山(松山城)をはじめとして、街のあちらこちらには満開の桜が‥う~ん、綺麗 ♪

メジロやうぐいすの鳴き声を聞きながら、春のやわらかな陽射しを背中に受けての散歩は最高でした。

 

P4211481.JPG

P3299195.JPG

そうそう、散歩中に自転車に乗ったお遍路さんにも会いました。 

雨の日は大変だろうなぁ‥。

風邪などひかれませんように!

 

そうだ。次は、石手寺の写真を載せようっと ♪ 

2010年4月27日

空は広かった

2日前に戻ってまいりました~。

故郷で見つけたちょっといい風景。まだ写真の整理ができていませんが、少しずつブログで紹介していこうと思っています ♪ 

P3319583-1.JPG

P3319607.JPG

左の写真は、松山城で撮ったものです。

ソメイヨシノが綺麗に咲いていました。

エゾヤマザクラもいいけど、

やっぱりソメイヨシノはステキだなぁ~。

 

北海道に戻って来て最初に感じたことは、空の広さでした。

圧倒されるようなその広い空が胸に迫ってきて、涙がでそうになってしまいました。

私を見送る 小さくなった母の姿を、思い出してしまいました。