ホーム >

花咲か日記

2010年5月27日

春の恵庭公園

P5043685.JPG

P5226526.JPG

恵庭公園。

新緑の美しい頃となりました。

咲き誇っていたエゾエンゴサクの花も、ほとんど終わってしまいました。

代わって、今はニリンソウやエンレイソウの白い花が林床を彩っています。

今回は、この恵庭公園をご案内することに致します。

 

P5226529.JPG

P5267596.JPG左の写真は、先ほど話しに出た ニリンソウとエンレイソウ。

誰かが手入れをしているわけでもないのに、見事なまでの美しさです。 

腐植に富んだ林床は、最適の環境ということなのでしょう。

P5267606.JPG

P5267609.JPG

樹の幹にへばりついているのは、普通のカタツムリです。

なんだかかわいく思えて、思わず写真を撮ってしまいました。

リンドウに似た青い小花をたくさんつけた野草は、とてもオチビちゃん。

こういう見落としてしまいそうな 小さくて素朴な草花が、公園のあちこちに咲いています。

 

P5226532.JPG

P5267537.JPG

 

 

 

 

 

 

 

今の時期、森の中を歩いていると たくさんの野鳥のさえずりがひっきりなしに聞こえてきます。

右上の鳥は、オオアカゲラのメス。盛んに樹皮をはがして、夢中で餌探しをしていました。

P5267675.JPG

P5267641.JPG

こちらはヒヨドリ。

家の近くにもやって来る、身近な馴染みの深い鳥です。 

 

鳥はよく知っています。

 

毎年この時期になると、ここで美味しい蜜が手に入るってことを ♪ 

今の時期の恵庭公園は、最高です。近くにお住まいの方、お暇があればいらしてみませんか?

もしかしたら、首からカメラをぶら下げた私に遭遇するかもしれませんよ。

え?なら、絶対行かないって?あ、これは失礼しました。

 

2010年5月25日

ユーフォルビア ファイヤーグロー 

P5247363.JPG

ユーフォルビア ファイヤーグロー

Euphorbia griffithii Fireglow

トウダイグサ科 ユーフォルビア属

原産地 ヒマラヤ山脈

耐寒ゾーン 4~9

草丈 75cm前後

開花期 5~7月

(ただし、地域によって差があり)

 

久々に一目ぼれをしてしまいました。

無計画に植物を買うことの少ない方ですが、これを園芸店で見つけたときは我慢ができませんでした。

オレンジ色の包葉をつけた花、赤い茎、シャープな緑の葉‥。アルケミラモリスと組み合わせて植えたら、きっとステキだろうなぁ。と考えた瞬間、かごの中に入っておりました。

耐寒性、耐暑性に優れた植物のようです。ちなみに札幌の耐寒ゾーンは6、帯広が5、松山は8、東京は9 となっていますから、ほとんどの地域で栽培可能と思われます。

P5247358.JPG植え場所は、日当たりから半日陰の水はけのよい場所に。  

取り扱いのとき、刺激性のある乳白色の液には要注意です。

手袋を着用し、目を触らないように致しましょう~♪

 

たまにはいいよね、衝動買いも!

2010年5月24日

庭案内2010 春その1

P5247309.JPG

P5247316.JPG桜の花が散り、庭の草花がグングン大きくなってきました。

数日見ない間に花をつけているものもあり、慌ててカメラに収めました。

写真が何枚かたまりましたので、今日は 我が家の庭案内をすることに致しましょう~♪

まずは、北側の細長い通路から。アジュガと争うように咲いているのは、クルマバソウです。どちらも日陰に強いグランドカバー。あと少しで、青と白の小花の饗宴が楽しめそうです。

下の写真は左からユーフォルビア・プルプレア、アメリカコマクサ、イカリソウです。どの子もひっそりと咲いていて、見落としてしまいそうな奥ゆかしさです。こういう控えめな存在に弱い私。キレイに撮ってあげるから、動かないでね‥。 カシャ、カシャ!

P5247335.JPG

P5247325.JPG

P5247320.JPG

P5247345.JPG

P5216500.JPG

 

 

 

 

 

  

  

 

通路を通り抜けて東側の花壇では、ユリ咲きチューリップの「楊貴妃」がお出迎え ♪

数年前に寄せ植えに使っていた球根。捨てるのが勿体なくてダメもとで植えたんだけど、 今年はまずまずの咲き具合です。

シラネアオイも、ずいぶん良くなってきました。植えたときは 超小の苗だったんだけどなぁ‥。時間ってすごい!

さて次に紹介するのは、南側の花壇。左から順番に、ユーフォルビア・キパリッシアス、開花したクルマバソウ、 八重咲きヤブイチゲです。

正確に言うと、八重咲きヤブイチゲが植えてあるのは 東側の花壇。半日陰が好きな植物で、落葉樹の根元に植えています。

P5247343.JPG

P5247349.JPG

P5247326.JPG

 

 

 

  

 

 

 

 

下の写真は、左がルナリア(銀扇草)、右がアメリカザイフリボク(ジューンベリー)です。 

P5247353.JPG

P5216486.JPG

ルナリアは2年草。毎年こぼれ種で出てくる株を、大切に育てています。

5月24日現在の我が家の庭、今のところはこんなもんでしょうか。

バラは新芽が展開し始めましたが、まだまだです。

スモークツリーや柏葉アジサイも、遠目には枯れ枝のように見えます。 今年はちょっと、植物の成長が遅い気がするなぁ‥。

2010年5月21日

二度目の春がきた その2

P5104331.JPG

左の写真は、長都沼から見た風景です。

雪の残る美しい山は、樽前山。

葦原はまだ枯れたままですが、樹木の緑が一段と鮮やかになりました。 

左下の写真は、柏木川付近で撮ったフキノトウ。ずいぶん大きくなりました。 

 

P5104375.JPG

P5104359.JPG

長都沼近くの水田には、水が張られていました。

田植えの時期が近いのでしょう。

農家の赤い屋根が、とってもキレイでした。

   

P5176159.JPG

P5104434.JPG

左端は、恵庭公園のエゾヤマザクラです。

濃いピンク色の花弁と、赤茶色の葉が、「ザ・北海道」って感じです。

上の白い花は、エンレイソウ。

笹の生い茂る中に入って、偶然見つけました。

ひっそりと咲く健気で清楚な花は、私の大好きな花の一つです。

下の2枚の写真は、恵み野中央公園で撮りました。淡いピンク色の桜は、ソメイヨシノです。

 

P5196341.JPG

P5196365.JPG

ふんわりとした春の空気に包まれて、カラスもなんだか浮かれているような‥。

二度目の春は故郷で見たそれとは違って、ちょっとワイルドでちょっと素朴な春でした。

2010年5月20日

二度目の春がきた

P5186225.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P5186294.JPG

P5155614.JPG

我が家の庭にも、小さな春がやってきました。

白い花は、八重咲きサンギナリア。花には無関心だった夫が、珍しく自分で買ってきた山野草です。

植えて何年目になるかなぁ‥。やっと、株いっぱいに咲くサンギナリアを見ることができました。

ヒゲ君にも見せてあげたかったなぁ。

ライムグリーンのシダは、その辺りを歩けば何処にでも生えている普通~のシダ。でも‥春の日差しを受けて、とってもキレイ ♪ 紫の花との相性もバッチリなんだよなぁ~。

シダの中には、越冬できないものもありますが、普通に自生しているこのシダ、もちろん越冬可能です。雨風でも倒れないし、日陰にも強い。ほどよい大きさの普通のシダ。これは使わない手はないかも‥です。 

P5124545.JPG

P5186232.JPG

左端の写真は、ジューンベリー。新芽についた小さな水滴が、あまりにもキレイだったので、室内からパシャリ ♪

その隣は" 宿根ネメシア "

‥と言っても ここでは越冬は無理なので、一年草扱いです。

今年用意できなかった高性種のアゲラタムの代わりに選びました~。

             ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

遠方で暮らす両親のこともあり、庭の管理が十分にできる自信がゼロ。ズラッと並んでいた鉢植えのほとんどは、花仲間が引き取ってくれました。

今シーズンは、寄せ植えはしない。身軽でいなきゃ!

‥と思っていたはずなのに‥。あ~、なんて意志の弱い私。店先で見つけたお気に入りの花。どうにもこうにも我慢ができなくて、結局2鉢ほど新しく寄せ植えを作ってしまいました。

花好きのみなさんなら、きっとこの気持ち解ってくださいますよね。

P5186286.JPG

P5186289.JPG

 

 

2010年5月16日

お花畑のお客さま

昨日、憧れの風景(エゾエンゴサクとエゾリス)を求めて出かけてまいりました。先日ブログに載せた宮島沼に引き続いての、撮影旅行第2弾です。

といっても、片道2時間足らず(正確には1時間半)。旅行というのは間違いかな。

念のため、助手席に地図を置いてっと‥。カメラ、レンズ、予備のバッテリーとカード。お財布、免許書、鍵‥。よし、出発~♪

家を出たのは朝の5時半でしたが、辺りはもうすっかり明るくなっていました。

P5154855.JPG

P5154960.JPG

珍しく迷うことなく目的地に到着!

早朝に見たエゾエンゴサクやカタクリは、まだ朝露で濡れていました。

一面に広がる青いとピンクの花の絨毯の、あまりの美しさにしばし呆然。

 

これはスゴイ。スゴ過ぎる。予想を超える素晴らしさだ~。(感動)

P5154867.JPG

P5155250.JPG

夢中で花の写真を撮っていると、10人以上いたギャラリーに動きが‥。

おっ、さてはエゾリスさんのお出ましか?

あ、いたいた!

 

あまり上手く撮れたとは言えませんが、珍しくてかわいい風景です ♪ ゆっくりと ご覧になってくださいね。

なお、私がこの場所に憧れるきっかけとなった方の記事はこちらです。素晴らしい写真がいっぱい。こちらも是非ご覧くださいませ。

 http://blog.goo.ne.jp/kotankorokamui/e/56e8adc872a070e19478063069362934

P5155601.JPG

P5155293.JPG

 

P5155310.JPG

P5155216.JPG

 

 

 

2010年5月13日

ありがとう

P3319582-1.JPG

たった1段の階段を踏み外しただけなのに、脊髄損傷を負って全身麻痺の状態になった父。

以来自分で息をすることもできず、意識はあっても声も出せない。

それでも悪いなりに状態が安定し、療養型の病院に転院することになった。

当日、移動のための介護タクシーには 主治医と看護師さん1人が同乗してくれた。

 

人工呼吸器が外され、挿管チューブにアンビューバックが接続される。父の顔が苦痛で歪み「息が苦しい」と口が動いているのが見てとれる。

胸がドキドキし、私も息が苦しくなる。「お父さん、頑張って。」

 

ICUでお世話になった担当の看護師さんは、忙しい時間を割いて病院の玄関口まで見送りに来てくれた。

要求の多い父に嫌な顔一つもせず、常に穏やかな対応をしてくれた看護師さんだ。優しくて丁寧な看護に、入院中 父も笑顔で応えていた。

介護タクシーには私も乗った。窓の外に、真っ赤な目をして ちぎれんばかりに手を振る その看護師さんの姿が見えた。

窓を開け、最後の挨拶をした。涙が後から後から溢れた。

 

転院先に着いて一通りのことが終わると、先生(主治医)は母のそばにしゃがみこんで 「身体を大切にしてください。」と、繰り返し言われた。

労わるような眼差しに、胸が詰まった。

P4231654.JPG

P4110932.JPG

左端の写真は、隣家に植えてあるアイリス。

雨に打たれてとてもキレイに見えた。

父の入院で一人暮らしとなった母を心配して、ご近所の方が声をかけてくださる。

「お姉ちゃん、よく帰って来てあげたねぇ。」の ひと言に、思わず目頭が熱くなる。 

耳の遠くなった母に代わって、市役所にも何度か足を運んだ。そこでの親切も忘れられない。 

人は一人では生きられない。直接、間接にさまざまの人に守られて生きている。一人一人の優しい気持ちが、生きる力に繋がる。

上手くいっているときより、困ったときにそのことがよく分かる。

P4252052.JPG

P4140970.JPG

 

2010年5月11日

再会

P3299137.JPG

P5114535.JPG

今回の帰省で一番楽しかったのは、15年ぶりに果たせた友人との再会だった。

子供がチビッコの頃のママ友は、総勢6名。

桜の咲く頃は、チビッコ込みでお花見を楽しんだっけ。

 

あの頃の写真は‥何処だ、何処だ~? あった。‥ゲッ!私、若い。

そうか~。みんなちっとも変わっていなかったけど、私は十分成熟していたのね。しくしく。

P4181420.JPG

P4181422.JPG

今回の私の帰省に合わせて事前にあれこれと下準備してくれた友人。

みんなが連れて行ってくれたのは、

LAPUTA GARDEN というお洒落なレストラン ♪

 

松山総合公園の近くにある、お洒落このうえないレストランの味は‥。

もう、最高! 私はラピュタランチのお魚(鯛)料理にしたけれど、友人のお肉も半端なく美味しかった~!

デザートとドリンクは2FでもOKだったので、別室でゆっくりと。おぉ、なんというリッチな気分じゃ。

P4181424.JPG

P4181425.JPG

15年の時間なんて何処にも無くて、あっという間にタイムスリップ。

何気ない会話の中に見え隠れする友人達の優しい気遣いに、ほろっ。

友だちっていいね。

15年前、みんなは揃って空港まで見送りに来てくれた。

今回は別れ際に、みんなの気持ちだからと言って お菓子の詰め合わせまで持たせてくれた。 

2010年5月10日

サンガーデンは春爛漫

今回もリアルタイムで 北海道からの情報をお届けします。次回から、再び舞台は故郷へ。愛媛・人情編のお話の予定です。

で、今日のご紹介するのは 恵庭市島松にあるサンガーデンさん。では、みなさまこちらにどうぞ。

P5094214.JPG

P5094212.JPG

P5094197.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期にこれだけの庭って、そうないだろうなぁ‥。サンガーデンは、春の香りでいっぱいでした。

窓辺に飾れたボックスには、ビオラとアリッサム。テーブルの上には、満開のアルペンブルーが‥。

白、紫、黄色の組み合わせは私の大好物です。う~ん、美味しそう ♪

高さのあるコンテナへの寄せ植えも、みんな見事でした。右上の寄せ植えは ビオラとグレコマだけのシンプルなものですが、かえって鉢の美しさを際立てています。

 

P5094216.JPG

P5094224.JPG

こちらの寄せ植えもすばらしい。

鉢の形や色に合わせて植物をチョイスしているというのが、よく分かります。

もちろんそこには、庭全体のバランスや調和を考えての緻密な計算がうかがえます。

庭に植えられた春の草花も、かわいい姿を見せていました。

クリスマスローズにエンレイソウ‥。そうそう、エンレイソウの見頃はちょうど1週間ほど先だそうです。

あっ、「ティーズ ガーデン」‥お腹すいたなぁ。でも、今日は我慢。今度来た時に、またランチをしようっと ♪

P5094220.JPG

P5094210.JPG

売店の草花は、み~んな元気いっぱいでした。 

もちろん私も苗を買ってきましたよ。

さあ、本格的なガーデニングシーズンの到来です!ニマ ♪

2010年5月 9日

ガーデニング、ガーデニング!

前回に引き続き、北海道でのお話です。

P5094153.JPG

4月下旬に自宅に戻ってからの数日間は、大忙しでした。

残ったままの冬囲いを片付け、枯れ枝や傷んだ枝を剪定し、 ツルバラやクレマチスの誘引のためのオベリスク、フェンスを設置。

これがアイアンで、けっこう重い。 こ‥腰、痛!

トゲトゲと戦いながら、ツルバラを誘引。

アンジェラもポールズ・H・ムスクもでっかくなったなぁ‥。(涙)

宿根草の枯れている部分を丁寧に取り除き、花壇を綺麗にお掃除、お掃除。

なんだい、もう雑草めが生えてきてるのか~。

ぶちぶち文句を言いながら、地味な園芸作業けるわたくし。

そうだ!今のうちに、鉢植えにしたバラの植えをやっておかなきゃだ!

がんばれ~、私!そ~れ。 ‥こ‥腰、痛!

花壇全体に腐葉土を鋤き込み、バラの株の周りに肥料を入れ、株元には完熟牛糞でマルチング。

宿根草にはマグアンプKをパラリンコ。雨の前に、オルトランをまきまきして‥。

P5094173.JPG

P5094170.JPG

ふ~、まだ残っている作業はあるけれど、一応一段落というところまでたどりつきました。

クリスマスローズやプルモナリア、サンギナリアにブルンネラと、お気に入りの花も咲き始めました。

 

P5094180.JPG

P5084085.JPG

恵庭の桜も開花直前です。

北海道にも、ガーデニングシーズンがやってきました。

空いているスペースに、今年は何を植えるかなぁ。

高性種のアゲラタム、種まきできなかったからなぁ‥。

2010年5月 7日

宮島沼

さてさて今まで故郷愛媛のことを紹介してきましたが、今回からちょっとの間 舞台を北海道に移します。

P5022612.JPG

P5022651.JPG

連休中、宮島沼に行ってまいりました。

帰省した息子が付き合ってくれるというので、

「よ~し、久々に北海道らしい景色を見せてやろうか。」ということに!

 

「自分で運転した方が楽なんだけどなぁ‥。」と言う息子の発言を無視し、ハンドルを握って1時間半。

そこに見えたのは、まぎれも無い本物の宮島沼でした。 

P5022700.JPG

P5022821.JPG

野鳥仲間のブログに度々登場する宮島沼は、私にとって憧れの場所でした。

この日はよく晴れて、風も無い穏やかなお天気。

日が傾いて辺り一面が赤く染まり、鏡面となった水面を陽光がキラキラと揺らします。

期待に違わぬ美しい景色は 私の頼りない涙腺を刺激し、時おりポケットのティッシュを探す破目となったのでした。‥ううっ!

 

その沼に、次々とマガンの群れがやって来ます。日中は近くの畑で落穂を食べ、夜になると沼で休むのです。

ここでしっかりと休養を取り 体力をつけたマガン達は、やがて子育てのためにシベリアへと旅立って行きます。

 

P5023092-1.JPG

 

 

P5023140-1.JPG

P5023191.JPG沼に近づいたマガン達は、まるで「きりもみ」のように、ゆらゆらと沼に落ちていきます。

それほど大きくない沼は、やがてマガンの群れで埋め尽くされていくのです。

自然の営みは、厳しくも美しい。

 

 

カメラ片手に外歩きをするようになって、よくそう思うようになりました。

ありがとう、宮島沼。ありがとう、マガン達。それから‥付き合ってくれたのっぽの息子、ありがとう。

 

P5023217.JPG

P5023268.JPG

P5023339.JPG

 

P5023486.JPG

 

 

2010年5月 5日

道後公園

P3299124.JPG

P4050453.JPG

道後公園は私の大好きな場所です。

子供が小さい頃は、毎日のようにここに通いました。

桜の咲く時期にはたくさんの人でごった返しますが、それでもどこか のんびりとした雰囲気があります。

ベンチに座って庭園を見ていると、まるで置物のようなアオサギがいたり、青い宝石のようなカワセミがいたりします。

 

P4241850.JPG

P4241931.JPG

陽だまりの中 その不思議な風景に身を委ねていると、一瞬今自分が何処にいるのかを忘れてしまいそうになります。

道後公園はそういう ちょっとしたワンダーランド‥のような気がします。 

 

P4181397.JPG

P4181403-2.JPG

P4241967.JPG