ホーム >

花咲か日記

2010年6月30日

庭案内2010 初夏その3

093809-1.JPG

6月も今日で終わりです。

寒い春の後に訪れた突然の猛暑。

このところの30℃を超える真夏のような暑さに、遅れていたバラの開花が一気に進みました。

 

 

満開と思っていたノイバラは、早くもちらちらと散り始めました。写真は、今日の我が家の庭です。 

 

093151.JPG

P6306808.JPG

左のバラは、イングリッシュローズのワイルドイブ。

小型で花つきのよいこのバラは、鉢植え向きのバラ。

しなる枝先に、花弁数の多いロマンチックな花を咲かせます。

 

香りもいいし、花もちもいい。これ、超お勧めです。

秋には、花色がアプリコットピンクに!これが、またいいんだよね~♪ 

P6296739.JPG

P6306819.JPG

 

 

 

 

 

 

ワイルドイブにとても似たバラに、アンブリッジローズがあります。

こちらは少しアプリコットがかった花色で、シャキーンと直立しています。花壇の中に植ても、枝が暴れずまとまりやすいバラです。アンブリッジ‥これも外せないバラです。

102215.JPG

102117.JPG

リビングの出窓のそばに植えている キャサリン.モーレー(左)とブラザー.カドフィール(右)も咲き始めました。

1番花なので、大輪はやはり大きい。もう少し小ぶりでもいいのになぁ‥。なんて、贅沢なことをつぶやいております。

 

P6306830.JPG

073505.JPG

遅咲きのゲラニウム、ジョリービー(左)も咲いてきました。

これから秋まで長い間、次々と花を咲かせてくれます。

セリ科のアストランティア(右)も満開です。

この独特の花を見る度、この花が欲しいと 2人してあちこちを歩いた友達のことを思い出します。 H さ~ん、あなたのことだよ ♪

 

072830.JPG

101653.JPG

093058.JPG

 

 

 

 

 

 

アプリコット色のアブラハムダービー(中央)も、明日には開きそうです。

丈夫で秋遅くまで咲き続けるという評判で購入して4年目です。でも何故か、我が家での調子は今ひとつ。う~ん、どうしたものか‥。

大好きなグラミスキャッスル(右)も、かわいく咲いてくれました。トゲトゲの鋭ささえなければ、言うことなしなんだけどなぁ。 

072932.JPG

P6306863.JPG

鉢植えのコデマリ(左)も満開。

一期咲きのアルバセミプレナ(右)は、すでにハラハラと散り始めました。

花の命は短くて‥。

 

駆け足で庭をご案内致しました。最後までお付き合い戴き、ありがとうございました。

このところの暑さと疲れからか、どうやら夏風邪をひいてしまいました。今日はこれで休みます。皆様、おやすみなさいませ。 

そうそう、7月の壁紙が用意できました。興味のある方は、こちらからどうぞ。

http://www.omasa.org/wallpaper/index.html 

 

2010年6月29日

庭案内2010 初夏その3

P6296792.JPG

昨日まで咲いてなかったのに、あらもうこんなに?

そんな感じで、次々に開花していくバラ。

これは写真を撮るのもアップするのも大変だ‥。

おっといけない。つい愚痴っぽくなってしまいました。

さあ 気を取り直して、新たに花を咲かせてくれた健気な面々を 紹介することに致しましょう。

では、まずはノイバラ(ロサ・ムルチフローラ)から。

このノイバラ、我が家では道路と庭の境界にあるスッキリポール(電気の引き込み柱)に誘引しています。数日前に開花が始まったと思っていたら、あっという間に満開になってしまいました。

開花期間はさほど長くないけれど、花後にできる実が魅力的です。トゲが少ないしステムもやわらかくて誘引しやすい。それに、なにより丈夫です。今や我が家に、このバラは欠かせません。

ボリュームいっぱいに咲く花は、存在感があります。高価な鉢などを買わなくても、開花時は庭の立派なフォーカルポイントになってくれます。 バラ好きの皆様、ツルバラを利用しない手はないかもしれません~♪

 

P6286698.JPG

P6296756.JPG

P6296754.JPG

 

 

 

 

 

 

次に登場するのは、紫色の花が美しい「ラプソディー イン ブルー」 ♪♫♪

白い小花と中輪の紫の花のコンビネーションを楽しみたくて、ノイバラのそばに植えてみました。

でも、もうちょっと近づけた方がよかったかな‥。

 

P6296782.JPG

P6286642.JPG

昨日から、アーチのアンジェラも開き始めました。濃いピンクの花は、中間色の多い我が家の庭をグッと引き締めてくれる大切な存在です。

このアンジェラは、庭をつくりだして間がない頃からずっとあるツルバラ。‥夫がいて、子供達がいて、私がいて、ワンコがいて‥。あの頃と変わらず、今年もまたキレイな花を咲かせてくれました。

 

P6286638.JPG

P6296768.JPG

P6286722.JPG

P6286725.JPG

ボーダー花壇の中にあるバラ達も次々に開花してきました。

左上のアプリコットピンクのバラは、アンブリッジローズ。

とても香りのよいバラです。

直立する小型のバラなので、花壇に入れて管理するのも楽チンです。

その隣のバラは、メアリーローズ。ご覧の通りの花つきの良さです。

下の段、左はオールドローズのマダムアルディー。ボタンアイが魅力的です。

そして、その隣の葉っぱ。そうです、これこそまさしくハキリバチの仕業による芸術的産物。 今年も、ブンブン飛んできて巣材に切り取って行ってるようです。‥しくしく。

P6296774.JPG

P6296773.JPG

最後に紹介するのは、東側の花壇にあるポールズ・ヒマラヤン・ムスクです。

もう少ししないと咲かないだろうと思っていましたが、意外に早く咲き始めました。

満開になるのは数日後でしょうか。 6月下旬の庭、今のところ こんな感じです。

2010年6月26日

庭案内2010 初夏その2

暑い日が続くせいか、庭の植物達があっという間に大きくなって‥と言うよりも大きくなりすぎて大慌て。

 昨日、一昨日は一生懸命庭の手入れを頑張りました。 茂って込みすぎた枝を抜いたり、伸びている芝を刈ったり、雑草取りに、要らない バラのシュートの剪定‥。

 頑張っても頑張ってもエンドレスのような庭仕事に、半べその私。 そうか‥普段サボっていると、こんなふうになっちゃうんだ。うぅ‥反省です。

ま、それはともかく。庭のバラや草花が咲き始めました。なにかと不在にすることの多い私。庭仕事も一区切りついたことだし、撮りためた写真をもとに庭をご案内することに致しました。

  

P6245123.JPG

P6265771.JPG

P6265780.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

上の左端の写真は、アメリカテマリシモツケ(ルテウス)です。鉢植えで育てて、もう何年だろう。いつも、玄関横でお客様をお迎えしています。ライムグリーンの葉もいいけれど、コデマリに似た花もかわいい。

去年まで手入れの大変だった法面の芝は、シックなレンガの塀に様変わりしました。トレードマークのような芝の法面でしたが、バリカンの芝刈りは辛かった~。塀のおかげで、今はちょっと楽です ♪

 

P6265789.JPG

P6265752.JPG南側の花壇では、スモークツリーの花が咲き始めました。

写真のスモークツリーは矮性種のヤングレディー。

扱いやすくてお勧めです。

 

高性種のアゲラタム(右上の写真)は、私のお気に入りの花です。シックな葉色のヒューケラとの取り合わせが‥好き ♪

 

P6265688.JPG

P6265725.JPG

ゲラニム(フウロソウ)も、次々と開花してきました。

写真に写っている白っぽいゲラニウムは、ビオコボ。

紫がかったピンクのゲラニウムは、ケンブリッジです。

 

どちらも花つきがよく、開花時は華やかです。でもこういう類の植物を植える時は、花後に寂しくならないように注意が必要かも。 そばにリーフプランツを植えるとか、開花期間の長い1年草を植えるとかすると失敗がありません。

 

P6265723.JPG

P6245194.JPG

 

 

 

 

 

 

 

早咲きのバラ "スタンウェル パーペチュアル" は、早くも満開に‥。

ソフトピンクをした花弁数の少ないこの花は、いかにもオールドローズといった雰囲気の優しげなバラです。

ステムが細くしなやかで一見誘引しやすく見えますが、トゲの鋭さはなかなかのもの。 

グランドカバーのように仕立てることが多いバラのようですが、私はオベリスクを支柱代わりに使っています。

P6265762.JPG

 

P6245196.JPG

 

 

 

 

 

 

 

P6245191.JPG

ユーフォルビア キパリッシアスです。

淡いオレンジと黄色、それにライムグリーンの取り合わせは、なんともお洒落です。

隣に控えているラムズイヤーとのコンビネーションもなかなか。

こういうシブイ感じ‥やっぱり、好き ♪

 

 

P6265707.JPG

P6255261.JPG

さて、通りからは見えませんが、東側の花壇にあるバラ、ポールズ・ヒマラヤン・ムスクにも蕾がいっぱいつきました。

開花まであとどれくらいかなぁ。

1週間?くらいかな‥。

エリンジュームの花もいい感じです。まだ紫色にはなっていませんが、今年も花つきはまずまず。ににっ!

 

P6265775.JPG

P6265699.JPG

北側の壁沿いに這わせているのは、ミヤママタタビです。

葉がランダムに白くなったり、ピンクになったり。

遠目にはまるで花が咲いているようだと、今時期は好評です。

 

ホスタやグラス類も日陰で涼しそうです。

 

北側通路の端には、ロサグラウカがあります。原種のバラで、葉色もステキ。秋には赤い実もキレイなお気に入りのバラです。スタンウェル・パーペチュアルと同様に、こちらも今がちょうど満開。一重の花も、うるさくなくていい感じ。

東の通りに置かれた、鉢植えのイングリッシュローズも咲き始めました。最後の写真がそれです。花壇では、メアリーローズが咲いています。

これで庭を一回りしました。お疲れになったでしょう?最後までお付き合いくださってありがとうございます。

P6265776.JPG

P6265779.JPG

P6265730.JPG

 

 

2010年6月24日

フィールドの花

            【オオハナウド】                   【エゾカンゾウ】

P6224622-1.JPG

P6224631-1.JPG

 

 

 

 

 

 

6月も後半になり、フィールドにも素朴な花が ♪

 

いいですねぇ。 緑だけでも気持ちがいいのにキレイな花まで見られるなんて、もう最高。

それに自然に咲いているってことは、その土地に合った植物ってことだから‥ そう、バカにできない情報ですよ、これは。 もっとも さすがの私でも、オオナナウドを庭に入れるのは躊躇しますけど。 

エソカンゾウはいいね。紫や白の花と組み合わせたり、写真のようにシダのそばに植えてもいいな‥。

 

      【ノビタキのちびっこ】           【ヤマブキショウマ】 

P6159234.JPG

P6224666-1.JPG

ヤマブキショウマは何年か前に、そこそこの値段で購入しました。

まさかこんな所でお目にかかるとは‥。

ちょっと複雑です。(涙)

 

 

      【ツルアジサイ】            【ツルアジサイ】            【ニセアカシア】

P6214283-1.JPG

P6214299-1.JPG

P6224618-1.JPG

 

 

 

 

 

こちらはツルアジサイ。

壁面に這わせたツルアジサイの写真を見て、一目惚れ。

なんとか我が家の庭にも取り入れたいと、これまた通販で購入したのが、そうねぇ‥9年くらい前になるかな。6年目に咲き始めた時は嬉しかったけれど、どうみても自然界のツルアジサイの方が立派。 う~ん、腐植をすき込むか‥。

右端の白い花は、ニセアカシアです。「この蜜は甘いんだよ。」と教えてくれた友人の顔を思い浮かべながら、チューチュー。うん、確かに甘い ♪

フィールドには素朴な花が咲き、子育てをする野鳥達で賑わっています。「庭を手入れをしなくっちゃ。」と思いつつ、ついふらふらと出かけてしまう私。

留守がちな我が家の庭を訪ねてしまった皆さんには、本当に申しわけないと思っています。この場を借りてお詫び申し上げます。 ごめんなさい。ごめんなさい。

2010年6月21日

樽前ガロー

P6183041.JPG

P6183044.JPG

P6182939.JPG

 

 

 

 

 

 川の両側には切り立った岩盤が連なり、

岩盤には苔が一面に張り付き‥。

おぉ、なかなかの景観です。 実に神秘的。

先日、苫小牧にある樽前ガローに行ってまいりました。ガローというのは東北地方の方言で、「崖の間を川が流れる場所」という意味があるのだそうです。

岸壁にこびり付いた苔は、まるでフカフカの絨毯のよう。右上の写真がそれです。ね、スゴイでしょう ♪

 

P6182972.JPG

趣のある独特の雰囲気

流れる水は、どこまでも澄んでいて

思わず手を入れたくなります。

 

 

P6183031.JPG

P6182989.JPG

川の周囲には天然林が見られ、ハルゼミの鳴き声や野鳥の声も聞こえてきます。

全長およそ2km、面積にすると8・6ヘクタールにわたる広大な樽前ガローです。

 

P6183075.JPG

P6183191.JPG

駐車場近くにある滝は、それほど大きなものではないけれど、

支笏火山の熔結凝灰岩とやらが侵食されてできたという岩に囲まれていて、不思議な世界に紛れ込んだような気持ちに‥。

 

右のトンボの写真は、ガローの近くにある錦大沼公園で見つけたトンボです。 ちょっと 差し色に使ってみました。ダメ?

これから暑くなってきます。涼を求めて、樽前ガローっていうのもいいかもしれませんよ。

 ‥それにしても聞きなれないあの大きな鳥の鳴き声‥何だったんだろう。 もしや、アカショウビン?

2010年6月20日

庭案内2010 初夏その1

P6193315.JPG

P6100597.JPG

 

 

 

 

 

 

6月も中旬を過ぎ、スカスカだった我が家の庭も緑でぎっしり。

ホスタやラムズイヤー、ヒューケラなどのリーフプランツにまじって、ゲラニウムの仲間やアルケミラモリス、アムソニア、それにセントランサスなども開花し始めました。

右上の写真は、セイヨウカンボク。オオデマリに似た美しい花を咲かせています。今年は、葉が展開すると間もなくサンゴジュハムシが現れたので、オルトラン水和液を容赦なく散布しました。私って‥冷徹。

    【ミヤママタタビ】      【西洋オダマキ(ブラックバロー)】    【ゲラニウム( ビオコボ)】

P6121561.JPG

P6141699.JPG

P6141668.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

      【ヒューケラ】

P6141705.JPG

P6193323.JPG

P6193322.JPG

 

 

 

 

 

 

バラの蕾も、そろそろ膨らみ始めました。

今年も、オールドローズのスタンウェル・パーペチュアルが一番に咲きそうです。

P6172536.JPG

P6172486.JPG

雨上がりの庭は、シャンとしていた草花がグッタリして悲惨。

でも、あら!

これなんか、なかなかキレイ。

 

 

      【ツリバナの花】            【スモークツリーの花】

 

      【ホスタの道】          【ロサ グラウカ】            【蜘蛛の糸】         

P6172523.JPG

P6172510.JPG

P6172499.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

        【アルケミラ モリス】          【レインドロップ】

P6172881.JPG

P6172883.JPG

たまには雨の後始末を後回しにして、庭の中にある ちょっとステキな瞬間を

のんびりと楽しんでみるのもいいかもしれません。

 

2010年6月16日

自転車で

P6029143.JPG

先日 花仲間の1人が、突然 花苗のぎっしり入った大きなトレイを抱えてやって来ました。

苗は、彼女が種から育てた「バーベナ・ボナリエンシス」(三尺バーベナ)。

「今年は種まきができなかったんでしょう。よかったら使って。」

トレイの苗は、どれもガッチリとした良いものばかり。

きっと出來の良い苗を選んでくれたんだろうなぁ‥。

 

 

数日前に、彼女のお宅に行ってまいりました。もちろん、久しぶりにお庭も拝見。 

   

P6090542.JPG

P6090551.JPG

P6090568.JPG

 

 

 

 

 

 

ウインドーボックスには矮性のルピナスが飾られ、玄関そばにはビオラや花オレガノのハンギングが‥ステキ!

 

P6090562.JPG

P6090565.JPG

ラミウムの黄色い花、フェスツカ・グラウカの青味のある葉、

何もかもが元気でいきいきとしていて、 

P6090559.JPG

P6090560.JPG

丹精込めて庭を手入れしていることが 一目見れば分かりました。 

 

夫と2人してここに来たのは、もう何年前のことになるんだろう。

チャリに乗って、キコキコ。暑い日でした。

友人宅前に 2台並んで置かれた自転車を、今でもはっきりと覚えています。

いつも手入れされていた自転車は、タイヤの空気が抜けたままガレージの奥に放置。

 

夫が見たら嘆くかな‥。雨があがったら、せめて空気だけでも入れてみるかな。

花仲間の庭を見る度、自転車を思い出してしまう 変な私なのでした。

2010年6月14日

節約生活

P6131571.JPG

P6131593.JPG

昨日は暑い日でした。

こういう時は、冷たい飲み物や よ~く冷えたゼリーなんかが恋しいもの。

コンビニに行くかな‥。

いや待てよ。確か、ゼラチンが残ってたはず。

あった、あった。

コーヒーを入れて、お砂糖入れて、ゼラチン入れてまぜまぜまぜ。

 

お気に入りの食器に入れてっと。 あら熱を取るのにカウンターに置いたら、意外にキレイ。 へ~それじゃあ、記念写真でも撮るかな‥。

ついでに小さな花瓶のお花の写真もカシャリ ♪ お花は自宅の庭で調達したもの。フッキソウとビオラ、それにフタマタイチゲにユーパトリウムをチョキン。

P6131576.JPG

P6131600.JPG

お金を使わずちょっぴり手間をかけて、

いつもより少しだけリッチな気分に。

  

1人暮らしも1年を過ぎると、何もかもがつい手抜きになりがちです。 

たまには自分のために、がんばってみるのもいいことかもしれません。ちなみにこの日の夕食は、銀だらの粕漬けと切干大根の煮物。お味噌汁にエビフライ、それからお漬物でした。

P6141606.JPG

P6141617.JPG

使ったあとのコーヒー豆は、よく乾燥させて脱臭剤の代用品に。

地道に節約をして、いつか500mmのレンズを買うんだ!

カタログを見ながら、一人 にやにや。

私って、不気味ですねぇ。

こわ!

 

2010年6月12日

YOSAKOI ソーラン

P6110908.JPG

初めてYOSAKOI ソーランを見たときの感動は、今でもはっきり覚えています。

ひたむきに踊る姿に、胸を打たれました。

これほどの踊りを披露するには、どれだけの練習が必要だったろう。

そう考えると、見る方にも力が入ったものです。

 

今年もYOSAKOI ソーランの季節がやって来ました。私にとっては、カメラを触るようになって2度目のYOSAKOI です。これは撮りにいくしかないね。と思っていたら、写真仲間からYOSAKOI を撮ろうという話が持ちあがり、なんとご皆さんと一緒させて頂くことになりました。やったね。

P6111061.JPG

P6111303.JPG

 

 

 

 

 

 

会場には、テレビカメラや照明がいっぱい。祭りの期間、道内のテレビ局はどこもYOSAKOI の取材一色になります。裏方さんの真剣な表情がいいですね。

私はYOSAKOI については全くの無知ですが、それでも聞き覚えのあるチーム名がいくつかあります。下の左端の写真はそのひとつの「平岸天神」。後の2つはどこのチームか判りませんが、どちらも素晴らしい演舞を披露してくれました。見よ、この躍動感!いいですねぇ~。

P6111133.JPG

P6110944.JPG

P6110897.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこちらは、「新琴似 天舞龍神」。笠をかぶって、白足袋はいて、シックなお着物が粋ですねぇ。

P6111150.JPG

このチーム、大通りのパレード会場に次々と現れるチームの中、一際目立つ存在でした。(あくまでも個人的な印象です)

というのも、前半の大和撫子風の静かな踊りから一転、後半になると もしかしてここはブローデウェイ?と思わせるような大胆な踊りにチェンジ!

「ひえ~、かっこいい~!」

すっかり度肝を抜かれた私なのでした。

 

P6111180.JPG

普段は自然や草花、野鳥などばかりを撮っていますが、人間もステキです。

特に何かを一生懸命にやっている姿って、とてもいい。

今どき真面目とか頑張るとか流行らないのかもしれないけれど、私はそういうのが好きです。

 

 

P6111265.JPG

P6111247.JPG

思い思いの衣装に身を包み精一杯の踊りを披露した後には、ご覧の笑顔。

皆さま、お疲れ様でした。

素晴らしい演舞をありがとう。

 

(おまけ) 今年の優勝チームは、3枚並んだ 縦長の写真中央のチームで、「新琴似 天舞龍神」と「平岸天神」が準優勝となったらしいです。おめでとう!

2010年6月11日

滝川の菜の花畑

P6080171.JPG P6080163.JPG

 

 

 

 

 

 

 

滝川(江部乙地区)にある菜の花畑を訪ねてまいりました。

地元のブログ仲間が掲載している その景色があまりに素晴らしく 我が目で1度は見ておきたいと思っていましたし、最近ここを訪ねたという写真仲間からの勧めもあって 思い切って出かけることにしたのでした。

何処までも広がる青い空と黄色い菜の花の絨毯は、予想通りの美しさ。スケールの大きな北海道らしい風景です。時おり吹き抜ける風が心地よく、菜の花の香りが全身を包み込みます。 

 

P6080146.JPG

P6080155.JPG

あ~、もしかしてここはこの世の天国か?

長閑で平和で‥。

超、気持ちいい~!

 

 

P6080143.JPG

なんてなことを思いながら、点在する菜の花畑をうろうろ。

遠く見える山の頂には、まだ白い雪が残っています。 

やるね、北海道!

やるね、滝川!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※

菜の花はアブラナ科アブラナ族属の2年草で、野菜として、また油の原料として栽培されています。

ここの菜の花も7月~8月上旬に種が収穫されナタネ油として加工され、一部は開花前に野菜として収穫、花後は緑肥として活用されるとのこと。素晴らしい、実に無駄がありません。

   ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 

途中、雑草を刈り取っている作業車に出合いました。アームの先端に回転式の大きなカッターがついていて、次々と路肩の雑草を刈り取っていきます。 さすが北海道、スケールが違うね。

 

P6080168.JPG

P6080368.JPG

作業車を見てしばらく後に、かわいいノビタキのツガイを見つけました。

あつ!もしやこのノビタキ、ブログ仲間が撮っていた子?

まさか‥と思いつつも写真をカシャ、カシャ。

なかなか逃げていかないこのツガイ、やがて餌をくわえたまま路肩の草むらに入って行きました。

こんな所に巣を?‥と思っていたら、さきほど見た作業車が戻って来るではありませんか。ノビタキの子育てを知った今、その作業車はまるでスピルバーグの映画に出てくる大きなトラックのように思えます。

「これは何とかしなくては。よ~し、喧嘩してでも止める!」 意を決して作業車を止め 事情を話す私。すると中に乗っていたお兄さんは笑顔でうなずき、アームを高く上げてあっさりとその場を立ち去ったのでありました。

あ~、よかった。話の分かる 親切なお兄さんだった。ノビタキのパパとママ、がんばって雛を育てるのだよ。

2010年6月 9日

平和の滝

P6059310.JPG

P6059356.JPG

先日、札幌の平和の滝に行ってまいりました。

眩しいような新緑のなか、勢いよく流れ落ちる迫力満点の滝。

この日は暑い日でしたが、辺りはヒンヤリとしていました。

 

ハルゼミの鳴き声と滝の落ちる音で とても静寂とは言い難い雰囲気でしたが、写真だけなら涼しげでしょう?

滝の周囲には、様々の植物や小さな生き物がいっぱいでした。右上の写真は、我が家の庭にもある「ツルアジサイ」。大木の幹に巻きついて、のびのび していましたよ ♪

P6059360.JPG

P6059346.JPG

左の写真は、ホオノキとガマズミです。

深い緑を背景に、あまりに綺麗だったので記念撮影をしてきました。

 

 

P6059326.JPG

P6059344.JPG

P6059358.JPG

  

 

 

 

 

 

 

 

P6090491.JPG

上中央の写真は、オオレイジンソウ。

キンポウゲ科、トリカブト属の仲間だそうです。

葉などは、デルフィニウムにそっくりでした。

外歩きをするようになって、野草や樹木、野鳥の本をよく見るようになりました。

机の上はいつもゴチャゴチャです。

 

2010年6月 6日

身近な野草

P5226949.JPG

タンポポというと 雑草というイメージしかなかったけれど、北海道のタンポポはちょっと違います。

スケールの大きな北海道。

タンポポで覆われた草原は、まるで黄色い絨毯のように見えます。

 

P6059376.JPG

P6059342.JPG

地域によっては、「タンポポ祭り」などというものもあるようです。

 

 

スギナ祭りとか、ぺんぺん草祭りなんていうのは聞いたことがないから、やはりタンポポは別格なのでしょう。

 

「嫌われ者のタンポポ」という概念が、ここ北海道に来て変わりました。  もっとも、庭の芝にタンポポの花が咲いていたら 目を三角にして抜いてしまいますけれど 。

 

P6059367.JPG

ワタゲになったものは、風に乗ってフワフワと空を舞います。

風の強い日に、一斉にワタゲが舞う様子は壮観です。

左の写真は、そのときの様子を撮ったもの。

でも、あまり上手に写真を撮ることができなかったなぁ。

実際はもっともっと綺麗だったんだけどなぁ‥。 

 

 

P6069445.JPG

P6069449.JPG

草原を吹き渡る、爽やかな風。

カメラに収められないかと、こちらもがんばってみました。

シャッター速度を遅くして‥っと。

 

草にしがみついているカメムシを発見!

こんな虫までかわいく思えるのは、きっとこの心地いい風のせいかもしれないなぁ‥。

 

P6069456.JPG

P6069455.JPG

左の写真は、ヘラオオバコ。

ヨーロッパ原産の帰化植物だそうです。

草にしておくには勿体ないような、かわいらしさですね。

ルピナスも咲き始めました。

今時期の野山は、最高です。帽子をかぶって、飲み物を持って、ちょっとその辺りを歩いてみませんか?

2010年6月 4日

庭案内2010 春その2

今シーズン2度目の、我が家の庭案内です。花木なども徐々に咲き始めました。

お茶でも飲みながら、どうぞ ゆっくりご覧になってくださいね。 

P6049253.JPG

P6049231.JPG

左端の写真は、ご存知ライラック。

去年はそばに植えているノイバラが覆いかぶさって、絶不調でした。

結局 花は、1輪か2輪咲いただけ。

 

 

でも、今年はどうやら持ち直してくれたみたいです。何輪も花をつけ、ホッとしています。

ライラックに太陽の光は必須アイテムですね。反省です。

隣の白い花は、リキュウバイ。今日始めて開花しました。やはり白花は、清楚って感じがしますね ♪

P6049221.JPG P6049237.JPG

ミヤママタタビの葉は、数日前から白くなってきました。

ハート型のかわいい花は、タイツリソウ。

この独特の花の形は、なかなかインパクトがありますね。

 

 

濃いピンク色の花もありますが、個人的は白花が好きです。日陰にも強い丈夫なタイツリソウ。

お勧めの宿根草の一つです。

P6049247.JPG

P6049263.JPG

フウロソウも咲き始めました。写真は、早咲き種のヒマライエンセです。

アルケミラモリスは、まだ葉だけ。でも 水滴がついたアルケミラの葉は、なんとも魅力的です ♪ 

 

P6049224.JPG

P6049203.JPG

P6049222.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は左から、シレネ、スズラン、シコタンハコベです。シコタンハコベはまだ開花前。もう少しすると、可憐な白い小花を株一面に咲かせます。 

 

P6049202.JPG

P6049199.JPG

カラーリーフも、庭で存在感を出してきました。

ライムグリーンのシダは更に成長し、ヒューケラの葉色や斑入りのアオキとの相性もなかなかです。

 

メギも美しい葉色で、庭を引き締めてくれています。数は少ないですが、黄色い小さな花も咲き始めました。

 

P6049200.JPG

P6049219.JPG

1年草のクリサンセマムは、シルバーリーフ(アサギリソウ)のそばで気持ちが良さそうに見えます。 

大好きなホスタも、立派に葉が成長しました。

 

まだまだ開花前の草花が多いけれど、それでも少しずつ庭も賑わってきました。

我が家の庭、今のところこんな感じです。長々とお付き合い戴き、ありがとうございました~。

 

2010年6月 2日

山菜取り名人のタケノコ

P6018751.JPG

初めて北海道のタケノコを見たときは、「え?これがタケノコ?」と、驚いたものです。

スマートでどちらかと言えばアスパラ似のこのタケノコ。

正体は、チシマザサ(根曲がり竹)の若芽だそうです。

大型の笹の1種のようなので、本来なら「笹の子」と呼んでもいいのではないかとも思いますが、そんなことを言ったら道産子に叱られてしまうかな‥。

上の写真は、先日ご近所の山菜取り名人から戴いたタケノコです。私が道外出身だからと、既に茹でて皮も取った状態でした。あまりにキレイなタケノコだったので、お気に入りのお皿に入れて記念撮影です。 

ありがとうございます、山菜取り名人  ♪ 

P6029063.JPG

P5318597.JPG

タケノコは煮物にしていただきました。

食感のいい、美味しい北海道のタケノコ。

う~ん、最高だね。翌日はお弁当に入れて、恵庭公園でむしゃむしゃ。

 

梅干のおむすびと、コラーゲン入りの生茶と‥。 外でガッツりといただくお弁当、これじゃあ歩き回ったって痩せないわけだね。 うぅ‥。

2010年6月 1日

椅子でスローライフ

P5297803.JPG

P5297829.JPG

公園が大好きです。

新緑を愛でながら のんびりと歩けば、気分はリフレッシュ ♪

 

時間がたっぷりあるなら、椅子に腰掛けて スローライフを楽しむのもいい。

そう!だから公園にキレイな椅子があると、嬉しくなってしまいます。 

 

P5297990.JPG

P5297778.JPG

ポカポカとした陽だまりが恋しい時は、日当たりのよい場所にある椅子を選んで日光浴。

暑い最中には、木陰に置かれたベンチをセレクト。

涼しい木陰で 読みかけの本を開くのもいいし、ちょっとお昼寝もおつなものです。

鳥のさえずりに耳を澄ませ、風を感じ‥。

池で寛ぐマガモなんかを ぼんやりと観察するのも面白いかも ♪ 

 

P5297762.JPG

P5297788.JPG 勿論、自宅の庭にだって椅子は置けます。

お茶をしたり、ランチを食べたり‥。

そうすれば庭がぐっと身近なものになるかもしれません 。

 

生活の一部となった庭なんて、なかなかステキだと思いませんか?

P5297922.JPG

写真のような高価な椅子を手に入れることはできなくても、寛ぐことのできるスペースさえ確保できればOK!

‥な~んて偉そうなこと言ったけど、昔 夫に「ねぇ、これと同じような椅子を作ってよぉ~。」と駄々をこねたことがあったなぁ。

勿論、却下されたけど‥。

 

今日から6月です。新しい壁紙を用意しました。興味のある方は、こちらからどうぞ。

http://www.omasa.org/wallpaper/index.html