ホーム >

花咲か日記

2011年1月31日

冬の恵庭公園 エゾリス編

P1305105.JPG

冬の恵庭公園です。

自然豊かなこの公園には、冬でもたくさんの生き物が暮らしています。

厳冬を冬眠しないで過ごすエゾリスもその仲間。

この日も マツ林の株元を 元気に走り回っていました。

 

  

P1305214.JPG

P1305248.JPG

雪の下に隠したマツボックリを掘り出し、ムシャムシャ! 

「あ~美味しかった ♪」

耳毛やシッポは、フサフサの立派な冬毛です。 

 

 

P1305226.JPG

こうして連日のように続く氷点下10℃以下の世界を、エゾリスはやり過ごしています。その逞しい姿を見る度、思わず「がんばれ~!」と声援を送りたくなってしまいます。

公園には、湧き水でできた美しいユカンボシ川が流れています。真冬でも凍らないその川には、たくさんの生き物が集まります。そのお話は次回に‥。

 

 

しばらくブログをお休みしていましたが、不具合が直り またブログの更新ができることになりました。ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

2011年1月23日

初めてのこと

P1180715.JPG

P1191176.JPG

あたち、「さわら」です。

おまさの家に来て、もうすぐ10日になります。 

そんでもって26日には、生まれて2ヶ月になります。

‥で、あたちワクチンを貰いに行ったんです。

そしたら‥ちっちゃなあたちを 看護師しゃんが2人がかりで押さえつけて、おまけにエリマキトカゲみたいにされちゃって‥もう、あたち‥。(涙)

怖くて泣きそうになってたら、お医者しゃんが「左のお尻に注射しますね!」って言うんです。あ~、何するの? 止めて~! にゃん! 

おまさは、にこにこ笑ってまちた。‥ワクチンって、ちっとも美味しくなかったです。 

   

P1222830.JPG

P1222846.JPG

あたち、この前初めて階段を降りてみたんです。

結構勇気がいりました。

おまさが何をしてるのか気になって降りたんです。

でも途中でどうしたらいいか分かんなくなっちゃって、「にゃ!」って泣いちゃっいました!

そしたらおまさが慌てて「さわら~!」って すごい勢いで駆けてきて、そのまま2階に上がってしまったんです。怖かった~。踏み潰されるかと思いまちた。

 

P1222859.JPG

そうそう、おまさと1階に居る時、あたちなんだかすごいやつ見つけたんです。

パタパタって飛ぶの。

もう夢中になって見ちゃいまちた。

猫パンチやってみたけど、全然届かなくて‥。

あれは何だったのかちら。

 

【お知らせ】 

ブログ「花咲か日記」の更新が、しばらくできなくなってしまいました。
プログラミング班(娘)が頑張ってくれておりますが、回復の見通しが今のところ立っておりません。

野鳥日記は大丈夫ですので、今後ともよろしくお願いします。

2011年1月20日

ピラカンサの実

PC011903.JPG

PC082647.JPG

掲載している写真は、ちょうど ひと月ほど前 実家(愛媛)に戻っている時に撮りました。

冬囲いを済ませ、ガーデニングのオフシーズンを迎えた北海道では考えられない景色です。

 

PC082648.JPG

PC082665.JPG

上段は左から、ノボタン、ピラカンサ。

左が、パンパスグラスとポリゴナム(ヒメツルソバ)。

下段は、レースラベンダーです。

いずれも耐寒性が今ひとつで、北海道で越冬させるのは難しい植物ばかりです。

暖地向きの植物ですね。

  

PC102680.JPG

夏でも冷涼な気候の北海道。「羨ましいなぁ~」という声を時々聞きますが、どうしてどうして、暖地ならではの庭づくりというのも乙なものです。

一面雪に覆われた庭を眺めながら、あのピラカンサの実は今でも鮮やかな色のままなのかなぁ‥。

2011年1月18日

コウライキジ

毎日毎日、よく雪が降ります。雪かきで筋肉痛という方、少なくないんじゃないかなぁ‥。

ここ数日は寒さが緩んで、カチカチに凍っていた雪道に深~い轍の跡がくっきり!こういう日はあまり車を運転したくないと思いつつも、ハンドルを握らなくっちゃいけない時もあるわけで‥。北国の冬は、やっぱり大変です。

 

P1180903-1.JPG

昨日 除雪車が入ったので、今日は久しぶりに長都沼へ行ってまいりました。

沼の近くで、雪の上をのんびりと歩く野鳥を見つけました。

コウライキジです。

まるで日本画を見ているような美しいその姿に、しばし呆然。 

 

P1181040.JPG

P1181043.JPG

コウライキジはしばらく雪原を歩きまわっていましたが、 やがて私の気配に気付いたようで慌ててバサバサ! 

飛ぶことのあまり上手でないコウライキジですが、飛翔の姿もなかなかの美しさでございました。

写真は全て拡大できます。

よろしければ、クリックしてみてね。

カチリ! 

2011年1月17日

同居人 さわらのこと

P1170523.JPG

すみません。またまた「さわら」の登場です。

毎日、ご機嫌な さわら。

疲れを知らないこの子猫は、起きている時間のほとんどを 走り回り、 飛び跳ね、寸暇を惜しんで猫パンチの特訓をしております。

その俊敏さと運動量の多さとには、びっくり!

生まれてわずか1ヶ月半だというのに、猫ってすごい生き物だったんですね。

 

 

P1170634.JPG

P1160437.JPG

  

 

 

 

 

 

 

 

P1170649.JPG

左の写真を撮った1秒後、カメラは さわらの パンチをくらっていました。 

恐るべき、さわら‥。

ペットショップで用意してくれた箱に入ってやって来た さわら。

穴からそっと覗いてみたら、なんと向こうも穴から覗いていて 思わず吹き出してしまいました。

ねぇ、さわら。ずっと仲良くやっていこうね。

2011年1月15日

「さわら」がやって来た!

P1150384.JPG

はじめまして。

あたしは、「さわら」と言います。

去年の11月下旬に、東京で生まれまちた。

縁あって、北海道の「おまさの家」で暮らすことになりまちた!

時々このブログにも登場するかもしれません。

どうぞよろしくお願いします。 

 

P1149914.JPG

P1150114.JPG

あたちはまだ小さくて、体重は0.76kgです。

だからまだソファーに飛び乗ることもできないの。

今日思い切ってソファーからテーブルにダイブしたら、着地に失敗!

でも、めげないの。

 あたち、結構プラス思考なのよ。

 

同居人は、まぁまぁね。ご飯をちゃんとふやかしてくれるし、免疫力が上がるとかいう粉ミルクみたいなのを混ぜてくれる。猫じゃらしなんかで遊んでもくれるしね。‥ただ、しょっちゅうカシャカシャと写真を撮られるのが少し面倒かにゃ。

P1150340.JPG

P1150388.JPG

お友だちにもお披露目したいらしいけど、ワクチンを2回うつまではダメなんだって。ワクチンって何なんだろう‥。美味しいものだといいにぁ~。

2011年1月13日

「さわら」がやって来る

  P1139167.JPG P1139140.JPG

P1139160.JPG

例年になく雪の多い1月。

今日も朝から雪かきでした。

近所の公園の池は殆ど凍りつき、電灯の下には長くぶら下がったツララが‥。

思いっきり、冬ですねぇ‥。

こんな寒い寒~い冬の日に、家族が増えることになりました。

詳しくは次回のブログで‥。 

 

2011年1月11日

北国の冬景色

P1108862.JPG

P1108912.JPG

ここ暫くの厳しい冷え込みと大雪で、景色が一変。

真っ白な雪に覆われた大地と樹木は、とってもキレイです ♪ ただし、むちゃくちゃ寒いけど‥。

   

P1108901.JPG

上の3枚の写真は、恵庭近郊の風景から。

下の2枚の写真は、先日訪ねた鵡川で撮ったものです。

青空と白い雪の取り合わせは何度見ても美しく、寒さを忘れてカシャリ、カシャリ。

でもそのうち指が凍えて、感覚が麻痺してしまいます。

小さな漁港には、耳がちぎれそうなくらいの冷たい風が吹き付けていました。北国の冬景、撮るのはかなりの苦行です。 

P1108939.JPG

P1109028.JPG

 

厳しい寒さが続きます。皆様風邪など召されませんように。

2011年1月 9日

雪が降る

P1088693.JPG

P1088687.JPG

昨日はスッキリと晴れた良いお天気でした。

そう、除雪日和 ♪ 

埋もれた階段の雪をどけ、ガレージの前をキレイにし、道に残った雪を路肩に寄せて‥。

ふぅ、暑い。

 

P1088704.JPG

P1088718.JPG

庭の雪は、ちょうど私の膝あたりまで積もっていて、植物の殆どが雪の中に埋もれてきました。

北国の植物は、こうやって厳しい寒さから守られます。

そう。極寒地の植物にとって雪は、ありがた~い天の恵みなのです。

ちなみに昨日の恵庭は日中でも-5℃止まり、そして今朝6時の気温は-14℃でした。

 

P1098757.JPG

P1098744.JPG

ずいぶんと冷え込んだもんだな。

左の写真は今朝撮ったものです。

あれ?また雪が降ってるんだ。なんだか積もりそうな勢いだなぁ‥。

きゃあ~!と言うことは、また雪かきぃ? 

お昼前、ヤマト運送のドライバーさんから、雪で伺うのが大幅に遅れそうだと連絡が‥。

仕方ないよなぁ。この雪じゃ。除雪車が入るタイミングが悪いのかなぁ。そういえば、昨日の晩も家の横を通り過ぎて行っただけだったなぁ。

 

P1098722.JPG

P1098758.JPG

雪が降る日の写真は、まるで白黒写真みたい。

色が消え、音が消え、別の世界に迷い込んだようです。

 

 

P1098765.JPG

バードフィーダーの屋根の雪をはらってヒマワリの種を置いてやると、すぐにシジュウカラがやって来ました。

ウチのシジュウカラだ ♪ どうぞ、召し上がれ。

雪の降る日は嫌いじゃありません。

次々と舞い落ちて来る雪を、ただぼんやりと眺めるのです。

ねぇ、また雪が降ってきたよ‥。

2011年1月 8日

コミミズク

P1077297.JPG

昨日のお話‥。早朝から降り出した雪を眺めながら、本当に鵡川は晴れるのだろうかと心配になる。

写真仲間が鵡川にコミミズク(草原性のフクロウの仲間)を撮りに行くというので急きょ参加することになったものの、恵庭は地吹雪。

日中の気温もかなり低いようだから、万全の防寒対策を取らねば。

そうだ!使ってないネックウォーマーがあったはず。ヒートテックを着て、靴下は2重に‥と。

いざ、出発! 恵庭で降っていた雪は苫小牧辺りで止み、鵡川に着いてみれば眩しいくらいの晴れ模様。お天気の心配は無用だった。

 

P1077260.JPG

P1077240.JPG

とは言うものの、予想通りの厳しい寒さ。

波うち際の石は海水をかぶって アイシングしたお菓子みたいになっていたし、河口の一部はパリパリに凍り付いていた。

 

外に出ていると、露出している部分がすぐに痛くなってしまう。強い風で、真っ直ぐに立っていられない時がある。う~、寒い! 

P1078121.JPG

なにもそんな寒い時に わざわざ出かけなくてもいいだろう‥そんな声が聞こえてきそうだけれど、憧れの野鳥の姿を一目見たいと思うとこれが我慢できない。

去年もコミミズクを探してさんざん歩き回ったのだけれど、全て空振り。

年越しの想いはますます強くなり、コミミズク出没の情報を得て 期待で胸ははちきれそうだった。

 

現場に着いて、1時間経ち、2時間経ち、3時間経ち。今日は現れないのかなぁ‥と諦めかけたその時、コミミズクが姿を見せてくれた。以下はその時の写真。ちょっと風変わりな容貌だけれど、近くで見たその美しい羽の模様や悠然とした飛翔の姿は言葉にできないほど‥。感動と興奮の時間だった。

 

P1078490-1.JPG

P1078515.JPG

P1078418-1.JPG

P1078465.JPG

P1078414.JPG

P1078650.JPG

夢中で写真を撮ること2時間。午後3時半。北国の日没は早く、既に日が傾いてきている。夢のような時間に感謝しつつ、鵡川を離れた。

お天気にも恵まれ、いい1日だったなぁ‥。そんなことを思いながらの帰り道。苫小牧を過ぎた頃からチラチラと雪が降り出し、千歳中心部へと近づくにつれ荒れ模様になって来る。

恵庭付近では猛吹雪で、視界も最悪。ハンドルを握っている写真仲間に、ホント申し訳ないと思いつつも自分が運転していなくて良かったと内心そう思う。

一夜明けて、外は信じられないような雪景色。深夜除雪車が通った後にもまた雪が降り積もり、除雪作業は大変そう‥。今日は1日雪かきかなぁ‥。 いやいや、人生楽あれば苦ありだ。よ~し、頑張るぞ~!!

2011年1月 3日

3度目のお正月

PC316174.JPG

P1036866.JPG

 

 

 

 

 

 

お正月休みに子供達が戻って来て、久しぶりに北海道に家族3人が揃いました。ささやかだけどお節を頂き のんびりと家族団欒‥となるはずでしたが、いやはや子供たちの忙しいこと‥。  

P1016561.JPG

P1036889.JPG

次々と友だちとの約束が入り、気付けば何故か家に1人。 あれ?まっ、いいか‥。

そうそう。故郷に戻って、実家にじ~っとしている方が心配だもの。

それでも3人が揃ったときはやっぱりニコニコモード。

我が家に普段登場するはずのないアルコールが登場し、ピアノやギターの音が部屋に流れ‥。う~ん、いいねぇ。

 

P1026620.JPG

P1026591.JPG

帰省中、1日だけは我が儘を言って子供達に鳥見に付き合ってもらいました。

場所は、身近に野鳥に触れることのできる 苫小牧のウトナイ湖と北大演習林。

この日は風の強い日で、体感温度はかなり低かったかもしれません。「寒い、寒い!」と繰り返していた子供達ですが、ウトナイ湖に着いた途端、「わぁ~!」と小さな感嘆の声が‥。「こんなに近くでハクチョウが見られるんだね。」と言いながら、カメラや ipod でパシャリ、パシャリ!無邪気なもんだね。むふふ‥。

P1026771.JPG

北大演習林では、マガモ達に「かわいい~♪」を連発。

「ねぇ、ねぇ。こっちのホオジロガモの方が珍しいんだよ。」 と言ってみるけれど、「ふ~ん。」と冷たい反応。

「そうか、彼らには珍しさなんてあまり価値のないことなんだ‥。」と、学習。

左の写真は娘の手に乗るハシブトガラです。

 

3年前、夫が亡くなって初めてのお正月。子供達の優しさは切ない程でした。今年のお正月はちょっぴり甘えてくれて、やっと普通の親子関係になれた気がします。

「母さん、お風呂場にあったネジはドアノブのネジだよ。直しておいたからね。」 「うん、ありがとう‥。」 

明日からは、また1人。さぁ、また始まるぞ~。おまさ流のへなちょこ生活だ~!