ホーム >

花咲か日記

2011年6月29日

初夏の庭 その2

銀河庭園の写真はまだまだ残っているし、イコロの森の写真も‥。それに「さわら」の公園デビューの写真も早くアップしたいなぁ‥。でも我が家の庭の写真もどんどんたまってきてるぞ。う~ん。それじゃあ銀河庭園はひとまずお休みして、1度庭の写真を掲載するかなぁ~♪ 

ということで、今回は我が家の庭の最新情報です。 

P6292714.JPGP6262068.JPG

P6262076.JPG待ちに待ったバラが、ここにきて次々に咲き始めました。

それにしても、ずいぶん蕾がついてるなぁ~♪

そう!バラに拘わらず、今年は花木類の花つきが抜群なんです。

そう言えば、ツルアジサイがこ~んなに咲いたのも初めてかもしれませんねぇ。

どうして年によって花つきが大きく違ってくるのか?

皆は天候のせいだと言うけれど、天候がどうなると花つきが良くなるのか‥う~ん、謎です。 

P6262440.JPG

P6262086.JPG

初夏に咲く宿根草も、良い感じになってきました。

フタマタイチゲの白い花の向こうには、ラベンダー。

その向こうには、ゲラニウム(ケンブリッジ)が赤紫色の花をいっぱいに咲かせています。

真夏に花を咲かせる宿根草も植えてはいるけれど、やっぱり草花の華やかなのは今かもしれないなぁ‥。

 

P6282520.JPG

P6282533.JPG

こちらはイングリッシュローズ(ER)のキャサリン・モーレー。

上品なソフトピンクの花はクラシカルなカップ咲き。

いいですねぇ~。

あっ!そうだ、忘れてた!

ちなみに右上の写真は、オールドローズのスタンウェル・パーペチュアルです。(汗)

P6282532.JPG

P6282543.JPG

そして左端の濃いピンク色のバラは、ERのメアリーローズ。

隣の黄色いバラは、修景バラのゴールデンボーダーです。

メアリーローズやルデュテは、ERのなかでも比較的早く咲きま~す。

 

P6262444.JPG

P6262079.JPG

不思議な花「アストランティア」も、キレイに咲いてきました。

この花はホント個性的ですよね。

初めて見た時は「面白い花だなぁ~。」と思っただけでしたが、そのうちすっかりその魅力の虜になってしまいました。

手に入れるため あちこち探したっけ‥。

P6262437.JPG

P6262431.JPG

左端の写真は、ゲラニウムのビオコボ。

このビオコボは、触るといい香りがします。

ハーブもそうですが、手入れをしていて香りが良いと気分爽快 ♪

庭仕事もはかどります。

隣の星型の花は、アムソニア(チョウジソウ)です。

先日イコロの森に行ってきましたが、同じアムソニアと思えないほど びっしりと花がついていました!どうして我が家のアムソニアは しょぼいのか?日当たりの問題かなぁ‥。

P6272466.JPG

最後は、窓越しに見た クレマチスの「サマースノー」です。

まだ蕾ですけれど、白くて小さな十字型の花をたくさん咲かせます。

ちなみにこのクレマチスはビタルバ系で、花はその年に伸びた新梢につきます。なので剪定は強剪定。春先に充実した花芽を残し思い切ってチョキンと切っても大丈夫のようです。

野趣あるれる素朴なサマースノー。今年はどんなふうになるのかなぁ‥。

以上、我が家の庭 最新情報でした~!

2011年6月28日

銀河庭園 その2

前回に引き続き、今回も銀河庭園の紹介をします。

P6221455.JPG

P6221174.JPG

【ブラック&ホワイトガーデン】

白と黒を基調にしたシックなお庭です。

シルバーリーフを上手く使って、庭には上品な雰囲気が漂っていました。

植物だけでなくガゼボや敷石なども落ち着いた色で、統一感もバッチリ!

細部にまで拘る姿勢は、すごいなぁ~。

キミキフーガがすくすくと成長中で、「これは咲く頃また来なくちゃ!」と思いました。

P6221397.JPG

【トレリスガーデン】

「ブルーとホワイト」がテーマのお庭だそうですが、この時はとにかく藤がキレイでした。

紫の藤も咲いてはいましたが、白い藤の美しさは格別!

あまりの美しさに他の植物のことをよく覚えていません。

こちらも別の意味で、またチェックが必要かも‥。

アホな私です。

 

P6221199.JPG

P6221287.JPG

【池の廃墟】 

池のほとりにある建物は、なんでもイギリスの古城をイメージしているとか‥。

池にはヒツジグサ(睡蓮)が浮かび、大きなカエルが愛想を振りまいていました。

幻想的というか、メルヘンチックというか‥まるで夢の国に迷い込んだようでした。 

P6221282.JPG

P6221285.JPG 

 

 

 

 

 

 

P6221341.JPG

P6221325.JPG

 

  

 

 

 

 

【ベアガーデン】

今にも動き出しそうな熊は、流木をつなぎ合わせて創ったものだそうです。

庭の中に溶け込んで、とても良い雰囲気でしたよ。

近くにはひょうたん池があって、軽食を楽しむことができます。焼きたてのスコーンにサワークリームとラズベリージャムをたっぷりとぬって、パクリ!う~ん、まいう~♪

P6221333.JPG

P6221322.JPG

このお洒落な赤い屋根の建物、何だと思いますか?

かわいいハンギングが吊るされて、なんともステキでしょう ♪

実はこれ、お手洗いなんです。

お手洗いの写真を撮ったのは生まれて初めてですが、でも気持ち解っていただけますよね。

森のレストランTen-Man食堂も、銀河庭園から見ると実にいい感じです。

P6221463.JPG

贅沢なつくりだなぁ‥。自宅から10分程度で行かれる銀河庭園、最高かも!

P6221324.JPG

 

2011年6月25日

銀河庭園 その1

P6221416-1.JPG

P6221411.JPG

久しぶりに銀河庭園に行ってきました。

毎年この時期は忙しく、なかなか訪ねることができなかったのですが‥行った甲斐がありました!

やはり6月下旬 ‥ ホント~に見事でした。

と言うわけで、撮った写真はかなりの枚数になりました。1度に紹介しきれないので、数回に分けてお届けすることにしますね。

今回は「小さなバラの村」を紹介します。まずはコテージガーデン風のかわいいお庭から。

P6221424.JPG

P6221430.JPG

たっぷりの緑の中に建てられた小さな家のドアは、臙脂色。

もうそれだけで絵になると思いました。

アルケミラモリスの黄緑色の花に、パープルピンクのアリウムの花。

目の覚めるような赤いオリエンタルポピーや、青いセントーレアの花。

まだバラがそれほど咲いていなくても、庭は十分に楽しめます。 

P6221415.JPG

P6221428.JPG

続いては、構造物。

曲線を描くパーゴラは奥行きを感じる作りになっていて、もうそれだけでシビレました。

完璧に誘引されたバラが開花するといったいどういうことになるんでしょうね~。

感動でショック死したりして‥。

とりあえず年間パスポートを購入したので、開花の時の様子もお知らせしちゃいますね ♪

そしてこのガゼボ。周りには なにやらレースのようなもまでついていて、超リッチです。現実を忘れ、お姫様気分に浸るには最高の場所かもしれませんよ。

P6221417.JPG

P6221422.JPG

美しい庭づくりは、デザインだけでも、植栽だけでも実現できません。

毎日の手入れがあってこその お庭。

完成度の高い素晴らしい庭園に、心から満足したおまさでした。

 

次は何処を紹介しようかなぁ‥。

 

2011年6月24日

水のある風景

水辺を歩いていて、ハッとするような美しい風景に出会うことがよくあります。 それは水面に映った木々の緑だったり、美しい花だったり様々です。

P6169026.JPG

P6168942.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

P6169264.JPG

P6169270.JPG

今の時期なら、水鳥のヒナに出会うことも あります。

写真はマガモのちびっこ。

今月中旬、苫小牧の北大演習林で見つけました。

 

 

そうそう、光や風が見せてくれる幻想的な風景に出会うことだってあります。

水辺の近くを歩くことがあったら、そっと覗いてみませんか? もしかしたら、思いがけない風景が映し出されているかもしれませんよ‥。 

P6179613.JPG

P6179624.JPG

 

バラが咲いた

P6231471.JPG

P6231531.JPG

バラが咲いた~♪ バーラが咲いた~♪

ピンクのバ~ラ~が~♪

古いですねぇ。

それはともかく、とうとう我が家の庭にもバラの花が咲きました!

今年も1番は、やっぱり スタンウェル・ パーペチュアルでした。

P6231517.JPG

P6231529.JPG

出窓でお寛ぎのさわらさん。

背景にスタンウェルの花が‥

う~ん、いい香り!

って、窓閉まっていますよ‥。

 

 

P6231534.JPG

P6231496.JPG

そして2番手に咲いたバラは、ロサグラウカ。

2日前くらいから、チラホラと咲き始めました。

原種の素朴なこのバラは、どんな庭にも収まりが良い。

使い勝手の良い優れものです。

右側の写真はアメリカテマリシモツケ(ルテウス)。こちらにも、コデマリに似た愛らしい花が咲き始めました。

ジギタリスやフウロソウ、アムソニア、アルケミラモリス、アストランティア‥。宿根草も開いてきました~ ♪ 庭の見ごろまであと10日‥いや、2週間くらいかなぁ‥。

 

おまけ

P6221140.JPG

P6241539.JPG

 Harper(愛犬)と並んで。

遊びに来た友達が、さらさらっと描いたさわら。

 

2011年6月21日

一心不乱に

バラの蕾が膨らんできました。初夏に咲く草花も、開花間近 ♪ 地味だった庭も、今月下旬には華やいできそうです。 

P6210973.JPG

P6210979.JPG

P6189728.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

P6189757.JPG

P6189779.JPG

写真は上段が左から、スタンウェル パーペチュアル、クレマチス(サマースノー)、アムソニア(チョウジソウ)。

左の写真は、アルケミラモリス、斑入りイワミツバです。

どちらも名脇役。バラとの相性も抜群です。

 

P6210987.JPG

P6189762.JPG

こちらは、左がフタマタイチゲ。

右がゲラニウムのビオコボです。

花は地味ですが花つきがすごい!

なので満開のときは、そこそこ目立つ存在になります。 

 

 

P6210986.JPG

P6210990.JPG

ビオラは春の花のイメージですが、北国のビオラは今も元気いっぱいです。

もっとも写真のソフトピンクのビオラは宿根ビオラで、開花期は初夏となっていますから今元気なのは当然なんですけれど‥。

高性種のアゲラタムも、花が次々に咲き始めました。

後ろにぼんやりと写っているピンク色の花は、ゲラニウム(ケンブリッジ)です。

これも株を覆うように花が咲くので、これから暫くは華やかになります。

 

P6190318.JPG

P6190321.JPG

庭仕事をしていると、「一生懸命ですねぇ~。」とよく声をかけられます。

そうかなぁ~。と思っていましたが、自分の写った写真を見て納得!

脇目もふらずに一心不乱に働く姿は、まさしく一生懸命でした。

ちょっと怖いかも‥。

さわらは平気みたいだけど‥。

油断すると あっという間にはびこる雑草、美味しそうに葉を食べる青虫。

私は許さないわよ~!覚悟しなさ~い! 

2011年6月15日

ちょっと地味かも‥

ここ数日は雨や鳥見で庭仕事をサボっておりました。久しぶりに庭を覗いて、もうびっくり!花壇にびっしりと芽を出した植物を発見。

P6179686.JPG

P6179658.JPG

え~、何だろう。草かなぁ?

それともブロワリアかなぁ?

あっ、そうだ。

もしかしたらこれは、ジギタリスの芽かもしれない。

まぁそうだとしてもこのまま放置はできないから、とりあえず間引きますか。 

あれ~?発芽していた芝の赤ちゃんも、なんだか元気がないなぁ。まだちゃんと根が張っていないから、このお天気でグロッキーなのかも。水遣りをこまめにするしかないか‥。

6月も中旬になり気温も急上昇。元気いっぱいに育つものもあれば、急激な変化に対応できず弱っているものもあり様々です。ちゃ~んと毎日庭に出て世話をしてやれば慌てなくていいのでしょうが、今自然界はベビーラッシュの時期。天気さえ良ければ、双眼鏡をぶら下げて ふらっと出て行く私。ごめんね、お花さん。許して‥。

そんな我が家の庭で、すくすくと育っている草花です。写真は左下が ミヤママタタビ、右下がスモークツリー(ロイヤルパープル)です。

P6157665.JPG

P6106249.JPG

 

 

 

  

 

 

 

ライラックの花を背景に写っているのは、スタンウエル パーペチュアル。隣はゲラニウム(ビオコボ)の蕾です。 

P6127052.JPG

P6106201.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

左下のオレンジの花は ユーフォルビア、右下は オダマキのブラックバロー。 

P6157668.JPG

P6179665.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

バラの咲かない庭は、まだ全体に地味。緑の中に、控えめな花がひっそりと咲いている感じです。

とりあえず、明日は伸びすぎたポヤポヤの芝をチョッキン、チョッキンとカットするかなぁ‥。 

2011年6月13日

森のなか(アカゲラの子育て その2)

P6117028.JPG

P6116965-1.JPG

前回に引き続き、ここは恵庭公園の森のなか。 

深~い緑に覆われた森は、まるで神秘の世界です。

うっとりするようなクロツグミのさえずりが、すぐそばから聞こえてきます。

おぉ‥なんたる贅沢な世界じゃ‥。

目に眩しい鮮やかな花をつけているのは、エゾカンゾウ。

木漏れ日のなかで密やかに咲く、野の草花。癒されます。

 

P6117036.JPG

P6085966.JPG

P6085956.JPG

P6117014.JPG

P6116907.JPG

さて、アカゲラの子は、どうしているかな‥。

お~、聞こえる。聞こえる。

ヒナの鳴き声、一段と大きくなったみたい。

どうやら順調に育っているようだな ♪

 

P6117017.JPG

P6086094.JPG

親鳥は‥何処だぁ?

あ~、いた!いた!

い~っぱい餌をくわえてる!頑張ってるんだなぁ~。

でも、なんだかおかしい‥。

何時間も見ているのに、やって来るのはお母さんアカゲラだけ。

もしかして、お父さんアカゲラに何かあったのかな‥。

アカゲラは夫婦で子育てをすると聞いています。

ひっきりなしに餌を運ぶアカゲラを見ているうち、なんだか胸が熱くなってしまいました。 

 

おまけ

P6106287.JPG

P5209556.JPG

P5209537.JPG

第2の母に抱かれて‥

2011年6月 9日

アカゲラの子育て その1

P5146991.JPG

P5147091.JPG

今回は花からちょっと離れて、野鳥の子育てのお話を‥。

話は、エゾヤマザクラが咲き始めた頃、今からちょうど4週間ほど前に遡ります。

「キョッ、キョッ」という聞きなれた鳴き声は、おなじみのアカゲラ。

アカゲラは、キツツキの中でも一番身近な鳥です。

左端のそれは、後頭部の黒いメス。心なしかお腹がふっくらしてみえます。

「そうか、もうそういう季節なんだなぁ~。」なんて思いながら森の中をうろうろ散策していると、近くから くぐもったコンコンという音が聞こえてきます。何だろう‥。

 

P5147135.JPG

P5147124-1.JPG

何処だ、何処だ~?音は何処から聞こえてくるのか?

う~ん、この辺から聞こえてくるんだけどなぁ‥。

あっ、木に穴が!下に新しい木屑が落ちているということは‥もしかして~。

そろ~り、そろ~り。息を止めて~。

穴を覗き込もうとした瞬間、ひょっこりと姿を現したのは紛れも無いアカゲラのオスでした。

アカゲラなどのキツツキの殆どは、木の幹に穴をほりそこでヒナを育てます。

  

P5147140.JPG

あ~、ごめん。ごめん。撤退!撤退!

大急ぎでその場を離れ、様子を観察です。

私のせいで、巣穴を放棄されては大変ですから。

少しして、巣穴に戻ったアカゲラは、またコンコンとマイホーム作りに励んでいる様子。

ホッと一安心。

ごめんね、驚かせて。お仕事頑張ってね。

そう、お父ちゃまへの道は厳しいのです。 ファイト~!    

 

P5209790.JPG

P5209796.JPG

巣作り中のオスを見てから1週間後、同じ場所にオスとメスの姿を見ました。

こっそり隠れて観察していると、メスが巣穴に入っていきます。

お~し、第2段階まで進んだぞ~!

こうして、順調にアカゲラの子育てへの道は続いておりました。

ところがその後、 何度か近くを訪ねましたが辺りはひっそり。なにかの理由で巣を放棄したのではないかと心配で、心配で‥。

1度だけですが オスを巣穴近くで見かけたので、きっと交代で卵を抱いているのだろうと期待することにしました。

P6086042.JPG

P6086069.JPG

そして一昨日、ついにその巣穴から アカゲラのヒナの声を聞くことができました。

やりました~!おめでとう~!

やっぱり巣穴で卵を抱いていたんだなぁ。

まだヒナの声がそれほど大きくないので孵化して間が無いのかもしれません。

 

P6075951.JPG

P6075948.JPG

暗くなりかけた公園には、カラスの姿が目につきます。

明日、また様子を見に来よう。

アカゲラのおとうちゃま、おかあちゃま。お休みなさい。

カラスには気をつけてね。 

2011年6月 6日

初夏の始まり

P6055053.JPG

 いつの間にか季節は移ろい、北国にも初夏の匂いが感じられるようになりました。

鳥見で訪れるフィールドは美しい緑で覆われ、道端ではルビナスの花が色づき始めています。

雑草に混じって咲くその青の、なんと美しいこと‥。

う~ん、いいねぇ~。

何もかもが、生命力に満ち溢れている‥って感じです。

 

 

  

P6055007.JPG

P6055025.JPG

我が家の庭でも、先日蒔いた芝の種が発芽し少し様になってきました。

ポヤポヤの芝の赤ちゃん、なんとも言えないなぁ~ ♪ 

今年特別花つきのよいツルアジサイは、順調に成長しています。

北国の6月上旬は、花開く直前の期待に満ちた時です。バラや草花の小さな蕾を眺めながら にこにこしている人、少なくないかもしれませんね。

 

P6065509.JPG

P6055145.JPG

 

2011年6月 3日

3個お買い上げ~♪

P6014537.JPG

P6014564.JPG

時々無性に甘いものが食べたくなります。

チョコレートが1かけらでもあればそれで我慢できるのですが、家にな~んにも無い時‥。

どうにも我慢できなくて、ついケーキを買いに走ってしまいます。まぁ、たまにはいいだろう。自分へのご褒美だ!な~んて理由をつけて。

店頭に並ぶ色とりどりのケーキを見ていると、もうそれだけで幸せになってしまいます。どれにしよう。あれも美味しそう。これも美味しそう~。

で、気付けば3個のケーキを持ち帰っている私。箱には「本日中にお召し上がりください」と書かれたシールがきちんと貼ってありました。(汗)

ちなみに左側のケーキは、さっぽろスイーツ2011のグランプリを受賞した「さっぽろはちみつババロア」450円です。私にしてはちょっと贅沢なお値段でしたが、その芸術的な美しさと肩書きに惹かれて購入しました。

味の良さは、個人的な好みからするとチーズケーキ、チョコレートムース、はちみつババロアの順かな‥。3個とも完食したのかって?  えへへ やってしまいました ♪

 

おまけ    

P6024941.JPG

P6024948.JPG

 

 

 

 

 

 

さわらにレンズを向けると、いつも突進してきます。おかげで写真は、こんなのばかり。

 

P6024580.JPG

P6024593.JPG抱っこすると、ささっと肩に乗り

私の頭を踏んずけ ご機嫌の表情。

さわら、生後6ヶ月。やんちゃ盛り。

敵ながら、なかなかあっぱれなヤツです。

 

株間・先祖返りの話

P6024599.JPG

6月に入り、宿根草がぐんぐん育ってきました。

地面が緑で埋まり、ちょっといい雰囲気です ♪

一方、20日ほど前に植えた1年草のアゲラタム(高性種)の周りには、まだむき出しの地面が見えています。

通りすがりの方に「あのポツポツと植えてあるのは、何ですか?」と聞かれました。

ポツポツ‥。

そう。株間を取って植えた植物は、すぐには様になりません。

どう見ても、貧相なんだよなぁ‥。  

P6034979.JPG

P5240932.JPG

でも初めから株間を詰めて定植しちゃうと 、しばらくはいいのですが結局株は上手く育ちません。

健康な株に育て長く美しい花を楽しむため、ここはグッと堪えます。うぅ~!

いずれ株は大きくなって 花で覆い尽くされるはず。急がば回れなのだ~! 

P5240902.JPG

P5240928.JPG

P6034983.JPG

 

 

 

 

 

 

さて、左の2枚の写真をご覧になって何か気付くことはありませんでしょうか?

1つの株に、緑の葉と斑入りの葉が混じっています。

これらは、元々全て斑入りの葉でした。ところが植えて数年後から、斑が抜け、緑一色になってしまった葉が目立つようになってしまいました。

これは「先祖返り」を起こしたためなんです。放置しておくと、丈夫な緑の葉がどんどん増えてしまいます。

P6024597.JPG這性の宿根フロックスは 既に殆どが緑の葉になってしまいました。

気持ち良さそうに花を咲かせているし、こうなったら初めから斑入り種を買わなかったことにしようと諦めることにしました。

不精すると、こうなるという良い見本でございます~。(反省)

 

我が家の庭にも、少しずつ花が咲き始めました。

    

P6024594.JPG

P6024604.JPG

写真は左端から、ライラック、ポレモニューム。

下の写真は、左から高性種のアゲラタム、メギ、アマドコロです。

 

 

 

P6024598.JPG

P6024611.JPG

P6024625.JPG