ホーム >

花咲か日記

2011年7月27日

夏の風景 恵み野中央公園

P7260168.JPG
P7249802.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P7260124-1.JPG
P7260160.JPG
今日は北海道も暑かった~。ジメジメと蒸す嫌~なお天気でした。
午後6時をまわっても、お部屋の温度は28.3℃。エアコンのない部屋は、やっぱり暑い‥。

写真は、数日前に恵み野中央公園で撮ったものです。
毎日暑いのでせめてブログだけでもと、ちょっと涼しげな写真を集めてみました。
 
 
 
 
 
P7260157.JPG
P7260131.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
厳しい暑さが続きます。皆さま、どうぞご自愛くださいますように‥。 
 

2011年7月26日

病害虫

P7260406.JPG

P7260470.JPG

春先に1度殺虫剤を散布してからは、「テデトール・手で取る」のみの害虫対策。

このところの暑さで、虫たちは元気いっぱいです。

わずかに咲いているバラの花は、ご覧の通りの無残な有様。

おのれ、コガネムシめ~!

やっぱ殺虫剤を使わなきゃ埒が明かないか‥。

今は風邪気味だから、とりあえず完治してから散布するかなぁ~。

 

P7260445.JPG

P7260446.JPG

P7260456.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと見ると、セダムに蜘蛛の巣のような糸が‥。

ありゃりゃ、この黒い粒粒はどう見ても虫の糞。いや~な予感。隠れているヤツ、大人しく出て来~い!

おっ、案外かわいい。でも、許すわけにはいきませんわよ。   

P7260393.JPG P7260474.JPG P7260479.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ~!いつの間にか葉っぱが軸だけに‥。あっ、この緑のイナバウワーは、チュウレンジバチの幼虫だ。お覚悟、なさいまし!

新しく出てきた新芽には、またまたアブラムシかぁ‥。ブチブチ。

あ~、葉っぱの裏についた卵、見っけ!ゴミ箱にポイ!

075628(1).JPG

P7260465.JPG

ん?何だ、何だ?

葉を抱えて飛んでる蜂を発見!

もしかして、これがバラハキリムシの正体?

へぇ~、まるで河面ライダーみたいだなぁ。

「もしもし、あなた良い仕事してますねぇ~。でも、いい加減にして頂けます?(涙)」

キレイな葉色のミヤママタタビは、芋虫君に食べられて見事なレースになってしまいました。

友人は「夏だから涼しそうで良いんじゃない。」と笑うけれど、別の意味で涼しいかも‥。ゾッ!

見覚えのある赤と黒の縞々は、どこから見てもコンサドーレのユニフォーム。ずいぶん粋なカメムシですねぇ~。 何て名前のカメムシかと調べてみたら、「アカスジカメムシ」。ふむ、納得。

セリ科の花の蜜を吸うのだそうです。そう言えば写真を撮ったのも斑入りイワミツバ(セリ科)の花茎でした。特に悪さをするわけでないので害虫とは言えないのですが、あまりにキレイだったのでちょこっと載せてみました。

P7260348-1.JPG

P7260271.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

P7260407.JPG

P7260412.JPG

7月も終わりに近づくと、病気になった葉も目立ち始めます。

左端の写真は、黒星病になったバラの葉。

隣は、ナツヅタ。多分、褐斑病(かっぱんびょう)かな‥。

原因はどちらもカビ。殺菌剤の散布や被害を受けた葉の除去が必要ですが、なまくら者の私は「まっ、いいか。」と放置。

追い詰められないと行動を起こせないのは、子供の頃から一貫しているなぁ‥。

まっ、何の自慢にもならないけれど。

ガーデニングへの熱意と体力のある皆さまは、早期治療と予防をされるのが懸命かと存じます。

 

 

おまけ         虫さん、遊ぼうよぉ‥  

P7219216.JPG

P7219207.JPG

 

2011年7月25日

雨が降らない

 
P7260483.JPG
P7260323.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月もあとわずかとなりました。
庭に咲き誇っていたバラはひと休み。
代わって ラベンダーやアジサイそれに遅咲きのクレマチスが、暑い庭で頑張ってくれています。
 
 
   
 
 
P7260290.JPG
P7260342.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このところ恵庭には、雨がからっきし降りません。ラベンダーには好都合ですが、雨を恋しがっている草花にはこの先も続く晴れマークはちょっとキツイかも‥。
ろくに水遣りもしないスパルタおまさに負けじと、庭の植物達は大地に根を伸ばし必死に頑張っています。
‥でも芝だけは、そろそろ水遣りが必要かも。

頑張っているといえば、春から咲き続けているビオラもそうです。休むことなく次から次へ。真夏だっていうのに、タフですねぇ。その根性、見習いたいです。 

P7209115.JPG

P7250023.JPG

P7250035.JPG  

 

 

 

 

 

 

 

P7209146.JPG

P7219179.JPG

宿根草では、カンパニュラ(ラクティフローラ)やオレガノが咲き始めました。

エキナセア(ホワイトスワン)にも、 いつの間にか蕾がいっぱいです。

宿根フロックも、元気に花を咲かせています。

でもこうしてみると我が家の真夏の庭は、青と白ばかり。涼しげと言えば涼しげだけれど、なんだかちょっと物足りないなぁ~。差し色にスイセンノウの赤花なんか、いいかもしれない‥。ちなみにこのスイセンノウは、隣の畑で撮りました。

よ~し、決めた!来シーズンに、スイセンノウ(別名 フランネルソウ、リクニス・コロナリア)を入れようっと!

P7167662.JPG

P7260281.JPG
P7260257.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけ     さわらじゃないよ。ルルだよ~ ♪
 
P7219278.JPG
P7219285.JPG
 


2011年7月23日

さわら 木に登る

P7229428.JPG P7229315.JPG
昨日は、北海道らしい爽やかなお天気でした。暑くもなく、寒くもなく、吹く風が心地良い夏の日。
うむ‥これはチャンスかも‥。
普段家の中から窓の外を眺めているさわら。喜ぶ姿が見たくて、久しぶりに公園に連れて行くことにしました。
 
ほらさわら、ムシムシ(虫)がいっぱいだね。枯れ葉が舞っているし、チッチ(鳥)も飛んでるよ。あはは‥。ゆらゆら揺れているのは葉っぱの影だよ。
 
P7229524.JPG
P7229540.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さわら~、おまえ木に登れるの?すごいねぇ~。
さわらも煽てりゃ木に登る!‥でも下りられなくなっても知らないよ。
 
P7229548.JPG
P7229560.JPG
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
さわらの好きなもの
元気のいい虫、揺れる葉っぱ、蛇口から出る水、キャットフード、気持ちのいい風、優しい言動、私の枕、カサカサと音のする包み紙、ティッシュ、輪ゴム

苦手なもの
大きな音、滝、橋、揺れる車、柑橘類、長時間の抱っこ

2011年7月20日

夏の風景


P7187732-1.JPG
小雨の降る早朝。
 
黄金色になった麦の上を、アオサギが飛んで行きました。
 
麦の穂すれすれに低く、真っ直ぐに‥。
 
辺りにはうっすらと霧が立ち込め、ちょっと神秘的な雰囲気 ♪
 
   P7188253.JPG
鳥見を始めるようになって、たくさんの野鳥や動物が身近に暮らしていることに気付き驚きました。
 
どうしてそれまでその事に気付かなかったのか、今では逆にそれが不思議なくらいです。
 
忙しさのせいだったのかなぁ。 
 
 
 
P7198318.JPG
P7199003.JPG
キラキラと輝く雨上がりの蜘蛛の巣を見つけたり、野鳥や草花で季節の移ろいを知ったりすることが、何よりの楽しみになりました。
 
夏本番。エゾコウホネが花が黄色い花を咲かせ、いつの間にかナナカマドには緑の実がいっぱいできました。
月見草やクサフジの素朴な花も咲いています。
マガモのオスはエクリプス(非繁殖期の羽)で羽色が冴えなくなり、毛虫は元気いっぱいです。
あちらこちらでギボウシの花が、美しさを競うように咲いています。
 
 
P7034205.JPG
P7116955.JPG
P7034201.JPG
P7117061.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 P7117137.JPG
P7117035.JPG

 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渡り鳥のいなくなった宮島沼はひっそりとしていました。

P7199042.JPG
    
      
P7199050.JPG
 P7199061.JPG
長沼で出くわした夕日。
 
空を染め
木々を染め
道を染め
車を染め
自分自身も真っ赤になって、
やがて沈んで行きました。
 
真っ赤な真っ赤な太陽でした。
  
 
   P7199077.JPG
 
 


蝦夷梅雨が明けた


P7167601.JPG
P7167554-1.JPG
窓の外は雨。昨日も今日も明日も‥。
そんな毎日が嘘のように、昨日あたりから空に晴れ間が広がるようになりました。
週間天気予報を見ても、ズラ~ッと晴れマークが続いています。
蝦夷梅雨、終わりましたなぁ。

P7167645-1.JPG
P7167647-1.JPG
雨の日に撮りためたしっとりモードの庭の写真、どうする?
そりゃあ、早めにアップするしかないっしょ!
というわけで、慌てて写真を並べることにしました!
右上の写真は、ナツツバキの蕾。
左の写真は、柏葉アジサイ。
どちらも、ホント雨がよく似合います。
こういうアイテムが庭の中にあると、雨続きの日は助かっちゃいますよね。
ムラサキツユクサやギボウシなんかも、雨の日は特別キレイに見えます。
ただし豪雨で枝や茎がポキリ、なんていうのは困っちゃいますけど‥。
 
P7167550-1.JPG
P7167576-1.JPG
こちらは、アナベル。
わんさか咲いていたバラも一休み。そんな時 「お~し、あとは任せろ~。」とでも言うように頑張ってくれているのが、このアナベル。
アナベル~!あとは頼んだよ!
 

P7167629-1.JPG
P7167621.JPG
写真左はムラサキツユクサ、右はオカトラノオ。
 
オカトラノオと言えば、網走の〇〇さん。
お訪ね頂いた日には、家にはさわらしかおりませんでした。前日は、ホワイトバレリアンとオカトラノオを用意して、気合を入れてお待ちしていたのですが‥。せっかく立ち寄って頂いたのにごめんね。



おまけ    〇〇しゃん、ごめんね~!

P7167590.JPG
P7167592.JPG


2011年7月14日

蝦夷梅雨到来 その2

P7147444.JPG

P7147455.JPG

P7147495.JPG

今日は朝から雨。シャラの花には、雨がよく似合います。 
ツバキに似たこの素朴な花は、1日花。花を咲かせた翌日には、儚くぽとりと地面に落ちてしまいます。
庭を見にいらした方の中に、落ちた花を小鉢に入れて楽しんでいるという方がいらっしゃいました。女性らしいステキな発想だなぁ~。ゴミ入れにポイと投げ捨ててしまう私とは、大違いだぁ。そう言えば昔から、女性らしさに欠けるとよく言われていたっけ‥。  
右側の赤い実は、ジューンベリーの実です。雨の中、これもとてもキレイに見えました。

P7147460.JPG

P7147498.JPG

左の写真は、メドースィート。ロクベンシモツケです。
バラ科の宿根草で草丈は1m近くになります。 肉眼では分かりませんが、望遠レンズを通して見ると小花がびっしりと咲いているのがよく分かります。
写真をクリックしてみてね ♪ カチッ!

P7137422.JPG

P7147504.JPG

アナベルには緑の花が咲きました。これから少しずつ、白く大きくなっていきます。

初夏の花が咲き終わり、バラの花もお休みになる頃、このアナベルは庭に彩を加えてくれます。

それにしても‥早春に地際近くの1芽、2芽を残してバッサリと剪定したというのに、ずいぶん大きくなりました。せっかく咲いたワイトメイディランドが、アナベルに隠れてしまいました。かわいそう‥何とかせねば‥。

 

P7147492.JPG

P7147501.JPG

カンパニュラ(ラプンクロイデス)も涼しげな花を咲かせ始めました。

背の高い宿根草の宿命で、雨が降ると傾いたり倒れたり‥。その都度支柱を立てたりしていましたが、これが手間。今年は手抜きで鉢スタンドを利用してみました。ちょっとクオリティーが下がるけど、背に腹は代えられないので我慢我慢。

アスチルベは、今のところ雨に耐えて倒れずに頑張っています。ファイト~!

 

P7147511.JPG

P7147519.JPG

何度か登場しているバラ、ジェーンオースチンとブラザーカドフィールです。雨に打たれてもへこたれずに咲いています。なんと健気な‥。

こうして見ると、雨の日のバラも捨てがたいですね。ただし豪雨となると別ですけれど!

 

P7054879.JPG

P7137334.JPG

雨が降ると分かっている時は、傷みそうなバラや草花を思い切ってチョキン!なんてどうでしょう?

家の中で楽しむっていうのも、いいかもしれませんよ。リッチ、リッチ ♪

おっと さわら~、お願いだから花瓶を倒さないでよ~。 

蝦夷梅雨到来 その1

P7117244.JPG

P7117243.JPG

蝦夷梅雨突入で、北海道も湿気ムンムンです。

一昨日、昨日と気温も高く、暑さに弱い私は息も絶え絶え‥。

酷暑に耐えている道外の皆様、贅沢を言って申しわけありません。

今日は朝からの雨でいくぶん涼しくホッとしていますが、庭の花の中には散ってしまったものも‥。まっ、仕方ないね!

写真は雨が降る前にと、昨日撮ったものです。

P7117246.JPG

P7137303.JPG

上段の写真 左がアルバメイディランド。右がスピリットオブフリーダム。

2段目の左がジョンクレア。右がイングリッシュラベンダーの濃紫(のうし)。切り戻すと返り咲くタイプです。

  

P7137306.JPG

P7137311.JPG

ハマナスの仲間のホワイトグルーテンドルストは、カーネーション咲きの小花をびっしりと付けました。(左端の写真)

隣の淡いピンク色の花は、オールドローズのムスリーヌ。美花ですが花もちが今ひとつで残念~。

 

P7137315.JPG

P7137316.JPG

 こちらはジェーンオースチンと宿根フロックス。

暑さに負けずに健気に咲いてくれました。

 

 

  

P7137429.JPG

P7137428.JPG

P7137281.JPG

 

 

 

 

 

 

道路側につくったホワイトコーナーでは、ナツツバキやアナベル、それにバラが咲き始めました。

サンダースホワイトや、クリスタルフェアリー、ホワイトメイディランドにグラミスキャッスル。そうそう、クレマチスのロマンチカも満開になりました。

今外は雨‥。天気予報でもしばらくは雨が続くようです。

 

おまけ   さわらの熱中症対策で買った、アルミの板とソフトマット   ぐだぁ~

P7127254.JPG

P7137371.JPG
P7137389.JPG

 

2011年7月12日

Mの悲劇

野鳥を追いかけていると、夢中になるあまり周りが全く見えなくなってしまうことがあります。 まぁ普段からそそっかしい私のことなので、周りが見えなくなるのは何も鳥見に限ってのことではないのですが‥。
 
P6199868.JPG
P6199956.JPG
P6200832.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先日いつものように鳥見中、ノビタキの家族群を発見。
珍しい鳥でもなんでもないのですが、ファミリーを見たのは久しぶりのことだったので、ちょっぴり興奮!
「ヒナはかわいいなぁ~」なんて思いながら、そろりそろりと野鳥に接近。
ファインダーの向こうを見ながら、1歩また1歩。 ん‥何だぁ?なんだか足元が柔らかい。
あっ、ヤバイ!沈む~!慌てて踏み出した反対側の足も、ズブズブ‥。えっ、どういうこと?
まるで底なし沼のような、の柔らかき大地。何なの、これ? ‥く、臭い‥。
きゃあ~、堆肥置き場だ~。(泣)
買って間がないお気に入りのトレッキングシューズは、〇〇まみれ。え~、この年で〇〇まみれなんて‥あり得ない~!
しばらく立ち尽くしたあと、草に〇〇をすりつけ、半泣きで帰宅。家にもどってからは、気が狂ったように靴を洗って、洗って洗って‥。それでもかすかに残った堆肥の臭い。今日もファブリーズを吹きかける私なのでした。(涙)
 
P6127112.JPG
P6137629.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 

下の写真は6月下旬に銀河庭園で撮ったものです。この時は、友人3人と一緒でした。ワイワイと賑やかな庭園散策は、なかなか楽しいものでした。
そう‥途中までは‥。
   
P6282580.JPG
P6282624.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P6282628.JPG
P6282660.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P6282694.JPG
楽しく庭を散策していたら、突然の雨が‥。
うん、違う。何だ、これ?
いや~、また鳥の糞だぁ~。
何年か前娘と京都旅行をした時も、頭に鳩の糞を頂いた私。
それ以来帽子を被る習慣ができていたはずなのに、何故かこの日に限って忘れていたんだよなぁ~。
髪についている鳥の糞を、友人は丁寧に拭いてくれました。
人生で2度も鳥の糞を頭に受ける人って、そんなにたくさんいるものですかね?
「今年は、ついてるってことじゃない!」
友達の言葉が何故か胸に響いてこないのは、どうしてなんだろう‥。

 
P6200514.JPG
P6190190.JPG
話は変わって‥。
先日自宅のお手洗いに入っていると、さわらが前足でドアをこじ開けて入って来ました。
きちんと閉まってなかったのですね。
まぁいいか。女同士だし‥。
次の瞬間、ピョ~ンとジャンプしたさわら。
なにやら音がしたと思ったら、冷たい水がシャー!
普段使わないウォシュレット。温水は「切り」になっていました。(涙)
そう、犯人はアナタよ!

Mの悲劇。超ドンくさいお話でした。

2011年7月10日

夏の庭 その1

P7076264.JPGP7076307.JPG
花の命は短くて‥。
庭を引きしめていたスタンウェルパーペチュアルが咲き終わり、昨日の雨でノイバラの花もすっかり散ってしまいました。

今の頼みの綱はアンジェラ。
鮮やかなピンクの花は、落ち着いた庭の良いアクセントになってくれています。(写真左上)我が家の庭というと、やはりこの写真のイメージ。アンジェラ~、ファイトだよ~!少しでも長くへばりついていておくれ~。

右上の写真ポールズヒマラヤンムスクも、ハラハラと散り始めました。
これから花が咲くという時期は期待でワクワクですが、咲き終わった花が増えてくるっていうのは ちょっと寂しいもんですね~。

P7064968.JPG
P7106906.JPG
せっかく咲いたバラの花。
散ってしまう前に記念撮影といきましょう~!
左端のバラは、ラプソディーインブルー。隣の白いバラは、グラミスキャッスル。
どちらも花付きがよく、それほど大きくならないバラです。

P7106921.JPG
P7106937.JPG
こちらはアプリコット系のバラ。黄色味の強い左側のバラが、ジェーンオースチン。春先に強く剪定しても、枝がグングン伸びてきます。小さなアーチや小型のオベリスクなどに使うといいかもしれません。
右側のバラは、アブラハムダービー。大輪の美しいこの花は、1度咲くとなかなか散りません。秋遅くまで元気に咲き続けるこのバラは、おまさイチオシのバラです。

P7096883.JPG
P7106942.JPG
さて、お次はクレマチス!
白い小さな花を咲かせているのは、以前にも紹介したサマースノー。小さくて素朴なこの花は、株をおおうように 今ビッシリと咲いていま~す。
右側のシックな濃い紫の花は、ロマンチカ。ホワイトコーナーの引き締め役として、こちらもただいま重大任務を遂行中です。
 
P7076303.JPG
P7064936.JPG
P7106915.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
P7064961.JPG
P7076283.JPG
ジギタリスやムラサキツユクサ、アルケミラモリス、サルビア(ネモローサ)、ペンステモン、ゲラニウム(ジョリービー)‥。夏の暑さにも負けず、宿根草も頑張ってくれています。

左の写真のバラは、マサコとブラッシュノアゼット。隣り合わせに植えています。花径の違うバラを組み合わせ、ちょっと気に入っています。

華やかな庭を楽しめるのもあとわずか。花の命は短くて‥。って、さっきも言いましたね。
花がら摘みと、落ちた花びらの掃除に明け暮れる毎日。大変だぁ~と思いつつも、それももう少しすれば終わり。そう思うと、この時間もちょっと愛しいかも‥。



おまけ    虫しゃん 見~つけたぁ!
            
P6302964-1.JPG
P6302962-1.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2011年7月 4日

大雨でした

P7034604.JPG
P7034073.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ノイバラの白い小さな花が、一気に開いてきました。アーチのツルバラ「アンジェラ」も パラパラとですが咲き始めました。いよいよバラのシーズン到来です ♪

‥しかし、世の中そう甘くない。開いたばかりの美しいバラに、無情の雨が‥。
台風並みの強風も吹き荒れ、バラの花びらは散り、枝は折れ‥。せめてもう少し楽しませてくれれば良かったのになぁ~。ちなみに上の写真は、雨の降る前に撮ったものです。

P7034062.JPG
P7034083.JPG
左の黄色いバラは、ゴールデンボーダー。今年も元気に花を咲かせてくれました。
隣の紫色のバラは、ラプソディー イン ブルー。シックでグッとくる色ですねぇ~。

 
 
P7044699.JPG
P7044712.JPG
ここからは今日になって撮った写真です。傷んでしまう前にと、傘をさし雨のなか庭に出て撮りました。根性ですねぇ~。
左側がアンブリッジロース、右側がブラザー カドフィール。こちらも根性で 健気に咲いていました。

P7044763.JPG
P7044724.JPG
左側の写真は、ポールズ・ヒマラヤン・ムスク。大雨に打たれた割りに元気でホッとしました。
隣のバラは、アブラハムダービー。こちらは、花の重みで1本折れてしまいました。大輪の花は、やっぱり雨風に弱いですよね‥。ぐすっ。

P7044755.JPG
P7044758.JPG
グラミスキャッスルやランブラーのサンダースホワイトは、まだ蕾だったので、雨に打たれても平気~。
ラッキー ♪
 
 
 

P7044781.JPG
P7044743.JPG
 アンジェラは開花直後だったので、細い枝が1本だけ折れただけですみました。
ふぅ~助かった‥。



明日は雨は降らないみたいだし、風も強くないみたい。
倒れてしまったラムズイヤーやアゲラタム、マトリカリアも悲惨なことになってしなぁ‥。嵐の後の後始末。大変そうだけど頑張ろうっと!



おまけ
 
P6262216.JPG
P6262178.JPG

 

2011年7月 2日

花ロードえにわ

P6303166.JPG

P7013569.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 久々に立ち寄った、恵庭の道の駅。寄せ植えやハンギングバスケットの花がセンス良く飾られていました。どれも色彩の取り合わせが絶妙で、華やかだけれどうるさくない。いいですねぇ~。外壁とのバランスや鉢の色や形も最高です!

庭の色を押さえ気味にして、こういう華やかな寄せ植えやハンギングでピリッとしめるというのもアリかも‥。そんな気持ちにさせてくれるほど、見事な寄せ植えでした!

P7013589.JPG

P7013593.JPG

敷地内にはたくさんのヤマボウシが、枝という枝にワンサカと花を咲かせていました。

ひゃ~、これは見事。

我が家のヤマボウシとはえらい違いです。反省‥。

 

P6303558.JPG

P6303551.JPG

道の駅に造られた花壇も、今が花盛り。

芍薬が満開で見事でした。

グラス、芍薬、ラムズイヤー、ホスタそれにルピナスの取り合わせが、実にいいですねぇ~。

 

 

P6303561.JPG

P6303562.JPG

ここの花壇の草花の殆どは、別の場所からお引越ししたものと聞いています。

たくさんの方の善意と努力で造られた花壇は、とても素晴らしいものでした。

 

 

花の街恵庭の道の駅「花ロードえにわ」、そばを通ることがあったら一休みするのもいいかもしれません。 

 

おまけ     公園デビュー

P6252024.JPG P6252001.JPG