ホーム >

花咲か日記

2011年8月30日

台風来ないで!

ここにきて次々にバラが開花し始めました。

あと数日で、故郷から旧友4人がやって来ます。
お~し、ちょうどいいぞ!

‥と思っていたら、事もあろうに台風とかち合いそう‥。
あ~ぁ、せっかく遠くから来てくれるのになぁ。

アンヌ ボレイン
これは鉢植えだから、いざとなれば鉢ごとガレージに避難させよう。

P8302470.JPG

タリクトルム ディプティロカルプム
これは多分雨風で倒れちゃうから、切り花にしちゃおう。

P8281958.JPG

緑色になったアナベルの花
切り落とすかなぁ‥。
 
P8292412.JPG

ひどい雨風でポッキリと茎が折れてしまったアナベルには
新しい小さな花が ♪
でも、また折れちゃうかもしれない。
かわいそうだなぁ‥。

P8302456.JPG

ワイルド イヴ
これも鉢植えだから、避難組だな。

P8281743.JPG

柏葉アジサイ
ピンク色に色づいて綺麗。折れなきゃいいなぁ。

P8292386.JPG

アブラハム ダービー
最高にいい香りの アブラハム ダービー。
チョキンと切って、花びらを家に持ち帰ろう ♪

P8302480.JPG

ブラッシュ ノアゼット
おまえもホントによく咲いてくれるね。
強い子なんだから、台風なんかに負けるんじゃないよ。
って、無理難題?

P8261325.JPG

リグラリア

P8292398.JPG

ゴールデン ボーダー
君もガレージに避難してあげるからね。

P8261299.JPG

子供の幼稚園、小学校時代のお母さん仲間。
幼稚園の頃は送り迎えで毎日会っていました。
楽しかったなぁ‥。

突然北海道に引っ越すことが決まって、いよいよ旅立つという時
みんな揃って空港まで見送りに来てくれた日のこと
今でもはっきりと覚えています。

台風はどうしようもないけれど、せめて芝は綺麗に刈っておこう。
シーツも洗って、マトレスパッドや枕を干して‥。

初日は銀河庭園を案内する予定だけど、台風だったら無理だなぁ。
小雨決行ってことにするかな。
あぁ~、早くみんなに会いたいなあ ♪

P8302451.JPG


おまけ

さわらも待っておりまする!

P8302497.JPG

P8302498.JPG

P8302500.JPG

2011年8月27日

緑鳩

P8261386.JPG
P8261403.JPG
昨日、アオバトを見に小樽方面に行ってまいりました。

澄み切った青空が広がる絶好のお出かけ日和。
‥のはずでしたが、現地に着いて間もなく西の空が暗くなり、ゴロゴロと雷の音が聞こえてきます。
ん?まずい!
大急ぎでウミウとイワツバメを撮って、その場を退散。


P8261433.JPG
とりあえず、近くにあった漁師小屋で雨宿りをさせてもらうことにしました。

小屋に着いて間もなく、雷鳴とともに叩きつけるるような激しい雨。
うわぁ~、こりゃあ すごい。
激しい雨は勢いを増し、すぐに止む気配がありません。
 
小屋の中に雨水が流れ込み、所々から雨漏りがしてきます。


P8261439.JPG
P8261440.JPG
薄暗い漁師小屋には磯の香りが立ち込め、吊るされたロープや漁で使う網や浮きの類が所狭しと並んでいました。
なんだかちょっと心細い‥。

しばらくして漁師さんとその奥さんらしき人が現れたので、突然の雷雨に見舞われて雨宿りをさせてもらっていることを告げると、
「カメラが濡れないか」「網の上にでも腰かけて休めばいいよ。」と気遣ってくれました。
こういう時の人の親切というのは、心にしみるものですね。(涙)

P8261513.JPG
P8261476.JPG
降り始めて40分くらい経った頃、外が明るくなってやっと雨が上がりました。

漁師さんらに感謝をしつつ小屋を後にし、再度アオバトのやって来ると言われている場所へ‥。

みるみる青空が戻り、岩の上ではウミウが濡れた羽根を乾かしています。
お~、待った甲斐があったというものだ~♪

P8261568.JPG
P8261565.JPG
海水を飲みにやって来るアオバト。 
海面に顔をどっぷりとつけて、夢中で飲んでいます。

ここに来る前に見つけた石碑に、アオバトの俳句と興味深い碑文が刻まれていました。
 

P8261358.JPG
一部を紹介したいと思います。 

(アオバトは)日本固有の美しい鳩で、毎年小樽には本州から渡って来てヒナを育て、10月まで見られる不思議な習性をもつ夏鳥です。
食べ物は木の実を好み、ほぼ全身が緑色でオァオーワオと鳴きます。
深い森に住んでいる鳥が海水を飲みに集まるのが、ここハリウスの海岸です。
アオバトは「小樽の鳥」として選定されています。
標準和名はアオバト、漢字は緑鳩です。

写真は全て拡大できます。カチッ!

2011年8月25日

遊ぼ!


P8241278.JPG
おいしょ‥
 
P8241277.JPG
うんしょ‥

P8241284.JPG
も‥もうちょい
 
P8241283.JPG
ん‥ぐぅ
 
P8241266.JPG
キラ~ッ!
 
P8241261.JPG
明日でさらわは9か月。
まだまだ遊びたい盛りです。

こらぁ~、そこはダメだよぉ~。(涙)

夏の終わりに

8月も終わりに近づいて、バラの花数が増えてきましました。
 
初夏に咲いた大輪の花は一回り小さくなりましたが、
厳しい夏を乗り切って咲いてくれた花はどれも愛しく思えます。

P8241181.JPG
アンヌ ボレイン
 
P8220522.JPG
ワイルド イヴ

P8241188.JPG
ブラザー カドフィール

P8241199.JPG
ニシキシダ
 
P8241210.JPG
ブラッシュ ノアゼット
 
P8220511.JPG
ブラッシュ ノアゼット
 
P8241160.JPG
ゴールデン ボーダー
 
P8241235.JPG
強い雨で折れた枝。
花瓶に挿してやりました。
 
P8241220.JPG
ブラザー カドフィールとジョン クレア
 
P8241202.JPG
ルナリア(ゴウダソウ・ギンセンソウ)の実

座り込んで落ちた花びらを片付けていると
ふわ~っと、バラの良い香り!
思わず手を止めて、深呼吸しました。

朝晩はぐっと涼しくなり
日中の気温も25℃前後の日が続いていましたが、
明後日から数日はまた暑くなるとか‥。
でも厳しい暑さもあと少し。
わずかとなった夏を、精一杯楽しみましょう~!
 
そうだ、今のうちアイス食べておこうっと ♪
 

2011年8月21日

イタリアンレストラン チェルボ(CERVO)

噂には聞いていたけれど、なるほど‥こういうお店だったのかぁ‥。
恵庭市内に本格的な窯焼きピッツァの楽しめるお店が話題になったのは、どれぐらい前のことだったろう。
何度か足を運んでみたけれど、いつも満員でなかなか入れず。
予約の電話をしても、ずいぶん先まで埋まっていて思うように店に入れなかった。

で‥私には縁のない店かもと諦めて店の前を車で通りすぎるだけとなっていたけれど、
帰省していた娘が「行ってみたい!」と言うので今回訪ねることに。

P8200356.JPG
P8200394.JPG
店に着いたのは午後5時半過ぎ。
駐車場には既に何台もの車が停まっていて、相変わらずの人気ぶりだ。
外から厨房の様子が見える。
薪窯でピッツァを焼いている。
ふ~ん、いいねぇ。

P8200363.JPG
P8200383.JPG
店内に入ると満面の笑みの店員さん。
こちらも感じがいい。
注文は、チェルボ風前菜盛り合わせとピッツァを2枚。
とりあえず、生ビールとコーラで乾杯~ ♪

しばらくして運ばれてきた前菜盛り合わせの豪華さに唖然。
生ハムにサラミ、キッシュ、ラタトゥーユ、カプレーゼ。
説明してもらった調理法は覚えていないけれど、ブロッコリーにカラーピマン、シイタケ、カボチャ、エビなど素材を生かしたその味付けは確かでどれもホント~に美味しかった。
なかでも甘~いトマトとフレッシュなモッツァレラチーズのカプレーゼは絶品で、過去食べたなかでも最高の味で感動した。お酒が飲めれば、きっともっと美味しいんだろうなぁ‥。

P8200387.JPG
P8200392.JPG
次に運ばれてきたのは「マルゲリータ」。
すっごく美味しそうで興奮したけれど、思った以上にサイズが大きくてドキリ!
あ~、やってしまった。
こんなに大きなピッツァを2枚も2人だけで食べきれそうもない‥。
まぁ、先のことは考えず ともかく食べよう。

外はカリカリ中はもっちり。
トマトソースのさっぱりした味とバジリコやモッツァレラチーズが調和して、評判通りの美味しさだ。
で‥アッというまに完食。

少しして出てきた「クアトロ フォルマッジ」。
もうお腹がいっぱいだったけれど、このピッツァはすごかった。
モッツァレラチーズ、クリームチーズ、ゴルゴンゾーラ、パルミジャーノ。
贅沢な4つのチーズが合体して、あり得ないくらい美味しい。
満腹でもこれだけ美味しいのだから、
お腹を空かせた状態で食べたらどれくらいのものだったろうとちょっと悔しかった。

P8200378.JPG
P8200389.JPG
P8200373.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
興味のある方はこちらをどうぞ↓


雨にも負けず

お盆を過ぎてからぐっと涼しくなった北海道。
朝晩は、肌寒いと思う日も出てきました。
 
そんな中、四季咲きのバラがまたちらほら咲き始めました。
雷と一緒にやってくる叩きつけるような雨に何度か打たれ
茶色く傷んでしまった花が少なくありませんが、
運よくキレイなまま開いたものもいくつか残っていました。 

P8190019.JPG
繰り返しよく咲いてくれるアンブリッジローズや

P8190023.JPG

P8200248.JPG
鉢植えのアンヌ ボレイン
 
P8200266.JPG

P8200308.JPG
やわらかい花色のワイルドイブに
 
P8200303.JPG
花数の多いブラッシュ ノアゼット!

コガネムシの数が心なしか減ってきました。
できることなら、今ある蕾が傷まないでキレイに開いて欲しいなぁ‥。



おまけ

新しい何かが家に届く度に、徹底的にチェックを入れるさわらなのでした。
あ~ん、それはダメだって~。

P8183775.JPG
P8183777.JPG

2011年8月20日

ジンギスカン

P8190233.JPG
P8190230.JPG
これまでも嫌いじゃなかったけれど、それほど好きというほどでもなかったジンギスカン。
でも、レストラン「ハウベ」で食べた特製ラムヒレは、ホント~に美味しかった!
柔らかくて癖もなく、できたてのビールとの相性も抜群です。
‥と言っても私は飲めませんので、これは一緒だった娘の感想ですけど。
レストランはキリンビアパーク千歳にあります。興味がありましたら、こちらからどうぞ。↓




おまけ      お気に入りのキャットタワーで


P8180003.JPG

P8180005-1.JPG


2011年8月16日

恵みの雨

「もう少し雨が降って欲しかった」という声が聞こえたのかどうか
恵庭では数日前から雨が続いています。
カラカラだった庭にも潤いが戻ってきました。
私の肌にも戻ってきて欲しい‥。(乾燥肌なのでした~!)

アナベルは雨の重みで頭を垂れ、まるで天に感謝しているようです。

P8163563.JPG
ギボウシ(ホスタ)も久しぶりの雨でしっとり‥

P8163516.JPG
ツボサンゴの花や

P8163555.JPG
バラの葉には、雨のしずくがくっついて ちょといい感じ!

P8163592.JPG
雨の中、セダム(パープルエンペラー)の花が開き始めました。
 
P8163572.JPG
たまには傘をさして写真を撮るのも楽しいものです。
え~と、明日の天気は‥あれ また雨かぁ。

2011年8月11日

VAIO

P8102534.JPG
P8102478.JPG
昨日降った久しぶりの雨も、朝から照り付けるギラギラの太陽でその日のうちにすっかり乾いてしまいました。
アスファルトはもちろん、庭も既にカラカラ状態です。
もう少し降って欲しかったなぁ~。
 
 

2日前、古くなったPCに見切りをつけ思い切って一体型ボードPCを購入しました。ハードディスクの容量はそれまでのものに比べると10倍になったし、メモリーもCPUも格段にアップ!サクサクと仕事ができてご機嫌です。
 
P8122600-1.JPG
P8122609-1.JPG
画像もキレイでびっくり!
世の中進んでいるんだなぁ~。

小さな子供がお気に入りのおもちゃを買ってもらった時のように、昨日はしばらくPCに熱中していました。
そうしたら、いつの間にか部屋の温度が32℃越えに‥。
危ない、危ない。熱中症には気をつけなきゃ!




おまけ      水分補給は大切だにゃ~。

P8122623.JPG
P8122694.JPG


2011年8月 8日

夏の暑さにも負けず‥


18年前、初めて過ごした北海道の夏の涼しさは格別でした。ところが最近、北海道でも30℃を越える真夏日が増えてきました。もちろん本州と比べれば朝晩は涼しいのですが、日中の暑さはかなりのもの。
先日沖縄からいらした方が、「北海道は沖縄より暑い‥。」と仰っていたとか‥。う~ん、ついにそこまで来たか~。
 
今回は、そんなジリジリと照りつける太陽の下、踏ん張って花を咲かせている我が家の庭の植物達を紹介することにしました!花数の減る真夏の庭づくりのヒントになれば嬉しいです。

P7260442.JPG
P8062290.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
近頃よく登場しているアナベル(左上の写真)は、夏1番のお勧めの庭木。暑さで元気のなくなった庭に、ひときは輝いて見えます。
北海道のアナベルは、夏の終わりまで咲き続けます。花後に剪定してやると、秋に花芽をつけることも珍しくありません。アナベルに限らず、アジサイ類の頼もしさは格別です。

右上のエキナセアも、夏定番の宿根草です。大きな花は、庭を一気に華やかにしてくれること間違いなし!色違いの濃いピンクも、なかなか素敵ですよね。

P7260358.JPG
P8062324.JPG
セダム達は、私の大好きな宿根草で、我が家の夏の庭には欠かせない存在です。
左端が「パープルエンペラー」で、その隣が「オータムジョイ」。
まだ開花前ですが、蕾のときからとっても良い雰囲気 ♪ 秋遅くまで楽しめる、こちらも頼もし~い宿根草です!

P7260330.JPG
P8062304.JPG
そしてこれまた超お勧めの宿根草が、「ギボウシ」さん。
葉だけでも十分な存在感ですが、この時期に咲く美しい花もかなりのもの。葉も花も楽しめるギボウシは、夏には欠かせないありがた~い宿根草です。
西日がガンガン当たるという場所には不向きですが、植え場所さえ間違えなければ実に頼りになる存在です。
 
P8062307.JPG
P8062306.JPG
ちょっと珍しいところでは、白い実の可愛いセッコウボク。花は小さくて目立ちませんが、実はなかなかのもの。垂れ下がる枝先につく実、いいなぁ~。

シルバーリーフの葉と白い花の「アナファリス」なんていうのもありますね。ちなみにアナファリスは、ハハコグサの仲間。育てやすいかどうかということになると ちょっと?ですが、このシルバーリーフと白い花は実に魅力的なんですよね~。
 
 
 
P7260427.JPG
P7311256.JPG
バラの花もまた蕾がいっぱいになってきました。
写真のバラは、アンブリッジローズ。
花後の剪定を怠らなければ、繰り返しよく咲いてくれます。
初夏に一斉に咲き乱れるような華やかさはありませんが、夏の時期にも咲く四季咲きのバラも優れもの!ですよね。
いつも美しい葉のヒューケラ(ツボサンゴ)も、いいですねぇ。
 
P7167662.JPG
P7167661.JPG
P7209146.JPG
 
 
 
 










P8072372.JPG
P7260267.JPG
他にも宿根フロックスや新芽の美しいネグンドカエデ(フラミンゴ)、それにカンパニュラ(ラクティフローラ)や遅咲きのクレマチス(写真はバガボンド)、サポナリアなど、夏を彩る庭木や草花はいろいろです。

住む場所によって咲く時期がずれたり上手く育たないものがあるかもしれませんので、そこらあたりは柔軟にお考えいただければ嬉しいです。

ガラスの心臓のおまさ。夏の暑さにも負けずに咲く、花のようになりたいなぁ‥。


 
 
おまけ


P8022019.JPG
P8022020.JPG
 






2011年8月 3日

夏がきた

 
P8032035.JPG
また暑い夏がやってきました。
大切な人との別れは誰にとっても辛いものです。
4年前、前置きなしにやって来た突然の夫の死。
弱虫おまさにとっては、きつかった。

   ※※※※※※※※※※

酷くなる一方の腰痛に 重い腰を上げ、やっとのことで受診した病院。
家に戻って来た夫は、「病的骨折の可能性が高いらしい。癌センターで再検査を勧められたよ。」
平然とした顔でそう言いました。
足元が崩れ落ちるような感覚で、その日私は何も喉を通りませんでした。
夫は美味しそうに私の作ったイワシのフライを平らげて、「食べられない。」という私を見て笑いました。
鈍い私にも夫の心遣いが痛いほど伝わり、我慢していた涙がこぼれてしまいました。

癌センターで撮ったレントゲン写真には、恐ろしいくらいの腫瘍があちらこちらにできていました。食い入るように写真を見ていた夫の顔を、今でもはっきりと覚えています。
当初、癌の骨転移と思われていた夫の診断名は、「多発性骨髄腫」。血液の癌でした。予後の悪い病気であることに違いはありませんでしたが、化学療法に効果が期待できるとの説明でした。
でも‥入院してわずか2週間。激痛と痛み止め(麻薬)との戦いの毎日は、薬による気道閉塞というあっけない幕切れとなってしまいました。
守りきれなかったという思いが、長い間私を苦しめました。

P7311349.JPG
P7311409.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒゲ君、今年から家族が増えたんだよ。「さわら」っていう猫。かわいいよ。
子供達は2人とも頑張っているよ。1人は頑張り過ぎでちょっと心配だけど、ヒゲ君の子供だから大丈夫だね。
私はガーデニングだけじゃなくて、鳥も追っかけてるんだよ。写真、面白いね。ヒゲ君には負けるけど、前より上手になったよ。多分ね。
寂しくないよ。庭仲間がずっと気遣ってくれてるし、写真仲間だってできたんだよ。
「とにかく元気で毎日を楽しく!」ヒゲ君の分まで大切に生きるね。