ホーム >

花咲か日記

2012年2月29日

2月28日


目が覚めて窓の外を見ると、いいお天気でした。

P2284367.JPG
ベッドの上には、ねぼすけ のさわら。
 
P2284368.JPG
おはよ~、さわら~♪

P2284369.JPG
身支度をすませ、簡単な朝食をとった後 
カメラだけ持って外に出ました。

う~、寒い。
今日の最低気温は、氷点下20℃以下。
雪道を歩くと、ギュッ ギュッと音がします。

P2284387.JPG
玄関フードの窓霜が キレイ。
 
P2284393.JPG
道路標識にちょこんと乗っかったスズメを見つけました。
なんだか、とってもかわいい。

P2284416.JPG
おはよ~。

P2284419.JPG
力を増した陽の光で、
雪のキャンバスには 木の影がくっきりと映っていました。

P2284395.JPG
P2284433.JPG
わずかに残ったナナカマドの実を目当てに、ツグミや‥

P2284454.JPG
ヒヨドリがやって来ます。

P2284483.JPG
今年は冬鳥が少なくて、未だにキレンジャクやシメの姿を見ていません。
ツグミをちゃんと撮れたのも、昨日が初めてでした。
去年のひどい台風のせいだと言う噂も小耳にしますが、本当のところは分かりません。

さあさあ、今日の散歩は これでおしまい!

家に戻ると、庭には雪がどっさり。
今年はいつもより雪解けが遅いかもしれないなぁ‥。

P2284382.JPG
P2284379.JPG
さわら~、ただいま~♪

P2284552.JPG
にゃん?

P2284561.JPG
平凡ないつもの暮らし。
このままずっと続きますように‥。

(この記事は昨日2/28のものです。)

2012年2月26日

吹雪の日

お昼を過ぎた頃に降り始めた雪は、いつの間にか吹雪となり
家の外は大荒れの天気!

雪に見とれる「さわら」

P2264114.JPG
P2264085.JPG
リビングの出窓は、屋根からの落雪で
ほとんど塞がれてしまいました。

真っ白けっけ‥。

P2266740.JPG
再び、雪にみとれる「さわら」

P2266730.JPG
P2266734.JPG
そして‥
小鳥に、すっかり魂を奪われてしまった「さわら」

P2264159.JPG
あなたは眠~くなる~♪

P2264149.JPG
それにしても、酷い雪だ。
玄関先にも たまってきたし‥

P2266744.JPG
階段も埋まってきた‥。
ドアが開かなくなっちゃ困るから、今のうちに雪かき やっちゃうか ♪

よ~し、さわら。 ちょっくら行ってくるわ!

P2266742.JPG
ど~ぞ、どうぞ。

P2264140.JPG
あたしは、
鬼の居ぬ間に‥ちょいと冒険を  ♪

P2264135.JPG

※※※※※※※※※※※※

えっちら、ほっちら。 なんだ雪、こんな雪 ♪

さわら~、ただいま~!

P2264175.JPG
ありゃ、もう帰って来た‥。

吹雪の日、さわらはちょっとご機嫌です。
リビングで思いっきり遊んだ後は‥

こんな具合

P1260020.JPG

働き者の私(?)は、去年の暮れに頂いた種をチェック。

ブルーフラックスは、宿根アマで
シャ-レーポピーは、ヒナゲシ。
へぇ‥メキシカンハットってこんな花が咲くんだ。
ガーリックチャイブは、ニラでしょ。
アイリス ラクティアは、ネジアヤメって言うんだ‥。
綺麗な花色だなぁ。

頂いた種を眺めながら
春の庭に思いを馳せる おまさなのでありました。

雪解け、待ち遠しいね ♪

P2264099.JPG


2012年2月24日

雪のあと

久しぶりに降った雪は、湿った重~い雪でした。
身支度をして、えっちらほっちら雪かきを済ませ
遅い朝食が終わったのは8時過ぎ。

9時頃には青空が出ていたので、近くの公園を散歩することにしました。

P2246716.JPG
天気はいいけれど、風が強い ‥ かなり強い。
積もった雪が突風に煽られて、舞い上がります。

P2246708.JPG
人の足跡がすっかり消えてしまった公園。
あちらこちらに風紋ができていました。

P2246713.JPG
池の氷が解け、広くなった水面を
カルガモ達が元気にス~イスイ。

やぁ、おはよ~♪

P2246712.JPG
葉を落とした木々にはびっしりと雪がつき、
まるで満開の桜のようです。

キレイだなぁ~。

P2246724.JPG
いつの間にか陽射しは力強くなり、降る雪も重い春の雪になってきました。
明日からまた少し寒くなるというけれど、
間違いなく春は近づいていると感じます。



おまけ

P2244059.JPG
陽射しが暖かいのだにゃ~

2012年2月23日

タンチョウ


旅の最終日は そこそこのお天気に恵まれましたが、
早朝はちょっとぐずぐず‥。

尾岱沼(おだいとう)からの朝日を見ようと
夜明け前に別海町にある白鳥台へと向かったものの、
水平線は雲で覆われ
厳しく冷え込んだ冬の早朝にだけ見られるという
四角い太陽はお預けとなりました。

P2162884.JPG
薄暗い白鳥台には北方四島返還「叫びの像」が‥
雲で覆われた海の向こうに、国後島見つけることはできませんでした。

P2162882.JPG
気を取り直して‥次はタンチョウ!
阿寒国際ツルセンターへと向かいます。

北海道にのみ生息するタンチョウ。
保護活動の成果で個体数が1000羽を超えたらしいけれど、
それでも絶滅危惧種であることに変わりはありません。

阿寒国際ツルセンターでは人工給餌が行われているようで
たくさんのタンチョウが集まって来ます。

P2163038.JPG
P2163121.JPG
P2163257.JPG
P2163408.JPG
P2163383.JPG
餌がまかれると‥

P2163195.JPG
いつの間にか上空にオジロワシが現れ‥

P2163306-1.JPG
急降下

P2163282.JPG
P2163178.JPG
タンチョウのためにまかれた魚を 奪っていきます。
うわぁ~、迫力満点だぁ。

P2163340.JPG
こちらはまだ若いオジロワシですが、強そう~。

P2163352.JPG
あ~、また餌を持って行かれちゃいました。

P2163342.JPG
オジロワシも絶滅危惧種。
絶滅危惧種 vs 絶滅危惧種の戦いを、ちょっぴり複雑な思いで見たのでした。


これで、今回の撮影旅行はおしまいです。

長々と旅行記にお付き合いくださった皆様と、
気持ちよく旅に同行させてくれた写真仲間、
それからさわらの面倒をみてくれたTちゃんに、心からお礼を‥。

どうもありがとうございました~!


あっ、それから‥
いつもさわらの写真を愉しみにしているという、
Tちゃんのお母さんのために

おまけ

P2224015-1.JPG
P2224030.JPG
P2224025-1.JPG
にゃん ♪

2012年2月21日

野付半島

 
ブログでは「流氷クルーズ」の話から始めましたが、
実際の旅の始まりは野付半島からでした。

野付は根室半島と知床半島のちょうど真ん中辺りにある全長26Kmの小さな半島で、
根室海峡に突き出たその形は まるで釣り針のように見えます。
島全体が、砂嘴(さし)と呼ばれる 海流によって運ばれた砂でできています。

根室海峡上空を舞うオオワシ。
背景に見えるのは、多分‥知床連山かな?

カムチャッカで繁殖したオオワシたちの多くは、越冬のため野付半島に渡ってきます。

こんにちは~!
ずいぶん気持ちよさそうだね ♪

P2141740.JPG
ここで餌をまく人は何処にもいないけれど、
あちこちでオジロワシやオオワシの姿を見ることができます。

ちなみに、このオオワシのそばには
打ち上げられたアザラシ(多分)の死体がありました。

P2141823.JPG
野付湾側には、エゾシカの群れ。
どうやら、メス群れのようですね。

P2141860.JPG
下の写真は、オオワシの幼鳥とオジロワシの成鳥。
これこれ、仲良くしなさいな。

P2141953.JPG
キタキツネもいました。
元気そうに見えましたが、尾っぽは毛が抜けてまるで紐のようでした。

キタキツネには「アルカス」という皮膚病があるそうで、
抜け毛が全身に広がると命取りになると聞きます。
ふさふさの毛なしに、厳しい北国の冬を越すことはできませんものね。
可哀そうだな‥。

P2141988.JPG
エゾシカさん、じっとこちらを見ています。
大丈夫だよ。 私、無害だから。

P2142011.JPG
凍りついた冷たい野付湾を、傾いた太陽が朱に染めていきます。

P2146589-1.JPG
暗くなった雪原を走る1匹のキタキツネ。
この子の尾は、大丈夫だな。

P2146635-1.JPG
やがて辺りは闇に包まれ、野付半島の旅は終わりました。

P2146610.JPG

おまけ

翌日のお話。
流氷クルーズが終わるなり、突然やってきた猛吹雪。
しばらく大人しくしていましたが、数時間後には青空となったので
カメラを持って風連湖方面へ向かいました。

途中、たくさんのエゾシカに会いました。

P2152798.JPG
道路を横断するときは、気を付けるんだよ~。

P2152815.JPG
根室海峡を背景に。
はい、チーズ!

P2152831.JPG
海の向こうに見えるのは、根室半島。

P2152821.JPG
P2152867.JPG
走古丹辺りで日が暮れてしまい、結局風連湖を見ることはできませんでした。
短い撮影旅行、残すは1日だけです。

P2152850.JPG

羅臼港のオオワシ


根室海峡でのクルージングの後、船は羅臼港に戻り
船員さんは 餌を 残った流氷の上にまいてくれました。

オジロワシやオオワシがわんさかと現れ、もうドキドキ!

撮った写真は、「おまさのこっそり野鳥日記」で紹介することにしました。
ご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。


P2152762.JPG

2012年2月18日

流氷クルーズ


写真仲間数人で、道東に行ってまいりました~。
目的は、厳冬の知床、野付、釧路の自然を写真に収めること。

知床羅臼の「流氷とワシ」、尾岱沼から望む日の出の風景、阿寒のタンチョウヅル‥。
自然相手なので 何もかも希望通りとはいきませんでしたが、
日常からかけ離れた風景や体験は胸躍るものでした。

なかでも羅臼での流氷クルーズは、心に残る貴重な体験となりました。
ちなみに下の船は、我々が乗ったのとは別のものです。

P2152081.JPG
当日は流氷が岸から遠く離れ、小雪の舞う あいにくのお天気となってしまいました。
ほとんど諦めていた流氷でしたが‥

船員さんの特別の配慮で
急きょ、マッコウクジラが出るという知床半島の先端近くまで
航行してもらうこととなりました。

片道50分かけ着いた現場‥

あ~、ありました!ありました!
見渡す限りに、流氷が海面を埋め尽くしています。
うわぁ~、すご~い!

P2152146.JPG
遠く かすかに見える1羽のオジロワシ。
視界がよければ、餌をまけば寄って来るんだけどなぁ‥。
とつぶやく船員さん。

P2152208.JPG
粘り強く待つうちに‥
とうとうやって来ました。

憧れの流氷とオジロワシです。

P2152395.JPG
お天気のよい日なら、100羽近くのオジロやオオワシが集まるとのことでしたが、
この日はオジロワシが3羽程度。
オオワシは遠くで見ているだけでした。

それでも大海原に浮かぶ流氷は美しく、
間近に見られたオジロワシの姿に感動の連続でした。

P2152427.JPG
P2152417.JPG
P2152375.JPG
P2152489.JPG
帰り道、一瞬晴れた海の向こうに 知床連山が見えました。

P2156648.JPG
次回は羅臼港での、オオワシとオジロワシを‥

2012年2月12日

輪ゴムが好き

小さい頃からずっと犬と一緒だった私は、大の犬好き。
猫が嫌いというわけじゃないけれど、飼うなら犬!
なんとなく、そう思っていました。

13年間一緒だったゴールデンレトリバー(ハーパー/ Harper  2007年没)は
従順で素直、優しくて賢い、最高の家族でした。
やっぱ‥犬はいいね ♪
      
050648.JPG

ところが「さわら」との暮らしが始まった途端、
今度は猫の魅力に、すっかりやられてしまいました。
従順とは言い難いけれど、なんだろうなぁ‥。

ホントは気になるけど、ちょっと知らんぷりなんかして。
離れた所で目をまん丸にしてこっちを見てる。
あは、可笑しい。

気が向かないと、呼んでもスルーしちゃうけど
いざという時は必ず私のそばを離れない。
守ってやらなきゃなぁ‥って気持ちになっちゃう。

ツンデレのさわら

P2101609.JPG
輪ゴム、見~っけ!

P2101607.JPG
かみかみ

P2101621.JPG
びよ~ん!

P2101619.JPG
おっ、今度はあっちだ ♪
 
P2101639.JPG
ちょんちょん ♪

P2101625.JPG
さわら~、チッチが来たよ~!

P1037635.JPG
ホントだ‥

P2101647.JPG
P2101654.JPG
足元でスヤスヤと眠っているさわら。
ずるいなぁ、こんなかわいい顔して眠るなんて‥。

あ~、猫大好き!

2012年2月 8日

えにわ犬ぞり大会 その2


掴まれていたハーネスから手が離れた瞬間、
犬たちは、まっしぐらに駆け出します。

ギャラリーからは溜息がもれ、歓声がわき起こります。
おぉ‥なんたる速さだ‥。

P2050832.JPG
P2050971.JPG
走れ!走れ!走れ!

P2050979.JPG
犬ぞりのドライバーのことを、マッシャーと呼ぶそうです。
何で 「マッシャー」?
気になって調べてみたら、
フランス語の"marcher"(歩く)が語源になっているとのことでした。

6頭引きの場合、走行距離は6Kmを超えます。
走り急ぐ犬たちをコントロールできるかどうか、
そこはマッシャーの腕次第ということになるのでしょうか。

P2051170.JPG
ゴール近くになると犬たちは、もうバテバテ。
あと一息だ~。 がんばれ~!

P2051226.JPG
P2051220.JPG
P2051247.JPG
P2051176.JPG
P2051249.JPG
2頭引きは、ちょっぴり微笑ましい ♪
 
P2050780.JPG
牛さんたちも ビックリ?
お騒がせしま~す。

P2051120.JPG
レースの合間の休憩時間。
犬も人間も、愉しんでいますね~ ♪

P2050794.JPG
吐く息が白~い!

P2050823.JPG
P2050896.JPG
ちょっと~、重いんですけれど‥。

P2051054.JPG
北国ならでは‥ですね ♪

P2051070.JPG
思いっきり雪遊び。
さすが道産子です。

P2051164.JPG
犬ぞりレースの観覧席には、ペット同伴席が用意されていました。
犬連れでレースを観覧している人、結構いました。
人と動物が一緒になってイベントを楽しむことができるなんて、いいですよね!

レース終了後、飼い主に甘えるワンコ(カイ)ちゃん。
あまりにステキだったので、思わずシャッターを切ってしまいました。

お互いの優しい眼差しが、いいですね~。

P2051285.JPG
P2051287.JPG
写真は、ご本人の同意を得て掲載させて頂きました。
ご協力、どうも ありがとうございました。

犬ぞりレース、また機会があれば行きたいなぁ‥。

2012年2月 6日

えにわ犬ぞり大会 その1


2/4(土)、2/5(日)の2日間
えこりん村で「犬ぞりレース」が開催されました。

土曜の夕方そのことを知った私は、小さくガッツポーズ!
ずっと行きたかった犬ぞりレース。
情報を提供してくれた写真仲間に、ひたすら感謝 です。

で、昨日の日曜日、いそいそとえこりん村へ行ってまいりました。

レースは1頭から6頭引きのコースに別れ
走行距離は200mから約6Km 。
参加者は、道内外から集まった32名。

会場にはご機嫌な音楽が流れ、
犬と人が一緒になってイベントを楽しむ雰囲気がムンムン ♪
楽しかった~。

P2050902.JPG
P2051063.JPG
P2050792.JPG
P2051062.JPG

P2051069.JPG
スタート直前の犬たち。
もう、興奮を抑えきれませ~ん!

うへ~、すごい迫力だ。

P2050968.JPG
P2051106.JPG
P2051080.JPG
P2050847.JPG
P2050848.JPG
P2051022.JPG
P2051103.JPG
P2051091.JPG
P2050926.JPG
P2050939.JPG
おっといけない。
写真の枚数が、既に15枚‥。
闘志むき出しの犬の迫力に、ついこちらもつられてしまったようです。

これ以上写真を並べるのは、なんですから
懸命に走る犬たちと、マッシャー(ドライバー)。
それにカイちゃんの写真(?)は次回に紹介することにしましょう。

つづく

2012年2月 4日

支笏湖氷濤まつり

春は名のみの、風の寒さや~♪

厳しい寒さが続いています。
恵庭の最低気温は、今日も-18℃を下回っていました。

そんな寒さを逆手にとって、冬を楽しむイベントが各地で開催されています。
お隣の町千歳でも、先月27日(金)から
「支笏湖氷濤(ひょうとう)まつり」が開かれています。


昨日の支笏湖、風がビュービュー吹き荒れて
それはそれは寒うござりました。

P2030705.JPG
昼間の氷濤(ひょうとう)まつりは初めてでしたが、
夜とは違った趣があって なかなかのもの ♪

大きな氷像は、支笏湖の水を使ってつくられました。
迫力ありますねぇ。
できるだけ人を写さないように‥パシャ!

P2030654.JPG
氷像の中からも パシャ!
支笏湖ブルー、キレイです。
 
P2030647.JPG
P2030633.JPG
こちらは、苔の洞門をイメージしてつくられたオブジェ。

P2030674.JPG
中には、氷に閉じ込められたヒメマスもいました。

P2030679.JPG
P2030649.JPG
氷でつくられた氷涛神社の壁にはお賽銭がはめ込まれ
まあるいオブジェが、ゆらゆらと揺れておりました。

P2030621.JPG
氷像の向こうに見えているのは、恵庭岳。
昼間だと、景色と一緒に楽しめるからいいですね ♪

P2030660.JPG
P2030635.JPG
P2030694.JPG
P2030690.JPG
P2030666.JPG
寒いこの季節にしか楽しめないイベント。
思い切って出かけてみるのも、いいかもしれませんね。

その際は、十分な寒さ対策をお忘れなく。
冷えるよ~!

2012年2月 1日

極寒です

今朝、恵庭市の最低気温は なんと氷点下21.5℃でした。
外に出ると顔がピリピリ~!

雪の中に埋もれている草花はともかく、
外に出ている庭木にとっては 厳しい季節ですよね。

思わず、がんばれ~! と声をかけたくなります。

P2010395.JPG
P1300160.JPG
そんな寒~いなか、
シジュウカラの番いが 巣箱をチェックするようになりました。
極寒のこの時期から、マイホームの下見が始まるんですね。

寒くない?
風邪ひかないでね ♪

P2010398.JPG
風邪といえば、これ。
明治から出ているヨーグルト「R-1」。
免疫力を高め、風邪やインフルエンザの感染を防ぐのに効果があるという
噂の人気商品です。

しょっちゅう風邪をひいている私。
「これだ~!」 と飛びつき
とりあえず1週間分をまとめ買いしたのが、10日ほど前のこと。

買い置きしていたヨーグルトが切れたので 
数日前にスーパーに行ったのですが、店頭に商品がない!

どうやら あまりの売れ行きに生産が追いつかなくて、
品薄状態になってしまったようです。

明治は、同じ機能性ヨーグルト
LD21シリーズ(一部)の生産を一時的に止めて
R-1 の品薄状態を改善する方針とか‥。

あ~、早く店頭に並んで欲しいよ~。

P1290062.JPG


おまけ

わたしはお帽子を被って、ぬくぬく~♪

P1290090.JPG
インフルエンザが流行っています。
みなさん、気をつけましょう~にゃん!