ホーム >

花咲か日記

2012年4月29日

エゾリスの子 その1

生まれて初めて、エゾリスのちびっこを見ました。

森の中を 元気いっぱいに駆けまわる子リスは
愛らしくて愛らしくて‥

シャッターを切りながら
自然に顔がほころんでしまいました。

P4255763.JPG
こんにちは~♪
P4255060.JPG
おいしょ!
P4255697.JPG
真っ暗‥
P4255691.JPG
びよ~ん!
P4255323.JPG
おっとっと‥
P4255631.JPG
ダンゴムシの真似~!
P4255297.JPG
1匹でも十分にかわいい子リスですが、
小さな森には まだ何匹が兄弟がいました。

次回は兄弟が一緒の写真をアップしちゃいます~♪

2012年4月24日

どうして?

朝キッチンで小さなムシムシを見つけたから

P4244898.JPG
ひょいひょいと 軽くご挨拶をしたら‥
でんぐり返って動かなくなっちゃった。

P4244894.JPG
どうして?

P4244899.JPG
お昼にチュンチュンが来たから、猛ダッシュでご挨拶に行ったのに
こっちをチラッと見て
ビュ~ンって飛んで行っちゃった‥。

P4244891.JPG
どうして?

P4244912.JPG
夕方、玄関でまたムシムシを見つけたから
背伸びをしてみたけど届かない‥。

P4244919.JPG
1度しゃがんで‥

P4244918.JPG
思いっきりジャ~ンプ!

P4244916.JPG
したけど‥届かない。

P4244915.JPG
どうして?
どうして さわらは 飛べないの?

P3239452.JPG
あのね、さわら。
さわらはママに似たんだよ。
ママもお空を飛べないからね。

あ~、そうか!


(ホントはママよりさわらの方が、ずいぶん飛べる んだけどね♪)

2012年4月23日

おまさ、囲いを外す

3日前に、庭の雪がなくなりました。
その後気温も ぐんぐん上がってきたので、
「流石にもう大丈夫だろう」と
庭の冬囲いを外すことにしました。

囲いを外す前に、一通り花壇の掃除を済ませて‥っと。
よ~し、それじゃあ やっつけちゃうぞ~!!

コモを巻かず竹囲いだけで冬越しをさせたアオキ。
凍害を心配しましたが、見事に氷点下20℃を乗り切ってくれました。
ありがとう~!

P4204430.JPG
雪の重みでぺっちゃんこだったラムズイヤーも、
スックリと立ち上がってきました。
ありがとう~!

P4204438.JPG
雪で塞がれていた出窓もこの通り。
バラやラベンダーの冬囲いを外し、アイアンフェンスを元の位置に戻しました。
あ~、スッキリした~ ♪

P4204433.JPG
作業中、幾度となく「コォコォ」という鳥の鳴き声が聞こえてきました。
作業の手を止めて 空を見上げると、V字編隊を組んだハクチョウの群れが‥。

おや?
白いハクチョウに混じって、一回り小さな黒っぽい鳥がいます。
マガンだ。
ハクチョウと一緒に北に向かってるんだなぁ‥。
みんな、がんばれ~。

P4204447.JPG
さあ、作業!作業!
次は、気の重い「トゲトゲ大明神(サンダースホワイト)の誘引を頑張りましょう~。

P4204457.JPG
ランブラーはその鋭い棘で、あちらこちらに絡むように出来ているらしく
春と秋の誘引を外したり、し直したりするのが もう大変。

何本かずつにまとめてあった枝を外し、1本ずつオベリスクや壁に誘引していきますが
作業終了までに2重にしたゴム手袋を3枚破ってしまいました。

P4204463.JPG
積んだままの敷石は、去年の秋に抜いたアカエゾマツの跡地に敷く予定。
これも早めに作業しなくっちゃなぁ‥。
雪解けと同時に、北国のガーデナーは大忙しです。

P4204468.JPG


おまけ

おやおや、さわら。
おまえ、なんて恰好‥。

だれ~
P4214512.JPG
ぐで~
P4214514.JPG
P4214521.JPG
あたし、多分こういうのが‥好きです。

2012年4月18日

ティッシュペーパー

ここ数日はぐずついたお天気で、毎日が肌寒いです。
でもそれなりに雪解けは進み、
庭に残った雪は ついに北側の通路に一部だけになりました。

P4184385.JPG
雪の下から顔を出したクリスマスローズには
もうちゃんと蕾がついています。

P4184389.JPG
休眠期のうちにと、庭木の剪定を頑張りました!
鋸でギコギコ‥
剪定鋏でチョッキン!

P4184383.JPG

そして、タイヤ交換は春の恒例行事。

いつもは「いすゞ」さんにお願いしているタイヤ交換ですが、
今回は近くのガソリンスタンドで済ませることにしました。

ところが、交換が終わって家に戻ってビックリ。
後部ドアを開けようとすると、
ギギギギギ~ というおかしな音が!

えっ、何の音? しかもめちゃくちゃドアが開けづらいんですけど‥。

電話でガソリンスタンドに事情を説明すると
「最初からドアは重かったですよ。」の一点張り。
そんな馬鹿な‥。
ついさっきまでドアはスムーズに開閉できていたのに。

すったもんだの末、なんとか車をみてもらうことに‥。

P4184413.JPG
結果‥
後部ドアのドアストッパーが曲がり、
ドアの開閉の度に干渉していたことが判りました。

お詫びにと、5個入りのティッシュを12パック頂くことになりました。

ストッパーの曲がりを直し、何度も頭を下げてはくれましたが、
電話でのやり取りを思い出すと今でも心臓がバクバクします。

最初からドアが重かったなんて‥ホントひどい‥


なんだ‥こんなんで買収されたのかぁ‥
P4184373.JPG
さわら、おまえにもティッシュ1箱あげようか?
P4184411.JPG
いる!

2012年4月17日

早春

ここ数日はぐずついたお天気で 気温が上がりません。
それでも庭の雪は順調に解けて
とうとう北側の一部にちょっぴり残るだけになりました。

待ちに待った春の到来 ♪

で‥今回は、最近外歩きしていて見つけた春を
ズラ~ッと並べてみることにしました。

勢いよく伸びるスイセン
P4122864.JPG
春の定番 フッキソウ
P4102629.JPG
そして フクジュソウ
P4102518.JPG
ちょっと霞んだ春の空気
P4122878.JPG
雪解けの田畑に群れる渡り鳥
P4133921.JPG
早春の支笏湖
P4154109.JPG
樽前山と風不死岳
P4154116.JPG
恵庭岳を背景に‥(ハシブトガラス)
P4154086.JPG
樽前山
P4154125.JPG
冬眠から目覚めたシマリス
P4154335-001.JPG
緑の中のキクイタダキ
P4102498.JPG
渡って来た夏鳥(オオジュリン♀)
P4154349.JPG


おまけ

P4123092.JPG
かきかきかき‥

2012年4月13日

長都沼

4月は、渡りの季節。
日中は閑散としている長都沼ですが、日没前になると
ハクチョウやマガンヒシクイなどが羽を休めに戻ってきます。

P4123152.JPG
ピークは過ぎたのでしょうが、それでも次々と舞い降りるその姿は圧巻で
見る者の心を揺さぶります。

P4123182.JPG
P4123302.JPG
P4123169.JPG
風もなく穏やかな春の夕暮れ時は、
息をのむような美しい風景でした。

P4123454.JPG
P4123420.JPG
P4123629.JPG
P4123288.JPG
この日、駐車場には溢れんばかりの車が‥。
長都沼の知名度、上がっているみたいです。
 

2012年4月 6日

ピ-ヒャラピーヒャラ♪

自分に自信のない私は、どちらかというと用心深く
何事も用意周到な準備がないと落ち着かないタイプ。

と言って ちゃんと手抜かりなく準備できているかといえば、それがそうでもない。
肝心のところがスッポリと抜けていて、
自分でもビックリするくらいの失敗をやらかしてしまう。

あやや‥情けなや。

P1175000.JPG
幸い子供達は父親に似てくれたとみえて、
2人とも私から見れば実にしっかりとして見える。

つい最近、娘から小包が届いた。
入念に梱包された中身は、ハンドメイドの美しい飾り皿やスカーフ。

村上春樹の旅行記を読んで、どうしてもトルコに行きたくなったと
メールが入ったのはいつだったろう。
 
事前に取った予約は、行き帰りの飛行機だけ。
あとは現地で全て計画を立てたというのだから‥すごい度胸だ。

P4041432.JPG
P4041470.JPG
赤い模様はトルコの国花のチューリップだと言われたとか‥。
じっと絵皿を見ているうちに、
何故か「ちびまるこ」のテーマソングが頭の中に聞こえてきた。

P4041420.JPG
荷物重かっただろうなぁ‥。


こちらは年老いた母から届いたデコポン。
ごつごつした見かけと違って果肉を包む皮は薄く、味はこの上なく美味。
薄皮ごと食すと、みずみずしい甘味が口いっぱいに広がる。

今年は不作で1人1箱しか手に入らなかったというのに、その1箱を私に送ってくれた。

P3249648.JPG
ピーヒャラピーヒャラ ♪
家族、大切にしなきゃな‥。

2012年4月 2日

雪解け


雪が解けて芝が見えた~♪
と喜んでいたら‥

P4021363.JPG
寒波が戻ってきて、あっという間に真っ白に‥。

P4011348.JPG
そんなことを繰り返しながら、北国にも ようやく春が近づいてきました。
日当たりのよい場所では、雪の下から草花が顔をのぞかせています。

ぺっちゃんこの「ラムズイヤー」
P4021365.JPG
同じく ぺっちゃんこの「ヒューケラ」
P4021369.JPG
元気いっぱいの「セダム」
P4021412.JPG
わさわさと成長していた「トリカブト」
P4021370.JPG
落雪のない場所の「イングリッシュラベンダー」
P4021384.JPG
待ちに待った雪解け。
無事越冬した草花を見て、もう嬉しくって仕方がありません。

でも雪解けが進むにつれ、あまり見たくなかったものも見えてきます。
今年の冷え込みは厳しく、氷点下20℃を下回る日が何日もありました。
そのせいでしょうか?
庭をつくり始めて最初に買った大切な鉢に、ひび割れが‥。
きゃあ~!(涙)

P4021364.JPG
倒さないでそのままにしていたツルバラ(アンジェラ)は、
凍害でずいぶん傷んでしまいました。

枯死してしまった枝( しわしわ~!)
P4021390.JPG
凍害による赤紫の斑点 
P4021397.JPG
仕方ないね~。
傷んだ枝は整理するしかありません。
幸いアンジェラは、短く剪定してもよく咲くタイプのツルバラ。
もう少しして、思い切ってパツンパツンと剪定しますかぁ~!

誘引を外して横倒しにし 雪の下に寝かせておいたバラは、みんな元気いっぱい。
プラ鉢のおかげで根元の茎も折れずにすみました~♪
備えあれば憂いなし‥だね!

P4021398.JPG


おまけ

春は眠いのだ‥

P3301314.JPG
P3198251.JPG