ホーム >

花咲か日記

2012年5月29日

北海道開拓の村 その2

P5270942.JPG
P5270873.JPG市街地群、漁村群と歩き、次に向かったのは農村群。 
旧小川家酪農畜舎の外観は、いかにも洋風然としていました。

案内のパネル板には、
「大正時代にアメリカから取り寄せた設計図を参考に建築したもの」とあります。道理で‥納得です。

P5270954.JPG
P5271064.JPG
畜舎の中は薄暗く静かでした。

無造作に置かれたミルク缶に 窓から注ぎ込む陽光が当たっているのを見るうち、ふいに時間が止まっているような錯覚を覚えました。

まるでフェルメールの絵だね‥。
 
畜舎を出て見えた、満開のエゾノコリンゴ。

と~ってもキレイ。
ちょっと寒いけれど、やっぱり気持ちいい。開拓村、好きだな‥。

さてと、次は山村群。 へ~、森林鉄道機関庫。
 
P5271096.JPG
P5271141.JPG
なになに‥従来の流材にかわって、昭和初期になって鉄道運材が主流に‥。

そうか、昔は材木は川の流れを利用して運んでたんだな~。
危険と隣り合わせの、大変な作業だっただろうな‥。

一瞬、草の中に消えていく線路の向こうに、汗にまみれた人の姿が見えるような気がしました。
これって、もしかして別の意味で危ない?

P5271109.JPG
P5271138.JPG
市街地群に戻る途中に見えて来たのは、旧札幌農学校寄宿舎「恵迪寮」。
 
札幌農学校は、現在の北海道大学にあたります。

明治時代の学生の 質素で堅実で活気にあふれた暮らしぶりを想像し、怠惰だった我が息子の学生時代の姿と重ね合わせて思わずため息をついた私なのでありました。

P5271112.JPG
P5271120.JPG
寮の窓には新緑が映り込み、それはそれは とても美しく見えました。

部屋の窓から吹く風は大変に心地よく、せんべい布団がそれなりのマットレスになれば結構寝心地はいいかもしれないな~。
などと、つい呑気なことを考えてしまいました。


恵迪寮の近くには、旧札幌師範学校武道場がありました。 
 
P5271131.JPG
P5270810.JPG
中を覗くと、なにやらピーンと張りつめた空気が‥。

動と静が交差する美しき日本の伝統文化。

これは‥何?
居合?

「風薫る」と言うには少々強すぎる風だったけれど、それでも美しい新緑を愛でながらの散策は快適そのものでした。
(最後の写真は武道場のものではありません)

たまには平成の世から離れて、開拓時代にワープしてみるのも、いいかもしれませんよ。
ちなみに入場料は一般が830円、高校生・大学生が610円、中学生以下と65歳以上と障害者手帳保持者は無料だそうです。

2012年5月28日

北海道開拓の村 その1

厚別にある「北海道開拓の村」に行って参りました。
54.2ヘクタールの広大な土地に、開拓時代に建てられた50を越す建築物を移築復元しています。
さすが北海道。スケールが大きいですよね。

P5270682.JPG
P5270672.JPG
村内を走る、馬車鉄道。
なんとも風情がありますね。
 
入口にある管理棟は、旧札幌停車場を復元したもの。
建築年代は‥
明治41年かぁ。
ふ~ん、ずいぶんモダンだな~。
 
P5270698.JPG
P5270713.JPG
市街地群に並ぶ建物は、個人の住宅だったり、庁舎だったり、商店や旅館、鉄工場、駅長官舎、派出所、お寺、学校と様々。
 
建物の中は、開拓当時の暮らしがしのばれる家具やら備品やらでいっぱい。

あまりのリアリティーに、なんだかタイムスリップしたような気分になってしまいました。
 

P5270769.JPG
P5270714.JPG
P5270719.JPG
 

 
P5270685.JPG
 
P5270789.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P5270724.JPG
P5270754.JPG
P5270745.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
P5270802.JPG
P5270800.JPG
 
左の写真は、旧浦河公会会堂の中の様子。
 
なんだい、ランプしか写ってないじゃない?
って声が聞こえてきそうですが、薄暗い会堂を照らす明かりはなんとも魅力的で、つい何枚も写真を撮ってしまいました。
 
LEDの時代とは違った、ランプやフィラメント‥惹かれちゃうなぁ~。
 
 
P5270807.JPG
P5270861.JPG
P5270852.JPG
ちなみに左端の写真が、会堂の中の様子です。
P5043725.JPG
P5270840.JPG
 
右側の写真は、旧青山家魚家住宅。(漁村群)
建築年代は、大正8年。
当時、小樽にあった住宅だそうです。それにしてもデカイ!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P5270845.JPG
P5270843.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1度に紹介しきれない広~い、広~い「北海道開拓の村」続きは次回にすることに致します‥。

2012年5月26日

タンポポの季節


P5178964.JPG
雪が解けて間もなく、顔を見せるフキノトウ。
いつの間にかグングン大きくなって、白い綿毛を飛ばしています。
 
ご近所さんに頂いたフキを 油揚げと煮て食べたのは、1週間くらい前だったかな‥。
シャキシャキとした食感がなんとも言えない、春のご馳走。

年をとるにつれて、どんどん山菜好きになっていくような気がするなぁ‥。


フキノトウが綿毛を飛ばし、フキが美味しいこの時期、北海道はタンポポの花盛りを迎えます。

P5178945.JPG
P5178954.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P5178955.JPG
庭や畑では厄介者のタンポポですが、一面に咲く満開のタンポポはなかなかのもの。
綺麗だなぁ‥と、見とれてしまいます。
 
広大でおおらかな北海道ならではの風景ですね~。

ベンチの上に置かれたタンポポや、木の枝にかけられたタンポポ。

市民に愛されるタンポポって感じが、なんとも心地いいですねぇ。
 
P5209296.JPG
P5209298.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P5209150.JPG
P5209089.JPG
切り株にかけられたタンポポの花冠を見て、遠い昔シロツメクサで作ったそれを思い出しました。

今もまだ花冠、作れるかなぁ‥。
さわらの冠、編んでみようかな ♪
 
風が若葉を揺らし、頬に当たる~。
あ~、気分爽快!
 
こんな日は、気ままにぶらぶら散歩するのが一番。

思いっきり息を吸って、生きていることの幸せを感じてみましょうよ~ ♪

P5209231.JPG
P5240220.JPG

2012年5月24日

もうすぐ6月

宿根草が育って、庭にも活気がでてきました。
プルモナリアは花の盛りを過ぎ、
クルマバソウや早咲きのフロックス、ブルーベリーが満開になりました。

P5219557.JPG
アカエゾマツの跡地にできた、小さな小さな休憩コーナー。
夕方前にここから眺める景色が、結構気に入っています。
P5239816.JPG
御存じでしたか?
逆光から見る植物って、とってもキレイなんですよ。
朝晩の柔らかな光がお勧めです。
P5219574.JPG
毎年思う事なんだけれど、クレマチスのツルの先端って
「バンザイ」をしている人に見えません?

これを見てると、なんだか元気になってくるんです。
いっちょやってみるか~!
P5239809.JPG
クルマバソウ、満開です ♪
P5239822.JPG
パチパチパチ‥
まるで拍手をしているかのような、サンギナリアの葉。
P5219505.JPG
ミヤママタタビの葉も、白くなってきました。
P5219470.JPG
ゲラニウム(ビオコボ)には、蕾がつきました。
P5239832.JPG
ひっそりと咲くアマドコロ
P5219498.JPG
ブルーベリーの花
わ~い、今年は豊作だ~!
P5250455.JPG
ポレモニュームの花が開きました。
なんとも言えない 優しい花色ですね~。
P5250466.JPG
鉢植えに蒔いたシャーレーポピーの種。
写真を撮った後で、間引きしてやりました。
P5250476.JPG
お隣の畑に咲くスズラン
P5250483.JPG
そしてこちらは、宿根ネメシア。

去年植えた苗が、なんと越冬してくれました。
よく見れば、小さな蕾もできています。
ニマニマ‥
P5250452.JPG
これは今年購入した苗。
P5250453.JPG
もうすぐ6月。
フウロソウには蕾がいっぱいです。

再び、ニマニマ‥


2012年5月21日

次は18年後

P5209078.JPG
P5209054.JPG 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は朝から金環日食の話題でもちきりですが、恵庭は午前中どんよりと曇っていて キレイな日食(部分日食)を見ることができませんでした。

専用メガネを買って、昨日からそれなりの準備もしていたんだけどなぁ‥。
そう。 実は私、昨日も早起きして 部分日食の下見に出かけておりました。
下見と言うと大げさですが、日食で欠けた木の葉の影をキレイに撮りたくて、適当な場所はないかと公園をうろついていた‥という次第でして‥。
(日食撮影用の減光フィルターは、私にとっては高価なものだったので諦めました。)

P5209067.JPG
P5209088.JPG
恵み野中央公園にはまだ桜の花が残っていて、びっくり。
 
池に散った桜の花びらが春の陽射しに照らされて、なんとも美しかった~♪
 
それはさておき、金環日食当日の今日。
天気予報に反して、恵庭は今にも雨が降り出しそうな曇天でした。
雲の切れ目から太陽が顔を出すといった気配もなく、日食グラスを手に取り溜息ひとつ。
はぁ~、ついてない‥。

ええい、いつまでも日食にこだわっていても仕方ない!
庭仕事やるぞぉ~。

P5219464.JPG
P5219451.JPG

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
気持ちを切り替え、あちらこちらに出始めた害虫をやっつけようと 殺虫剤の散布をすることにしました。
長袖に手袋、マスクに帽子。 とりゃ~あ!これでもか、これでもかぁ~!
シジュウカラの巣箱の近くは避けて‥っと。
そうそう、ミヤママタタビを忘れちゃいけないなぁ‥。

‥あれぇ!ちょっと待ってぇ。 ほら~、そこ。太陽が見えてるジャン!
ミヤママタタビの葉の向こうに見えたのは、ぼんやりと霞んではいるものの 紛れもない部分日食 ♪

うへぇ~、カメラ。カメラ~!
興奮して走り回るさわらを後にし、慌てて庭に飛び出す私。

え~と、とりあえず露出補正は-2くらいでいいよね。パシャ、パシャ、パシャ!
わぁ~、すご~。 まるで三日月みたい~♪
ほどよく雲のカーテンをまとった太陽は、フィルターなしでもなんとか撮影ができました。

これってもしかして、ラッキーだったってこと?
次の金環日食は、18年後とか‥。 よ~し、フィルター買って頑張って撮るぞぉ~!



おまけ

あ~ぁ、もうちょっと落ち着きのある飼い主なら良かったなぁ‥ 苦労するわ‥

P5199024.JPG
P5199016.JPG
P5199023.JPG



2012年5月19日

サンゴジュハムシの襲来

雨の降った日の翌朝は、ちょっと愉しみなんです。
だって‥

P5178462.JPG
アルケミラモリスの葉や
P5178445.JPG
ホスタの葉に、
こんなに可愛い 滴の縁取りが見られるんですも~ん ♪
P5178434.JPG
タイツリソウのハート型は、白くなってきました。
P5178455.JPG
ヒメウツギには、丸い小さな蕾がいっぱい!
P5198993-001.JPG
そして‥セイヨウカンボクには
生き生きとした若葉が ♪

‥のはずでしたが‥
P5199007.JPG
あ~、出てしまった。
宿敵サンゴジュハムシ!
P5199008.JPG
ほんの1日2日で、葉はひどい虫食い状態に‥トホホです。
P5198988.JPG
巣箱の設置場所、間違えたなぁ‥。

ともかく今は、シジュウカラのヒナの誕生を最優先にしなきゃいけないわけで‥。
セイヨウカンボクの害虫対策は巣立ちの後になっちゃう。

隣にあったアカエゾマツがなくなっちゃった分、
ボロボロのセイヨウカンボクって、目立つだろうなぁ‥。(大泣き)

う~、サンゴジュハムシの奴め!

2012年5月18日

イコロの森

P6262259.JPG
当サイトの北海道案内でも紹介している、苫小牧にあるイコロの森。

掲載している情報が以前のものと変わりました。

案内をできるだけ早く修正する予定ですが、ブログでも変更箇所をお知らせ致します。

緑豊かな美しいイコロの森。

ホワイトガーデンの花が咲き誇る頃、また訪ねてみたいなぁ~。




P6262283.JPG
P6262293.JPG










 


P6262396.JPG
P6262387.JPG

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
変更箇所

電話番号 0144-52-1562
期間 421日~1031
時間 9001700入園料 大人600円、小人・シニア(65歳以上)300     
団体500円(10名様以上)     年間パスポート1,000

グリーンセンターの名称がナーサリーに変更となり、自家生産や輸入物のバラや宿根草を中心となりました。ガーデニングショップはイコロハウスへと名称を変更し、地元作家の作品や雑貨などの販売を行っています。

2012年5月16日

かくれんぼ

どんなに上手にかくれても
とがったお耳が見えてるよ ♪

P5168415.JPG
ドキン!
P5168413.JPG
壁に隠れてそっと覗くと、首をかしげたさわらがこっちを見てる。

あんまり可愛いので 写真を撮ってやろうと思うのだけれど
レンズを向けると 大抵顔をそむけてしまう。

P5168414.JPG
う~ん、さわらを撮るの難しい‥。

P5168422.JPG
おまえ、カメラ嫌いなの?
まっ、ちょっと気持ち解るけどね‥。

雨が続いて外に出られないから、今日はさわらとかくれんぼ。
おまえが居てくれて 嬉しいよ ♪
 

2012年5月14日

草花がどんどん育って、庭の緑がいい感じになってきました ♪

手前に見えているネギみたいなのは、チャイブ。
ナヨナヨしている我が家のチャイブは、花をつけても
いつもお辞儀をしてしまいます。

日当たりが足りないのかもと、去年の秋に移植してみました。
さてさて、今年はどうなるか?
お願~い!シャッキとしてぇ~♪

P5148385.JPG
早朝のホスタ。
滴に映った風景は、見事な逆さまでした~。
P5148332.JPG
ジューンベリー。
背景が緑だと、なんだか新鮮!
P5148290.JPG
さて、私は誰でしょう?
答えは、さわらに聞いてね♪
P5148361.JPG
緑のドレスがお似合いの、ディセントラ(アメリカコマクサ/ハナケマンソウ) ♪
P5148399.JPG
カタクリの写真‥緑と関係ないけれど、綺麗に咲いていたからついでに掲載しちゃえ!
P5138163.JPG
こちらは、友人宅のクリスマスローズとスイセンのコンビネーション。
お洒落な取り合わせ~♪
P5066991.JPG
この素朴さ、いいね~!
P5067005.JPG
再び我が家の庭に戻って‥

セイヨウカンボクにも葉が出てきたんだけど、
取りつけた巣箱に どうやらシジュウカラが出入りしてるみたいなんですよね。

殺虫剤の噴霧はできないから、もしサンゴジュハムシが現れたらアウト!
あっという間にズタボロになっちゃう‥。

どうかどうか、虫さん出てこないでね‥。

P5118110.JPG


おまけ

P5138231-002.JPG
P5138208.JPG
P5138187.JPG

2012年5月11日

急がなくっちゃ!

 
今日の最低気温は3.1℃。朝から既に、風速6m/sの強い北風が吹いています。

P5107895.JPG
P5107964.JPG
この強風で、桜の花 みんな散っちゃううかな。

寂し‥。
 
花の咲き方はいろいろで、桜のように一気に開花して すぐに散ってしまうものもあれば、時間をかけて開花し 長く咲き続けるものもあります。

そう言えば誰だったか、「私は、寒風に耐えてぽつりぽつりと咲く梅の花が好きだ。」って言ってたっけ‥。なんとなくその気持ち、解るなぁ。
 
P5067027.JPG
P5118105.JPG 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P5056711.JPG
P5097710.JPG
 
 
我が家の庭に咲く草花もいろいろで、ついこの間芽を出したと思っていたヒトリシズカには、今は白い花がいっぱい。
 
美しい八重咲きのサンギナリアは、わずか数日花を咲かせただけでハラハラと散ってしまいました。
 
P5118098.JPG
P5118077.JPG
日々変化する庭。
 
ぼんやりしていると、せっかく咲いてくれたのに見逃してしまいそうです。

ほら、カメラを持って庭に急がなくっちゃ!
 
ミヤママタタビには、柔らかで美しい若葉が出てきました。
 
去年は食害でせっかくの葉が台無しになってしまったので、今年は殺虫剤を散布しようかと思案中です。
でも‥散布したら、殺虫剤が全部私に向かって落ちてきそう‥。
 
ヒューケラや斑入りイワミツバの葉は、元気い~っぱい♪ 健康優良児って感じですね~。

P5118045.JPG
P5067037.JPG
まるで小さなセロリのようだったタイツリソウ(ディセントラ)にも、ハート型をした小花がびっしりとつきました。

緑がかった花色が、純白になるのも間近かな~。

ホスタも、勢いよく葉が出てきました。葉の先端についた水滴‥いいですね~。

以前寄せ植えで使っていたユリ咲きチューリップの「楊貴妃」。
捨てるのがかわいそうで、庭の隅に植えていました。
鉢の中ではぎゅうぎゅう詰めだったので、花はそれほど期待していませんでしたが、今年はよく咲いてくれました。逞しいものですね~。

真ん中の写真は、ミヤママタタビの赤ちゃん。挿し木にしてつけたものが、無事越冬しました。
今北側の壁面を覆うように成長したミヤママタタビも、こうして育てたものなんですよ ♪

気になっていた隣家のブロック塀の前に、やっとアイアントレリスを設置できました。風が止んで気温が上がったら、サマースノー(クレマチス)を定植してやろうっと。

P5128132.JPG
P5128139.JPG
P5118054.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけ

P4286072.JPG
 

2012年5月 9日

白いエンゴサク

5月を迎えた恵庭公園は、エゾエンゴサクやニリンソウでいっぱいになります。

P5077211.JPG
P5077176.JPG
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P5077232.JPG
P5077197.JPG
青いエゾエンゴサクと白いニリンソウ。
まるで青と白の絨毯のようです。

時々見かける赤味の強いエゾエンゴサクが、この静かな色調にほんのりとした彩りを加えていました。
 
オオバナノエンレイソウも、ニリンソウに混じって純白の花を咲かせています。

P5077256.JPG
でも、白いエゾエンゴサク(左の写真)を見たのは初めて!
 
野鳥でも白いスズメとか白いマガンとかいて結構人気があるらしいけれど(アルビノ)、これもどうやら突然変異で色素が抜けてしまった白化個体のようです。
 
光合成色素を合成できないので、種の栄養を使いきった時点で枯死してしまうとか‥。

綺麗に咲くエゾエンゴサク、精一杯この春を愉しんで! 
  
 
 
※追加

植物のアルビノは葉緑素が合成できずに光合成組織が白化した個体で、多くは種子の養分を使い果たした時点で枯れてしまいます。
白花のエゾエンゴサクはこれとは違い、色素に関わる遺伝子の異常によって花弁に色がつかず白くなったもので、白化変種に属します。(Wikipedia 参考)

つまりこの白い花のエンゴサクは、種の養分を使いきっても枯れることなく生きることができるということ‥。
よく見れば、花色は白でも葉は緑だものね。

慣習的にこの類(白華変種)のものをアルビノと呼ぶこともあるらしく、アホな私は勘違いしてしまいました。
お騒がせして申し訳ありませんでした~。
 
P5087503.JPG
P5077303.JPG
大型連休も終わった今になって、ようやくここ恵庭でも桜が満開になりました。 

鳥は歌い、花は咲き乱れ‥

まさに春爛漫です。

さあ、今日も早寝して、早朝のイカルのさえずりを聞きに行こうかな‥。




2012年5月 7日

空きスペース


PA060082.JPG
去年の秋遅く、我が家のシンボルツリーだったアカエゾマツを2本抜きました。1本は庭の入口付近で、もう1本は庭の奥の隅。

巨木だったので、空きスペースはかなりの広さです。
さてさて、どうするか‥。
とりあえず、あまり手のかからないスペースにしたいなぁ。

奥は敷石を敷いて椅子を置いて、周りにはローメンテナンスの宿根草を植えよう。
隣家との目隠しも必要だから、背の高くなる植物がいいなぁ。
‥そうねぇ、キミキフーガなんかどうだろう。

鉢植えにしていたジューンベリーをコーナーに置いて、塀沿いにはアイアントレリスを設置して‥クレマチスのサマースノーを這わせよう!あれは強剪定ができるから、管理が楽だしね。

手前にあるカエデや柏葉アジサイの葉が茂ってくれば、椅子がほどよく隠れていい感じになりそう ♪

P5066964.JPG
P5066987.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もう1か所の空きスペースは、宿根草中心で行きましょう~。
中央にイトススキを持ってきて、周りはシックなセダムやホスタ、それにペンステモンとフウロソウで‥どうだぁ?

ボーダー花壇のラインは、ナチュラルに。整地して芝を張ってっと!
そうそう、歩く場所にレンガを入れなくっちゃ‥。

P5056610.JPG
P5056742.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
大雨の降った日に入荷した芝9ロール。
ずぶ濡れになりながら車に搬入し、その日のうちに張り終えました。

作業中、近所のちびっこと目が合うたびにちょっぴり恥ずかしかった私。
土砂降りのなか庭仕事をする人って、子供の目にはどう映るんだろう‥。




おまけ  避妊手術してきました‥

P5036555-001.JPG
P5036557-001.JPG


2012年5月 3日

5月になって

P5036484.JPG
P5036531.JPG
冬が終わったと思ったら、春を通り越して夏がやってきた‥。

そんな陽気がしばらく続いていましたが、それも昨日まで。

外は強い風です。

午後からは雨の予報です。

P5036422-001.JPG
P5036438.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雨の降り出す前に移植をすませて、写真を撮ってっと‥。

一気に上がった気温のせいか、草花の開花がいつもの年より1週間くらい早いような気がします。
クリスマスローズは既に満開だし、プルモナリアも紫の小花をたくさん咲かせています。

庭木にもたくさんの蕾がつきました。(左からブルーベリー、カエデ、メギ)

P5036508-001.JPG
P5036501.JPG
P5036532.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春の庭は生命力に溢れています。
真っ直ぐに伸びるヒトリシズカの力強さや、アスチルベの新芽の美しさ。
ブルンネラの小さな青い花や丸まったシダの若葉。見ているだけで力が湧いてきます。

P5036444.JPG
P5036486-001.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P5036503.JPG
P5036539.JPG

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雨が降り始めました。草花にとっては、恵みの雨になりそうです。


2012年5月 1日

エゾリスの子 その2

ウソみたいな話ですが、
夢中で写真を撮っていたら
いつの間にか子リスが2匹になっておりました。

うわぁ~、兄弟がいたんだぁ~!
と、慌てふためく私。

一方、遊びたい盛りの子リスは人間など眼中にないようで、
仲良く追いかけっこを始めました。

こっちだよ~♪
P4255744.JPG
待ってよぉ~
P4255742.JPG
ど~もです!
P4255374.JPG
何くわえてんの?
木くずぅ‥
P4255550.JPG
チュッ!
P4255302.JPG
チュッ!
P4255727.JPG
あっ、子リスがまた増えた!
P4255505.JPG
全員、左向け左!
P4255490.JPG
あれっ、クルミのいい匂いがするぅ‥
P4255392.JPG
いいなぁ‥ お願い、ちょうだぁい ♪
P4255413.JPG
頂戴よぉ! ダメ~!
P4255433.JPG
あっ‥
P4255444.JPG
‥‥
P4255452.JPG
小さな森で繰り広げられる、長閑な子リスの物語。
癒されました ♪