ホーム >

花咲か日記

2012年6月27日

オープンガーデン

花と暮らし展に合わせて庭を開放した2日間。
この間に庭にいらして下さった方から、「今年は庭の中に入れて良かったです。」
というようなお話を 何度か伺いました。
ここ数年は留守がちで、名前だけのオープンガーデンになってしまっていたことを改めて認識。
深く深く反省した私なのでした。

で‥思い切って今年は、しばらく 庭を開放してみようかと考えています。
とりあえず今日から10日間、6/27~7/6日までは庭の出入り自由です。
「 庭の中を見てみたいなぁ~。」と思っていらっしゃる方がありましたら、お気軽にお越しくださいませませ。

P6278191.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

P6278530.JPG
P6257393.JPG
現在の我が家の庭はこんな感じ。

スタンウェル・パーペチュアルは、色が褪せてハラハラと散り始めました。
入れ替わるように咲き始めたメアリーローズやマサコ。
 
こぼれ種から大きくなったジギタリスは、「お~!」見事な花を咲かせています。
チョンチョンに切ったアナベルにも、ちゃんと花の赤ちゃんができてきました。
目立たない場所でひっそりと咲いていた純白のアストランティア‥指でつついてみたくなっちゃう。 
 
P6257402.JPG
P6257404.JPG
P6257390.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

P6257414.JPG
P6257395.JPG
斑入りイワミツバには、レースフラワーに似た花がいっぱい咲いています。

道外からいらした方は口をそ揃えて、「こんなふうに花は咲かなくて‥。」と仰ります。
 
寒冷地向きの植物かもしれませんね。
アルバ系の代表格、「マダム アルディー」も、次々に開花。クォーター咲きにグリーンアイ‥いいですねぇ。

P6278602.JPG
左の写真は恵みの花マップ。
我が家の庭には花マークがついていますが、今年名前は載っていません。
 
「名前が載っていないから、今年はオープンガーデンをしていないのかと思った‥。」 そういうお話を時々耳にしますが、大丈夫!

ちゃんと庭は公開していますのでご安心ください。

ちなみに公開期間は、6月中旬から7月中旬。
庭の開放は、6月27日から7月6日まで。
(庭の様子を見て、もう少し延長するかもしれません。)


時間に追われる毎日で、お問い合わせやメールの見落としがポツポツと発覚しております。ご迷惑をおかけした皆様、まことに申し訳ありませんでした。




         おまけ    上見て、下見て、シェードガーデン見て‥
 
P6216696.JPG
P6237234.JPG
P6257435.JPG

  
 
 
 
 

 
 
 
 


2012年6月23日

恵庭・花とくらし展

P6237118.JPGP6237116.JPG
寒いですね。
 
6月も半ばを過ぎたと言うのに、この寒さは何なんでしょうね。
 
今日恵庭では、毎年恒例の「花とくらし展」が開催されていました。


P6216831.JPG
午前中は時折り霧雨の降るあいにくのお天気でしたが、午後になって回復。

大雨の1日にならずにすんで、ホッとしています。
「花とくらし展」は、明日も開催されます。
開催場所は、道と川の駅「花ロード恵庭」と恵庭市保険センター。
 
アレンジフラワーや押し花などの各種講習会や、ステージイベント、花くらガーデンツアーなど盛りだくさんのイベントが計画されているようですよ。

P6216796.JPG
P6216767.JPG
我が家の庭はまだまだ寂しい庭。

見頃は、あと2週間といったところでしょうか。

それでもバラがポツポツと咲き始めました。


スタンウェルパーペチュアルに、ロサグラウカ、今日になってノイバラも ちらほら。
大した庭ではありませんが、明日24日は庭を開放しようかと考えています。
興味のある方は、気軽にお越しください。

P6237240.JPG
P6237238.JPG
庭を見にいらして下さった方を 目で追うさわら。

お客様が移動するのに合わせて、あちこち走り出したのには笑ってしまいました。

いい運動になるね~。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
P2212560.JPG
さて、左の写真は 3Dのレーザークリスタル。
ニュージーランド、テイマル市の市長さんから頂いた、大切な記念品です。

我が家では数年前から、庭の入口近くの椅子に サイトのURLを印刷した紙を置いています。

紙が飛ばないように 例の記念品をペーパーウェイトととして使っていましたが、なんと‥今日‥跡形もなく消えていました。

うぅ‥ショック‥。

今まで外に置いていて無くなったものは、何ひとつありませんでした。明日からは、石っころを重しにするかな。 寂しいな‥。

2012年6月19日

台風の前に

いつの間にか6月も中旬。バラの蕾が膨らみ、北海道にも いよいよ本格的なガーデニングシーズンがやって来ました。
この時期の庭には、ほどよく成長した植物の美しさのようなものがありますよね。
形よくまとまった草花の姿、清々しいな~ ♪
 
P6196611.JPG
P6196645.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P6196641.JPG
P6196661.JPG
左) 白い花は、斑入りイワミツバ。
紫色のペンステモンとの相性、結構いいですね。

右) さて、椅子の周りはどんなあんばいかな?


草花が順調に育って‥うん、大丈夫そう。

P6186239.JPG
P6134110.JPG
左) フタマタイチゲ。
何時見ても可憐な花だなぁ。
でも油断大敵!

ちょっと気を抜くと、そこいらじゅうフタマタイチゲだらけになっちゃう‥。


右上) 早朝見たアルケミラ、黄緑色の花がキレイでした。 リグラリアもいい仕事してますね~。

P6196637.JPG
P6196663.JPG
バラの先陣を切って咲いたのは、やっぱり今年もスタンウエェルパーペチュアル。
 
リビングの窓越しにも見えるっていうのが、ちょっと贅沢気分なんですよね。


P6186240.JPG
P6113652.JPG
左) オダマキは今が最盛期かな‥。

右) アストランティアも、どんどん開花が進んでる。 
白、ピンク、そしてシックな濃い赤、どれも好きだな。
 
P6196683.JPG
P6196613.JPG
さて、ローメンテの庭を目指して ひたすら物欲に耐え、鉢植えを減らしてきた私。

でも 今日ホームセンターで元気いっぱいのゼラニュームとアイビーを見つけ、ついに負けてしまいました。

こりゃあどう考えても、神戸異人館で見た「寄せ植え」の影響ですね。
 
鉢が深いので草花は直接植えず、プラスティックのスリット鉢を利用しました。アイビーが育てば、スリット鉢は隠れてしまうはず。

問題は日当たり‥。玄関に置きたいけど、ちょっと難あり。どうしようかな‥。

な~んて呑気なことを言っている場合じゃない。そう、ホームセンターに行ったのは、台風対策に使う支柱を買うため。
せっかく形よく育った草花が、倒れたり 潰れたり 折れ曲がったりしないようにしてやんなきゃ!
さあ、働くぞ~!


おまけ

台風の勢力は衰え、もうすぐ温帯低気圧に変わるとのこと。
北海道はさして影響が出ないですみそうです。でも、本州では亡くなった方も出たとか‥。
台風で被害に遭われた方に 心からお見舞い申し上げます。

2012年6月17日

張り込み 2日目

張り込み2日目。この日も、夜明けと同時(朝4時)に観察を開始しました。
シジュウカラの親は、盛んにヒナに餌を運んでいます。よしよし、順調のようだな‥。
三脚にカメラを固定し、コーヒーを入れて長期戦に備えます。

3時間ほど経って、その時は突然訪れました。

P6155924.JPG
P6155955.JPG
巣穴から身を乗り出すヒナは、辺りをキョロキョロ。
 
巣立つか‥と思うとまた穴に引っこみます。
 
どうした?
今ならカラスもモズも居ないよ。

さあ、出ておいで! 
 
と言うは易く行うは難し‥。

 
P6155987.JPG
P6155995.JPG
勇気を振り絞って外の世界に、え~い! お~、ついに巣立った!

不器用だけれど、ちゃんと枝にとまることもできました。
 
親鳥に見守られる中、2羽、3羽と次々にヒナが巣立って行きます。
 
庭のノイバラの茂みやシャラの木の枝から、ヒナの鳴き声が聞こえてきます。
 
親鳥は、大きな声で鳴いています。
 
P6144991.JPG
P6155912.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P6156042.JPG
P6156076.JPG
左端のヒナは、4番目の子。

巣穴から様子を窺っていますが、なかなか飛び立ちません。
この子は時間がかかるかもしれない‥。
それではと、外に出て 先に巣立ったヒナの写真を撮らせてもらうことにしました。

‥が‥小さなヒナはチョロチョロと飛び回り、茂った葉陰に隠れて上手く撮ることができません。

庭をこそこそと歩いていると‥裏手の方でなにやら小鳥の騒ぐ声がしてきます。
何?何?どうした?

慌ててそちらに向かうと、薄茶色のトラ猫が庭をのそのそと歩き、上空をカラスが鳴きながら飛んでいます。
え~! 不吉すぎる~!!(汗)

騒いでいたのはスズメの集団と分かったものの 不安でいっぱいになった私は居ても立ってもいられず、急いで元の場所に戻りました。

電線にとまったシジュウカラの親鳥は、落ち着きなく大きな声で鳴いており、ヒナの姿は何処に行ったか探せません。巣箱から顔を覗かせていた子も、見当たりません。
なんてこった!
一気に疲れが出た私は超マイナス思考に陥り、ヒナが全滅したのではないかという妄想にとりつかれてしまいました。(‥おぉ、病んでますねぇ‥)

でも、皆様ご安心ください。この後しばらくして、巣立ったヒナは巣箱近くの枝にとまり無事な姿を見せてくれました。(右上の写真)

そして、巣箱の中からはヒナの鳴き声も ♪ 
親鳥は巣立ったヒナを見守りつつ、巣箱のヒナにも懸命に餌を運んでいます。
すごいですね~、シジュウカラって!私には到底真似できないなぁ‥。

巣箱に残ったヒナの巣立ちは いつになるか分からないぞ‥と判断し、疲れがピークに来ていた私は一旦その場を離れました。

夕方 巣箱周辺に動きが皆無なのを確認しそっと中を覗いてみたら、孵化しなかった卵が2個残されていました。もちろん、ヒナの姿はもうありませんでした。
きっと親鳥に導かれ、他の兄弟達と一緒に外の世界を満喫しているのでしょう。 ええ、きっと‥!

これが私の2日間にわたる張り込みの全てです。
だらだたと続く長い話に、最後までお付き合いくださって、ありがとうございました!


おまけ   巣立って1週間のエゾフクロウのヒナです。

P6134218.JPG
P6134855.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
詳しくは、こちらでどうぞ~ ↓


2012年6月15日

張り込み 1日目

昨日は 早朝4時から日没前の午後7時近くまで自宅のリビングにこもり、張り込みをしておりました。
と言っても、探偵になったわけではありません。
庭の巣箱に営巣したシジュウカラの巣立ちを観察していたのです。

P6145309.JPG
P6145378.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
巣材運び、抱卵、ヒナの誕生と見守ってきましたが、いよいよ巣立ちの日が近づいてきたようなのです。
張り込みは今日で2日目。昨日はハラハラドキドキの展開がありました。

P6156080.JPG
巣立ちの時に危険な天敵は「カラスとへビ」。
この辺りでヘビを見かけることはないので、カラスが来たら追っ払ってやろう‥とは思っていたのですが‥。

観察を始めて3時間ほど経った頃、なんと巣の近くにモズがやって来たのです。我が家の庭でモズを見るのは初めて。

まさか巣立ち間近のヒナをおまえが狙うってことは、ない‥よね?
一抹の不安を抱えながらファインダーを覗いていると‥

なんとモズは巣箱の穴に頭を入れ、中に入って行こうとしています。

「ひえ~!」 悲鳴を上げながらモズに向かって猛ダッシュ!(窓越しですけれど)
モズって小鳥のヒナも襲うんですね。 危機一髪のところでヒナは命拾いをしたのでした。
(写真のモズは別の場所で撮ったものです)

それからはモズの襲撃を阻止するために、ひたすら張り込みを続けることとなった私。
‥3時間が経過‥
ヒナが巣立つ様子はなし。モズもやって来ないね。
よ~し、ここからでも巣はよく見えるから 料理でもするかな ♪
ダイニングキッチンでハンバーグをこね始めた途端 

‥うわぁ~、また モズがやって来たぁ~!
肉まみれのドロドロの手で、思いっきり窓ガラスをドン! なんてタイミングでやって来るんだろう。とほほ。

P6145128.JPG
P6145658.JPG
親鳥はモズの存在に気づいていない様子。

実害のないスズメや窓越しの「さわら」を見つけると、怒って威嚇してきます。

ねえ、ホントの敵は別に居るんだよ。

P6145607.JPG
P6145626.JPG
観察を始めて11時間が経過した、午後3時。

とうとう、巣箱の穴から顔を出す ヒナの姿が見えました。

ぽやぽやのヒナ。
可愛い。

何度も何度も餌を運び、糞の始末をした甲斐があったね。

おめでと~!おめでと~!

P6145547.JPG
親鳥は餌を使って時おり巣立ちを促し、ヒナは何度か巣穴に足をかけ身を乗り出すそぶりを見せましたが、結局この日巣立つことはありませんでした。
外の世界に飛び出す勇気は、きっと大変なものなのでしょう。

こうして、張り込みは翌日へと持ち越されることとなったのでした。

  続く‥



おまけ

空を泳ぐクレマチスと、叱られていじける猫(シジュウカラなんて‥嫌いだ‥)

P6145463.JPG
P6145074.JPG


2012年6月12日

家族旅行+α その3 うろこの家

国の有形文化財になっている「異人館うろこの家」。文化庁の看板には、旧ハリアー邸と表記されていました。
元々は外国人向けの高級借家として建てられたものだそうで、それが明治後期に現在の場所に移築され異人館として公開されるようになったとか。

天然石で覆われた外壁は、まるで魚のうろこのようです。なるほど‥「うろこの家」、納得です。

P6032196.JPG
P6032327.JPG
隣接された「うろこ美術館」には、たくさんの絵画が展示されていていました。

後でユトリロの作品も展示してあったと知り、びっくり! 

時間に ゆとりろ があれば、じっくり観ることができたのに‥残念です。えへ。


美術館の入口付近に置かれた彫像。これがまた印象的でした。
建物との調和、周りに植えてある植物とのバランス、これが絶妙でして。樹木の緑と、そばに植えられたユーフォルビアの洗練された美しさ。いいですね~。
でも1番感心したのは、「どの方向から見ても彫像が美しく見えるように計算されている」ということ。
庭づくりのお手本にしたいですよね ♪
 
P6032211.JPG
P6032214.JPG
P6032219.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さて「うろこの家」の中に入って、これまたびっくり!
アンティークな高級家具や調度品がズラ~ッと並んでいて、もうため息の連続でした。
パシャパシャ写真を撮ってきましたので、よろしければご覧ください。

P6032256.JPG
P6032245.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オールドティファニーやエミール・ガレの照明。
ふぅ~、美しい~。
 
 
P6032288.JPG
P6032261.JPG
P6032306.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
続いて、欧州の陶磁器の一部を‥。
館内には、マイセン、ロイヤルコペンハーゲン、ペインテッド・フルーツと、豪華な陶磁器がズラ~っと並んでおりました。

P6032248.JPG
P6032249.JPG
P6032251.JPG 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左下の象牙細工の丸テーブルは1850年頃につくられたティーテーブルで、英国製。
イギリスの貴族は、こんな豪華なテーブルでお茶してたたんだなぁ‥。
ちなみに日本は、この頃江戸時代。黒船の来航が1953年というから、う~ん‥唸ってしまいます。

それでもって右下のドラゴンは、「王家の橇(そり)」‥の一部です。
レンズが大きすぎて橇の全体を撮ることができませんでした。
1750年頃に作られたもので、デンマーク王室で使われていたのだそうです。

P6032300.JPG
P6032312.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3階の展望室からの眺めた神戸の街並みに、震災の傷跡は見当たりませんでした。

P6032227.JPG
P6032314.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1泊2日の小旅行。
駆け足で忙しかったけれど、久しぶりの子供達との再会は嬉しかった~。

ヒゲ君も一緒だったらなぁ‥。おっといけない。ヒゲ君の分も、愉しく! だったね ♪

M&U1 それからPi ちゃん、どうもありがと~!


     おまけ

P5239802.JPG
さわら、ただいま~♪

2012年6月10日

家族旅行+α その2

さてさて、今回は先日の小旅行のお話の続きを‥。

旅の2日目は、「+α」としていた所用のため中国道を通って場所移動。
1時間半ほどで目的地に着き、「+α」としていた要件を(ホントはこっちの方が大切な旅の目的だったのだけれど)つつがなく終えホッ‥。

息子とはそこで別れ、これから先は娘と2人旅となりました。
帰りの飛行機は、お互い関空からの最終便で時間に余裕があったので、三ノ宮駅で降りて異人館めぐりをすることにしました。

P6032170.JPG
P6032172.JPG
P6032360.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
P6032177.JPG
P6032158.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
と言ってもあちらこちらの建物ををゆっくりと覗いていくほどの時間はなく、殆どは外観を愉しむだけ‥。
 

P6032345.JPG
P6032339.JPGそれでも異国情緒たっぷりのお洒落な雰囲気を味わえ、大満足でした ♪
 
ゼラニウムとアイビー‥。

白い壁によく似合います。



P6032405.JPG
P6032401.JPGインパチェンスとリシマキアやペチュニアのハンギング。
 
いいですね~。
とってもキレイ ♪
 

植物って、周りの建物や風景で見え方が違ってきますよね。
 
トータルで考える庭づくり。これって結構、大切なポイントかもしれないなぁ~。

P6032391.JPG
P6032398.JPG
途中で、大道芸をちょっぴり見学しました ♪

階段に腰かけ、のんびりと過ごす時間。

観ている人の顔を見ると、み~んな子供のような笑顔です!

なんだか、とっても幸せな気分になりました。


唯一建物の中まで見学した、うろこ城。これについては、次回改めて紹介することにしたいと思います。

P6032192.JPG
P6032205.JPG 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2012年6月 7日

虫刺され

旅行記はちょっとお休みして、
今回は庭の写真紹介することにしました。

冬の間雪の中に埋もれていた宿根草は、みんな元気いっぱい!
すくすくと育ち、もうすぐ花が開きそうです。

P6062559.JPG
ラムズイヤーは ご覧の通り
P6062563.JPG
アルケミラも花茎が伸びて‥
黄緑色の小さなお花が咲き始めました。
P6062560.JPG
アルケミラには雨が似合いますよね!
P6072620.JPG
早咲きのゲラニウム(ヒマライエンセ)は、今ちょうど満開です。
毎年犬走りの砂利の中で、健気に花を咲かせてくれます。
P6062546.JPG
アカエゾマツの跡地に、ごっそりと移植した超大株のビオコボ。

上手く花を咲かせてくれるか心配でしたが、
どうやら大丈夫みたい ♪  ひゃっほ~!
P6062543.JPG
写真写りのよいアストランティア
P6062577.JPG
オダマキも、しっかりと花が開いてきました~
P6062571.JPG
隣の畑に咲くルピナス
P6072632.JPG
アムソニアは、開花まであと1歩です!
P6062547.JPG
ミヤママタタビの葉、今がとてもキレイです。
小さな白い花が ポツポツと咲き始めました。
P6072638.JPG
トガリヒメバチの仲間
P6062549.JPG
庭仕事中、襟元から侵入したと思われる虫に、3か所ほど刺されました。
数日腫れて硬くなっていましたが、自然に治ったので
まぁ良かったのですが‥

先日の旅行でも、起きたら顔に虫刺されの跡が2か所ありました。
どうも虫に好かれる体質のようです。

そろそろ備えないといけないかなぁ‥
いや~、絶対備えないといけないでしょう。

虫め~、シジュウカラの餌にしちゃうぞ~!

2012年6月 5日

家族旅行+α その1

P6021918.JPG
P5301372.JPG今月2日、3日と小旅行をして参りました。

初めて1人だけで、本格的なお留守番することになったさわら。

大丈夫、1泊だけだから。

トイレは2つ用意しておくし、ご飯はちゃんと4回分置いておくからね。
いい子にしてるんだよ。 よしよし、じゃあ行って来るね。

目的地は息子の住む兵庫県。 さあ、いざ往かん神戸へ!

飛行機は予定より早く神戸空港に到着し、羽田からやって来た娘とほどなく合流。
しばらくして息子が車で迎えに来てくれ、久々に親子3人が揃いました。
よし、じゃあ有馬へ行きますか!

P6021977.JPG
P6022067.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P6022002.JPG
P6022050.JPG
で‥こちらの写真は、お土産屋さんの並ぶ有馬温泉街。

傾斜のある細い路地に、人と車がごった返していました。

キレイなとんぼ玉やほかほかの温泉まんじゅう。う~、美味しそうだね~。

P6021991.JPG
P6022069.JPG
左端の写真は、「有馬籠くつわ」

温泉街で唯一、製造販売を行っているお店だそうです。

ちょうど店内では、籠作りの実演が行われていました。
 
右上の写真は、お馴染み「炭酸煎餅」屋さん。私は抹茶クリームをサンドしたのが好きだな~。
 
P6022048.JPG
P6022072.JPG
この日は湿度の高い、ムシムシとした暑い日でした。
 
娘と息子は、ビールを飲みながらブラブラ‥。
 
私もせめて、「有馬サイダー」でも飲めば良かったかな。

 
ねね橋付近でちょっと休憩した後、娘が予約してくれていた旅館へと移動。
ふ~ん、ずいぶん立派だね~。
 
P6022085.JPG
P6021973.JPG
旅館の裏手には渓流があって、仲居さんのお話によると 夏になると蛍が飛ぶのだとか。

風流だね~。

春の桜の時期、秋の紅葉の時期の美しさは格別だとのこと。
でも、今の時期でも十分に美しいと思いました。
 
3人揃って旅行したのは、久しぶり。 前に出かけたのは、確か夫が亡くなった次の年の春だったから‥あれからもう4年も経つんだなぁ。

P6022081.JPG
P6022099.JPG
4年の間にいろいろあったけれど、なんとか乗り切ってきた‥。

ヒゲ君、みんな元気にしているよ。安心してね。

 


P6022112.JPG
P6022122.JPG
P6022110.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 

次から次へと運ばれてくるお料理はどれもホントに美味しかったけれど、中でも先付けの「かに水晶羹」と「神戸牛銀泉鍋」なるものは絶品でした。
 
献立に興味のある方は、写真の上にカーソルを合わせクリックすると 大きく見えますよ~!

旅館の行き届いたサービスと貸切の檜風呂と最高に美味しいお料理に満足し、この日は眠りにつきました。
 
P6032134.JPG
P6032140.JPG
こちらの写真は翌日の朝のお食事。

え~、こんなに~?!

と思っていたのに、ペロッとたいらげてしまいました。
さわらは元気にしてるかなぁ‥


旅行2日目は、「+α」 (今は内緒)と「異人館めぐり」を致しました。その時のお話は、次回にすることと致しましょう~。

2012年6月 1日

6月になった!

6月に入り、庭に咲く花が少しずつ増えてきました。

清純派のポレモニュームは、満開 です。
P5260567.JPG
ゲラニウム(ケンブリッジ)は、開花間近 ♪
P5301346.JPG
今が見ごろのライラック
P5260542.JPG
何故か去年は全く花が咲かなかったアムソニア。
よかった‥蕾がついてる~。
P6011787.JPG
早咲きのゲラニウム(ロザンネイ)
数日前からポツリポツリと咲き始めました。
P6011790.JPG
チゴユリ‥大好きな花です。
今年は黒い実ができるといいなぁ~。
P6011801-001.JPG
バラにも、やっと小さな蕾が見えるようになりました。
P5301335.JPG
オダマキ(ブラックバロー)は、完全な開花まであと1歩。
P6011819-001.JPG
ミヤママタタビの葉に、いよいよピンク色が出てきました!
P6011829.JPG
タイツリソウは、まだまだ咲き続けています。
P6011815-001.JPG
イチイ(オンコ)には新芽がいっぱいです。
そろそろ刈込まなきゃなぁ‥。
P6011834.JPG
早い時期に購入したペチュニア(黒花)‥まだ部屋で待機中です。
わき芽からまた蕾が出て来ました。
P5301374.JPG
明日あたりからお天気も安定し、暖かくなるとか‥。
そろそろ寒さとお別れしたいものですね。


おまけ

最近、庭遊びが楽しくなって‥
P5260644.JPG
早くお外に行こうよぉ~と
P5301314.JPG
無言の圧力をかけてきます。
P5301318.JPG