ホーム >

花咲か日記

2012年9月29日

いつの間にか

いつの間にか吹く風が冷たくなって、あんなに暑かった夏の日が
遠い昔のことのように思えます。

気の早い葉は、色とりどりに色づき始め‥
P9238152.JPG
P9279689.JPG
木の実(マユミ)が、ふっくらとしてきました。
P9238307.JPG
激しい雨の降った翌朝、真っ暗な空に無数の星々がくっきりと見えました。
こんなにたくさんの星‥。

きっと雨が塵を洗い流したんだなぁ。

P9258317.JPG
葦の向こうに‥
P9279756.JPG
エノコログサの向こうに沈む太陽は‥
P9279742.JPG
いつの間にか秋のそれになっていました。


おまけ

P9207310.JPG
みなさん、台風に気を付けてくだしゃい。

2012年9月19日

夏バテ

記録的な残暑に見舞われている北海道。慣れない暑さのせいで体調をくずす方が少ないないと聞きます。
実は私もその1人で、夏バテのせいか風邪がなかなか治りきりません。
で、しばらく庭仕事やブログの更新をお休みしていました。

雨と高い気温のせいか、植物の成長の早いこと、早いこと。芝はグングン成長し、伸びすぎた庭木が庭のまとまりを乱しています。雑草も目につきます。

暑さで傷んだ斑入りイワミツバや調子の悪いクレマチスの枝。放置できないな‥。

不調だったセイヨウカンボク。 アカエゾマツを抜いて日当たりが良くなったので、きっと枝ぶりも改善するだろうと思っていたのだけれど、全然ダメ。なんだか、葉まで縮れて見える。病気かな‥。

ノイバラが覆いかぶさったライラックは、とうとう枯れこんできました。

P8131126.JPG
北側の通路は蜘蛛の巣だらけ。
まぁ酷い有様です。
こりゃあ、何とかしなくっちゃ。

ずんずん歩きながら片手を振り回し、巣を払っていたら‥。

あれっ、腕がチクチクする‥。
いや~な予感。

慌てて玄関まで走り シャツを脱ぎ捨てたら袖口から蜘蛛がスーッ。  うげぇ~。

でもこんな事で怯んでいられない。そうだ。今日は、月に1度の粗大ごみの日。
よ~し、思い切って庭木の剪定をやっちゃいますか。

剪定鋏でチョッキン、チョッキン!鋸で幹や枝を、ギコギコ!
ひぇ~、しまった! 
左手の人差し指の付け根あたりから、薄っすらと血が‥。
大したことはなさそうだな。厚手の手袋をしていてよかった。

作業中の気温は26℃前後でしたが、湿気はムンムン。
吹き出した汗が目にしみてヒリヒリします。2時間ほどかけて剪定と片づけを終えたときには、体中が汗でべとべとでした。

今日はこれで終わりにしよう。無理はしない。 そう、体調が悪い時って失敗も多いんです!

一昨日だったかな‥。
車の後部ドアの近くに置いた買い物袋が ドアを開けた途端に落ちてきて、中にあった卵はぐちゃぐちゃ。(涙)

冷蔵庫の奥から物を取り出すときに手前の鯖の味噌煮が床に落ちてきて、冷蔵庫内と床と私の服に味噌が飛び散り、私は絶望~。

そうそう。ガソリンスタンドに軽油を入れに行くのに、道を間違えてグルグル回ったりもしたっけ‥。
普段からポンコツな私は、夏バテと夏風邪で天然記念物級の超ポンコツへとグレードアップ(?)したのでした。

明日から 秋めいてくるという噂です。今度こそ本物かなぁ‥。
疲れた体を労わりながら、皆で この残暑を乗り切りましょう~。

2012年9月10日

秋雨

雨が続いています。
昨日の夜の降りは激しくて、ちょっと怖いくらいでした。

今日の最高気温は22度台。
家の中の湿度は、午後4時30分現在で60%。
窓を閉め切っていても、快適です。

P9076022.JPG
小雨になったとき庭に出て、散りかけたバラの花を切りました。

さすがに外は湿度が高かったけれど
作業をしても、もう汗ばむことはありません。

雨で濡れたホスタは、いつ見てもキレイ。
P8069436.JPG
あっ、やられた!

蚊が出てきたので、慌てて退散です。
こんなに涼しくなったっていうのに‥蚊は頑張りますね‥。


ただいま~。
あら、さわら。 こんな所にいたの?
P7010617.JPG
温水器の上、暑くない?
P7010613.JPG
ほら、こっちにおいで。
P7010616.JPG
いやです。
P7010629.JPG
はぁ~ん。
時々洗濯物が落ちていたのは、おまえの仕業だったんだ‥。
P7010635.JPG
北海道は、明日も雨。
明後日には、洗濯物をベランダに干せるといいな‥。

2012年9月 6日

秋の匂いがする

ふわふわとしたやわらかな葉の上に、ちょこんと顔を出したコスモスの花。風に身を任せ、ゆ~らゆら。
細く頼りなげな茎なのに折れないでいるのは、風に抗わずにいるからなのでしょうか。

残暑と呼ぶには暑すぎる夏もそろそろ終わりにさしかかったのか、このところ部屋に入ってくる風がひんやりとしてきました。

P8243105.JPG
P8243442.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 




庭のバラの花が、心なしか濃く見えます。秋色のバラです。

P9066011.JPG
P9024461.JPG(左)ジョン クレア


(右)ブラザー
    カドフィール
 
 
 
 
 
P9024482.JPG
P9066007.JPG
(左)グラミス
    キャッスル

 
(右)ブラッシュ
    ノアゼット

 
 

(左下)セダム  オータムジョイ        (右下)アナファイス トリプリネルウィス
   Sedum spectabile 'Autum Joy'           Anaphalis triplinervis
   ベンケイソウ科 マンネングサ属           キク科 ヤマハハコ属
P9024469.JPG
P9066017.JPG
いよいよオータムジョイの開花が始まりました。

蕾が出来始めた頃、蜘蛛の巣のような糸が葉や蕾のあちこちを覆っているのを見つけました。

あっ、まずい!
またやってしまったぁ。

案の定、糸の中には害虫がうじゃうじゃ‥。 ひぇ~、気持ち悪い~。
慌ててオルトラン水和液を シュッシュッシュッ!今年はもう花が咲かないかもしれないと心配しましたが、見事復活。セダム、強い子だなぁ。

殺虫剤を使うときは、いつも心が痛みます。見つかったと分かった虫はじっとして死んだ真似をしたり、糸を出して逃げたり、丸くなったり、みんな必死です。
それを見ちゃうと、すぐには手が出せなくなってしまいます。
「生きるために食べる」というのなら、あまり心が痛まないんですけれどね。

P9024505.JPG
P9024484.JPG
バッタ類は行動範囲も広く食欲も旺盛。

ホントは庭に来ないで欲しいのだけれど、こうして見るとけっこうかわいいですね。
 


アゲハチョウの幼虫は、毎年ブルーリーフルーにやって来ます。
 
今年は幼虫が現れず ルーはすくすくと育っていたのだけれど、ここに来てやられちゃいました。
あっという間に茎だけです。
それでもなんとなく補殺できなくて 見逃してやることにしたら‥予想通り何処かへ移動。
そりゃそうですよね。食べる葉がなくなっちゃえば、別の場所へ移るのは当然です。
でも決めたんです。例え葉が穴だらけになろうとも、このアゲハ達だけは大空に羽ばたかせてやろうって。
ただ、残り少ない夏。無事に羽化できるかどうかは疑問ですけれど‥。

P9024550.JPG
P9024551.JPG
涼しい日を選んで、さわらを庭に出してやりました。

至近距離で小さな虫を見つめる さわら。
 
あっ、ビビってる。


P9024579.JPG
かっこ悪いぞ、さわら~。
 

気持ちのよい風が、通り抜けて行きます。

なんだか、秋の匂いがするね。

おまえもそう思うでしょ?