ホーム >

花咲か日記

2012年10月30日

晩秋

自宅そばの銀杏が、はらはらと葉を落とし始めました。
公園近くの歩道の脇には、強風で吹き飛ばされた落ち葉が溜まっています。
紅葉の見頃も過ぎ、いよいよ秋は終盤。

撮りためた秋の風景‥
冬になってしまう前に掲載しなくっちゃ。(汗)

あちらこちらで見つけた「秋」、ご覧くださいね。

国史跡 旧島松駅逓所(北広島)
PA263827.JPG
御膳水の井戸
PA263800.JPG
PA263808.JPG
PA263783.JPG
PA263411.JPG
ヒガラ
PA263292.JPG
銀杏
PA263356.JPG
ナナカマド
PA294023.JPG
ペンステモン ハスカレッド
PA294021.JPG
アスクレピアス(トウワタ)
PA294019.JPG
ギボウシ
PA304183.JPG
円山公園(上の池)
PA263658.JPG



2012年10月26日

冬支度の合間

今年の夏は暑くて、紅葉も例年より遅れました。
冬の訪れも遅くなるのでしょうか。

いつもより少し早めに始めた冬支度。
残った作業もあとわずかになりました。

カエデ
PA243068-001.JPG
作業の合間の休憩タイム。
熱いコーヒーを入れて、庭を眺めながらまったり。
‥のつもりだったけれど、ひっつき虫のさわらが許してくれません。

あっ、お帰りなさい。
とりあえず、お水出してください。
PA243050-001.JPG
ほらほら おまさ、こっちに来て。
PA243054-001.JPG
今度はこっち。
一緒に日向ぼっこしましょ。
PA243079.JPG
猫と戯れる休憩タイム。
それはそれで癒されるんだけど‥
なんだか体の疲れがとれないよなぁ。

さあ、冬支度の作業再開です。
大きな三脚の上で、ノイバラの伸びすぎた枝をチョッキンキン!
切った枝の山は、整理して粗大ごみに。
PA243062.JPG
黄色く色づいたランブラーは、サンダース ホワイト。
寝かせやすい枝だけ3本横に倒し、残りは壁にそのままにしました。
ちょっと手抜きです。
PA253162.JPG
ふぅ~、疲れた~。
ひと休み。
ただいま、さわら。

おまさ、チッチがいます!
PA243109-001.JPG
どこ?
ほら、そこ!
PA243090-001.JPG
あら~、ゴジュウカラだね。
PA263207.JPG
シジュウカラもいる。
PA263195.JPG
春と夏には お休みしていたバードフィーダー。
秋になってまた ヒマワリの種を置くようになりました。

集まって来るのは、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ヤマガラです。
ゴジュウカラは、1度に2つ種を咥えて飛んで行きます。
持って行ったヒマワリの種をすぐには食べないで、あちらこちらの隅に押し込んで隠すんです。
ヤマガラも同じようなことをしますが、シジュウカラでは見たことがありません。

虫のいなくなる季節、植物の実や種は貴重な餌です。
ヒマワリの種、いっぱいあるから遠慮なく食べてね。

さわら~、チッチかわいいね~。
PA243047.JPG
昨日庭で作業中、アカゲラがやって来ました。
PA273885.JPG
冬囲いの竹にとまって
PA273934.JPG
中に虫がいないか、竹の中を一生懸命に覗き込んでいました。
えっ、そんな所に虫がいるの?
PA273923.JPG
冬支度の作業の合間も、愉しみがいっぱいです。

明日しばらくお天気が悪くなるとか。
久しぶりに家の掃除、真面目にやろうかな‥。



2012年10月24日

冬支度

一雨ごとに寒さが厳しくなります。昨日降った激しい雨と風で、通りに面したシャラの上半分がすっかり散ってしまいました。いよいよ秋も終盤ですね。そう言えば、昨日初めてユキムシを見ました。

PA223010.JPG
PA233025.JPG
ブルーベリーの葉も真っ赤です。

そろそろ本格的に冬囲いをやんなきゃ‥。

ええと、縄はあるし竹も大丈夫。
厚着して、帽子を被って、マスクをつけて‥。

ん?何だこりゃ。どう見ても銀行強盗だぞ‥。 まっ、いいか。


 
PA223014.JPG
PA233023.JPG
さあさあ、寒さに弱いオリズルランはそのまま家の中へ入れってっと。

油断してると、霜に当たってえらいことになっちゃう‥。

そうそう、ニューサイランも入れなくっちゃ。

イングリッシュラベンダーは、今が強剪定の適期。
形を整えながら、思い切ってチョキチョキ、チョキ~ン!
後で束ねて囲いましょ~。
 
PA233031.JPG
PA243061.JPG
アムソニア(チョウジソウ)が、綺麗な黄色になってきました。
 
地上部が枯れてきた宿根草は地際からカット ♪
元気のなくなった1年草は抜いてっと。

ノイバラの赤い実、可愛いな~。伸びすぎた枝を剪定して、葉を取ってやらなきゃ‥。
 
PA233021.JPG
PA233032.JPG
壁際に並ぶバラには毎年早めの冬囲いをしています。

なにしろ、屋根からの落雪が怖いものですから。
 
今年も まずはこちらから‥。


最初に 囲いに入るくらいの高さに枝を剪定し、葉を取り除きます。
次に株元にある落ち葉やごみを綺麗にしてやります。
縄でバラを束ね、株元に完熟の馬糞(牛糞)でマルチングします。
周りに竹を立て細紐でまとめたら、下から縄をぐるぐると巻いてやります。

はい、これでおまさ流バラの冬囲いが完了~。

つるバラの場合は、できるだけ横に倒して雪の下で越冬できるようにしてやります。
雪の中は暖かですから。

フェンスの場合(上から見るとこんな感じ)
PA243120.JPG
PA243121.JPG
手順は‥
枯れ枝や伸びすぎた枝を剪定し、葉を取り除きます。

フェンスから外して枝を束ね、地面に寝かせます。


(横から見ると、こんな感じ)
PA243123.JPG
最後に株元に鉢などを置いて、雪の重みで枝が折れないようにしてやります。

ちなみにこの写真は 今日の夕方、友人宅で撮らせてもらいました。
バラの品種は、ピエール・ド・ロンサールです。


耐寒性の強いランブラーや枝が硬くて曲げにくいつるバラは、寝かさずにそのまま管理しています。
我が家の場合、スタンウェル・パーペチュアルとアンジェラ、ポールズ・ヒマラヤン・ムスクがそれに当たります。

 
PA243081.JPG
PA243085.JPG
(左) オベリスク(スタンウェル・P)
オベリスクの周りを竹で補強して、オベリスクごと縄で巻いて固定しています。

(右) アーチ(アンジェラ)
アーチに誘引しているアンジェラは、アーチごと縄で固定しています。
以前はコモを巻いていましたが、数年前からそれもなし。
こりゃあ楽でいいわ~。
と喜んでいましたが、去年は凍害でずいぶん枝が傷んでしまいました。

今年は暖房代わりに葉を残してみることにしました。
もちろん、病気になった葉は取り除いています。上手くいくかなぁ‥。

試行錯誤のガーデニングが続きます。皆様もそれぞれの冬支度、楽しみながら進めて参りましょう~。




2012年10月23日

バースデーケーキ

少し早いんだけれど‥
そう言って友だちが取り出してくれたのは、バースデーケーキでした。

お祝いするような年じゃないんだけれど、
やっぱり嬉しい。

とりあえず、記念撮影を‥。
PA202611.JPG
場所を変えてもう1枚。

あれれ。
さわら~、いつのまに‥。
PA202606.JPG
ち、近い‥。
PA202607.JPG
さわら~、ダメだよ~。
あっ、悪い子の目をしてる!
PA202608.JPG
ちなみに、さわらはキャットフード以外の物は何も食べません。
それでもドキドキしちゃうのは、何故なんだろう‥。

おまえの誕生日は来月。
2才になるのは、もう少し先だよ。



紅葉 真駒内公園

紅桜公園の帰り道、真駒内公園に寄ってみました。紅桜とは打って変わって、いかにも北海道らしい公園です。

PA192472-001.JPGPA192464.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広大な敷地を誇る真駒内公園。その広さは、85haにも及びます。
ちなみに東京ドームの面積が4.7haというから‥
広い~!

あちらこちらに置かれたベンチ。いいですね~。
思わず座りたくなっちゃう。
 
PA192516.JPGPA192551.JPG
青空に映える真っ赤なナナカマド葉。
黄葉と紅葉の混在するモミジ。

あ~、テンション上がります。
 
PA192490.JPG
PA192498-001.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

PA192505.JPG
PA192554.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

PA192499.JPG
この日は平日で風の強い寒い日でしたが、それでもジョギングや自転車、散歩を愉しむ人の姿が絶えませんでした。

犬と散歩をする女性の後姿を見送りながら、思わず留守番中のさわらの顔がチラチラ。 
 
お天気のいい日、さわらと一緒に遊びに来ようかな‥。 




おまけ
PA213006-001.JPG
あの~
行くなら、暖かい日がいいです。
 


2012年10月22日

紅葉 紅桜公園

庭のシャラの葉がハラハラと散り始めました。
北国の秋は、冬を迎える準備で大忙しです。庭の冬囲いや植物の植え替えでしょ。
それから車のタイヤ交換。
写真愛好家としては、野鳥の渡り(マガン、ヒシクイ、ハクチョウ)だって捨てておけない。
そうそう、情けないけれど しつこい風邪もやってくる。(涙)

そんなこんなで、毎年気付いたときには紅葉の見頃が過ぎてしまった‥。
って事が多いんだけれど、今年はぎりぎりセーフで紅葉に間に合いました。
場所は紅桜公園。私設の公園です。鳥狙いで何度か足を運んだことがありましたが、秋は初めてでした。
綺麗でしたよ~。

PA192299.JPG
PA192270.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私設の公園とは思えない広い敷地内には、日本庭園や散策路、食事処(紅桜本館)に茶屋(木乃実茶屋)や釣堀、おまけに神社(開拓神社)まであるんです。

PA192268.JPG
PA192222.JPG
色とりどりの紅葉は、ホントに見事でした。
 
ガマズミの仲間でしょうか。
赤く熟した実も、美くしいですね~。

 
 
PA192412.JPG
PA192436.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PA192284.JPG
PA192260.JPG
ガラス窓に映り込んだ紅葉も、なかなか見事でした。
 
しだれもみじでしょうか。
深い切れ込みの葉がいいですね~。
きのこ、秋ですね。


PA192206.JPG
木乃実茶屋

風情のある茅葺の門をくぐって中に入ると、古式ゆかしき日本家屋が目に入ります。
なんでも建物は「蝦夷数奇屋造り」というのだそうで、奥には寿光庵と呼ばれる茶室もあるとか。

美しい紅葉と茅葺屋根の趣のある建物が、得も言われぬ独特の雰囲気をつくり出していましたよ。

PA192347.JPG
PA192344.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PA192287.JPG
PA192267.JPG
どんぐりころころ‥。

紅桜本館の近くには猫ちゃんがいました。
名前は、モカちゃん。
立派な雄です。
重ねられたバケツ、お行儀いいですね。
 
PA192296.JPG
PA192408.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
PA192304.JPG
PA192336.JPG

この日は天気予報に反して曇り空。

とうとう途中で、小雨がぱらついてきました。 
 
  
 
 
PA192443.JPG
PA192318.JPG
池のそばにある山に、アオサギが1羽いるのが見えました。

紅桜公園、いい所だな‥。  


 
 
次回は真駒内公園の様子を、ちょこっと紹介しますね。

  

2012年10月20日

留守番

家を空けた5日間、猫のさわらは留守番でした。
その間の世話は、心優しき友人が快く引き受けてくれました。
彼女が携帯から送ってくれたさわらの写真を、毎日ベッドの上で見ました。
何度も何度も‥。

PA202597.JPG
前回の法事のときは初めての長い留守番で、
戻って来た私につれない態度でした。
PA191080.JPG
 呼んでも撫でても、知らんぷり。
挙句の果てには、手を噛むやら蹴りを入れるやら。
すっかりへそを曲げた様子に、戸惑ったものです。

PA191092.JPG
今回はちょっと違っていました。

玄関で嬉しそうに出迎えてくれた後も、それはそれはいい子で‥。
不気味なくらいの優等生ぶりを発揮。
もしかして‥私に気を使ってる?


晩秋の北海道に戻ってすぐ、また風邪をひいてしまいました。
慌てて布団を冬のものに取り換えました。

ふかふかだね‥
PA202578.JPG
ナツヅタが色づいてきました。
強い寒波が来る前に、少しでも庭の冬を迎える準備をしなくっちゃ!
PA182186.JPG
アイアントレリスを外して、ツルバラの誘引を解いて、オベリスクを片付けよう。
風邪くらいで寝てられないよ!
えっさ、ほっさ ♪ えっさ、ほっさ ♪
PA182168.JPG
無理がたたったのか、昨日の夕方からまともな声が出なくなってしまいました。

かすれた「さわら~」の呼び声に、
不信感100%全開の表情で答える猫の図
PA202562.JPGあなた、誰?

みなさん、無理は禁物です。
私が言うのもなんですけれど‥。




2012年10月18日

故郷

父の法事でしばらく帰省していました。遠く離れた故郷は美しく、優しく、とても長閑でした。

PA131529.JPG
PA151927.JPG
滞在中は秋晴れの続く好天に恵まれました。

空一面に広がるうろこ雲を見ながら、広角レンズを持って来なかったことを少し後悔。
 



初めて北海道に来たときは、その広大な自然の美しさに圧倒されたものでした。 自然だけじゃない‥。

どこまでも続く広くて真っ直ぐな道や、美しい白樺並木。
ナナカマドの真っ赤に色づいた実や、天に向かって伸びるクリスマスツリーのようなトウヒ類。
何もかもが新鮮で、洋風家屋の立ち並ぶ街並みに異国情緒さえ感じたものです。

PA162007.JPG
PA162018.JPG
北海道へ移り住んで18年。

いつの間にかその広大な風景にも慣れ、見慣れていたはずの瓦屋根や鬼瓦、日本庭園などを見てドキリとするようになりました。

美しく手入れされた松やツツジ。
池にかかる石造りの橋。

無駄のない簡素な美しさというのでしょうか。
静かな感動がひたひたと押し寄せてくるのです。
 
PA131554.JPG
PA162035.JPG
昔、気に留めることのなかった柿や南天。

見つけると、思わずレンズを向けてしまいます。

これも北海道で見ることができないものだからかな‥。

PA151866.JPG
PA162064.JPG
塀瓦の上から顔を出すムラサキシキブ。

一部だけが赤く色づいた落葉樹。



 
PA162038.JPG
PA162051.JPG
湯築城跡の大きな柳の木。
 
公園の中にある、小さな祠。 




 
 
PA162148.JPG
PA162127.JPG
街中を走る坊っちゃん列車。

道後公園の外堀で寛ぐアオサギ。




 
PA162021.JPG
PA162066.JPG
季節外れの睡蓮の花1輪。

池の縁のシダ。





 
PA131603.JPG
PA131847.JPG
夕暮れ間近の秋空。

西日に燃えるケイトウ。
 
 
 
 
 
 
故郷で、心の赴くままに撮った写真を並べてみました。

年老いた母は思いのほか元気で、ちょっと安心しました。
私が北海道に戻る前日の夜、明日は友だちとの約束があるからと お弁当の下ごしらえをしていました。
鼻歌を歌いながら台所に立つ母を見て、なんとも言えない幸せな気持ちになりました。

お母さん、元気でいてね。いつまでも、いつまでも。 
 
 
 
 

2012年10月11日

お知らせ

庭のシャラが色づいてきました。

今日の恵庭は最高気温でも13.8℃。
強い雨の降る寒い1日でした。

シャラ(ナツツバキ)
PA111453.JPG
マサコ(イングリッシュローズ)
PA111456.JPG
ゴロゴロ‥
ひどい雨だね。
PA111491.JPG
北海道はしばらく 雨が続くのだそうです。
庭仕事も紅葉も、ちょっとの間お預けですね。

所用で 明日から少しの間ブログをお休みします。
急に寒くなりました。
皆様、お風邪など召されませんように。



2012年10月 8日

最低気温 3.4℃


PA050428.JPG
PA060495.JPG
ミヤママタタビの葉がとうとう散り始めました。

鮮やかな葉はすっかり色褪せ、水分を失ってカサカサです。

この日の最低気温は、3.4℃。
ちなみに今日の最低気温は、3.1℃。
秋が深まりました。

開花期の過ぎた草花の多い中、やっと咲き始めた草花があります。
PA080995.JPG
PA040391.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ひとつは斑入りヨメナ。(左)
ひとつはユーパトリウム" チョコレート " (右)
 
涼しくなって、生気を取り戻した植物もあります。
PA080974.JPG
PA050421.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アオキ(左上)・バラ「ジェーンオースチン」(右上)
どちらも夏バテ解消で、生き生きとしています。
 

PA040393.JPG
PA050424.JPG
ニシキシダ(左)
葉がシャキッとしてきました。

うどんこ病で心配していたトリカブトは、美しい花を咲かせ始めました。(右)


朝は寒くても日中は20℃近くまで気温が上がり、気持ちの良いことこの上ありません。 
久しぶりに、さわらを庭に出してやることにしました。

PA040413.JPG
PA080972.JPG
庭にはトンボがいっぱい。
蝶や蜂の姿も見えます。
 
PA080989.JPG
目の前を飛ぶ虫を見て大興奮のさわら。

身を伏せて、お尻を振って、虫に向かってアタック! 


あっ、逃げた!
トンボさん、素早いね。

今度は蝶?
あっ、また逃げられた。

まだまだ修業が足らないようですね。

 
PA050462.JPG
PA050461.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今シーズン初めて使ってみたフェンネル(ブロンズ)は、予想以上に魅力的でした。

シックなブロンズ色をした柔らかな葉。黄色い花。花後の実。
どれをとっても文句のつけようがありません。あぁ‥空いているスペースさえあればなぁ‥。
(右の写真は、アジュガです。)

住んでいる場所にもよりますが、涼しくなった今は草花の植え替えや株分けにピッタリの時期です。
寒波がやって来ないうちに、サクサクと仕事を片付けちゃいましょう~。
庭木の植え替えは休眠期が原則なので、葉が落ちてから。雪解けあとの早春がお勧めです。(道内)
ちなみに血迷った私に早々(9月下旬)と移植されたディアボロは、葉がしょぼしょぼになってしまいました。(涙)
皆様、私のようにならないでくださいね~。
秋はガーデナーにとって大忙しです。さあ全国各地で、頑張りましょう~!

PA060482.JPG
PA060518.JPG
PA060491.JPG
 







(左)ジョンクレア
(中央)アンブリッジローズ
(右)ゲラニウム(ロザンネイ)

2012年10月 3日

シマリス

時々訪ねている苫小牧の森で、初めてシマリスを見ました。
頬がパンパンです。

シマリスはエゾリスと違って、冬は巣穴で冬眠をします。
冬眠といっても完全に眠るわけでなく、数日おきに覚醒して排泄や食事をとるのだそうです。
この時期の食料集めは、生き残りをかけた大切なものなのですね。

誰かがまいたヒマワリの種を、夢中でほおばるシマリス
PA020078.JPG
いっぱい、いっぱい食べて、体力つけてね!
PA020079.JPG
それにしても、君かわいいね~
PA020107.JPG
森を散歩しているご夫婦が、カラに餌をやっていました。
許可を得て、何枚か写真を撮らせて頂きました。

手にとまってヒマワリの種をついばむ、ヤマガラ(奥)とハシブトガラ(手前)。
PA020202.JPG
野生動物への餌やりは問題が多いと知っていますが、
ここでは大丈夫みたい。
そんなふうに思う私は、間違っているのかもしれないけれど‥。

でもここは、まるで地上の楽園みたいだ。
手を差し出す男性のやわらかな表情を見ながら、やっぱりそう思ってしまいました。

2012年10月 1日

森の中

美しい自然に感動し、初めて見る野鳥や動物との出会いに心躍らせる毎日。

私が森の中を好んで歩くようになったのは、子育てが終わってからでした。
小さな子供達を引き連れて一緒に森の中を歩けたら、どんなに楽しかったでしょう。
想像しただけで、わくわくしてしまいます。

モミジの紅葉は、ちょっと遅れ気味‥
P9238179.JPG
日本で1番小さな鳥、キクイタダキを見つけました。
P9238124.JPG
こちらは ゴジュウカラ。
忍者歩きが得意なんですよ~。
P9238199.JPG
希少種のエゾライチョウも 見つけました。
P9279573.JPG
なんとなく 「トトロ」 に似ていると思うのは、やっぱり私だけかな?
P9279555-001.JPG
森の妖精、シマリスの登場~。
冬眠間の準備、これから忙しくなるね。
P9279238.JPG
こちらはハシブトガラ。
P9238195.JPG
大人も子供も忙しい現代社会。
でもちょっと時間をつくって、自然の中に身を置いてみるのって
そう悪くないことかもしれません。


※※※※※※※※※※※※


台風の被害、大丈夫だったでしょうか?
被害に遭った方には、お見舞い申し上げます。
どうぞお疲れの出ませんように。