ホーム >

花咲か日記

2012年12月29日

たくさんの ありがとう!

いよいよ今年も、今日を入れて後3日となりました。
あっという間の1年間でした。

春から初夏にかけては、ガーデニング三昧。
たくさんの方が 庭に来てくださいました。
庭談義、楽しかったなぁ。

優しい言葉や励ましの言葉も頂きました。
勇気もりもり。
「ありがたいな~。」と、しみじみ思いました。

P6300453.JPG
写真を撮るのが楽しくて、今年も年間を通して あちらこちらに出かけました。

大砲級のレンズをドーンと構えた男性陣は なんとなくおっかなくて、
気おくれしながら後ろで目立たないように写真を撮ることが多い私。

「レンズ短いんだから、もっと前に来た方がいいんじゃない。」
「僕はもう撮ったから、どうぞ。」

心細いときに受ける優しさは、特別心に沁みます。

P4123288.JPG
先日小樽運河で写真を撮ったときは、場所取りが上手くできず
雪の積もった塀の上によじ登って写真を撮る羽目になりました。

高くて不安定な所だったのでちょっと怖かったのですが、足を踏ん張って写真を撮りました。

人ごみをかき分けてグイグイ前にやってくる人が足元を通り、少しだけハラハラしました。
そばにいた女性が手を伸ばして、巻き込まれて私が落ちないようにガードしてくれました。

見ず知らずの人の親切って、これまた心に響きますよね。(感涙)

PC230425.JPG
こちらは、私の大切な友人の大切な猫ちゃん。
イブちゃんと
PC290699.JPG
ルルちゃんと
PC290702.JPG
ココちゃんです。
PC290685.JPG
今日は一緒に、今年最後のお鍋パーティー。
水餃子、美味しかった~。

クリスマスも御馳走になって、今日も御馳走になって。
食費、払わなくっちゃ駄目かなぁ‥。
( まっ、いいか ♪ いいよね?)

心配性だって分かっているのに、今年もまたい~っぱい心配かけてしまいました。
許せ、友よ。
そして、できれば来年も見捨てないでね。

PC290687.JPG
それから‥
さわら、さわら!
いつもそばに居てくれて、ありがとう。
P6262178.JPG
おまえのおかげで‥
PC290723.JPG
今年もホントに幸せだったよ。
PC290726.JPG
気付いたことも、気付いてないことも
たくさんの人の優しさに、ありがとう!
P5311680-001.JPG
不安だったり、疲れたり、辛いとき、優しい気持ちを忘れそうになるけれど
どうかどうか、思い出させてください。

たくさんの人のたくさんの優しさで、今日の自分が保たれていることを。

1年間、本当にお世話になりました。
皆様、どうぞよいお年をお迎えください。


2012年12月26日

細氷

昨日の最低気温は、氷点下20℃を下回りました。
日中の最高気温も、氷点下9.2℃止まり。
冷え込みました。

夜明け前、漁川へ出かけて来ました。
吐く息で、あっという間に髪の毛がシャリシャリに凍りつきました。
まるで白髪みたい。

7時前、空に広がる雲に ほのかな色がつき始め
PC250477-001.JPG
時間を追うごとに、少しずつ赤味を増していきました。
ピンク色の空だ。
PC250499-001.JPG
そろそろ日の出の時間なんだけどなぁ‥。

地平線近くに留まった雲のせいで
日の出時間を過ぎても太陽が出てきません。

う~、寒いよ~。
手足の先や顔が痛くて、どうにも我慢ができなくなってきます。

これじゃあダイヤモンドダストは、無理だ。
場所を変えよう。

そう。物好きな私はダイヤモンドダスト見たさに、冷凍庫なみの外を徘徊していたのでした。
PC250481-001.JPG
千歳川の近くで、探していたダイヤモンドダストが見つかりました。
でも背景が雪なので、写りは今ひとつ。
PC250541-001.JPG
千歳川は けあらしに覆われて、川面がほとんど見えませんでした。
幻想的‥です。
PC250492-001.JPG
2つの太陽
PC250495-002.JPG
川岸に、再びダイヤモンドダストを発見。(中央下)
PC250485-001.JPG
望遠レンズで撮ってみると、こんな感じ。
PC250551-001.JPG
キラキラと綺麗ですね~。
PC250556-001.JPG
冷凍庫の中で過ごした数時間。
いや~、寒かった~。

今日は昨日に比べれば、幾分暖かです。
と言っても、9時現在の気温は氷点下8℃台。
細かいさらさらの雪が、風に飛ばされていきます。
止んだら、雪かきしなくっちゃ。

遅れている排雪作業。
今日は業者さん、来てくれるといいな‥。


おまけ
PC260525.JPG


2012年12月24日

ホワイトクリスマス

今日はクリスマスイブです。

子供たちがまだサンタさんを信じていた頃
お目当てのプレゼントをそれとなく聞きだして 枕元にそっと置くのが楽しみでした。
朝起きてプレゼントを見たときの興奮した顔が、今も忘れられません。

子供たちが大人になって それぞれが別々の場所で暮らすようになっても
クリスマスのプレゼントのやりとりは続いています。

好きなものは何だろう。貰って嬉しいものは何だろう。
品物と一緒に贈られてくる思いやりの気持ちが、心を温めてくれます。
「 サンタさんは今も ちゃんと居る 」ってことかな‥。

PC240485.JPG
昨日、小樽運河へ行ってきました。
厳しい冷え込みと強い風で体温が奪われ、カメラを持つ手が震えました。
PC230379.JPG
この日は、5000個のLED電球が運河に放流されました。
冬の空に瞬く星に見立てた光の球です。

「Christmas  Story  冬の流星」
祈りを込めた青い星が、静かに暗い運河を漂います。
PC230418.JPG
寒さに耐えかねて運河を離れた頃、雪が降り出しました。
PC230432.JPG
人通りの少ない商店街。
前を歩く若い2人組の女性が、流れてくる音楽に合わせて
リズムをとりながらダンスを始めました。
なんだかとても幸せな気持ちになって、私も少しだけ体を動かしてしまいました。

メリー クリスマス! メリークリスマス!
たくさんの幸せが、皆様に訪れますように‥。



2012年12月21日

凍てつく日々

連日、真冬日の厳しい寒さが続いています。
一昨日の最低気温は氷点下18℃、今朝は氷点下15℃でした。
冷凍庫の温度が-20℃というから、その寒さ恐るべしです。

キーンと冷え切った日のウトナイ湖。
美々川の流れ込む辺りを残して、ほぼ完全結氷してしまいました。
PC200425.JPG
葉を落とした木々の枝は、ご覧の通り。
PC139568.JPG
窓には霜の花が綺麗に咲きました。
PC210294.JPG
PC210286.JPG
PC210281.JPG
PC210297.JPG
極寒のなか、草の種をついばむ雀の なんと勇敢なこと‥。
PC139691.JPG
さわらのお昼寝場所を見ていると、ストーブの上が増えきました。
今の室温は17℃。
設定温度、もう少し上げようかな‥。



2012年12月19日

暗い道


PB198111.JPG
夫が入院中は、電車で札幌の病院に通っていました。
苗穂で降りて、自転車に乗って豊平川を越えて‥
毎日 無機質な病院に向かいました。

帰り道。夜遅く恵み野駅に着いたときには、身も心もくたくたでした。何処に置いたのか、自分の自転車が見つからなくて涙がこぼれました。

ようやく見つけた自転車が 何かの拍子に倒れかけて、慌てて手で支えました。手を放したら周りの自転車も倒れそうで、身動きがとれなくなりました。

薄暗い自転車置き場で本当に泣いてしまいそうになったとき、誰かが自転車を起こしてくれました。

夫が亡くなってずいぶん経ってから、駅の近くを歩きました。真っ暗な道でした。
ごちゃまぜになった記憶があふれ出して、堪えきれずに泣きました。

あれから何年経ったでしょう。同じ道、暗い道を今は平気で歩けるようになりました。
少しずつ少しずつ、角ばった思い出の角は取れていくのかもしれません。



2012年12月17日

クリスマスカード

美しいクリスマスカードが届きました。
心のこもったメッセージをいただき、ほっこりとした気持ちになりました。

PC170357-001.JPG
送り主は、同じガーデニング愛好家。

お一人は、何度か我が家の庭に立ち寄って下さった方で
今年、ガーデニングの大きな賞を受賞したとのこと。
すご~い!すご~い!
(早速、本を買いに行かなくっちゃ!)

Mさん、本当におめでとうございます。
頑張った甲斐がありましたよね。
文面からMさんの優しいお人柄が伝わってきました。
これからもご主人様と一緒に、長くガーデニングライフを楽しんでくださいね。


遠い国からステキなカードを送って下さったCさんにも、とても感謝しています。
カードに赤い鳥の絵があるのは、偶然?(笑)
頂いた種から発芽した苗は、今雪の下で眠っています。
来年の春が楽しみです。


人の縁って不思議ですよね。
偶然なのか、必然なのか‥。
どちらにしても、出会いは大切にしたいものですよね。

素適なカード、どうもありがとうございました。



2012年12月16日

キャットハウス

一昨日、大きな段ボールが届きました。
中には、ちょっと早めのクリスマスプレゼントが入っていました。

一つは私に。
PC150191.JPG
一つは、さわらに。
PC150041.JPG
包みを開けると、大きな繭のようなキャットハウスが出てきました。
フェルトウールでできたハウスには小さな穴が開いていて、猫心をくすぐります。
数分後、さわらはキャットハウスの中にしっくり おさまっていました。

蚕になった さわら
PC150182.JPG
さわら、おまけが付いていたよ。
PC150224.JPG
ミニサイズのサンタ帽子もだ。
被ってみようね。
PC150116.JPG
猫サンタ
PC150074.JPG
あっという間に今年も残すところ2週間となりました。
年末商戦で賑わう街、宝くじ売り場に並ぶ人。
慌ただしい年の暮れ、街を行き交う人は みんな足早に通り過ぎていきます。

年賀状を出し終わって、机の上に放置されていた懸賞はがきが目に留まりました。
よし、宝くじの代わりにこれにかけよう。

私はくじ運が悪くて、今まで何か当たったという経験がありません。
ヨーカドーのくじも、はずれてばかり。
(何本「うまい棒」を食べたことか‥。)
なので、実は宝くじをほとんど買ったことがありません。

友人は、「もし6億円当たったら私にレンズを買ってくれる」と言います。
おかげで私は宝くじを買わずして、夢をみることができます。
これってもしかしてついてる?

PC150045.JPG
外は雪。結構激しく降っています。

雪かきをして、
大掃除もそろそろやんなきゃな‥。



2012年12月14日

氷月

昨日は冷え込みました。
朝の最低気温は、-13.6℃。日中でも氷点下の、真冬日でした。

しっかりと着込んでいても、じわじわと冷気が入り込んできて
じっとしていると手足がジンジンと痛くなってきます。

東の空に陽が昇り、白く凍りついた大地を ほんのりと照らします。
PC139409.JPG
PC139419.JPG
PC139425.JPG
明るくなるにつれ、何もかもが氷に覆われていることに気づきます。
まるで氷の国に迷い込んだみたいです。
PC139447-001.JPG
PC139518.JPG
PC139455.JPG
PC139536.JPG
PC139737.JPG
PC139570.JPG
PC139556.JPG
PC139512.JPG
恵庭岳(右側)
PC139488.JPG
雪原を走るキタキツネ
PC139496.JPG
PC139520.JPG
目の前に広がる風景は、厳しくも美しい北国の冬そのものでした。

ここに来てよかった。
ここに来たのは間違いじゃなかった‥。

寒さを忘れ、夢中でシャッターを切りました。



2012年12月12日

もっと光を

あっという間に日が暮れます。
お昼ご飯を食べて、さあ鳥見でもしましょうと出かけても
ちゃんと写真が撮れるのは、せいぜい2時まで。

薄暗くなるとシャッタースピードが落ちて、動きの速いものはボケてしまいます。

PC129199.JPG
2時台に撮った青空は、グレーがかって見えました。
PC129202.JPG
午後3時半だと、こんな感じ。
PC129263.JPG
現在の日の入りは、午後4時前後。
午後3時半を過ぎると、すっかり陽が傾いてしまいます。
PC129356.JPG
野鳥を照らす陽の光は、夏の刺すような陽射しから
弱弱しいぼんやりとしたものへと変わってしまいました。
PC129289.JPG
(コミミズク/撮影場所は別)

日照時間が短くなると、なんとなく寂しい気がします。
「もっと光を‥。」と叫びたくなる。


先日、年賀状を書き(作り)ました。
印刷があと2枚というところで、ある間違いに気づきました。
全部、2012年になっている‥。
一からやり直しました。(涙)

私のおつむにも、もっと光を‥。


2012年12月11日

晴れたり 曇ったり 雪が降ったり

今日は日中も氷点下の真冬日でしたが
お天気は、晴れたり曇ったり雪が降ったりと目まぐるしく変わりました。

恵庭公園で、霜の花や
PC118557.JPG
「口げんかをしているシマエナガ」を見つけたときは
とっても いいお天気でしたが
PC118647.JPG
あれよあれよという間に、お日様が隠れて‥
PC118592.JPG
雪が降り出しました。
PC118603.JPG
でも、すぐにまた日が出てきて
PC118675.JPG
この調子なら大丈夫だ、と思ったのも つかの間
PC118607.JPG
またしても雪です。
まったく、なんて天気だぁ‥。

かなり激しい雪になってきたので、取りあえず退散。
帰り道は、ライトをつけての走行となりました。
PC118885.JPG
帰宅前に、ちょっとだけ恵み野公園に寄り道をしました。
池のカモたちが気になっちゃって‥。

ハマナスの実
PC118976.JPG
水路には、誰も居ないね。
PC118974.JPG
PC118984.JPG
エゾノコリンゴ
PC118989.JPG
池は、ほぼ完全結氷していました。
PC118979.JPG
ごくわずかに水面が見られましたが、カモは1羽も居ませんでした。
今度こそ帰宅だ。

午後になって雪がピタリと止んで、真っ青な空が広がっていきました。
いや~ん、いいお天気~。
PC118995.JPG
私はハンドルを握り、また恵庭公園へ向かったのでした。
(どうかしてるぜ、私。)

おまけ
PC098390.JPG


2012年12月 8日

毛布をかけてあげよう

午後から ちらちらと降り出した雪が、いつの間にか本降りとなり
強い北風に飛ばされて、真横に流れて行きます。
2cmにまで減っていた積雪は、あっという間に20cmを超えました。

PC088309.JPG
さわらはベッドの上で、すやすやすや‥。
PC078262.JPG
寒くない?
毛布をかけてあげようね。
PC088274.JPG
かけ過ぎじゃない?
大丈夫、大丈夫。そのまま、そのまま‥。
PC088271.JPG
いい子だね~。
PC088343.JPG
ずっと、体の上に物をかけられるのが大嫌いだった さわら。
今日初めて 大人しく毛布をかけさせてくれました。

隣で布団の中に寝てくれる日、これなら近いうちにやって来るかも ♪


身近な鳥たち

昨日は1日中、氷点下の真冬日でした。
前日に降った激しい雨は この冷え込みで凍りつき、交通量の少ない道は
ガチガチ、ツルツルの見事なアイスバーンになってしまいました。

犬の足跡
PC078112.JPG

最近友達から、庭にやって来る鳥の名前を時々聞かれます。
言葉でのやりとりだと限界があるので、鳥の写真を載せることにしました。
( ガーデニングのサイトなんですけれど、どうか許してくださいね。)

シジュウカラ
PC051297.JPG
ヒガラ
P5077054.JPG
P1149575.JPG
ハシブトガラ
P1083775.JPG
ヤマガラ
PB125412.JPG
ゴジュウカラ
P9238199.JPG
シメ
122505(1).JPG
ヒヨドリ
P2284486.JPG
P1016458.JPG
アカゲラ
P3135365.JPG
ツグミ
P2284454.JPG
もしお庭で小鳥を見かけたら、どうか優しく声をかけてやってください。
鳥たちは耳を澄ませ、こちらの様子をじっと窺っています。
安全だと分かると、思いがけない愛らしい姿を見せてくれるかもしれません。


おまけ
PB065694.JPG
昨日の夕方、久しぶりに大きな地震がありました。
身を固くしている さわらを見て、抱き上げようとしましたが
階段を走って逃げてしまいました。

テレビからは、アナウンサーの緊迫した声が聞こえてきました。
娘が心配になって電話をかけようとしましたが、
聞き慣れない「ピー!」という電子音が聞こえてきたので、慌てて切りました。
ざわざわと不安が押し寄せてきました。

2年近くになってからの、大きな余震。
大した被害が出なかったのは幸いでしたが、震災のときを鮮明に思い出しました。
今もなお不便な生活を強いられている方々を、改めて想いました。

選挙運動で賑やかですが、なによりもこの事を優先して欲しいです。



2012年12月 5日

ラグビーボール

片づけをしていて、ダンボールの中にラグビーボールを見つけました。
空気を抜かれたままのラグビーボール。

昔夫は、ラグビーをやっていました。
ポジションは、左ウィング。
足の速い人でした。

PC058015.JPG
私は、へなちょこマネージャーで
誰かが倒れて動けなくなる度、ドキドキしながら やかんの水を頭にかけたり
スクラムマシーンの上に乗っかって、重し代わりになっていました。
懐かしい‥。

ぺちゃんこのボールを そっと撫でてみたら、思いの外やわらかでした。
埃っぽいグランドを思い出し、ちょっとだけ胸が熱くなりました。


おまけ
PC057991.JPG


2012年12月 3日

冬蛾

このところ、最低気温が-10℃を下回る日が増えてきました。
まるで冷蔵庫のようです。
PC017172.JPG
厳しい寒波の襲来で、何もかもが凍りついてしまいました。
雪の降った後は、こんな感じ。
PC037829.JPG
PC037813.JPG
雪のない日は、こんな感じ。
PC017182.JPG
霜柱も特大です。
PC017190.JPG
水面から立ちのぼる霧に陽の光に当たって、かすかに色づいて見えました。
PC017199.JPG
霜でコーティングされた草や
PC017186.JPG
氷に閉じ込められた池
PC017207.JPG
何処もかしこも 冷え切っています。
PC017209.JPG
雪の降った日の翌日は、屋根を滑り落ちる雪の音で賑やかです。
PC027712.JPG
ドサドサドサ‥
PC027711.JPG
雪の上をひらひらと舞う、小さな蛾を見つけました。
今朝の恵庭の最低気温は-11.1℃。
写真を撮った時の気温も、氷点下のままでした。

この寒さに耐えられる蛾なんているんだ‥。
よしよし、おまえの生きた証を留めておいてやるからね。
PC037748.JPG
ネット検索で初めて、冬に発生する蛾が居ることを知りました。
写真の蛾は、どうやら 「フユシャク」という蛾の仲間のようです。
PC037759.JPG
寿命はわずか2週間とか‥。
北国の厳しい冬を、儚げに舞うフユシャク。

しばらくその場を離れることができませんでした。


おまけ
PB259898.JPG