ホーム >

花咲か日記

2013年2月28日

エゾリスの森

苫小牧漁港を後にして、次に向かった北大研究林。

ここで見つけたのは、可愛いエゾリスでした。
最後に見たのは去年の秋だから、ずいぶん久しぶりの再会になります。

しかも、大接近で!

近すぎてシャッターが切れない。
慌ててエゾリスから離れて、なんとかパシャリ。
こんなことは初めてです。

ドーン!
P2265929.JPG
木から降りても一向に逃げる様子はなく、私の近くを走り回ります。

「エゾリスが寄って来る→私が逃げる→シャッターチャンスを逃す」
そんなことを何度か繰り返しながらやっと撮った写真がこれ。

なにやらしきりに匂いを嗅いでいると思ったら‥
P2265931.JPG
ズボツ!
顔を雪の中に埋めてしまいました。
隠したクルミでも探しているのでしょうか?
P2265932.JPG
ない!ない!ない!
P2265934.JPG
ないんです~!
と言ったかどうかは分かりませんが、あなた近すぎです!
P2265926.JPG
だから、近いってばぁ~。
P2265927.JPG
こんなに何度も寄って来るなんて、備蓄していた餌が底をついてしまったのでしょうか。

しばらくして私が餌を持っていないことを悟ったのか、エゾリスはやっと離れて行きました。
P2265941.JPG
建物を取り囲むフェンスの上でひと休み。
P2265942.JPG
はい、ポーズ!
P2265944.JPG
ここでも、ポーズ!
P2265945.JPG
有刺鉄線の下を器用に移動するエゾリス。
「春はもうすぐだから、頑張るんだよ。」
P2265950.JPG

リスにお別れを言って間もなく、
楽しげな男女の笑い声が聞こえてきました。

振り向くと、年配のご夫婦らしき方が 仲良く森の中に入って行く姿が見えました。
厚手のダウンコートを着た女性はフードをすっぽりと被ってソリに乗り、
白髪の男性がソリをひいています。
足が ご不自由なのでしょうか。

陽気な女性の声が、静かな森に溶け込んでいきます。
P2265910-001.JPG
真っ青な空に白煙を残しながら、ジェット機が森の奥に消えて行きました。
P2265913.JPG
不意に胸が熱くなり、しばらくその場から動けなくなってしまいました。


2013年2月27日

寒さの峠を越えました!

寒さのピークが過ぎたようで、今朝の気温は氷点下6℃まで上がりました。
お昼前には久しぶりにプラスの気温になり、気分は上々です。

浮かれた気分で
リビングの出窓を塞いでいた雪と、玄関の屋根の雪おろしを頑張りました。
さわら、喜べ。これでまた鳥見ができるぞ。

※※※ ※※※

下の写真は昨日撮ったものです。
朝方は厳しい寒さでしたが、 陽が高くなるにつれ寒さが緩んで 絶好のお出かけ日和となった昨日。
路面のコンディションも良さそうなので、ウトナイ湖、苫小牧漁港、北大研究林とまわってきました。

早朝のウトナイ湖
一面樹氷に覆われた対岸の林は、まさに「静寂の美」そのものでした。
P2265679.JPG
水深の浅い湖は、完全結氷していました。
勇払川の流入部だけがわずかに開いていて、
頼りなげな太陽を ぼんやりと映し出していました。

おぉ‥神秘的
P2265694.JPG
突然フィー、フィーという鳴声が聞こえたと思ったら、近くの樹氷にウソがとまってくれました。

ウソ(メス)
P2265713.JPG
どうせすぐに逃げちゃうんだろうなぁ‥と思っていたのに、意外や意外。
すぐそばの水辺に降り、美味しそうに水を飲み始めました。

喉が渇いていたの?
あ~、幸せだね。おまえも私も。
P2265708.JPG
※※※ ※※※

そしてこちらは、苫小牧漁港。
風がほとんどなく穏やかな漁港には、活気がみなぎっていました。
P2265863.JPG
船体に映る光の波
P2265787.JPG
舳先(へさき)についたツララ
P2265819.JPG
海にはシノリガモやクロガモ、ウミアイサ、ウミウやカモメの仲間などの水鳥の他に‥

シノリガモ
P2265808.JPG
貝を咥えたハシボソカラスの姿も見えました。
グルメなカラスだよ。
P2265821.JPG

で、こちらは 魚港のそばにある「海の駅・ぶらっと港市場」。
店頭に並ぶホッキガイ、いいですね~。
P2265844.JPG
ちょうどお腹が空いてきたところ。
ここの食堂街で食べていくかなぁ。

下の写真は、ふじ十食堂さんでいただいたホッキカレーです。
シャキシャキして、とっても美味しかったですよ~。
P2265839.JPG
ごちそうさまの後で、北大研究林へ向かいました。
久しぶりに可愛い子に会いましたが、そのお話は次回に‥。



おまけ

P2276023.JPG
だからぁ、狭いと思うよ。


2013年2月25日

完全結氷

夜中に除雪車が置いて行った雪を朝一番で片付けて、
長都沼へ寄ってみました。

10日前に見たトビの大群は、殆ど姿を消していました。
畑の堆肥が雪に覆われてしまったせいでしょうか?
謎です。

カラスは相変わらず群れていましたが、前回に比べればかなり数を減らしていました。

P2255675.JPG
恵庭岳がきれい‥
P2255652.JPG
ここ数日の寒波のせいか
沼の殆どは結氷していて、カモ類はゼロ。

オオハクチョウの家族群が、雪の上で羽を休めていました。
P2255636.JPG
P2255630.JPG
雪原に残るキタキツネの足跡
P2235487.JPG
ここのところ足跡しか見ないなぁ‥。

あれれ。噂をすれば影。
あの豆粒、キタキツネだ。
P2255645.JPG
カメラを構えてしばらく待ちましたが
一向にハクチョウが飛来する様子がないので、諦めて帰路に就きました。

帰り道、何組ものハクチョウが上空を飛んで行きました。
もう少し待ってればよかった‥。(涙)


おまけ

どう考えたって、この箱‥
P2215294.JPG
さわらには‥
P2215322.JPG
小さいと思うんですけれど‥。
P2215324.JPG


2013年2月23日

まだまだ寒いよ

昨日今日と、青空の広がるよい天気に恵まれました。
カメラを片手に冬を歩きました。

ピンと張りつめた冷気の中で見つけた景色。
感じるままに切り取ってみました。


霜の花

マンホールの上に積もった雪。
一部が解け、その縁に美しい霜の花を咲かせていました。
P2225351.JPG

枯葉

わずかに残った葉が
風が吹く度にガサガサと大きな音をたてます。
P2225446.JPG
春を待ちわびる芽
P2225376.JPG
顔に雪をつけたフクロウ
P2225417.JPG
雪のキャンバスに描かれた木の影
P2235592.JPG
陽の光に照らされる樹氷
P2235492.JPG
霜の花
P2235520.JPG
彩雲
P2235596.JPG
風に飛ばされる雪
P2235618.JPG
冷たい風が吹き付けると、頬がピリピリと痛みます。
深い雪に足を取られ、動けなくなることもあります。
長靴の中に入った雪は簡単には取れず
解けるまで痛くてやっかいです。

でも‥
そうした厳しい寒さが、息もできないほどの静寂と
神秘で美しい 冬の風景を生み出します。

だから、冬が好き‥。


おまけ
P2215313.JPG


2013年2月22日

レ・ミゼラブル

昨日の午前中は、恵庭でもかなり激しく雪が降りました。

あれよあれよという間に10cmほどの雪が積もりましたが、
10時を過ぎた頃から陽射しも出てきて
お昼頃にはすっかり良いお天気になりました。

久しぶりに映画でも観に行くかな。
「レ・ミゼラブル」

P2215328.JPG
ビクトル・ユーゴーのあまりにも有名なこの小説を読んだのは、
いつだったか思い出せないくらい昔のこと。

‥で、映画を観てきました。

銀の燭台のエピソードは さすがに覚えていましたが、それでもやっぱりグッときました。
荒んだ自分を恥じ、生まれかわることを決心するヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン)の
迫真の演技がすごかったです!

でも1番心が震えたのは、ラッセル・クロウ(ジャベール)の屋上の縁を歩くシーンでした。

細く尖った黒い靴が、暗闇の中 ゆっくりと踏み出されます。
地上と屋上のギリギリの境目を‥。
法と情の境目を‥。

まるで自分の存在価値を確認するかのように、ゆっくりと。

「神の道を行くのは俺」
夜空に向かってそう叫びながらも、その不確かさと危うさが切なくて泣けてきました。

ジャベールは最初から、ずっと迷っていたんだな。
無骨で不器用な男の、精一杯の叫びが聞こえてくるようで、涙が止まりませんでした。

あ~、映画って本当にいいものですね~。

※※※ ※※※

家に戻ってニュースで知りました。

足止めを食らって電車内で夜を明かした人が居たこと。
500本もの運休(JR)があったこと。

呑気に映画を観て楽しんでいたことに、ちょっとだけ良心が咎めました。


おまけ
P2215338-001.JPG
あぁ無情

2013年2月20日

冷や汗

降り続いていた雪が、今日になってようやく止みました。

路肩に積まれた雪で 生活道路はどこもかしこも狭くなり、車がすれ違うのも一苦労。
おまけにコーナーにできた雪山で、見通しの悪いことときたら‥。
あ~、嫌だなぁ。
大がかりな排雪が終わるまで、しばらく我慢の日が続きそうです。

同じ北海道でも太平洋側は雪が少ないので、運転も幾分楽チン。
10日ほど前に苫小牧に行ったときも幹線道路は完全に乾いていて、
夏タイヤでも走れそうな雰囲気でした。

で、今朝 意気揚々と出かけたのですが‥

P2083963.JPG
ここ数日の大雪と厳しい冷え込みのせいで、道路は見事に圧雪アイスバーン。
やっぱり、甘かったかぁ‥。

車間距離をとって、安全運転!安全運転!

※※※ ※※※ ※※※

運転中、隣の右車線を走っていた車が 左ウインカーを出しながら横にやって来たので
アクセルをゆるめて前に入れてあげようと思ったのだけれど‥なかなか入って来ない。
何で入んないんだろう?

と首をかしげていたら
なんと、そのまま前のタクシーにゴツンとぶつかってしまいした。
(え~!)

その瞬間、運転していた青年が目覚めるのを見ました。
( うそぉ~!)

そうです。隣の車は居眠り運転をしていたのです。
( ひえぇ~!)

その後、対向車線の路肩に2台の車とパトカー1台を発見。
数分後、やはり対向車線の路肩と中央分離帯に突っ込んた車の2台を発見。

スリップ事故の多発する国道36号線。
緊張したぁ‥。

やっとたどり着いた北大研究林。
癒されました。

マガモ(オス)
P2205134.JPG
マガモ(メス)
P2205120.JPG
P2205147.JPG
P2205141.JPG
(シマエナガ)
P2205199.JPG
2日前には36号線で大きな事故があり、幼い男の子が重体になってしまいました。
回復してくれるといいのですけれど‥。

皆さま、ともに冬道の運転には十分 気を付けて参りましょう。


2013年2月19日

さわら、ライオンになる!

うわぁ~、ライオンだぁ!
P2195072-001.JPG
違います。
ライオンじゃありません。
P2195077.JPG
じゃあ、エスキモー?
P2195091.JPG
違います。
P2195095.JPG
あたしですから!


今日も雪です。
雪かきから戻ったら さわらがまとわりつくので、一緒に遊んでやりました。
( と言うか、遊んでもらいました。)

夕方からは、まとまった雪が降るそうです。
北国の春は、遠いなぁ‥。



2013年2月18日

今日も雪!

昨日、今日と雪が続きます。
雪でリビングの窓が、半分以上塞がれてしまいました。

出窓から鳥を眺めるのを楽しみにしていたさわらですが、
とうとう何も見えなくなってしまいました。

ちなみに、除雪用のスコップの下には90cm ほどの雪が積もっています。

P2185031.JPG
今日の雪はさらさらの粉雪というよりは、ぼたん雪に似ています。
と言っても、ベタベタした湿り雪ではありません。
ふわふわとした大きな雪のかたまりが、次から次へと途切れることなく空から落ちて来るのです。

庭木や電線には、メレンゲのような雪がくっついていきます。

P2185046.JPG
気温が低いせいでしょうか。
降り積もった雪の中には、結晶のままの姿を留めるものが多くありました。

P2185051.JPG
ビー玉を雪の中に落としてみました。
P2270348.JPG
ちょっとした宝石のように見えました。


おまけ
P2185017.JPG
カチッ!


2013年2月16日

普通の日

季節が進み、以前のような厳しい寒さは減ってきました。
それでも最低気温が氷点下10℃近くになることはざら。

ただ 氷点下20℃前後の気温に慣れたせいなのか、
-10℃くらいだと さほど寒いと思わなくなってしまいました。

樹氷を見て、初めてその寒さに気づくことも少なくありません。
私の体温調節機能、大丈夫かなぁ。(笑)

ロサグラウカの実
P2154835.JPG
日課は、鳥の餌やりから始まります。
次はさわらに朝ご飯。
最後が私の番。

食パンに薄くバターを塗って、ベーコンとチーズを挟んでオーブントースターでチン!
こんがりと焼けたら、中にたっぷりのレタスを入れてマヨネーズをちょっとつけて‥。
淹れたてのコーヒーと一緒に頂きます。

デザートは皮つきのりんごとみかん。
食べ過ぎかなぁ‥。

良く晴れて風のない穏やかな日は、じっとしていられません。
大急ぎで食器を片付けたら
カメラを車に積み込んで、ちょっとそこまで鳥見にお出かけです。

長都沼に向かう途中の風景
P2154884.JPG
コォコォという鳴き声と一緒に、オオハクチョウの家族群の姿が見えました。
P2154898.JPG
沼の近くの防風林や
P2154906-001.JPG
畑や道端には、おびただしい数のカラスや
P2154915-001.JPG
トビが群れていました。
P2154901-002.JPG
道の両側の木にとまっているトビは、車が近づくと一斉に飛び立ちます。
目の前を横切って行くトビさん。
P2154907.JPG
迫力満点ですが、車を停めたときは既に飛び去った後。
なかなか上手く写真が撮れません。
ええい、くそぉ~!
P2154908.JPG
沼に着きました。
橋の上からの眺めです。

オオハクチョウとカラスがほとんどで、わずかにカモ類の姿が見えました。
P2154917.JPG
オオハクチョウ
P2154922.JPG
駐車場には私の車だけでした。
P2154935.JPG
オオハクチョウは300羽くらい居たでしょうか。
上空を飛んでいるのは、殆どがカラスです。
P2154964.JPG
オオハクチョウの助走
P2154938.JPG
ミコアイサ(メス1羽、オス2羽)飛び立つ姿も見られましたが、遠すぎて写真はボツ。
まっ、こんなものです。


家に戻って写真の整理をしていたら、いつものように さわらがやって来ました。
眼から、「遊んでよぉビーム」を出す猫
P2154974.JPG
ちょっと待ってね。
後で遊んであげるからね。
P2154987.JPG
ささやかな幸せ。
どうか いつまでも続きますように。



2013年2月14日

バレンタインデー

娘から、チョコレートが届きました。

ピエールマルコリーニ。
おぉ‥高級チョコレートだ!

黒いパッケージに真っ赤なハートのチョコ、お洒落だなぁ。
ふぅ~ん、クールフランボワーズっていうの。

なになに、ホワイトチョコレートの中にラズベリーで香りづけしたビターガナッシュ‥ねぇ。
甘過ぎず上品な味だね。

P2144814.JPG
どうしたの さわら。怖い顔して?
さわらには、バレンタインチョコないんだよ~。
P2134682.JPG
分かったよ。
じゃあ、これでどう?
P2144820.JPG
あはは。
気に入ってくれたみたいだね。

お腹いっぱいになったら、なんだか‥
P2134680.JPG
眠くなっちゃったね。
P2134677.JPG
おやすみ、さわら。
また明日、いっぱい遊ぼうね。


2013年2月12日

雪まつり その3

さて、とうとう「雪まつり ぽんこつレポート」も最終回となりました。
最後を飾るのは、PARK AIR ジャンプ台で行われたフリースタイルスキーです。

高さ24m、全長60mの巨大なジャンプ台。
こんなものが公園にできちゃうんだから、北海道恐るべしですね。
P2094105.JPG
ジャンプ台には、今年から新たにモーグルコースが新設されました。
演技が披露される前に、入念にコースを整備
P2094103.JPG
さあ、いよいよ演技が始まります!

ご機嫌な音楽にのって、華麗に滑り、空中を舞うスキーヤー。
おぉ‥かっこいいぞ~!
P2094238.JPG
こんなポーズだって‥
P2094138.JPG
こんなポーズだって‥
P2094163.JPG
こ~んなのだって
P2094206.JPG
やれちゃうんです。
なにしろ、日本トップレベルだから ♪
P2094310.JPG
終盤に入り、複数のスキーヤーが次から次へとコースに飛び出します。
P2094294.JPG
盛り上がる会場
P2094372.JPG
すっかり暗くなった空を背景に、浮かび上がる2つのシルエット。
もはや人間業とは思えない‥。
P2094333.JPG
スキーヤーが滑り降りるたび、舞い上がった雪煙が顔に当たります。
この場を共有している実感が込み上げ、それはそれは感動の嵐でした。


P2094400.JPG
寒さを忘れて、心から楽しんだ数時間。
イベントの制作に係わった全ての人に感謝しながら、帰路につきました。

ありがとう~ 札幌!
ありがとう~ 北海道!


長々と続いた雪まつりシリーズ、
最後までお付き合いくださいましてありがとうございました。


おまけ
P2124672.JPG
あたしもエアーが得意なんです。


2013年2月11日

雪まつり その2

前回予告しました通り、雪まつりでの
プロジェクションマッピングぽんこつレポートをお届けします。

ちなみにプロジェクションマッピングというのは、
プロジェクターを使って建物などの立体物に、形状に合った映像を写し出すことで
光の演出‥いや、芸術と言った方がいいかなぁ‥。
ともかく、ワクワクするような夢の世界を見せてくれるものなんです。(ざっくり!)

ついでながら、雪像へのプロジェクションマッピングは 世界でも初めてだということです。

で、こちらが そのお目当てのアウディーのブース。
下見のときに撮った写真です。
P2094098.JPG
なんの変哲もない小さな雪像にしか見えませんでしたが、
ショーが始まった途端、それは一変しました。

雪像には命が吹き込まれ、間違いなく車は走り出しました。
P2094431.JPG
アップテンポの音楽に合わせ、加速する車。
P2094435.JPG
お~、アウディーやるね!
P2094440.JPG
車体は赤になったり
P2094474.JPG
青になったり
P2094448.JPG
ゴールドになったり
P2094456.JPG
シンプルなシルバーもいいね~!
P2094466.JPG
うわぁ~、シートまで透けて見えた~。
P2094470.JPG
かっこよすぎるよ、アウディー!
P2094471.JPG
あちらこちらから聞こえてくる、どよめきと歓声。
なんとなく野太い声が多い気がしました。

それにしてもすごい人でした。
開始15分前に行ったのにブース内は満員で、背伸びをしてもほとんど車が見えない状態。
プロジェクトマッピングが終わって人が入れ替わるのを待ってやっと写真が撮れましたが、
それでも人の頭や手や携帯などが一緒に写ってしまいました。
ぽんこつです。

でも楽しかった~。
楽しいといえば、雪まつり会場で見たモーグルも最高でした!

というわけで、次回は雪まつりシリーズ3「モーグルのぽんこつレポート」をお届け予定です。
しつこくて、ごめんなさい。

2013年2月 9日

雪まつり その1

昨日、何年ぶりかで「さっぽろ雪まつり」へ行ってきました。前日の大荒れの天気が嘘のように、空は真っ青な青空。 あ~、気持ちがいい。
3連休初日でお天気もまずまずということもあってか、何処もかしこも人でいっぱいでした。
活気があっていいな~。 少なくても最初はそう思っていました。

         大氷像 氷の国 「白き翼のプリンセス」
P2094114.JPG
P2094087.JPG
会場では北方領土返還返還を求める署名活動なども行われていて、用意された風船には、「2月7日は北方領土の日」
「北方四島の早期返還を!」
などの文字が印刷されてありました。


         大雪像 歌舞伎座                  大雪像 伊勢 神話への旅
P2094062.JPG
P2094039.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
           豊平館                          喫煙所
P2094092.JPG
P2094124.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大雪像も氷像も、それはそれは素晴らしい出来栄えでした。
雨や暴風雪の試練をくぐり抜けてきたとは到底思えない 完成度の高さです。製作者の方々のご苦労、
並大抵じゃなかったでしょう。お疲れ様でした。

P2094398.JPG
陽が傾き始めると急激に気温が下がり始め、さすがに寒さが堪えるようになってきました。

人の数は徐々に膨れ上がり、もはや通路は満員電車状態で思うように前に進むことすらできません。
お腹も空いてきたけれど、お目当ての飲食ブースまでは遠い‥。スープカレーのたまらない匂いを思い出し、「あの時食べておけばよかった。」と後悔したのでした。
あ~!お腹すいた~!

この混雑、もしかしらた今年から始まったプロジェクションマッピングのせいかもしれませんね。
かくゆう私も、まさにその類なのですけれどね!
(プロジェクションマッピング:プロジェクターを使って建物や車などの立体物に、形状に合った映像を映し出すこと。光の演出)

P2094089-001.JPG
P2094476.JPG
 
 
 
 
 
  


 
 
 
 
 
というわけで、次回は苦労の末の「ぽんこつプロジェクトマッピングレポート」をお届け予定です。


2013年2月 7日

モノクロ

 予報通りに、お昼頃から雪が降り始めました。
湿り気のある重い雪です。

日は長くなってきましたが、外は相変わらずモノクロの世界です。
庭の植物のほとんどは、重い雪の下に横たわったままです。

P7013733.JPG
雪解けが進み、地面が見え始める頃になると
ガーデニングへの想いが、一気に吹き出します。

でも今は まだ雪の下。
降り続く雪を見ながら遠い春を思います。


2013年2月 6日

1人と1匹暮らし

夜、急にガタガタって音がする。

さわらはベッドの上。
私の足元で丸くなって寝ていたけれど、物音で目を覚まし
 こちらをじっと見ている。

P2053698.JPG
何だろう。
嫌だけど、自分で確かめるしかない‥か。

上着を羽織って、家中の電気をつけてチェックする。
特に変わった様子はない。

それでもなんとなく不安で、スタンドの電気をつけたままで眠る。
翌朝、玄関に立てかけてあった除雪用のスコップが倒れているのを見つける。
な~んだ、これが原因だったのかぁ。


ぐらぐらと揺れる地震で目が覚める。
さわらと目が合う。

P2053711.JPG
「地震だね~。大丈夫だよ。」
寝ぼけた声で言ってみたけど説得力がなかったらしく、
はじかれたようにベッドから飛び降りたさわらは、何処かに逃げて行ってしまった。


※※※ ※※※ ※※※ ※※※ ※※※


なんか、眠そうだね~。
P2053687.JPG
うわぁ~、悪い子の顔
P2053697.JPG
何でだろう‥色っぽく見える‥。
P2053690.JPG
ごめん、ごめん。落ち着かないよね。
もう写真撮らないから。

ほら、寝んねして‥。

P2053704.JPG
おやすみ‥

それでもおまえを、頼りにしてるよ。



2013年2月 5日

立春は過ぎたけれど‥

立春が過ぎましたが、
今日はなかなか気温が上がりません。
お昼前になっても氷点下6℃の寒さです。

風も強く、外は凍えるような北西の風が吹き荒れています。

屋根にたまった雪が強風に煽られて、
まるで何かの生き物のように空を舞い踊ります。
排雪の目印になっている旗は、ぱたぱたと大きな音を立てています。

それでも、陽に輝くキタコブシの芽や
P2033327.JPG
力強くなった太陽の力は、
間違いなく季節が動いていることを教えてくれます。

残り少なくなったノイバラの実をついばみに、ヒヨドリがやって来ます。
餌探しに苦労している様子なので、数日前から時々バナナをやり始めました。

ヒヨドリ
P2033328.JPG


おまけ

P1293141.JPG
私もなんだか、毛がいっぱい抜けるんです‥。



2013年2月 2日

雪塊

街中に突然現れた 巨大な雪山。
えっ、これは何?
どうやってこんなものがここに?

周りの景色となじまない巨大な雪の塊は、
まるで流氷のように勝納川(小樽)の河口にぷかぷかと浮かんでいました。



川岸に並んだ何台もの油圧ショベルが、絶え間なく動いています。
巨大なアームは唸り声をあげ、バケットが川に投げ込まれる度 しぶきが飛び散ります。

なんという迫力‥。

P1313267.JPG
雪を積んだトラックが次々とやってきては川に雪を捨てていきます。
油圧ショベルは捨てられた雪が固まってしまわないように、それらを攪拌をしていたのでした。

P1313255.JPG
それにしても、この雪の塊は?

検索で、この謎が解けました。
今年は油圧ショベルの攪拌だけでは、雪の処理が追いつかなかったのだそうです。
そこで市内各所から運ばれてきた雪を一旦川岸に置いて、それを
ロータリー除雪車で吹き飛ばして川の上に雪山を作った‥という事でした。

なるほどぉ‥。すっきりした。
それにしも、なんというスケールの大きさ!

何台もの油圧ショベルが一斉に川を攪拌する光景は、圧巻でした。
ふぅ~。