ホーム >

花咲か日記

2013年12月30日

ありがとうございました!

おまさ、何ボンヤリしてるの?
PC249265.JPG
うん? 今年1年を振り返っていたんだよ。

ずいぶん昔のような気がするけれど、お兄ちゃんが結婚したのって今年だったんだね。
二人ともホントに幸せそうで、私も嬉しかった。
お嫁ちゃん、とってもきれいだったね。
P1131677.JPG
ラスベガスに行ったのも今年だよ。
ベラージオの噴水ショーは、夢のようだったなぁ。

今でも思い出すんだ。
コン・テ・パルティロの美しい旋律と観光客の歓声やため息。

写真を撮るのを止めて、
お姉ちゃんと一緒に 黙ってずっと眺めていた。
幸せな時間だった。
P3156881.JPG
グランドキャニオンも楽しかったなぁ。
P3177406.JPG
無料バスに乗ってあちこちに行って。
日の出直後に見た風景は今でも はっきりと覚えてる。
あれはホントにすごかった。
ホントにホントにすごかった。
P3177677.JPG
ガーデニングシーズンは庭に出ずっぱりだった気がするなぁ。
時々さわらも一緒に庭で遊んだよね。

庭の公開中に、お客さんに抱っこしてもらったこと覚えてる?
みんなに可愛がってもらえて よかったね。
P7089395.JPG
P7089382.JPG
庭の公開期間が終わってからは、鳥見に割く時間が増えていったよね。
秋の宮島沼には3回も行ったっけ。
P9289713.JPG
冬支度が終わってからは、鳥見三昧の生活だったけれど
最近はちょっと抑え気味。

さわらとの時間が増えたね。
嬉しい?
PC260321.JPG
PC290695.JPG
来年はどんな年にしたいかって?
そうねぇ。
体力も頭も劣化の一途をたどっているから、
なんとか食い止める努力をしたいな。

サボりがちなカーヴィーダンスを真面目にするとか、
少し体重を落とすとか、
ケアレスミスを減らすために努力するとか。

実はね、今年出した年賀状。
差出人の名前、つまり自分の名前を入力するのを忘れてたんだ。
そういう類のミスが増える一方なんで
来年は意識して減らしていこうと思っているわけ。
かわいいで済まされる年はとっくの昔に過ぎたしね。
加齢への挑戦ってところかな。




今年1年、皆様には本当にお世話になりました。
拙いブログをご覧戴きましたこと、
励ましや温かいコメントをお送りくださいましたこと、
本当にありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。

新しい年2014年が皆様にとって素晴らしい年となりますように!



2013年12月27日

淡々と

北海道の天気は目まぐるしく変わります。

最低気温が前日と10℃以上違ったり、朝と日中の気温差が15℃以上あったり。
そういうことが珍しくありません。

PC269998.JPG
道路状況も 日によって、時間によって、場所によって刻々と変化します。
乾燥路、圧雪路、シャーベット、アイスバーン、ミラーバーン、
ブラックアイスバーン、吹き溜まり、
それに深いわだちや大きな水たまり。

今年の夏、車を大型の4駆からFFのフィットに変えました。
このところハンドルを握るたび緊張しています。

長都沼の風景
PC260012.JPG
PC260050.JPG
PC269706.JPG
PC269862.JPG

さらさらの軽い雪の降ったあと、森の中を歩くのが好きです。

とけないで残っていた木についた雪が、陽射しでハラハラと落ちてゆきます。
キラキラと輝きながら静かに空を舞います。

PC248948.JPG
冷え切った早朝、窓に咲いた霜の花を見るのも愉しみです。
自然の造形美は、何度見ても飽きるということがありません。

PC249242.JPG

今朝は暖かでした。
夜中に降り積もった湿った重い雪を、朝1番 ママさんダンプで片付けました。

日中は降り注ぐ陽射して道路の雪がとけ、
あちらこちらに大きな水たまりができました。

屋根の湿った雪の塊が、ラベンダーやバラの上に容赦なく落ちてきます。

PC249249.JPG
これから風が強くなり また雪が降るそうです。
さぁ、雪かきに備えて早く休みますか。



2013年12月25日

ふうせん

風船をたくさん買いました。
さわらへのプレゼントです。

座り込んで1つずつ膨らませていると、見てる、見てる。
PC259380.JPG
こっちにおいで。
と声をかけると、プイ!

猫は面白いです。
PC259395.JPG
知らん顔をしていると、やって来ました。
慎重な足取りです。
PC259456.JPG
興奮してケリケリとか猫パンチが始まるのではないかと期待しましたが、
至って冷静なさわら。
PC259567.JPG
おまえ大人だね。
私なんて見てるだけでテンション上がるのになぁ。
PC259577.JPG
どうみてもこれ、おまさが欲しかっただけでしょ。



4人の子供達からクリスマスプレゼントが届きました。
優しい気持ちをありがとう。

ヒゲ君、見ている?
今年も幸せなクリスマスだったよ。
愛にあふれたクリスマスだったよ。





2013年12月23日

ドカ雪

毎年クリスマス前後に ドカ雪が降ります。
今年もきっちり降ってくれました。

窓の外は雪で真っ白(12/22)
PC228447.JPG
夜になっても雪は降り続き
PC228488.JPG
2日続けて、本気モードの雪かきとなりました。


※※※ ※※※ ※※※ 


午後から 近所の公園にヨシガモの様子を見に行きました。

池は橋を隔てて2つに別れています。
一方は、ほとんどが結氷していましたが
PC238626.JPG
もう一方の池は まだまだ大丈夫。

雪の降る中、新入りのカワアイサ(メス)が
ボサボサ髪をなびかせて張り切って泳いでいました。
PC238596.JPG
ヨシガモも元気にしています。
エクリプスもそろそろ終盤。
顔が緑、額や頭頂部が赤茶色になってきました。
PC238820.JPG
ヨシガモについては野鳥日記に詳しく紹介させて戴きました。
興味のある方は、こちらをご覧くださいね。






2013年12月20日

クリスマス

もうすぐクリスマス。

PB271677.JPG
おまえと一緒に過ごすクリスマス。
今年で3度目になるね。

プレゼント、ネズミの玩具でいいかな?

PB271543.JPG


メリークリスマス!

世界中の全ての人に、幸せが届きますように。
笑顔に満ちた、温かで優しい時間となりますように。

PB271774.JPG
おまえが大好きだよ。



2013年12月18日

一緒にお掃除


風のない穏やかな午後、
さわらと一緒に玄関掃除をしました。

PC187728.JPG
気温は3℃しかありませんでしたが、
陽射しのおかげでポカポカです。


久しぶりの外が嬉しかったのでしょう。
家に戻ってから、はしゃぐこと。

走り回ったあとは、ベッドでバタンキュー。

「ごはんだよ~。」の声で目覚めるまで
昏々と眠っていました。

PC074331.JPG
お外、楽しい。


暖かな日があったら、また出してあげるからね。





2013年12月16日

羽のある風景 その1

葉が落ちて明るさを取り戻した恵庭公園。
数日前からの雪で更に明るくなりました。
PC147043-001.JPG
一昨日の最低気温は氷点下13℃を下回りました。
それでも湧水でできたユカンボシ川は結氷しません。

クレソン
PC147121-001.JPG
見通しのよくなった森の中で、アカゲラの姿が目につくようになりました。
ヒヨドリやツグミ、シメ、トラツグミ、カラ類。
森は野鳥で賑わっています。

アカゲラ
PC147140-001.JPG
風の悪戯で、あちらこちらに吹き溜まりができました。
PC147076-001.JPG
林の中を散策中、突然白い腹を見せて猛禽が急降下。
オオタカでした。

雪上に降りたオオタカを見逃すまいと
瞬きもせず じりじりと前進しましたが、先に見つかってしまいました。

飛び去るオオタカの足には小鳥が掴まれていました。

PC147181-001.JPG
外歩きをしていると、
生々しい命のやり取りの現場に出くわすことが少なくありません。

一つの命が別の一つの命をつなぐのです。

だから、食べ物を粗末にすることはしたくありません。
私にできる せめてものことだと思っているからです。




2013年12月13日

雪が降りました

久しぶりに雪が降りました。
夕方から吹雪いてきて、外は真っ白。

玄関アプローチも、風が運んできた雪でまた埋まってしまいました。
明日は、雪かきで始まる1日になりそうです。
PB281813.JPG

前回のブログで、そろそろ鳥見もひと休み‥。
なんて言ったばかりで恥ずかしいのですが、
実は昨日、苫小牧で鳥見をしてきました。

未だ見ぬ憧れの鳥(ベニヒワ)がウトナイに出ていると知り、
居ても立ってもいられなくなったのです。

早朝、新千歳空港辺りはブラックアイスバーンになっていて
ちょっと緊張しましたが、何事もなく無事目的地に到着。

湖にはハクチョウやマガンの姿はなく、
近くに見えたのは数羽のオナガガモだけでした。

でも、湖岸に写真仲間が居てびっくり!
世間は狭い‥。

オナガガモ(オス)
PC125856.JPG
目的の野鳥探しに、仲間が手を貸してくれることになりました。
ベニヒワ、ベニヒワ‥。

エゾリスさん、ベニヒワ見なかった?
PC125958.JPG
ハンノキで食事中のマヒワの群れを見つけました。
ベニヒワ、混じって‥ないね。
PC126494.JPG
PC126483.JPG
1時間半ほど歩き回りましたが、結局
お目当ての鳥は見つかりませんでした。


写真仲間はこれから鵡川へ行くというので、
私も同行させて頂くことに。

鵡川では‥

荒波にもまれるシノリガモや
PC126652.JPG
地上を歩くコクガンの幼鳥
PC126563.JPG
それに、立派なオオワシに会えました。
PC126722.JPG
PC126798.JPG

その後、仲間と別れ北大研究林へ向かいましたが、
大した収穫もなく帰宅。

後で聞いた話によると、お仲間は
ウトナイ湖でシジュウカラガンの写真を撮ったとのこと‥。
しまったぁ。


おっ、雪が止みました。

アメダスによると積雪21cm になっているけれど
除雪車、入ってくれるかなぁ。

雪の降る前に鳥見ができて、良かった。




2013年12月11日

オフシーズン

あっという間に今年もあと半月です。
鳥見三昧の日々も、そろそろおしまいかな‥。

オオハクチョウ(鳴きながら降下)
PC095031.JPG
北海道のガーデニングは、春から晩秋まで。
冬囲いが終わると、庭に出ることはほとんどなくなります。

しばらくは年末年始の忙しさに紛れて忘れていますが、
年が明けて落ち着いてくると 猛烈に庭が恋しくなったものです。

でも鳥見を始めてから、新しい冬の楽しみができました。
極寒の地にも鳥が居てくれて、助かりました ♪

ヒシクイ
PC094796.JPG
いつの間にか、撮った鳥の種類が180を超えました。
(出来損ないの写真も入れて)

新しい鳥との出会いは 心ときめくものでした。


野山を歩き、空を眺め、鳥の鳴き声に耳を澄ませ‥。
鳥見をするようになって、見慣れた風景が違って見えるようになりました。

カイツブリ(魚、獲ったど~!)
PC115814.JPG
止められません、鳥見。
止められません、ガーデニング。




おまけ

PC074323.JPG
あたしも鳥が好きです。





2013年12月 6日

カモ

今日は、公園の池などで見かけることの多い
馴染の深いカモの仲間を紹介することにしました。

ガーデニングのサイトなのに?
えへへ‥。(汗)

マガモ(メス)
PA182672.JPG
一口にカモと言っても、案外その種類は多く
繁殖期か非繁殖期か、
雄か雌かによっても違いが出てくるため
慣れないと見分けに手こずります。

上の写真と下の写真は同じマガモですが、
同じ鳥と思えないほど雌は地味です。

マガモ(オス/繁殖羽)
PB055552.JPG

季節によっても、マガモ(雄)の羽色は大きく変わります。
下の写真は10月上旬に撮りました。
右が雄で、左が雌。

上の写真と比べると、雄は明らかに羽色が地味ですよね。
繁殖羽に換毛中(エクリプス)のオスは、パッとしません。

マガモの番い(非繁殖羽)
PA141725.JPG

雄でも雌でも、繁殖期でも非繁殖期でも
全く同じ姿をしているカモもいます。

カルガモです。

マガモのメスに少し似ていますが、くちばしを見れば識別できます。
先端がポツンと黒くなっているのが、マガモ。
黄色くなっているのが、カルガモです。

カルガモ
PB055572.JPG

ちょっと変わり種になりますが、
餌付けされている場所だと、交雑種が現れることもあります。

下の写真は、マガモとカルガモの混血(多分)。

外観はどちらかというとマガモに似ていますが、
常にカルガモと行動を共にしています。

マガモやカルガモは雌のみが子育てをするので、
おそらくカルガモが母親だったのではないか
と 勝手に推測しています。

マガモとカルガモのハイブリッドガモ(オス/繁殖羽)
PB250957.JPG
ちなみにこちらが非繁殖羽。(手前)
この子に限っては、非繁殖羽の方がきれいに見えますね。
PA030297.JPG
続いては、コガモ。
マガモやカルガモに比べると、かなりのおチビちゃんです。

コガモ(オス/繁殖羽)
PC054254.JPG
コガモ(メス)
PC054238.JPG

最後は、ヨシガモ。
非繁殖羽のオスです。

身近なカモの仲間とは言い難い水鳥ですが、
羽を傷めて渡れず、以来ずっと近所の小さな池で頑張っています。

この子については、別の機会に時間をとって
ゆっくりお話したいと思っています。

PA182648.JPG
長々と失礼しました。
鳥に興味のない方、スルーしてくださいね。





2013年12月 4日

独り言

もともとそそっかしい方なんだけれど、
最近は度を越していて 自分でもびっくりしてしまう。

数日前、シャワーを浴びた後
飲み物を持って自分の部屋に入った。

何気なくドレッサーの上に置いて、
濡れた髪をタオルで拭いた後 化粧水をつけようとしたら、
手のひらから冷たいアセロラがこぼれ落ちた。

PC044185.JPG

節電対策で購入した小型ストーブ。

リビングダイニングの大型ストーブの使用を止め、
キッチンに立つときだけこのストーブを使うことにしている。

厚着をすれば、まだなんとかいける。
これも新しいレンズを買うため。
負けないぞ~。

と頑張っているのだが、朝キッチンに入ると
ストーブがつけっぱなしだったりする。

PC044180.JPG

水道から流れる水を飲むのが好きな、さわら。

かわいい顔をして「にゃあ、にゃあ」とねだられると、
つい蛇口を開けてしまう。

先日、鳥見から戻ったら
水がジャージャー出たままになっていた。

あかん‥。

PC044181.JPG
鳥の名前や生態は、まだまだ覚えられるのに
日常の生活がこんな有様。

おぉ~い、私。
しっかりしろ~。