ホーム >

花咲か日記

2014年6月29日

ただいま

母の手術(人工膝関節置換術)に合わせて、4日ほど故郷に戻っていました。
手術は無事に終わり経過も順調。

27日の夜に自宅に帰宅しました。
さわら、ただいま。

翌日(28日)はイベント(花とくらし展)。
早朝から庭の手入れをする予定でしたが、外はあいにくの雨です。
しばらく待ちましたが止みそうにもないので、雨具をつけて庭の手入れをしました。

P6280148-001.JPG
P6280162.JPG
アンジェラ
P6280216.JPG
アメリカテマリシモツケ(ディアボロ)
P6280238.JPG
グラミスキャッスル
P6280107.JPG
ゴールデンボーダー
P6280128.JPG
ジギタリス
P6280180.JPG
アンブリッジローズ
P6280164.JPG
雨さん、雨さん。
どうかそっと降ってください。
きれいに咲いた花が散らないように。
地面に倒れてしまわないように。

P6280252-001.JPG



2014年6月22日

バラ、バラ、バラ


P6220009.JPG
青空が広がっています。

強い日差しが降り注ぎ、いよいよ本物の夏がやってきたという感じです。

花壇のバラが次々に開花してきました。

バラに顔を近づけるといい香りがします。

今までの苦労が報われるときです。

ゆっくりと息を吸い込んで、幸せをかみしめます。


今日は 撮ったバラの写真をズラッと並べてみました。
 
P6210008.JPG
P6200010.JPG
左から
P6220043.JPG
P6220047.JPG
P6220038.JPG
アンブリッジローズ
ノイバラ

下の段、左から
キャサリンモーレー
マサコ
ジャック・カルティエ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 


P6220066.JPG
P6200004.JPG
左から
ロサ・グラウカ
ゴールデンボーダー
 
アーチのアンジェラや、パーゴラのポールズ・ヒマラヤン・ムスクも咲き始めました。


フェルディナンド・ピシャール、メアリーローズ、スヴニール・ド・ラ・マルメゾン、ホワイト・メイディランド、ラプソディー・イン・ブルー。

どんどん咲いてくれるのは嬉しいのだけれど、どうか「花くら」まで持ち堪えておくれよ。





2014年6月19日

縁の下の力持ち

恵庭の道の駅(花ロードえにわ)は、いつも人でいっぱい。
買い物をする人、花を眺める人、散歩を楽しむ人、
活気があっていいですね。

敷地内に広がる花壇が見頃を迎えています。

P6190140.JPG
花壇の中心は、バラや宿根草。
落ち着いた品のいい植栽が、とても素敵です。

アルケミラモリス、ストケシア
P6190138.JPG
ピンクがかったグラスは、ホルデューム( Hordeum jubatum )
P6190156.JPG
ルピナス
P6190158.JPG
数名の有志によってつくられたという花壇は、かなりの広さがあります。
この日は有志の方々以外に、5名の花サポーターさんがお手伝いにいらしていました。

こうした無名の縁の下の力持ちを、私は心から尊敬しています。
P6190121.JPG
花壇の片隅に、シロツメクサとコウリンタンポポがちょっぴり植えてありました。
ほっこりと温かな気持ちになりました。

写真は、花壇近くの草原。(シロツメクサとコウリンタンポポの群落)
P6190123.JPG


おまけ

お昼は、道の駅のパン屋さんで買ったかぼちゃプリンパンを戴きました。
しっとりふわふわのパン生地の中に、トロリとしたかぼちゃプリンが入っています。
なかなかの美味でした。




2014年6月17日

次々に


宿根草が次々に咲き出しました。

アルケミラモリス、チャイブ、ゲラニウム、ジギタリス、アムソニア、

そして、アストランティア。

P6170024.JPG

ラムズイヤーにも、濃いピンク色の小花がついてきました。

P6170033.JPG

オルレアとアルケミラモリスはご覧の通り。

P6170018.JPG

バラも続々と開花中です。

スタンウェル パーペチュアルに続き、ロサ グラウカ、ラプソディー イン ブルー、
ノイバラ、スブニール ド ラ マルメゾン、アンジェラ。


こちらは、ノイバラ(ムルチフローラ)です。

P6170009.JPG
そろそろ青空が欲しいところですが、
明日も午後から雨模様。

遠方からのお客様、どうか気を付けていらしてください。



おまけ

 
負けないぞぉ~!
 


2014年6月16日

ぎっくり腰とハンギングバスケット


一昨日、久々に雨が上がりました。

長雨の後の庭はやることがいっぱいです。
先日痛めた腰をかばいながら、スローテンポで庭仕事を始めましたが
いつの間にか本気モードに‥。

ラプソディー イン ブルー
P6150001.JPG

新しく入れたレンガを足で踏み固めていて、ズキ~ン!
またやってしまいました。

前回ほどの痛みじゃなかったので、しばらく休んだあと仕事を続行。

植え替え用のオステオスペルマムを花壇に植え終えて、立ち上がろうとした瞬間、
再びズキン~!
不覚にもその場に崩れ落ちてしまいました。

ちょうど庭を見に来られていた方がいらしたので心強かったのですが、
マズイことになったとため息吐息‥。
これはホントに無理ができないぞ。

オステオスペルマム
P6150031.JPG

玄関に置かれたままのハンギングバスケット。
痛めた腰のせいで、いつまで経っても吊るせません。

P6150018.JPG
ポットの土を落として軽く作り直したものですが、
ぎっくりおまさには重すぎる代物です。

困ったなぁと眺めていたら、そこへ偶然、花友と娘さんが登場。

スラリと背の高い健康的美人の娘さんを見て、ここは頼むしかないと
思い切ってお願いをすることに。

娘さん、笑顔で「大丈夫ですよ。」とハンギングバスケットを抱え、
アーチの下まで行ってくれました。

ところが予め準備をしていなかった私。
いざチェーンをかけようとしたら、フックが1個ない!

結局元の場所までハンギングバスケットを戻してもらうこととなりました。
あ~、私のバカ~!


アルケミラモリス
P6150015.JPG

フックは箱の中に残っていました。

間抜けな自分に嫌気がさしつつ、フックをつけ
ハンギングバスケットにチェーンをかけました。


庭先でアーチをぼんやり見ていたら、お隣のご夫婦の姿が見えます。

行ったり来たりを繰り返すこと数回。
意を決してお願いをしました。


今ハンギングバスケットは、アーチの下で揺れています。

「他に力仕事があったら何でも言ってください。」
ご主人はにっこりと笑われました。

「ホント、遠慮しないで。」 奥さんが心配顔で仰いました。

私は幸せ者ですね。





2014年6月13日

雨が上がったら

先週から雨が続いています。

ジャックマニーが上へ上へと伸びています。
放っておくと上にしか花がつかなくなるので、雨の中、横に誘引してやりました。

ジャックマニー
P6130011.JPG

芝も伸びてきました。
雑草も目につきます。
ゲラニウムはみんな、だらしなく倒れてしまいました。

雨が上がったらやることがいっぱいです。


今日になってナツヅタに病気が出ているのに気づきました。
褐色円斑病(かっしょくまるはんびょう)です。

明日も明後日も雨だそうだから、広がりそうです。

P6130004.JPG

ヤマボウシの花
P6080032.JPG

雨の上がった9日の午後、ちょっとだけ近所を散歩しました。

しっとりとした緑のせいでしょうか。
雑草がとてもきれいに見えました。

P6090012.JPG

公園にはハマナスが咲いていました。
ドキリとするような鮮やかな花色でした。

ハマナス
P6090024.JPG

そしてこちらは、ジプソフィラ。
帰り道、花友の庭に咲いているのを撮らせてもらいました。

P6090058.JPG


おまけ

P6130013-003.JPG
あたしも応援しています。



2014年6月12日

倒れないで~!まだ咲かないで~!

毎日雨が降り続きます。

灰色の空の下アメリカテマリシモツケが、コデマリに似た花を咲かせ始めました。
緑の葉はルテウス。
(写真は開花直前のものです。)

P6080043.JPG

銅葉はディアボロ。

P6120038.JPG

ほんの5日前まで一雨欲しいと思っていたのですが、
こうも雨が続くと喜んでばかりはいられません。

植物の雨対策。
倒れてから手入れするのは大変と、あれこれ知恵を絞っています。


華奢なアムソニアには、
雨の降る前に支柱を立てておきました。

P6120025.JPG

ゲラニウム(ビオコボ)の株の周りには
ガーデンフェンスを差し込んでみました。

でも‥ダメですね。
降り続く雨で茎が倒れて、中央に窪みができてしまいました。
まるで「フランシスコ・ザビエル」です。

P6120026.JPG

こちらは、強い雨に打たれてもびくともしないユーパトリウム。
梅雨時、こういう植物は頼もしく見えますね!

P6110048.JPG

鉢植えのゴールデンボーダーは開花寸前になりました。

開いた途端雨で傷むのはかわいそうだけれど、
こればかりは仕方ないですね。

P6120011.JPG

ラプソディー イン ブルーの蕾も色づいてきました。

P6120021.JPG

例年なら我が家の庭の見頃は7月の上旬。
でも今年は10日前後早まりそうです。

既に予定を立てていらした方、ホントにすみません。


おまけ

P6030007.JPG
雨、止みませんね。


2014年6月10日

蝦夷梅雨

ぐずついた天気が続いています。
蝦夷梅雨だそうです。

雨の中、スタンウェル パーペチュアルがきれいに開きました。
傷んでしまう前にと、傘をさして写真を撮ってみました。

P6100009.JPG

雨の降る日は天気が悪い。

天気が悪いと、何故かやる気も出てきません。

家の中でできる仕事はいっぱいあるはずなのに‥。
傷めた腰のせいか、はたまた単に怠け癖が出たのか。

ベッドの上に転がって、腰痛体操をやってみます。


ついでにさわらの動画を撮ってみました。



さわら流礼法

さわらは水を飲む前に、必ず前足で「かきかき」をします。
この作法なしで水を飲むことは決してありません。

洗面台の蛇口をひねってやったら、いつものように飛び乗って来ました。

よし、撮るぞぉ~。

カメラが気になるのか、いつもよりちょっとおとなしい「かきかき」。
よろしければご覧くださいね。

 


2014年6月 8日

長袖でちょうどです

関東は記録的な大雨に見舞われたとか。
こちらでも今朝になって、ぽつぽつと雨が降り出しました。

P6080012-001.JPG
去年、一昨年と 花つきの悪かったツルアジサイ。
今年はいっぱい花が咲きました。

やっぱりアジサイには雨が似合いますね。

P6080015-001.JPG

雨が本降りになる前に、慌てて芝に肥料をやりました。

昨日の朝ぎっくり腰になったので、恐る恐るパラパラパラ。
よし、これで水やりの手間が省けたぞ‥。



ラベンダーの代わりに植えたネモローサが、早くも満開です。
バラとのコラボレーションは期待薄になってしまいましたが‥

P6080014.JPG

ゲラニウム(ビオコボ)とのコラボを満喫できたので、まぁ良しとします。

P6080013.JPG

庭の宿根草がぐんぐん成長して、花壇の土が目立たなくなってきました。
奥のリグラリア(ブリッドマリークロフォード)がもう少し大きくなれば、
バランスが良くなりそうです。

P6080023.JPG

ケンブリッジ( ゲラニウム )の花も開き始めました。
花つきのよいケンブリッジやビオコボは、満開になると見応え抜群です。

P6080021.JPG

雨の中、とうとうバラが開花しました。
スタンウェル パーペチュアル、こんにちは~。

P6080028.JPG

アルケミラモリスにも、星形の小さな花を発見!

P6080006.JPG

こぼれ種から大きくなったジギタリス。
こちらの花が咲くのはあと1週間くらい先でしょうか。

P6080035.JPG
真夏のような暑さはなくなりました。
今は、厚手の長袖シャツでちょうどの気温です。

でも一旦入ってしまった開花のスイッチ。
もう止められそうにありません。

花とくらし展、大丈夫かなぁ‥。



2014年6月 6日

ノボリフジ

お隣の畑のルピナスが満開です。

ノボリフジ(昇藤)って言うんだよ。
そう教えてくれたのは、畑に苗を植えたご本人でした。

P6060018.JPG
藤の花が逆さまになったように見えるから、昇藤なんでしょうね。

花は下から順番に開いていきます。
個人的には、上まで開ききった姿よりこのくらいが好みです。

花壇に植えるには場所を取るし、1株だけ植えても様にならない。
ルピナスは群生させると見応えがあります。
畑に広がるルピナスを見ながら、
心底「ありがたいなぁ。」と思うのです。


※※※ ※※※ ※※※



私は草花の衝動買いをほとんどしません。
「植え場所がないから」というのが大きな理由ですが、
先日堪えきれずに宿根草を買ってしまいました。


トロリウス・クルトルム" アラバスター "
Trollius ×cultorum " Alabaster "

キンポウゲ科、キンバイソウ属

P6050020.JPG
ボタンキンバイの仲間で、花色は淡いレモンイエロー。

写真の株はまだ完全に開いていませんが、
開いた花はころころとしていて、まるでポリアンサローズのようでした。

花は晩春だけでなく秋にも花が咲くそうで、
耐寒性、耐陰性ともに優れているというからすごいでしょ。
‥で、我慢できなくなりました。(笑)

トロリウスは、午前中たっぷりと陽の当たる東側の花壇に植えてやりました。
広がり過ぎたプルモナリアを整理して‥。

そうなんですよね。
何かを1つ植えるためには、何かを1つ処分しなきゃならない。
いい場所が見つからなきゃ、鉢植えで育てるか、
ポット苗を持ったまま庭をうろうろする羽目になっちゃう。

まっ、とりあえず今回は、まずまずの植え場所が見つかったのでセーフでしたけれど。

大株になってレモンイエローの花が株を覆うようになったら、
もしかしたらあなたの所へお嫁にいくかも~。




2014年6月 5日

南風

強い南風が吹いています。

レースのカーテンが大きくまくれ上がり、
網戸越しに乾いた土埃が家の中に入ってきます。

アジュガが満開になりました。
(白い小花はクルマバソウ)
P6050048.JPG
ここ数日の真夏のようなお天気で、植物たちが次々と花を咲かせ始めました。

ゲラニウム、アストランティア、アムソニア(チョウジソウ)、
チャイブ、オダマキ、フタマタイチゲ。

バラの蕾も、日に日に大きくなってきました。


下の写真は左から、ヤマボウシ、ラムズイヤー、アルケミラモリス。
 
P6040053.JPG
P6040014.JPG
P6040020.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どれもいつもの年よりちょっぴり、いえ、かなり早い成長ぶりです。

今月末の土日(6/28・6/29)には、「恵庭・花とくらし展」が開催されます。
「もしバラが咲き終わっていたらどうしよう‥。」などと、ちょっぴり気をもんでいます。



おまけ

P5110029.JPG
チッチがいなくなって、あたし寂しいです。



2014年6月 3日

オープンガーデンのお知らせ

毎日暖かい‥いえ、暑い日が続いています。

我が家の庭でも、バラに蕾がつき始めました。
この勢いだと今年のバラのピークは今月下旬になりそうです。

で、オープンガーデンの期間を 例年より少し早めることにしました。

P6010010-001.JPG
庭の公開期間は
6月14日(土)~6月23日(月)までと
6月28日(土)~7月7日(月)です。

公開期間中は庭を開放します。
(住宅地ですので駐車等、ご近所への配慮にご協力くださいね。)

P6020043.JPG

昨日シジュウカラのヒナが無事に巣立ちました。

パチパチパチ!

巣箱付近の花壇に、ようやく近づくことができるようになりました。
下の写真はその花壇。
白い花は、ヒメウツギです。

P6010020.JPG

こちらは巣立って間もないシジュウカラのヒナの写真。
まだ上手に飛べません。
どうして網戸にしがみついているのかって?

P6020082.JPG
詳しくは、野鳥ブログで紹介しています。
興味のある方は、こちらをご覧になってくださいね。

http://www.yachou.org/blog/2014/06/02/巣立ち雛-2/



おまけ

P6010041.JPG
あたし、明日から庭に出てもいいですか?