ホーム >

花咲か日記

2016年3月29日

春がきた

春を探しに フィールドを歩いてきました

やわらかな春の陽射しの なんと気持ちいいこと

ヒバリのさえずり アカゲラのドラミング
トビの鳴き声さえ 楽しげに聞こえます


福寿草

P3270020.JPG

フキノトウ

P3290009.JPG


我が家の庭では ビオラが蕾をつけました
去年の秋にチューリップの球根と一緒に植えた 寄せ植えのビオラです

ユリ咲きの白いチューリップに合わせ
シックな黒い色を選びました

今年は株が元気です
チューリップの芽も出てきました

ビオラ

P3290011-001.JPG


昨日 ほとんどの庭木の冬囲いを外してやりました

フェチダスにかぶせていた鉢も そろりと取ってやります
ふにゃりとした弱々しい葉が寒そうです

フェチダス

P3290026-001.JPG

竹で囲った方のフェチダスは シャンとしています

フェチダス

P3290024-001.JPG


さて 前回の電気温水器の水漏れ騒動のその後

28日に業者さんのおかげで 無事に修理が終わりました
代用のパイプが上手く接続でき 温水器本体の交換を免れました

浴室の調整蛇口の取り替えも無事終了し ホッと一息です

修理翌日 洗濯機の蛇口から少量の水漏れがありましたが
これは栓が緩んでいただけだったので
固く締めなおして完了~(業者さんがやってくれました)


温水器の水漏れ
浴室の調整蛇口の故障
洗濯機の蛇口からの水漏れ
長靴の穴で靴下べちゃべちゃ事件

わずかの間に次々と起きる災難に少々嫌気がさしていますが
終わりよければ全てよし

ご近所さんの親切心や 業者さんの誠意ある対応には
心から感謝しています
ほんとうにお世話になりました

そして皆様にも
応援をありがとうございました~!


これで水漏れのお話は全て終わりです
‥終わりだよね?



おまけ

P3170138.JPG
あ~! 水が漏れてる (さわら)

こら 嘘つくな! (おまさ)



2016年3月25日

凍解(いてどけ)と温水器

朝方降ったのでしょうか
アスファルトに うっすらと雪が積もっています

でも こんなお天気も そろそろ終わり
これから一気に気温が上がり 北国にも春が駆け足で近づいてくるとか


日本各地で桜の便りが聞こえてくるようになりました


コサメビタキ  撮影 2013-5-22
P5224312.JPG

桜が咲く頃は庭仕事の1番忙しいとき

庭を眺め さあどうしよかと腕を組みます

粗方プランが決まったら
宿根草の株分けやら 植え替え 春の寄せ植え

お目当ての植物を手に入れるための ナーサリー通い

そうそう 肝心の土作りを忘れちゃいけませんね


この辺りの桜の時期は 例年通りだと5月の連休明けの頃ですから
まだまだ先のことになりますが

各地の桜の頼りに心躍らせながら
まずは雪が消え 地面のしばれ(凍結)がゆるむのを待ちます

杉苔
P3250019.JPG

チューリップの芽
P3250020.JPG

庭にると 時々ハクチョウの声が聞こえてきます

渡り鳥の動向を気にしつつ
浮き上がったゼニゴケを取るという
実に平和な時間を過ごしていたとき

突然それはやってきました

水漏れ‥

設置して18年になる電気温水器の本体下から
水(お湯)がポタポタと漏れているのです

P3250033.JPG

水漏れは恐ろしい‥
過去の惨事を思い出しプチパニックになりつつ
蛇口の下にたまった水を雑巾で拭きとり
ほくでんさんに紹介してもらった会社に急いで連絡をとりました
 
そうこうしているうちに
ぽたぽたと落ちていたお湯が細い糸のようになって落ち始めます
気が動転する私

電気機器メンテナンス会社からは
「伺えるのは夕方になります」 とのこと

「それまではどうしたらいいんでしょう?」
と食い下がる私に
事務の女性が「水の元栓を閉めれば水漏れは止まると思うんですけれど
元栓を閉めても トイレの水は出ますから」
とアドバイスをくれました

ところが すっとこどっこい!
肝心の水の元栓がどれか分からない
赤いのや黒いのやら バルブがいくつもあるし
壁の近くにはレバーみたいなのもある

試しに温水器の下の青い水栓を回してみたけれど
水漏れは一向に止まらない
これじゃないんだ‥

P3250040.JPG
途方にくれ思い余った私は
恥を忍んでご近所さんに助けを求めることにしました
 ピンポーン!

何?どしたの?

あのぉ~かくかくしかじかで‥

いいよ! いいよ!

かくして目出度く水漏れは止まり 業者さんの出番となったわけですが
事態は深刻です

なんでもパイプにピンホールがあって そこからお湯が漏れているらしく
部品を交換できればいいのだけれど
既に同じパイプは流通しておらず 温水器本体をまるごと取り替えるしかないとのこと
1番安い温水器でも25万円するというから 絶句です

「試しに来週 ダメ元でパイプの修理を試みようと思うけれど
それで上手くいくかどうかは分かりません」

すがるような思いで修理を依頼し 水漏れの始末を続ける私

あれっ?元栓を閉めて水漏れは止まったんじゃないの?

そうなんです
実は元栓を閉めると温水器本体に圧がかかってよくないのだそうで
相変わらず30分おきの雑巾絞りの日々が続いているのです

あ~ん 何処にも出られないよぉ~(号泣)



2016年3月23日

陽射し

今朝も少し雪が降りました
ここ数日は寒の戻りで 冬のコートが手放せません

でもやわらかな陽射しは 春のそれ

P3221522.JPG

コンクリートの上を歩く猫も
どことなく浮かれているように見えます

P3221529.JPG

こちらは長都沼周辺の畑

時々 ドーンと突き上げるような音がして
渡り鳥が一斉に飛び立ちます

北に戻る途中のマガンの群れです

P3210144.JPG

P3210152.JPG

次の中継地に向かう前 マガン達は腹ごしらえをし 羽を休めます

P3210133.JPG

北国の春の風物詩
もうしばらく楽しめそうです



おまけ

P3210176.JPG
また爪が伸びたね



2016年3月19日

雪解雨(ゆきげあめ)

朝から細い雨が降っています
雪をとかす春の雨です


スノードロップ エルウェシー( Galanthus elwesii )

P3190036.JPG

エルウェシーは英名で ジャイアント・スノードロップ と呼ばれています

日本で流通しているのは このエルウェシーなのですが
本来 単にスノードロップというと ニヴェリス ( Galanthus nivalis ) 
英名 コモン・スノードロップという品種を指すのだそうです

写真で見ましたが このニヴェリス
葉が細くとても繊細で美しい

日本の気候に合わないという理由で流通していないようですが
北海道なら上手く育つんじゃないかなぁ

育ててみたいな~

ナーサリーで球根が手に入る日がくるといいですね



おまけ

P3170178.JPG
あたしは お外に出た~い!


2016年3月17日

スノードロップ

春を思わせるような 暖かな日が続いています

ざらざらとした雪の下から
ついにスノードロップが顔を出しました


スノードロップ

P3170107.JPG

さわらは初のベランダ遊び

気持ちいいね

P3170005.JPG

キリキリ コロコロ
カワラヒワのかわいい声が聞こえてきます

P3170056.JPG

この暖かさもどうやら土曜日まで
日曜からまた寒くなるとか

行きつ戻りつ
少しずつ 春が近づいてきます



2016年3月16日

渡り鳥の季節

春を思わせるような陽気が続いています

庭に降り積もった雪もずいぶんとけてきました
それでも北側通路の積雪は現在32cm
軒下にはまだ60cmほどの雪が残っています

日中気温が上がった時を見計らって
雪がとけた場所の雑草を抜いています

この時期 根ごと浮き上がった雑草は 面白いように簡単に取り除けます



※※※ ※※※ ※※※ 



自宅から車で15分の所(長沼と千歳の境)に長都沼という用水路があります
用水路と言っても 長さ約2㎞ 幅300mの巨大なもので
周りには木々の生い茂る自然豊かな美しい所です

ここにたくさんの渡り鳥がやって来ます
オオヒシクイ マガン オオハクチョウ コハクチョウ‥
みんな渡りの中継地として利用しているのです

最近になって沼がハクチョウで賑わうようになってきました


コハクチョウ

P3159107.JPG

恵庭岳とオオハクチョウ

P3159456.JPG

オオハクチョウ

P3159276.JPG

先頭) オオヒシクイ  後続) マガン

P3159046.JPG

ダイサギ

P3159393.JPG

ダイサギ

P3159419.JPG

朝の7時過ぎから8時半頃にかけて
ハクチョウが次々に飛び立っていきます

しぶきを上げながら水面を走り 沼の上を低く飛ぶハクチョウ
雪の残った山々を背景に飛ぶハクチョウ


ハクチョウ達がシベリアに旅立つ前に
ちょっとだけ早起きをするのも悪くないかも



おまけ

P3110042.JPG
あたし? 遠慮しておきます



2016年3月14日

霧の中

千歳を過ぎた辺りから 急に霧が出てきました
ヘッドライトをつけ アクセルを緩めます

ウトナイ湖に着いたのは午前8時
まだ辺り一面が真っ白でした

ぼやけた太陽が 水面にゆらゆらと揺らめいています

P3140111.JPG

霞んだ空をヒシクイが飛びます

グワッカッカ
チューバのような低く太い声が 辺りに響き渡ります
羽を損傷したヒシクイの哀しい声です



北大研究林に着いても霧は晴れませんでした

P3140145.JPG

樹木の下を通る度 ぽたりぽたりと雫が落ちてきます
ツルツルの足元に注意しながら 鳥の鳴き声に耳を澄まします 

P3140158.JPG

ジュルル ジュルルと シマエナガの鳴き声が聞こえてきます

いつ見てもかわいい子

夢中で写真を撮っている間に
いつの間にか霧が消えていました

シマエナガ
P3148507.JPG

エゾリス
P3138118.JPG

マガモ
P3148704.JPG

ダイサギ
P3148670.JPG

エゾリスの耳毛は立派な冬バージョンで
ダイサギは美しい夏羽(繁殖羽)に換毛中です

冬と春が混在する北国の3月
あやふやな季節が もうしばらく続きそうです



おまけ

P3120056-001.JPG
にいにいの手
やわらかくて あったかくて 大きい



2016年3月10日

スコップが壊れた

今日はよく晴れました

最低気温 11℃ 最高気温 0.8℃と気温は低めでしたが
風がなかったせいでしょうか
陽射しの中にいると暖かいと思えるほどでした


先日の雨もあって雪がずいぶん減りました
日当たりのよい裏庭では
地面がのぞいている箇所がちらほら見えています

そうだ!
雪解けが進む前にランブラーの剪定をやっちゃおう

固くしまった雪の上に立って
パーゴラのポールズ ヒマラヤン ムスクの枝を チョキン チョキン!

三脚なしでの作業は楽チンです



日当たりの悪い前庭にはまだ雪がどっさりと残っています
と言っても 例年に比べると2/3くらいの量かな

屋根からの落雪でできたガチガチの雪山を スコップで崩してやります
雪解けを促すための雪割りは 春先の風物詩です

春よ来い♪ 早く来い♪

P3100194.JPG

力ませに雪割りをしていたら
ぽきりとスコップが折れてしまいました‥

うぅ~ 勿体ない
これって修理できないのかなぁ?

P3100184.JPG

日が長くなりました
陽射しも力を増してきました

長い冬が終盤を迎えています



おまけ

P3100220.JPG
あたしは予防接種を受けてきました
泣きませんでした



2016年3月 9日

うずうず

春を思わせるような陽気が続いていましたが
明日から週末にかけて また寒さが戻ってくるようです

あ~ 春が待ち遠しい~

P3090015.JPG

去年の春に鉢植えにしたアオキ
今シーズンは屋内での冬越しを試してみました

寒~い玄関に置いて 水やりもほとんどしないでいましたが
ここにきて早くも新芽が‥

ちび姫が滞在中 
玄関のストーブもつけちゃったからなぁ

アオキ
P3090031.JPG
やわらかな新しい葉

外に出すタイミングを間違えたら
寒さにやられて一巻の終わりですね

出すとしたら5月の連休あたりかな

庭いじり やりたいな~




おまけ

P3060025.JPG
あたしも お外で遊びたいです




2016年3月 7日

風船

今日は暖かでした

雪解けが進み
大きな水たまりがあちらこちらにできました



吹雪の日(3/1)に北海道にやって来たぽんず姫とお母ちゃん
遅れてやって来たお父ちゃんと一緒に
今日の昼過ぎ 雨の降る関東へ戻っていきました


ぽんず姫はチビで
1才になったけれど身長は70 cmほど
足のサイズは11.5 cm

小さな手袋は しっかりはめても
指は半分くらいまでで 残りはスカスカです

ブカブカの13cmのスノーブーツを履いて
90cmのジャンプスーツを着たら‥

こんな具合になりました

P3010045.JPG

初めての雪
ふわふわふわ

P3010128.JPG
 
2日と3日には 女3人で温泉旅行に出かけました

ぽんず姫 人生初の浴衣姿です

P3020450.JPG

最近よちよち歩きができるようになった ぽんず姫

待て待て
にゃん にゃん~♪

P3040175-001.JPG

にゃん にゃん!

P3040162-001.JPG

にゃん‥

P3040189.JPG

残された オレンジ色の風船と

P3050370.JPG

ブルーの風船

リビングのテーブルに ぽつん‥

P3070099.JPG

スノーブーツも ぽつん‥

P3070078.JPG

お父ちゃん お母ちゃん ぽんず姫
夢のような時間をありがとう

また いつでも遊びに来てね
さわらと待っているよ



おまけ

P3070073.JPG
ぐったり