ホーム >

花咲か日記

2017年1月31日

一緒に鳥見

Happy Birthday to You

運ばれて来たケーキに ロウソクが1本

小さな炎は今にも消えそうに見えたけれど
ぽんずの息では なかなか吹き消すことができません

娘が助け舟を出して ようやく炎が消えました


P1270252.JPG
シェラトン グランデ トウキョウベイ ホテル
グランカフェ



周りからも拍手が起き
2才になったばかりのぽんずは ガチガチ

でも テーブルに置かれた色とりどりのケーキを見て
すぐにいつものぽんずに戻りました

あっという間に 顔中ケーキのかけらだらけ(笑)
 

P1270340.JPG


ぽんずの誕生日に合わせて
娘の所に5日ほど滞在していました

ちょっと会わない間に
ずいぶんお姉さんになっていて びっくりです


P1270077.JPG


P1270010.JPG

ぽんずが 「 どうじょ 」 
と 私にお茶を勧めます

私はミルクをたっぷりと入れてもらい
フーフーしながらいただきます

「 おいちい? 」

「 うん 美味しい 」


P1280386.JPG


ぽんずは私のことを 「おまた」と呼びます
どうやらまだ 「さ」の発音は難しいらしい

おまた‥

人前ではちょっと恥ずかしい



滞在中 1度だけ ぽんずと一緒に鳥見をしました


P1280393.JPG

目の前をちょこまかと走る シロチドリを
口を半開きにして見ていた ぽんず

鳥見のこと すぐに忘れてしまうのかしら‥
それとも 記憶のどこかに 薄っすらとでも残るのかしら


P1280398.JPG

望遠鏡の向こう
ぽんずには何が見えているのかな



おまけ

P1310024.JPG
ただいま さわら





2017年1月23日

ピーチャーエール

さらさらの乾いた雪が
手からこぼれ落ちてゆきます

気温-6℃

ここまで気温が低いと 雪玉を作るのにも一苦労です

そうかと言って 暖かな日に雪だるまを作っても
すぐにとけてしまいます

で 結局 私が雪だるまを作るのは
いつも寒~い 雪の固まらない時(笑)


今季初めての雪だるま

ボディーは雪山を削って作りました
帽子は百円ショップ(300円)で
目はボタン
鼻はさわらの毛玉ボール
お口はワイヤー

ボタンと毛玉ボールは クリップを使って固定してみました

P1230011.JPG

よし これで完成!
  
P1230001.JPG

と 一旦は思ったのだけれど

近所のかわいい王子さまが
「胸にボタンがあった方がいいよ」 とアドバイスをくれ

P1230037.JPG

ジャーン!

やっぱり こうじゃなくっちゃね ♪

P1230021.JPG

ついでに王子さまに 名前もつけてもらいました

ピーチャーエール

この子は今日から
もう ただの雪だるまじゃありません

P1230032.JPG

名付け親の 王子さま
今日は 楽しい時間をありがとう



明日の最低気温は -21.2℃で
最高気温が -7.7℃ ‥

とりあえず とける心配なさそうだね




2017年1月20日

冬の森で

うわぁ きれいだ

ファインダーを覗いていて
思わず声が漏れてしまいました

赤く熟したナナカマドの実をついばんでいるのは
ツグミの仲間です

体長30cmと大型の鳥で
北海道では本来夏鳥なのですが
積雪の少ない地域では一部が越冬することもあるようです


トラツグミ
P1180747.JPG

でもここは どちらかというと雪の多い所
春まで餌が足りるかと ちょっぴり気になります

大丈夫‥ だよね?

 
P1190435.JPG

ネコヤナギ
P1180214.JPG

りっぱな冬毛のエゾリスが
雪の上を転がるように走り

するすると器用に木によじ登ります


エゾリス
P1180222.JPG

静まり返った 冬の森


儚くて 美しくて 愛おしい
宝物のような所です





2017年1月17日

毛玉ボール

愛猫の抜け毛を集めて
小さな毛玉ボールを作ってみました

P1170114.JPG

ホントは石鹸水につけたり ぬるま湯ですすいだり
しなきゃいけないんだけれど

ただ丸めただけの手抜き毛玉ボール

P1170106.JPG

それでも結構気に入ってくれたみたいで

P1170129.JPG

ころころころ

P1170130.JPG

ぽとん

P1170133.JPG


ねぇ さわら~

起きてる?

P1170134.JPG

ほれ ほれ

P1170143.JPG
‥‥‥




2017年1月15日

真冬日

最低気温が2日連続で -20℃を下回っていましたが
今日はなんとかぎりぎりセーフでした

8時40分現在の気温 -15℃です
でもまぁ 寒い事に違いはありませんね

暖房の入っていない部屋の温度は
なんと-2℃

おったまげ~! ですね(笑)



外歩きのときは
厚着した上にダウンを着て 暖パンの重ね着をして
スキー用の靴下をはいて ネックウォーマーを鼻まで上げての完全防備

足元はキュッキュッ!
顔は ほわ~ん

これなら寒さもへっちゃらです


窓霜

P1130015-002.JPG

P1130021-001.JPG

強い冷え込みの日は 雪がきらきらと光って見えます

P1130099-001.JPG

裸木には 霜が付き

P1130101-001.JPG

小川の縁には しぶき氷

P1130118-001.JPG

池では わずかに残った水面にカモの群れ

ヒドリガモ
P1130094-001.JPG

見ているだけで寒くなった?
どうぞ 暖かな部屋でご覧になってくださいね



先日平らになったはずの道は 翌日にはもうデコボコでした

数日前に2日続けて ひっくり返った車と
雪山に突っ込んだ車を見てしまいました
( 写真とは無関係です )

今の時期はどこも危険がいっぱい
皆様 運転には十分に気を付けましょう~

P1130033-001.JPG


おまけ

P1150081.JPG
こちらはキッチンのオリーブオイル 寒さで白く固まってしまいました
このままではマズイと 暖かい場所にお引越しです

明日は少し寒さが緩みそうです
今日1日の辛抱ですね




2017年1月13日

ツバメと王子とスズメと

ウトナイ湖の道の駅に かわいい衣装を着たスズメ達がいます

新年を迎えた今は お正月モード

背中に乗っているのは ニワトリさん
今年は酉年だものね


P1110019.JPG

スチールでできた雀には 羽毛もなにもないけれど
やさしい人の計らいで ぽっかぽか

見ているこちらまで 温かな気持ちになります

P1110018.JPG

この幸せそうなスズメ達を見る度
子供の頃に読んだ 「幸福な王子」のお話を思い出してしまいます

貧しい人々のために自分の体についた宝石を
届けて欲しいとツバメに委ね
どんどんみすぼらしい姿になってしまう王子(像)と

それに応え続け 南に渡る機会を失って
ついには命を落としてしまうツバメ

 「幸福な王子」のお話は とても切なくて
読み終わったあとも なかなか寝付かれませんでした

我が身を犠牲にして困窮している人々を救ったのに
世間の人には まったく顧みられない
そういう理不尽さを 子供の私は受け入れられなかったんです

P1110023.JPG


神様の計らいで ゴミ溜めに捨てられた王子の心臓とツバメは
楽園で永遠に幸せに暮らすことになります

幸福な王子

世間からは顧みられることがなかったけれど
ちゃんと神様は見ていてくださった

そして最後はほんとうの幸せを手にした
というお話です

P1110025.JPG

でもね 私 思うんです
王子がほんとうに幸せだったのは
ツバメが最後まで王子の元に残ってくれたこと
王子を愛してくれたことだったんじゃないかな~って

そして王子自身も
ツバメを心から愛していた
心臓が真っ二つに割れてしまうほどにね
そのことが王子とツバメを幸せにしたんじゃないかなって

そういう大切な人がいるってステキなことですよね

おや 朝から長々と‥失礼しました
それでは皆様 今日もいい1日を




2017年1月10日

お手柔らかに

玄関前の階段が 氷でコーティングされてしまいました

ツルツルのテカテカです

きっと昨日一時的に寒波が緩んで
雨やみぞれが降ったせいですね

当分このままだろうから
気をつけて昇り降りしなくっちゃ‥


P1109176.JPG

道のデコボコは 以前に増して更にひどくなりました

車に乗っているのか 馬に乗っているのか
分からなくなるくらいの揺れっぷりです

除雪車が入って 道を削ってくれるとありがたいんだけどな~
と思っていたら

気持ちが通じたのか

ジャーン!

P1109414.JPG

これは除雪グレーダ

ギザギザのついた鉄の板で凍りついたデコボコ道を削り
平らにしてくれます

P1109392.JPG
ガリガリガリ

P1109397.JPG

削り取った雪は 路肩に

P1109192.JPG

既にできていた路肩の雪山は
ロータリー除雪車が 大きな回転翼で切り崩して吹き飛ばし
横付けしていたトラックの荷台へ

あっという間に荷台は雪で満杯になります

P1109379.JPG

除雪作業が終わったのは 大きな生活路のみ

我が家の前の道は 相変わらずですが
それでも ずいぶん助かりました


まだまだ続く冬

どうかお手柔らかにお願いします




2017年1月 9日

測量

キシキシと乾いた音は
水面を覆っていた氷がきしむ音

時々 パリンと大きな音がします

風がないのは救いだけれど 寒さで手足がちぎれそう‥



厳冬のオホーツク海を思わせるような 沙流川河口を
のんびりと泳いでいるのは1羽のウミウです

P1068517-001.JPG

トプン トプン

寒さなんて関係ないとでもいうように
気持ちよさそうに水中に潜ります

P1068518-001.JPG

まったく お見それいたしました
とても人間には真似ができません

P1068573-001.JPG

と思っていたら ‥

あれ あれ?

P1068248.JPG

あれ~?

P1068249.JPG

うわぁ~ すごいことになってる


羽毛もなにも持ち合わせない人間だけれど
こんなこともできるんだ

やっぱりすごいぞ 人間は


それにしても仕事とはいえ 真冬の海に長時間‥

あの方 大丈夫だったかしら
風邪とか ひいてないかしら




おまけ

PC240003-001.JPG

ハッ ハッ ハクショーン!



2017年1月 7日

夕焼け

最近夜道の運転が増えました

ほんとうは夜に
デコボコ道やツルツル路面を運転したくはないのだけれど
コミミズク(フクロウの仲間)の写真を撮るために
仕方なくがんばっています

コミミズクは 昼中 あまり飛んでくれません
薄暗くなった頃に姿を現すことが多い鳥です

おかげで よく夕焼けを見るようになりました


たまには自分も一緒にと
友達に頼んでシャッターを切って貰いました

シルエットだけだけど(笑)

P1060094.JPG

青味の残った空に 茜雲

P1060068.JPG

寒いけど きれいだ~

P1060107.JPG

肝心のコミミズクは 未だ納得のいく写真が撮れていません

全く出てくれない時もあるし
出ても遠くて豆粒だったり
お天気が良すぎて陽炎がたっていたり
暗すぎてピントが合わなかったり

野鳥の撮影って ほんとうに難しい‥


それでもまた出かけようっていう気になるのは
もちろんコミミに魅力があるからだけど

美しい夕焼けや 気心の知れた仲間の存在があるからかもしれないな

明日もいい天気みたい
ガソリンも入れたことだし がんばるか~




2017年1月 6日

クリーム2つの

私は普段 コーヒーに
温めた牛乳をたっぷりと入れて飲んでいます

友達や来客のほとんどは 砂糖やクリーム(ミルク)を使いません
そういう時はちょっぴり背伸びをして私もブラックで飲むのですが
正直 あまり美味しいと思えません


先日 実家から新千歳空港に向かう機内で偶然隣り合わせになった女性が
コーヒーにクリームを2個使い

あぁ 世の中には私と同じタイプの人が居るんだ
と なんだか嬉しくなってしまいました


P1020104.JPG

これも何かの縁と話しかけ すっかり意気投合

偶然って怖いですね
この女性と私 他にも共通点がたくさんあったんです

まず驚くべきは
彼女が現在一人暮らしで 猫を飼っていたこと

同じ頃に大切な家族を亡くしていたこと

年齢がほぼ同じであること

趣味が写真であること
もっともこれは 彼女は大学時代からのベテランで
私とは腕が全く違うのですけどね


P1020034.JPG

偶然持ち合わせていた展示会の作品集を見せて戴いたのだけど
とっても素晴らしかった‥


P1020039.JPG

機内ではずっとしゃべりっぱなしの2人


P1020086.JPG

猫と一緒だと ほんとうに寂しくないですよね

満面の笑顔の彼女


ほんとうに寂しくない人は きっと
「寂しくない」 なんて言わなくていいのかもしれないけれど

私には彼女の気持ちが痛いほど解るから
笑顔で こっくり


また会えるかしら
クリーム2つの女性

会えるといいな



2017年1月 3日

ご挨拶


ふわふわの雪が降ってきました
ゆっくり ゆっくり

空が明るいので
どうやら 降り積もるような雪ではなさそうです



2017年が始まりました

本年も さわら共々 どうぞよろしくお願いいたします

P1030051-001.JPG
お願いします