ホーム >

花咲か日記

2017年3月26日

婚姻色

まるでなにかの呪いがかかったかのように
一心不乱に庭の雪割りをしていましたが さすがに少々息切れがしてきました

昨日は 気分転換にカメラを持って近所の公園をひと回り

あぁ 出かけてよかった

やわらかな光のなんと暖かく
なんとやさしいこと

温んだ水面にぷかぷかと浮くカモのそばには
婚姻色のダイサギが1羽

美しい‥ 

P3255735.JPG

背から広がる みの状の飾り羽
黄色から黒へと変わりつつあるくちばし

目先を彩る 緑のシャドー
( これから青味が増してきます)

赤味を帯びた足

まだ完全とは言えませんが
今まで見たことのない 美しい繁殖羽(夏羽)のダイサギです


P3255610.JPG

アップで

P3255759.JPG

羽繕い

これで チラリと目が見えていればなぁ‥

P3255739.JPG

一昨日 昨日と降った雪はほとんどとけて
以前の状態に戻りました

婚姻色のダイサギが
春を引き寄せてくれました




おまけ

P3170005.JPG
あたしも 色変わる?



2017年3月24日

おうどん

がんばっても がんばっても なかなか落ちなかった体重

もう年だから仕方ないのかな と あきらめかけていましたが
糖質ダイエットのおかげで なんとか目的を達成しました

BMI 21

はじけ飛びそうだったボタンは ちゃんと閉められるようになり
窮屈だったジーンズにはゆとりができ
以前のように軽快に動けるようになりました


P3240007.JPG

でも‥
なんだかシワが増えた気がする

年なんだから仕方がないかな と思いつつ
目じりを指で引き上げてみたりして‥

あ~ 複雑なお年頃



今日はご褒美に
ず~っと我慢していた おうどん を食べちゃおうかな

小麦粉さん 久しぶりだなぁ





おまけ

P3240003.JPG
あたしはずっとカリカリなの



晴れてきた

そうか また降ったのか

今朝起きたら 新たに10cm ほどの雪が積もっていました

行きつ戻りつ
北国の春は そうやすやすとはやって来ませんね


P3240054.JPG

ご近所の屋根から雪が落ちてゆきます

P3240070.JPG

私も屋根の雪が落ちたら 張り切って雪割りをしよう

P3240042.JPG

今朝の彫像はこんな具合

P3240002.JPG

春が待ち遠しいのはいつものことだけれど
こんなに雪どけが気になるのは初めてです

着工予定日は4月3日

足場は雪がなくならないと組めないので
とにかく雪割り!排雪!

さあ青空が見えてきました
気合を入れて 今日もがんばりますか



おまけ

P3230028.JPG
この手 貸して欲しい?
どうしよっかな~



2017年3月23日

大雪だ

朝目覚めたら なにもかもが冬に逆戻り

ふんわりとした雪が15 cm くらいかな
新しく積もっていて

昨日まで見えていたフッキソウも クロッカスも
どこにあるのか さっぱり分かりません

なんてこと
今日は 外壁工事の下見の日だっていうのに‥


P3230040-002.JPG

それでも気温はそれほど低くないし
お昼には雪も止む予報だし

積もった雪もすぐにとけちゃうだろうと たかをくくっていたのだけれど
雪は断続的に降り続き とける気配がありません

 そのうち屋根に積もった雪が 音をたてて庭にすべり落ち
リビングの前に りっぱな雪山ができてしまいました

うぅ 元の木阿弥‥


P3230035-002.JPG

下見は雪の降りしきる中始まり
結局 着工は来月上旬に変更となりました


雪がなくなった頃 もう1回来なくちゃな‥
と業者さん

そうですよね
こんなに雪があっちゃ 下見にだってならない

でもね でもね
昨日まで ラベンダーの支柱がちゃんと見えていたんですよ
もう少しのところまでいってたんですよ
女神さんなんて腰のあたりまで見えてたんですから

私 毎日雪割りをがんばっていたんですよ

って言っても きっと信じてもらえないよね
この雪の量だもの



おまけ

P3230016.JPG
まぁ そう力を落とさずに




2017年3月22日

ざらめ雪

春のざらめ雪を押し分けて 宿根草が芽吹き始めました

トリカブト
P3220022.JPG

久しぶりに日の光を浴びたフッキソウは
なんだか眩しそう


う~ん

やわらかな春の陽射しの なんと気持ちのいいこと
背伸びをして 思いっきり深呼吸です


斑入りフッキソウ
P3220021.JPG

横倒しにしたバラ ブラッシュノアゼットも
雪の中から顔を出しました

寒さにめっぽう弱いブラッシュノアゼット
まだしばらくは このまま寝かせておきます

ブラッシュノアゼット
P3220026.JPG

外壁工事の都合で寝かせることのできなかったアンジェラは
凍害で ずいぶんと傷んでしまいました

枯れた枝を切り落としたら スカスカです

これからの乾いた春の強風で
さらに傷むことを思うと

はぁ~

許せ アンジェラ

つるバラ アンジェラ
P3220052.JPG

順調に雪どけの進む東側の庭に比べ
南側の庭の雪の多いこと

屋根からの落雪って やっぱり すごいですね

彫像の周りは 手でかきかき
よし 腰まで見えてきたぞ

P3220040.JPG

雪割りと排雪の繰り返しで
なんとかラベンダーの冬囲いも見えてきました

もう少し もう少し

P3220051.JPG

明日は業者さんが勢ぞろい
皆で一緒に下見です

雪の下の草花の芽を踏みつぶさないように
通り道を確保して

外壁工事について確認しておきたいことのチェックリストを作って

お向かいの雪山は これでよし っと

明日のお天気はどうかな


しばらく落ち着かない日が続きそうです





2017年3月20日

スタックとコイン洗車

3連休はお天気続きでした

雪がすっかり消えたベランダは
ヒマワリの種と鳥の糞だらけ

ていねいに掃き掃除をすませた後
ぬるま湯をかけながら デッキブラシでゴシゴシゴシ!


どうだい 気持ちいいかい?

P3190018.JPG

午前中たっぷりと陽の当たる庭の東側も
ずいぶん雪どけが進みました

犬走りの砂利の上に
干からびたホスタの葉がへばりついています

雪のなくなった花壇の隅に
斑入りのクロッカスの芽を見つけました

細くて小さな芽がツンツン




※※※ ※※※ ※※※


 

先日 生まれて初めて 駐車場でスタックしてしまいました

雪の上を走ってたのですが
やわらかくなった雪の下には ぬかるんだ地面が‥

なんてこった
埋まってしまった

脱出のノウハウを知らない私は
タイヤの向きも確認しないまま アクセルを踏み前進

前がダメなら 今度は後ろだと
ギアをバックに入れ 再びアクセルを踏み込みましたが
タイヤは埋まったまま‥

まずい

と そこへ男性が1人

おぉ 人が居たのか
動転していて気が付かなかった


「タイヤを真っ直ぐにして」 と男性

え~と 今タイヤってどっちに向いているんだっけ
仕方ない ここは恥を忍んで聞くしかないな

「あの~ 今タイヤって どっち向いてるんですかね?」

この薄らとんかちな質問に この男性怒りもせず

「左に切って」 と やさしく神対応
そしてプッシュ! 

と そこへやって来た トラック1台

結局 総勢4名の男性の力を借りて 愛車は無事にぬかるみから脱出

皆様 その節は大変お世話になりました



帰り道 コイン洗車で
泥まみれになった私の愛車は ピッカピカ

人生2度目のコイン洗車でした



おまけ

P3190016.JPG
いい人が居て よかったね




2017年3月18日

雪割りと彫像

陽射しが強くなってきました

日当たりのいいキッチンは
日中なら 暖房なしでも快適です


P3180081.JPG

雪どけも順調に進んでいます

とけかけの雪は 粗いかき氷のようにざらざらとしていて
日の光に当たると きらきらと輝いて それはそれはきれいです


P3180024.JPG

ここ数日 毎日のように
アルミスコップを振り回し 雪割りをがんばっています

ガッ ガッ!

外壁工事が待ってるぞ
がんばれ~おまさ~

うん ここは特別固い
きっと氷の層ができているんだな

足を使って
ええ~い!

ガッ!

と その瞬間思い出しました

しまった
ここは彫像を置いている場所だ‥

慌てて 手で雪をかき分け
スコップを入れたあたりをチェックしようと試みたのですが
いかんせん 雪が固い

出てきたのは左手と壺だけ( あれ 羽だっけ? )

仕方ない
自然に雪がとけるのを待つとしよう


P3180014.JPG

気温が上がり 雪がやわらくなった今日の午後
注意深く周りの雪を取り除き
いざ チェック!

よかった
ひび割れ 見当たりません!

( お巡りさん 大丈夫でしたよ )


P3180052.JPG

家の周囲にバラやら 低木やら つる性植物やらを植えているので
おまさは ただいま大忙し

足場の邪魔にならないように
ロサグラウカを剪定して束ねて
シャラも縛り直して

そうそう壁面に巻きつけていたワイヤーも切って
ポールズヒマラヤンムスクも 思い切ってバッサリ

駐車スペースの確保だっているぞ
空家になったお向かいの雪山
これも雪割り必要だなぁ‥

うわぁ~ 間に合うかな?



おまけ

P3180083.JPG
ところで なんで お巡りさんなの?




2017年3月16日

ハイヒール

私の身長は167cm
女性としてはかなり大きいほうです

子供の頃から 背の順に並ぶと
たいていは後ろから2番目か3番目あたり

フォークダンスの授業では 時々男子のパーツを踊ったりして
思春期は かなりへこみました

小さくてかわいらしい女性を見ると ほんとうに羨ましかったなぁ


時代が変わり 女性も男性も背が伸びて
昔ほどは 自分の背の高さが気にならなくなりましたけどね


P3160010.JPG

先日 やわらかな素材のシンプルなハイヒールを見つけました
履き心地 抜群です

あまり履く機会はないかもしれないけれど
どうしても手放せず
そのままレジに向かい清算

予定外の出費だったけれど 気持ちは弾んでいて
  それもあまり気になりませんでした

つい昨日までは‥


でも見ちゃったんです
買った靴が30%引きになっていたのを

うっ




おまけ

P3160024.JPG
あちゃ~



2017年3月15日

お気に入り

1年くらい前からお鍋でご飯を炊いています

沸騰して10分ほど中火で炊いて
火を止めて15分蒸らす

たったそれだけで ふっくらとした美味しいご飯ができあがります

節電にもなるし 時短にもなる
これはいい ♪


P3150019.JPG

一時 糖質ダイエットで出番の減っていたルクルーゼだけれど
不眠事件をきっかけに再び活躍の場を取り戻しました

最近はもっぱら雑穀米ですが
もちもちとして これがなかなか美味しいんですよ

P3150029.JPG


昨日 久しぶりにお米を買いに行きました

いつもの品種を見つけ 手を伸ばしたのですが
あれ あれ?

同じお米なのに 150円引きの商品と 300円引の商品
それに値引きなしのものが並んでいます

不思議に思って 精米の日を確認したら
3日ずつしか違わない

いったいどういう理由で値段に違いがあるのか
知りたくて知りたくて

我慢できずに店員さんに尋ねたら にこやかに返答が‥

コープでは精米日から12日を過ぎると売ることができなくなるから
日が経つと順次値引きしているんですよ

へぇ 知らなかった
たった12日で?

そんな微妙な差なんて 私にとってはなんでもないので
迷わず300円値引のお米を買いました

ムフフ

って これって常識?
知らないの私だけ?

P3150023.JPG

こちらは100円ショップで購入したミニ懐中電灯
これもお気に入りの商品です

夜の撮影で 写真仲間が使っていたので真似をして2本買いました
1本は 有事の際に役立つかもと ベッドサイドに
1本は車の中に

軽くて 明るくて 使いやすくて 丈夫で 長持ち
100円ショップ 恐るべし

P3150035.JPG

そして最後に登場するのは これ ♪

数年前から愛用している湯たんぽです
これ ほんとうに暖かいんですよ

ぽっかぽか

冬は もうこれなしでは生きていけません

P3150042.JPG
ねっ さわら!


P3150049.JPG
確かに



2017年3月12日

エゾリス

もう 可愛すぎでしょ!

エゾリスちゃん


ドーン!

P3124319.JPG
木から降りて うんと近づいて来たエゾリスちゃん

でもね この子
低い声で鳴いていたんです

グルルルって

この鳴きかた
人でいえば 「やめろよぉ」 って感じらしいです


ごめん ごめん
声をかけたの 嫌だった?
驚かしちゃったかな




こちらは えらい人馴れしたエゾリスさん

誰かにヒマワリの種をもらったみたいです

夢中で食べる姿はかわいいんだけど
あまり人に慣れすぎるのも ちょっと心配

警戒心を忘れちゃダメだよ


P3124286.JPG

P3124296.JPG

それにしても めんこちゃんだ

P3124289.JPG

今日もいいお天気でした

少しずつ雪がとけて
日が長くなっています

でも耳毛が短くなるのは きっともう少し先
本物の春は もう少し先です



おまけ

P3100015.JPG
あたしの耳毛は?



2017年3月11日

クールカラー

北国の宿命とでもいいますか
春が近づいてくると 生活道路は大穴や水たまりだらけになります

できるだけ穴にはまらないように注意して走っていますが
どうにも避けようがない場所などもあって

おまさ デコボコ道に大苦戦しています (笑)
 


日没直前のお月さま

空に青味が残る頃のお月さまは とてもきれいです
月らしい 気品のある美しさ

よいですね~

P3114250-001.JPG

とけたり 凍ったりを繰り返しながら近づく春

日中は暖かだけれど
朝はまだ こんな感じです

儚く繊細な美しさ

これまた よいですね~

P3110026.JPG

雪の向こうに見えるのは
シックな装いのクールなコガモ君

冬景色によく似合います

P3114146.JPG

実は私 クールカラーが大好きでして
一時はもう庭中が紫だらけになっちゃいましてね

でもさすがに青ばかりだと どうも寂しい
バラが咲いているときは それでもバランスが取れてるんだけど
咲き終わっちゃうと ちょっとね

で 自然と白や黄色 アプリコットなんかが増えてきたというわけでして‥

でもね
ホントはやっぱり青が好き
音楽も短調が好き
子供にもよく 「あいうえおほしさま」歌ってました



おまけ

P3100001.JPG
あたしの お鼻は 梅干し色です




2017年3月10日

雪庇と雪割りと宝くじ

玄関ポーチの屋根からせり出した雪のかたまり
下の部分は凍りついて氷のようになっています

屋根に緩やかな傾斜があるようで
気温があがってくると どんどんせり出してきます

もしこれが落ちて人にでも当たったら大変です

P3080089.JPG

引きで見るとこんな感じ

そのまま放置できないので 2Fの窓から屋根の上に出て
へっぴり腰で押してみましたが びくともしません

そりゃあ そうよね

仕方ないので アルミスコップで少しずつ雪をくずし
雪庇部分は雪をこそげ落として凍りついた部分だけにしました

それでも厚さはおよそ4cm

できれば落としておきたいと
スコップでコンコンやってみましたが
簡単には落ちません

とりあえず雪庇部分から少し手前の雪を入念に取り除き
落下する面積を減らすことにしました

多分これなら真下に落ちてくれるはず‥

うぅ こわ


P3080121.JPG
翌日 雪庇は真下の雪山(フラワーボックス)に無事に落下

ユキヤナギが一枝だけ折れてしまいましたが
樹勢の強いユキヤナギのこと

許しておくれ



※※※ ※※※ ※※※



春が近づき 雪が固くしまってきました

今ならスノーシューを履かなくても
忍者のようにスタスタと歩けます

土日は気温がぐんと上がるみたいだから
雪割りでもがんばりますか

外壁工事のこともあるしね

P3080119.JPG

屋根の下にできた大きな雪山をスコップで崩してゆきます

ガチン! ガチン!
所々氷の層になっていますが そこは根性でクリアー!

よし 第一弾はこんなもんかな

P3100003.JPG



※※※ ※※※ ※※※




家を建てておよそ20年
遠目にはきれいに見える外壁も 近くで見ると傷んでいます

特に2Fの コーナー部分やサイディングボード下部の傷みはひどくて
放置できなくなってしまいました

ボロボロ~ 

P3080087.JPG

何年か前にやった塗装 あまり効果がなかったみたい(涙)

で 私 十数年ぶりに宝くじを買いました
1枚だけだけど



おまけ

P3100008-001.JPG
なに~ これ?




2017年3月 8日

ミヤママタタビ 再スタート

せ 背中が痛い‥

今日はがんばりました

朝の8時過ぎから午後3時まで
休みなしで ミヤママタタビの剪定と 後片付けをしました

えっ なんでミヤママタタビの剪定を?

実は もうすぐ 外壁工事で
 壁に取り付けてある梯子を外すんです

梯子に絡んだミヤママタタビを取り除くのは私の役目

工事の予定は今月中旬から
今日はもう8日 うかうかしていられません

で がんばりました

ちなみに左下の黒いかたまりが 剪定したミヤママタタビのつるです

P3080105-001.JPG


屋根近くまで伸びたつるを ぎこぎこ! チョキンチョキン!

最初はしまった雪の上
次は三脚の上
最後は梯子によじ登って

やればできるもんですね

屋根近くのつるが ちょっぴり残りましたが
これは ご愛嬌

P3080067.JPG


落葉蔓性木本のミヤママタタビ

ノコギリで切った切り口には年輪がはっきりと見えました
今まで ありがとうね

P3080079.JPG

なんとか残せそうな つる1本
今日から再スタートだよ

P3080075.JPG

こちらは剪定したつるの山

P3080122.JPG

この後始末が大変でした
太いつるは適当な長さに切って束ね

残りは小さく切って燃えるごみに
同じ姿勢で ひたすらギコギコ チョッキン

お腹がぐぅ~って鳴っても
雪が降り出しても
手が痛くなっても
憧れの鳥が出ていると聞いても

ひたすら ギコギコ チョキン!


P3080129.JPG
お昼ごはんを食べたのは午後3時を過ぎてから

もう8時前かぁ‥
お腹が空いてきたから お揚げのぎょうざでも食べるかな




おまけ

P3080030.JPG
こんな時間に食べるの?




2017年3月 7日

春の予感

ピーッ ピーッ  甲高い鳥の声が聞こえてきます

ヒヨドリです

水浴びをしようと
小川に飛び込むタイミングを見計らっているようです

3月に入り気温が上がり
日の光も力を増してきました

ヒヨドリ
P2283216.JPG


 庭の雪はまだまだたっぷりですが
もう凍てつくような寒さはありません

シジュウカラ
P2273043.JPG

むかわ辺り(胆振地方)では ずいぶん雪どけが進み
本州から渡ってきた渡り鳥の数が増えてきました

マガン
P3053733.JPG

マガン
P3053745.JPG

こちらは千歳川のオオハクチョウ
見ているだけで ほっこりしてくるから不思議です

オオハクチョウ
P3064109.JPG

朝方ちらついていた雪もやんだみたいです

長く厳しい冬の峠は過ぎました
春に向かって ゆっくり時間が流れてゆきます




2017年3月 4日

撮らせてくれない

 昔 どさんこの背に揺られながら
大自然の中を散歩したことがありました
(ホーストレッキング)

引き馬では決して味わえない 
馬と自分がひとつになったような
なんともいえない貴重な体験でした


そのとき以来 私にとって馬は特別な存在です


P3013303.JPG

先日 鳥見で日高方面に出かけたついでに
牧場に放牧されているサラブレッドを眺めてきました

日高は日本一の競走馬の産地です


P3013317.JPG


牧場はまだ雪に覆われていましたが
この日はぽかぽかと暖かで 馬たちもなんだか嬉しそうに見えました

P3013310.JPG


柵越しに こちらをじっと見つめる馬がいます

美しい馬です

P3013321.JPG

柵をはずして写真を撮ろうと ゆっくり近づいたのだけど
馬は私に興味津々

ぐいぐい寄って来て ちっとも写真を撮らせてくれません

よし やっと離れた

雪原を走るサラブレッドの美しいこと‥

意気込んでファインダーを覗くと 大きな黒い影

ダメだ また寄って来た(笑)


P3013327-001.JPG

いい子だ いい子だ

固くて平らな鼻を そっと撫でてやりました
温かな息が 手にかかります

代わる代わるやって来る馬たち

写真を撮ることはあきらめて しばらく馬と遊びました


P3013323.JPG

仲良くしてくれてありがとう お馬さん
またいつかね



2017年3月 3日

エゾシカ

増えすぎて有害駆除の対象になってしまったエゾシカ

黒く濡れた大きな瞳や 切ない鳴き声
親に甘える幼い仔鹿の姿を思い出すと
胸が苦しくなるけれど

樹皮を食べられむき出しになった木々を眺めていると
複雑な思いになります


繁殖期(10.11月)を終えたエゾシカは
雄だけの群れと 雌と仔鹿の群れに別れます


こちらは雄鹿

立派な角をもっていますが
間もなく(4月から5月)この角は抜け落ちて
また新しい角に生え変わります

一から出直し
なんだか勿体ない気がします

P3013480.JPG

雄の群れ

こんなにたくさんいるんですね

P3013584.JPG


そして こちらは雌と仔鹿の群れ

雄に比べると小さくて ずいぶんやさしい感じがします

P3013511.JPG

P3013521.JPG

P3013524.JPG

P3013589.JPG

大好きなエゾシカ
おまえ達の繁殖力がもう少し弱ければ‥

どうか許して




2017年3月 2日

冬景色


昨日あたりから 気温がぐんと上がりました

路肩にできた雪山は とけて ひとまわり小さく見えます
道にできた水たまりを気にしながら のろのろと車を走らせています


ほんの数日前まで見られた 樹氷や樹霜
まだまだ楽しめると思っていましたが
このまま春になりそうな そんな今日の暖かさです


写真は3日前に長沼.千歳の農道で撮りました

P2272928-001.JPG

P2272960-001.JPG

P2272950-001.JPG

P2272924-001.JPG

P2272912-001.JPG

P2272898-001.JPG

春を待ち望む気持ちは 日に日に増すばかりだけれど
こうした冬景色を見られなくなるのは少し寂しくて

揺れ動くおばさんの心


積み上げた雪の中から 今日とうとう
ヤブランの斑入り葉が見え始めました

春が近づいています
行きつ戻りつ 少しずつ
でも着実に




2017年3月 1日

キタキツネ


ここにキタキツネが出てくれたら申し分ないんだけどなぁ

雪に覆われた なだらかな美瑛の丘を見つめながら
なんど思ったことか


残念ながら最後まで 美瑛でキツネを見ることはありませんでしたが
帰り道 面白いようにキタキツネに出会いました



最初に見つけた子は 毛並みの美しい恐れを知らぬ子

ほとんど車の通らない山間の道を歩いていました

誰かに餌をもらったことでもあると見えて
どんどんこちらに近づいてきます

写真を撮らせてくれるのはありがたいけど
車は怖いんだよ

気をつけておくれよ


P2230488.JPG

P2230477.JPG

P2230491.JPG

ふさふさのしっぽを見ると いつもホッとします

P2230508.JPG


こちらは 長都沼で見つけたキタキツネ

P2230857.JPG


毛はふさふさでしたが ずいぶん小さいキタキツネでした

去年生まれた若いキツネだったのかな

P2230828.JPG


こちらも長沼で見つけた子

ネズミ相手に大はしゃぎでした
その仕草のかわいかったこと‥

野鳥ブログのほうに載せていますので
興味のある方はご覧になってくださいね

http://www.yachou.org/blog/2017/02/25/キタキツネ-2/


P2230711.JPG


楽しかった美瑛の旅

幻想的で美しい風景もそうだけど
気持ちのいい露天風呂や 美味しい食事
それにカメラ談義

最高だったな

話し込んで 朝方近くまで起きてたことも いい思い出(笑)


P2230437.JPG

P2230414.JPG

ネイビーブルーの空に 浮かび上がる なだらかな丘の稜線を見ていると

叫びたくなる!

P2230402-002.JPG

ありがとう 美瑛!
ありがとう みんな!



長々と続いたへなちょこ旅行記
最後までお付き合いくださり ありがとうございました

今日も よい1日を