ホーム >

花咲か日記

2017年8月31日

秋めいて

一気に秋めいてきました

2日前の最低気温は 10℃以下
昨日は 11.9℃
日中も20℃前後止まりで 半袖では少し肌寒いくらいでした

庭は生気を取り戻し 私も元気モリモリ

こうなると 俄然庭仕事が楽しくなってきます

ランブラーのシュートを切り落として
芝を刈って 雑草を抜いて 宿根草を移植して ホスタの花がらをカットして‥

いや~ 昨日 今日と 久しぶりによく働きましたよ


ホトトギス

Tricytis  hirta
P8310038.JPG
ホトトギスは 大好きな宿根草のひとつです

花も魅力的ですが この葉がまたいい
特に早朝 雫をまとった葉の美しさときたら もう

ちなみに 後ろにぼんやりと見えている橙色の花はリグラリア
すっかり秋色ですねぇ



秋色といえば こちらもそう
セダム 大人好みのシックな花色でしょ 

セダム パープル エンペラー

Sedum telephium 'Purpule Emperor' 
P8310110.JPG


そして 私の大切な大切な宿根草
キミキフーガ ラケモサ コルディフォリア

今年も咲いてくれました
雨でおじぎをしてはいますが それもまた良し

なんとお洒落で 野趣あふれる植物であろう~ 好き

Cimicifuga racemosa var.cordifolia
P8310105.JPG

そうそう 八重のタマノカンザシにも蕾がつきましたよ

これが咲くと いよいよ秋だなぁ
って思うんです

明るい黄緑色の葉と純白の花
ほんとうに上品な子ですよね

ホスタ(ギボウシ) 八重のタマノカンザシ
P8310043.JPG

ペニセタムにも花穂が ♪

ルブラは耐寒性がないけど モードリーなら大丈夫
大株に育って ちょっとしたフォーカルポイントになりました

やったね

秋のグラス類って 最高です

Peninisetum  alopecuroides   Moudry
P8310039.JPG

こちらは繊細な タリクトルム ディプティロカルプムの花

細くて長い茎と アジアンタムに似た小さな葉
丸いころころとした蕾 どこをとっても申し分ありません

Thalictrum  dipterocaroum
P8250015.JPG

四季咲きのバラも次々に開き始めました

ウォームピンクの イングリッシュローズ
ブラザー カドフィール

ちょっぴり濃くなった秋色のカドフィールは
とってもいい香りがするんです

摘んだ花がらをベッドサイドに置いて
ささやかな贅沢を楽しんでいます

ブラザー カドフィール
P8310084.JPG

大好きな花に囲まれ 大好きな庭仕事
傍らには さわら


青い空 秋の雲 爽やかな風 バッタの鳴き声

P8250073.JPG


今日が皆様にとって すてきな1日になりますように




おまけ

さわら 柵から頭を出し下を覗き込む

P8070106-001.JPG
落ちないでよ

は~い




2017年8月29日

Jアラートと赤トンボ


ピンポンパンポンパン ピンポンパンポンパン

突然 携帯から聞き慣れない音が聞こえてきました


覗き込んだスマホの画面に ミサイル発射の文字

Jアラートです

メールを読み進めると

北朝鮮からミサイルが発射された模様です
頑丈な建物や地下に避難してください

とあります

対象地域‥
北海道も入っています

大変だ!


慌ててさわらを抱き上げ TVの電源を入れると

TVにでスマホと同じ映像が写っています


P8258050.JPG

とりあえず 窓から離れて

さわらを抱いたまま TVの前でオロオロしていたら
少しして またJアラートの着信音が鳴りました


先程この地域の上空をミサイルが通過した模様です
不審なものを発見した場合には 決して近寄らず
直ちに消防や警察などに連絡してください


通過したんだね
ってことは もうここには落ちないってことだ

一安心だよ さわら


P8258058.JPG

それでもしばらくはTVの前から離れることができず

PCの前に戻ったのは
ミサイルが襟裳岬の東方1180m の太平洋上に落下したことが
繰り返し伝えられた後でした

おっかない‥





※※※ ※※※ ※※※





先日 近所の公園でアジサイにとまっているトンボを見つけました

レンズを向けたら ふわっと飛んで 手前の枯れ枝にとまったので
アジサイを背景にトンボの写真を撮りました

アキアカネかナツアカネか
正面からじゃ ちっとも分からない

お~い おまえは アキアカネ?
それとも ナツアカネ?

P8258047.JPG

そんな私でも
ここまで真っ赤になると
間違いなくナツアカネだと分かります

ナツアカネ
P8258066.JPG

こちらのトンボは 多分アキアカネ
胸の黒い模様の先端が尖って見えます

アキアカネ
P8258056.JPG

のんびりと トンボの識別に頭を悩ませます


昔ね
北朝鮮が日本の上空を超えて
ミサイルを発射したことがあったんだよ

今じゃ考えられないでしょ

そんなふうに話せる日が来たらいいな




2017年8月26日

根室本線

外出中 ポツポツと雨が降り出し
稲光が見えたと思ったら
空が裂けるような雷鳴が聞こえてきました

まずい 窓を開けたままだ

雨はあっという間に激しくなり
信号待ちの間も気が気じゃありません

大慌てで家に駆け込み
窓を閉め 濡れた個所を拭き取ります



※※※ ※※※ ※※※



先日 ベアマウンテンの帰り道
根室本線の線路上(落合付近)に流木の山を見つけました

去年の夏に北海道を襲った台風が原因だと思いますが
1年経った今もこの状態


P8170846.JPG

未だ不通となっているのは
東鹿追~新得間の41.5 Km だそうで

この分だと 全線開通までには
相当な時間がかかりそうです

P8170838.JPG

P8170825.JPG

線路の近くには空知川が流れています

川沿いのあちこちには 根ごと流された倒木が残り
土手の一部は深くえぐられたまま


河川の氾濫の傷跡

P8170886.JPG

こちらは空知川に架かる 小さな橋です

水色の欄干は折れ ねじ曲がり
日に焼けた赤いテープが ゆらゆらと風になびいていて

なんだか切なくなってしまいました

ルーマ橋  ルウオマンソラプチ川
P8170877.JPG

海水温の上昇 地球温暖化 ゲリラ豪雨 異常気象

こんな言葉にも
いつの間にか慣れっこになってしまった私です

でも ほんとうにそれでいいのかと 時々考え込んでしまいます


川岸の傍らには 美しい羽のチョウが2匹

P8170895.JPG
ひらひらひら ひらひらひら




おまけ

P8070097.JPG
ほらそこ トンボが飛んでるよ





2017年8月24日

サマースノーにアナファリス


昨日は久しぶりに暑かったぁ
最高気温 27.8℃

もあっとした風がたまに吹くけれど かえって暑くて息苦しくなるようで
日中は窓を閉め 扇風機をフル稼働

夜には20℃前後まで気温が下がって一息つけてホッとしたけど
西日本はこれ以上の暑さが 昼夜を問わずずっと続いているわけで
ほんとうに気の毒になります 

どうぞ 皆様ご自愛ください



さて そんな厳しい暑さをものともせず
庭では夏の花が元気な姿を見せてくれています

サマースノー(センニンソウの仲間)
Clematis 'Fargesioides'
P8230020.JPG

何故か今年は全般に調子のよいクレマチス
サマースノーにも 白い花がびっしりつきました

まさしく 夏の雪ですね

P8110040.JPG

P8070042.JPG

そしてこちらは 個人的に大好きな花
アナファリス( パール エバーラスティング)です

花びらが開くと 黄色いシベが見えるのだけど
開花前はまさに真珠

シルバーリーフとの対比もいいですよね

Anaphalis triplinervis ( Pearl everlasting )
キク科 ヤマハハコ属. 
P8230050.JPG

セダムの蕾も色づいてきました

左奥にぼんやりと見えているのは
鉢植え栽培のアガパンサス アフリカヌス

今年は花が4つ
順調に株が大きくなっています

耐寒性の弱いタイプですが
鉢ごと地面に埋め越冬させ3年目

なんとかなるものなんですね

セダム オータム ジョイ
P8230012.JPG

こちらのセダムは開花寸前です
ずいぶん色が濃くなってきました

P8230037.JPG

リグラリアにはヤマブキ色の花が咲き始めましたよ

リグラリア デンタータ ブリッド マリー クロフォード
P8230025.JPG

お休みしていたバラも ちらほら

コガネムシもいなくなったので一安心です

ホワイト メイディランド
P8230004.JPG

雨が降り始めました

ただ今の気温 21.5℃
どうやら厳しい残暑は1日だけだったようです
 



おまけ

P8150308.JPG
メェ~




2017年8月23日

ヒグマ

目の前を 巨大な ヒグマが
肩を上下に大きく揺らしながら歩いて行く

P8170433.JPG



※※※ ※※※ ※※※



二重になったフェンスが ゆっくりと開き


P8170814.JPG


鉄格子で補強されたバスが 静かに滑り込む

ここは サホロリゾート ベア マウンテン
上川郡新得町にあるクマのサファリパークだ

写真のフェンスを前にしたときから

頭の中で ジュラッシクパークのテーマ曲が
ひっきりなしに流れている

期待で胸がはち切れそうだ


P8170820.JPG


お気に入りの fasebook で
このベアマウンテンのことを知ってからというもの
片時も忘れることができなかった

念願かなって(8/17)  ようやく実現したベアマウンテン行き



未舗装のデコボコ道をバスが進む

まるでロデオだ

途中 バスがひっくり返ってしまうんじゃないかと心配になるほどの悪路だが
アドレナリンマックスで それすら楽しい


手すりにしがみつきながら
窓の外に目を凝らす


P8170815.JPG

いた! いた!

P8177491.JPG

うぉ~ またいた!

しかも近い おまけに2頭

P8170136.JPG

ドライバーさんのお話では クマにも相性があるらしく
仲の悪いのになると喧嘩で怪我をすることも少なくないらしい

こちらのヒグマは仲良しこよし

P8170174.JPG

バスは敷地中央にあるベアポントに到着
ガラス張りの観察施設だ

周りには池があって
結構な頻度でヒグマが水遊びにやって来る

窓越しに見えている歩道橋は森の中に設置された遊歩道で
高さ5m 全長370m

運がよければ ここから直接クマを見ることもできる


P8170535.JPG

外から見ると こんな感じ


P8177455.JPG

池にやって来たヒグマ君

でかい!

P8170588.JPG

それにしても すごい顔

ガラス越しだからいいけれど
こんなのに直接会うのはごめんだ

P8170351.JPG

ひゃあ 別のヒグマがやって来た

見てる 見てる

大丈夫かぁ‥

P8170697.JPG

お~よかった

仲良しだったみたい

P8170723.JPG

ベアポイントに着いた頃から 本格的に雨が降りだした

用意していた雨具を着て 遊歩道を歩いたのだけれど
カメラは雨でずぶ濡れ

遊歩道を諦め
ベアポイントで再びヒグマ観察


P8170492.JPG

のっし のっし

P8170422-001.JPG

石を枕代わりに のんびりとお昼寝

P8170505.JPG

丸太で遊ぶヒグマ

可愛いけど やっぱり鋭いよね 爪

P8170658.JPG

ちなみに この時のチケット代は
バス付き入場券+ホテルランチで3,200円

バスなしの入場券だけだと 1836円
バス付き入場券だけだと 2916円

ランチは通常だと1620円するので ランチパックはとってもお得かも

60歳以上だとシニア割引もあるようなので
興味のある方は こちらをどうぞ

http://bear-mt.jp/information




おまけ


P8170918.JPG
わたしも負けていませんから (メ ロン熊)

がおぉ~




2017年8月21日

銀河庭園 Ⅲ

尻切れトンボになっていた銀河庭園の紹介
遅くなりましたが続けますね

ちなみに写真は全て 今年の7月上旬に撮ったものです

こちらでは この頃がバラの最盛期なんだけど
今年はどういうわけか暑くて暑くて‥

連日30℃を越す猛暑続きで
バラには厳しい環境でした

それでも銀河庭園のバラ 見事でしたよ

ローズガーデン
P7035140.JPG

大きなパーゴラの下は日陰になって
吹き抜ける風 気持よかったなぁ

P7030346.JPG

さりげなく飾られたハンギングバスケット

たっぷりの緑の中
オレンジ色の球根ベゴニアが鮮やかでした

P7030356.JPG

トレリスガーデン
P7035115.JPG

ジューンベリーの後ろに 白くぼんやり見えているのは
小さな池に架かった小さな橋

池の名前は ひょうたん池ですって

写真には写っていませんが
3匹のクマさん 今も健在です

P7035169.JPG

石段を登った先には

P7035176.JPG

お洒落なポタジェがあります

果樹や野菜 ハーブ 一年草が
きちんと区分されたスペースに これまたスッキリと植えられていて
まあ 気持のいいこと

ポタジェ
P7035187.JPG

清々しい~

P7035183.JPG

サルベージガーデン
P7035211.JPG

撮りためた写真はまだたくさんあるのですが
とりあえず今回で 初夏の銀河庭園紹介はおしまいです

寄り道をしながらの拙い記事に
最後までお付き合いいただいて
ありがとうございました

P7035220.JPG


窓を開けて寝ていたのが悪かったのか
またまた風邪を引いてしまいました

残り少ない夏
皆様も 体調を崩さないよう 気を付けてくださいね

では 今日もよい1日を




2017年8月19日

オスプレイがやって来た

パタパタパタ パタパタパタ

ヘリコプターのプロペラ音がひっきりなしに聞こえてきます

ブラインドを開け 外を確認すると

取材用のヘリコプターが
1機 2機 3機

急に にぎやかになってきたな‥



昨日 オスプレイが恵庭にやって来ました

P8187759-001.JPG

どんよりとした曇り空

突如 現れたオスプレイは
木々の間に見え隠れしながらの低空飛行

P8187582-001.JPG

上空を飛ぶ取材用ヘリは全部で6機
対するオスプレイは1機

2機飛んで来る予定が
1機に不具合が見つかり 1機だけの飛来となったようです


HBC
P8187538.JPG

ANH(NHK)
P8187607.JPG

STV
P8187555.JPG

住宅地の上を滑るように飛んでゆくオスプレイ

P8187554-001.JPG

それにしても 低い

P8187744-001.JPG

よもや落ちるなどということはあるまい と思いつつも
万が一ということがないとも言い切れない と
ふと不安がよぎります

沖縄の人は いつもこうなんだろうな‥

P8187765-001.JPG

P8187749-001.JPG


ひんやりとした風が窓から入ってきます

今朝の最低気温は16.2℃
夜は窓を閉めることが多くなってきました


P8187811.JPG

夏の終わりが近づいています



おまけ

今日 カメラをぶら下げて近所の公園を歩いていたら
すぐそばをオスプレイが通過

とりあえず パシャ! パシャ!

近くで見ると やっぱり大きいですね

P8197815-001.JPG

で こっちは海上保安庁の航空機 JA724A

P8197855.JPG
しばらく にぎやかな空が続きそうです







2017年8月16日

ころころころ

真っ直ぐに伸びるハスの茎

細長い茎は ストロー状になっているそうです

大きな花や果托は さぞかし重かろうと思うのだけれど
傾いたり 倒れたりしているものはありません

空洞というのは
存外丈夫なのかもしれませんね


P8150224.JPG

蓮の葉には撥水性があり たまった水が
玉になってころころと遊びます

大きなものから小さなものまで
ころころ ころころ

P8150151.JPG

道内では お盆の頃に咲くことが多い蓮ですが
ここ(鶴の湯温泉 / 安平町)の蓮は ほとんどがまだ蕾でした

早霜で傷まなけれはいいんですけどね

P8150210-001.JPG

池に映り込んだ 夏の空と雲

そろそろ終わる 北海道の夏休み
ちびっこ達の宿題は片付いたかしら

P8150009.JPG

こちらは 後ろ向きの赤とんぼ

これでは識別ができませんね

‥‥って 偉そうに言ってみましたが

白状すると
前を向いていても 横を向いていても
よく分らないんです

未成熟のアキアカネとナツアカネの識別
私には難し過ぎます

P8150052.JPG

ホバリングをしていたトンボは
ルリボシヤンマのメス

P8150018.JPG

P8150203.JPG

わぁ~ 蕾の向こうに

タンチョウ見つけ !

P8150262.JPG

こめんなさい

これ つくりものです



ころころ ころころ

P8150165.JPG

東日本には晴れ間を

西日本には涼しさを

ころころ ころころ

お願いいたします




2017年8月12日

落下傘と月見草

父は呉市(広島県)で育ちました

広島に原爆が落とされたとき
その爆音を直に聞き 閃光を見たそうです


先日 小さな映画館で
「この世界の片隅に」という映画を観ました

舞台は 第二次世界大戦の頃の呉市

ごく普通に嫁ぎ ごく普通に暮らしていた若い女性の日常を
静かに 丁寧に描写した 心揺さぶられる作品でした


オオマツヨイグサ(月見草)
P8107183-001.JPG

呉市が激しい空爆に何度も遭ったことを
私は映画を観るまで知りませんでした


父に戦時中のことを何度か尋ねたことがありましたが
いつも多くを語ってはくれませんでした


ノラニンジン
P8107184.JPG

父がよく話してくれたのは近所の山のこと

子供の足で ずいぶん歩いたのだと
懐かしそうに話していました


映画に 灰ヶ峰という名前が出てきて
ハッとしました

すっかり忘れていたけれど
父の山 そういう名前だったかもしれない


P8107186.JPG



※※※ ※※※ ※※※




しゃがみ込んで 草の写真を撮ります

月見草 に ノラニンジン ツユクサ


ムラサキツメクサに似たこの花は
シャジクソウというそうです


シャジクソウ
P8107189.JPG

シャジクソウ
P8107206.JPG


吹く風の気持ちいいこと

トンボが飛んで 蝶が舞って

なんて穏やかで美しい風景 ‥


ルリボシヤンマ
P8107282-002.JPG

ツユクサ
P8107302.JPG

キアゲハとインパチェンス
P8107117.JPG

アキアカネ
P8107314-001.JPG


トンボの飛ぶ空の向こうに 落下傘が見えました

一つ 二つ 三つ

P8107226.JPG

ドーン ドーン

遠くから 鈍い砲撃音が聞こえてきます


訓練が訓練で終わりますように

誰も傷つくことがありませんように
誰も傷つけることがありませんように





2017年8月 8日

10年

夫が他界して10年が過ぎました

子供達は 妻になり 夫になり 母になり 父になり

そうして私は おばあちゃんになりました


P8070017.JPG


ヒゲ君 今日はさわらを連れてきたよ

ほら さわら
ご挨拶して

P8070002.JPG

強い風が吹いて 花がくるりと向きを変えます

こっちが正面
これでよし

P8070033.JPG

さわら ここにおいで
日陰があるよ

P8070006.JPG

お墓の裏の花壇には
満開のロシアンセージと宿根フロックス

お墓の小さな植栽スペースには
色づいたゲラニウムと咲き終わったラベンダー


あぁ いい匂いがするね

P8070027-001.JPG


どこに行くの さわら

あぁ ダメダメ
そっちに行っちゃダメだよ


ヒゲ君 今日はなんだかバタバタだ

でも こっちの方が私らしいかな
私ったら いつも こんな具合だったものね


P8070043-001.JPG

真っ青な空に白い雲
遠くで鳴いている鳥は 誰だろう


そろそろ家に戻るかな

じゃあ またね
ヒゲ君
 



2017年8月 6日

銀河庭園 Ⅱ

前回に引き続き
銀河庭園(7月上旬)の様子を紹介しますね

まずは小さなバラの村から

P7030335.JPG

白いガゼボの中に置かれた 白いテーブルとイス

写真には写っていませんが
ガゼボの手前にには アイスバーグらしきバラと白のジギタリス
オルレア ダスティーミラー ラムズイヤー イソトマが植えられていました

ちなみにガゼボに誘引されていたのは ソフトピンクのツルバラ

白を基調に上品にまとめてあるといった印象のコーナーでした

P7030330.JPG

こちらは ドーンとアルケミラモリス
これだけまとめて植えるとインパクトがありますよね

そして りっぱな壺
これもいいですよねー

銀河庭園に来るたび ガーデンファニチャーが欲しくなるんです

P7035080.JPG

P7035103.JPG

ちなみに このバラ畑のバラは
すべて食用に使っているのだそうで(エディブルフラワー)

消毒なしで育て 収穫は香りと色のいい午前中というこだわりよう

P7030321.JPG

そうしてできた ローズシロップがこちら
( ウイリアム シェークスピア2000 & テス オブ ザ ダーバーヴィルズ )

器もお洒落ですね

P7030319.JPG


で ここからは再び バニー・ギネスさんがデザインした
テーマガーデン

では ボートレースガーデンから

この庭は2004年のチェルシーショーで銀賞を受賞した作品を
モチーフにしたものだそうです


植栽は落ち着いた雰囲気で 緑と青と白を中心したもの

ボート小屋は直線的だけれど 池は川をイメージしたような細長い曲線で
動きが合って立体的

さすがだな~って思います

P7035147.JPG

色とりどりのホスタ 好きです

P7030352.JPG

やわらかな曲線

P7035159.JPG

アリウムの使い方 いいですよね

P7030355.JPG

壁沿いに植えられたホスタとゲラニウム
カーブを描くベンチ

一部でも 庭に取り入れたいって気持ちになっちゃいます


P7035160.JPG

真っ青な大鉢に入った
ダスティーミラーとアリウムの寄せ植え

こうしてみると 鉢って大事ですよね

P7035163.JPG

広い広い銀河庭園

撮りためた写真を紹介するには もう少し時間がかかりそうです

次回は銀河庭園を離れて別の記事になりますが
そのうち続きをアップしますね

では 今回はこの辺で






2017年8月 5日

銀河庭園 Ⅰ


ただ今の室温21℃ 湿度65%

庭仕事にはもってこいの環境ですが
情けないことに この涼しさに体調をくずしてしまいました

今日は少しいいので
ベッドから抜け出してPCに向かっています

ブログを更新し終わったら 久しぶりにお化粧でもしてみようかな‥


ごめんなさい
前置きが長くなってしまいました


今日紹介するのは ひと月ほど前に撮った銀河庭園の様子です
たくさん写真を撮ったので 何度かに分けてアップしますね


小さなバラの村
P7030344-001.JPG

まずは庭園の入口近くに建つ
チェルシーツリーハウス

バニー・ギネス女史がチェルシーフラワーショー(1995年)で受賞した
「writer's  garden 」を恵庭に合わせて再現したものだそうです
(園内ガイド参照)

小説家の庭をイメージしたというだけあって
とても落ち着いた雰囲気のガーデンです

中にはシックな椅子と机 タイプライターや本などが置かれています

P7035032.JPG

こちらは 道沿いにつくられた美しいボーダー花壇

青や白のデルフィニウム 紫の宿根サルビア
黄色い小花はキンポウゲの仲間かな

P7035043.JPG

デルフィニウムには 1本1本支柱が立ててあり 驚きました

美しい庭園がキープできるのも
こうしたスタッフさんの努力のおかげなんですね

デルフィニウム
P7030302.JPG


続いては小さなバラの村

テーマガーデンとは違いますが
銀河庭園内にある オマサお気に入りの庭です

前回訪ねた時はほとんど咲いていなかったバラが
きれいに開花していました


シンメトリーに配置された
キャットミントとピンク色のバラの取り合わせ
小道の明るい色合いと シックな塀や門の対比

ステキでしょ

小道を歩くといい香りがして もう最高でしたよ

P7030339.JPG

彫像の手にバラの花 発見 ♪

ちょっとしおれかけてはいたけれど
こういうの好きです

P7030338.JPG

摘み取った花の一部は 水に浮かべて

お洒落だな

P7030308.JPG

パーゴラのつるバラは コンスタン スプレイ

奥に続く小道は曲線を描いて
その先はどうなっているのかと気になっちゃう

真似したい技ですよね

P7035086.JPG

お洒落なドアの向こうには
淡い花色の華奢なバラと白い椅子

洗練されていますねー

P7030306.JPG


これ以上写真をアップすると また重くなっちゃいそうですから
今回はこの辺で

続きはまた次回にお届けしますね


では皆様 今日もよい1日を




2017年8月 2日

夏の庭仕事

先日の雨で 何本かアナベルが折れてしまいました
大きな花だから 仕方ないですよね

春は時間を忘れて庭仕事に打ち込めましたが
蒸し暑いこの時期は庭に出るのも億劫です

少し動いただけで 汗が吹き出し
モチベーションはダダ下がり

追い打ちをかけるように蚊やブユも出始め
いよいよ 庭仕事が辛くなるばかりです

そうは言っても 傷みはじめた植物の手入れや
伸び過ぎたシュートは待ってくれません

咲き終わった花も 放置しておけません
こぼれ種が心配ですからね

P7310040.JPG

体中に防虫スプレーを吹き付け
庭に出ます


いや~ また草が生えてる

まずは草抜きをして

伸び過ぎたアサギリソウを切り戻して

アナベルを束ねて

ユリに支柱を立てて‥


テッポウユリ

P8020036.JPG

八重咲きオリエンタルリリー

ミスルーシー
P8020037.JPG

アルケミラの花もカットしておかなきゃ

枯れたゲラニウムの下葉もきれいにして‥っと


あっ! アナファリスに蕾ができてる  ♪

そう この時期にも
ちゃんとご褒美は待っています


P8020057.JPG

例えば セリンセや 

P7310037.JPG

遅咲きのクレマチス

バガボンド
P8020001.JPG

ホスタ
P8020007.JPG

クレマチス ジャックマニー
P7310053.JPG

セダム オータムジョイ
P8020040.JPG

ヘメロカリス(デイリリー)
P7310039.JPG

だから めげずにがんばりましょう

もちろん無理は禁物ですよ
出たくないときは ゆっくり休んで英気を養い

パワーがたまったら 自分のペースで庭仕事
きっとビールが美味しいですよ

って 私 飲めませんけどね



おまけ

アケビノコノハ
P7310022.JPG
今年もメギにいました

いや~ん