ホーム >

花咲か日記

2017年9月10日

クサカゲロウ

今朝は地面を叩く激しい雨の音で目が覚めましたが
日中はからりと晴れ 久しぶりに清々しい秋晴れとなりました

ここ数日の蒸し暑さから解放され
ホッと一息です


こちらはグラミス キャッスルにとまったクサカゲロウ 

細身の華奢な体と 透き通った網目状の翅
なんとも繊細で美しい虫です

P9010043.JPG

クサカゲロウは ウスバカゲロウの仲間で
儚い命のカゲロウとは まったくの別物

ちなみにウスバカゲロウの幼虫は あのアリジゴク

そしてクサカゲロウの幼虫は アリマキジゴクと呼ばれ
アブラムシ(アリマキ)やハダニ・カイガラムシなどを捕食してくれる
私達ガーデナーにとっては ありがた~い存在なのです

卵は俗に優曇華(うどんげ)の花と呼ばれていて

まるで猫のヒゲのような卵柄の先に 白い卵が1個
それが何個も連なって これがなかなかのインパクトなんですよ

今回は写真がないけれど 撮れたら必ずアップしますね




庭は日に日に秋めいて
ついにノコンギクの仲間にも 花がつき始めました

下の写真のは蕾ですけれどね

ゴシキバノコンギク ( キク科 シオン属 )
P9050088.JPG

アナファリスは そろそろドライフラワー用にカットしちゃうかな

アナファリス
P9050086.JPG


ラプソディー イン ブルー
P9010027.JPG

斑入りヤブラン
P9100099.JPG

ナツツバキ(シャラ)
P9100100.JPG

ホトトギス
P9100087.JPG

アンブリッジローズ
P9050079.JPG

最近ラベンダーやセダムの花に よく蝶が集まってくるようになりました

蜜なら いくらでもどうぞ
でも卵は勘弁してね

クジャクチョウ
P9100067.JPG

モンシロチョウ
P9100036.JPG


おまけ

P9100151.JPG
あっ!




2017年9月 2日

ちびたん がんばれ!


昨日 小さな池で マガモのヒナを見つけました

1羽 2羽 3羽

近くに親鳥の姿はありません


P9019389.JPG

毎年この時期になると
池の8割方が水草に覆われてしまいます

ヒナのぽわぽわの小さな頭や背中にも水草が絡まり
大丈夫かと ちょっぴり心配になります

P9019337.JPG

兄弟を見失って1羽になった子が
ひときわ大きな声で鳴きます

すぐに返事が返ってきて 3羽がまた ひとかたまりになり ホッ


ちびっこだけで池の縁を進みます

偉いぞ!

P9019361.JPG

時々ジャンプして 雑草を食べるヒナ

偉いぞ!

P9019366.JPG



同じ池に カルガモの親子がいました

こちらは大家族
子ガモは全部で7羽です

先ほどのマガモのヒナに比べると
ちょっぴりお兄ちゃんお姉ちゃんかな


P9019485.JPG

母さんガモに守られて トロトロトロトロ
お昼寝です

P9019513-001.JPG



再び マガモの子 

先頭をゆく 小さな小さな マガモの子


P9019405-001.JPG

見守る母鳥はいないけれど おまえたちなら きっとやれる

ちびたん がんばれ!

ちびたん がんばれ!




2017年7月19日

ナキウサギ

窓を開けようかどうしようか 迷っています

室温20℃

あの暑かった毎日は幻だったのかと
疑いたくなるような涼しさです



5日ほど前に
望岳台(十勝岳)に行ったときも 暑かったなぁ

なにしろガレ場には日陰が少ないし
ちょっとした低木の陰には 既に先客があって

ジリジリ照りつける太陽の下
ひたすらナキウサギを待ったのだけれど

いつまで経っても姿が見えなくって

出てくるにしても 涼しくなった夕方かもしれない
それまで頑張れるだろうか

なんてことを考えていたら

いた!いた!いた!

突然 カメラマンの興奮した声が聞こえてきて

レンズの先を探したら
ホントだ いた いた

ちびっこだ!


P7135834-001.JPG
ガレ場の隙間から ちょこんと顔を出したナキウサギ

なんて めんこい‥
小さな足の指 全部で4本かぁ


十勝岳
P7130039.JPG

とぼけた顔のナキウサギ

氷河期の生き残りだっていうから
きっと この暑さは辛抱ならないと思うのだけれど

暑さに負けずに出て来てくれたんだね

ありがとう


P7135862.JPG

こーんな かわいいポージングや

P7135927.JPG

こーんな 笑顔(?)まで披露してくれて

もう おばさんは
なんてお礼を言ったらいいのか分からないよ

P7135919.JPG

毎年おかしな天候が続いて
時々みんなの事が心配になるけど

負けないで 一緒にがんばろうね




おまけ

P7100095.JPG
あたしも がんばります




2017年7月 3日

子ぎつね

会いたくて 会いたくて
でも 会えなくて

そんな憧れの子ぎつねに
ようやく会うことができました

P6264917.JPG

最初に見つけたのは 獲物をくわえた親ぎつね

大丈夫 大丈夫
私は何もしないよ

おまえには少しも興味がないんだ
といった具合に
プイと顔をそむけてみたりして

P6264870.JPG


警戒させないように 十分な距離をとって

おまさの追跡が始まります

P6264879.JPG

見失わないように 目を凝らし
尾行すること 約10分

P6264882.JPG

一旦草むらに消えた親ぎつねの後ろに‥

間違いない 子ぎつねだ!

P6264886.JPG

はやる気持ちを抑え
ゆっくり ゆっくり 距離を縮めます


親ぎつねは私に気付きましたが
そのまま子ぎつねを置いて 出かけてゆきます

あれっ いいの?


子ぎつねは1匹だけ

かなり大きくなっていましたが まだあどけない顔をしています

とりあえず証拠写真を1枚

P6264910-001.JPG

結局 それ以上距離を詰めることはできず

子ぎつねは草むらに入ってしまいました


そうか きっと親ぎつね
私相手なら もう1匹でも大丈夫と思ったのかもしれないな


P6264906.JPG

兄妹の絡みなし
親との絡みもなし

結局 ピンボケの子ぎつねの写真を数枚撮っただけで終わりだったな‥

と カメラのモニタから目を離した途端

なんと目の前に 子ぎつねが!


こんなことってあるんですね

P6264916.JPG

お~ めんこい めんこい

いい子だ いい子だ

P6264922.JPG

揺れる麦畑の波の中へ消えてしまった子ぎつね

P6264927.JPG
もしかして あれは夢だったのかな




おまけ

P6270022.JPG
あたしも きつね?




2017年6月 8日

エゾリスは見た

エゾリスは見た

P6072042.JPG

巣穴から顔を出す 父さんアカゲラを

ボサボサ頭はイクメンの証
 
P6061668.JPG

なりふり構わず ヒナ達に餌を運ぶ必死の父さん

実に感動的だ‥

P6061662-001.JPG

母さんアカゲラだって負けてない

それが証拠に あの鈴なりの虫
やっぱり母は強しだな

P6061671-001.JPG

草原で鳴いているのは ノビタキ母さんか?

ジッ ジッ ジッ!

こっちに来るなと威嚇している

安心して
僕は そっちには行かないよ

P6051296-001.JPG

毎年コンフリーが咲く頃になると どこの野山も子育てでにぎやかになる

P6072213.JPG

おや あんな所にスズメの親子

微笑ましいね

P6072069.JPG

な~んて


エゾリスは恵庭公園で
アカゲラは千歳で
ノビタキは長沼で
雀は近所の公園で 別々に撮りました

新緑の美しい6月
野原で 森で 湖沼で 公園や住宅地で
涙ぐましい子育てが始まっています

ほら そこでも




2017年6月 3日

野道をゆけば

ただいまの気温 7.9℃
北風が吹いて 上着なしでは肌寒いくらいです

最高気温も17℃に届かないというから
風邪をひかないように気をつけなくっちゃ ですね


張り切って飛び回っていたチョウも
今日は動きが鈍くなるかもしれません

ベニシジミ
P5311078.JPG


この時期 田舎道を走っていると
やたら目につく木がありあます

エゾニワトコです

象牙色をした ふわふわの花が やわらかな若葉の緑によく映えます
秋になると赤い実をつけるエゾニワトコ

昔は庭木としても利用されていたそうですが
最近はあまり見かけません

どうしてなのか 不思議です

エゾニワトコ
P5310009.JPG

ポンポン ポン!

たった今 号砲が聞こえてきました
今日 運動会があるんですね

お天気がもってくれるといいな




日に日に緑の濃くなる北海道

虫も増え 小鳥達は元気いっぱいです

枯れ枝にとまってさえずっているのは
赤い喉がチャームポイントの ノゴマ

ノゴマ
P5290800.JPG

こちらはカササギのヒナ
巣立って3日ほど経った頃の写真です
(恵庭市内の街中で撮影)

カササギ
P5250614.JPG

めんこ~い

P5250730.JPG

下の写真は道端にうっそうと茂っている草
この上に野鳥がとまってくれると絵になるんですよね

どこにでも生えている なんてことのない草なんだけど
名前が分かりません

ご存じの方があれば コメントをいただけるとうれしいです

P5310026.JPG

相変わらず コヨシキリがにぎやかです

P5290924.JPG

野原の中のワスレナグサ

P5310030.JPG

田舎道をのんびりドライブ
吹き抜ける風が 気持ちいいですよ

今日はちょっと 寒そうですけどね



おまけ

P5270021.JPG
ふむふむ なるほどね



追記

謎の植物 オオイタドリと判明しました
コメントをくださったY さん ほんとうにありがとうございました

スッキリ!




2017年6月 1日

キタキツネとマガモの子


風が吹くたび オダマキの花が いっせいに揺れます

ソフトピンクと白の淡い色合いが
庭の若葉にとけこんで とてもきれいです

久しぶりに訪ねた花友の庭に立って
思いっきり深呼吸

あぁ 気持ちいい




帰り道 長都沼でキタキツネに出会いました

なにやら咥えているのが見えたけど
ファインダー越しでは はっきりしません

P5310987.JPG

子ぎつねでもいるのでしょうか
餌らしきものを咥えたまま とことこと歩いてゆきます

P5311007.JPG

PCで写真を見て 溜息が出ました

キツネが咥えていたのは
あどけない顔をしたマガモのヒナでした



白い綿毛が 空中をふわふわと飛んでゆきます

カスピエゾヤナギ 学名 Salix acutifolia 
P5311030.JPG

P5311016.JPG

ふわふわ ふわふわ





2017年4月 6日

お目覚め

長い冬眠から目覚めたシマリスさん

こんにちは


P4046304-002.JPG

雪がいっぱいで 寒むそうだね
小さな指は かじかんでいない?


大丈夫だよ

りっぱな冬のコートを着ているから
指の先まで ぽかぽかなんだ

P4046299.JPG

お口にいっぱい詰めているのは何なの?


これ?
枯葉だよ

P4046340.JPG

すしざんまい!

P4046344.JPG

おっとっと

危ない 危ない
こんなこと やってる場合じゃなかった

P4046345.JPG

落とさないように気を付けて

P4046360.JPG

ところで その枯葉 なにに使うの?


もごもごもご‥

P4046355.JPG


シマリスの巣材運び
もう始まっているんですね

春は恋の季節

野山のあちらこちらで
子育てを始める準備が着々と進んでいるようです




おまけ

P4060011.JPG
あたしも毛布運ぶ?




2017年4月 3日

さわら ピンチ!


それに気づいたのは 一昨日のことでした

その日はちょうどハウスメーカーさんが
オベリスク(夫お手製)を取り外しに来てくれる日で
私も朝から準備に追われ慌ただしくしていたのですが

ふいに目の前に現れた さわらが なんだかいつもと違って見えます
なんだろう この違和感

あれっ さわら
右と左の目が違う!

そうなんです
この時のさわらは 右左の瞳孔の大きさが明らかに違っていました

試しに 隠れたあと ひょいとさわらの前に顔を出すと
右目はまんまるの黒目なのに 左目は細いまま‥

へっ!
さわら どうしちゃったの?

慌てふためきながら さわらを抱き上げ
今度は暗い場所で目をチェック

ダメだ やっぱり左目の瞳孔が大きくならない

かかりつけの動物病院の診療時間は 午後4時から

落ち着け 私

とりあえず ご飯を食べて オベリスクを外して
それから病院だ


P4020018.JPG

いつもなら なにを食べても美味しいのに
この日の食事のまずいこと

それでも時間が経つうちに落ち着きを取り戻し
予定通りオベリスクを取り外作業 完了


私 診察開始10分前には
さわらと一緒に動物病院の駐車場におりました

診察の結果 症状は
目の奥か脳の神経に起因するものであろう ということでした

「えっ 神経?」 と怯える私に

「心配ないですよ」 と先生

炎症を抑えるお薬(ステロイド)を注射してみましょう
効く子もいるし 効かない子もいるんですけどね

明日もう1度注射したいので また連れて来てください


結果
さわらには効果があったようです

あぁ よかった‥

P4020033.JPG

よく見るとまだ少し左目の瞳孔が小さいのですが
以前に比べればずいぶんよくなりました

とりあえず明日か明後日 もう1度病院です


診察のついでに 最近よく吐くのでそのことも相談してみました

食べてすぐに 未消化のカリカリをほとんど全部もどしてしまうのです
 
たまにのことなら気にしないのですが
最近あまりにも回数が多いので(週に5回くらいかな) この際と尋ねてみました


で こちらの餌を購入

P4020016.JPG

宣伝するつもりはないけれど
嘘のように吐かなくなりました
体もしつこく舐めなくなったし


ドクターズダイエット

パッケージには

動物病院専用プレミアムフード
高齢猫用 7歳~
(さわらは今年7歳になるので)

高齢猫に最適な栄養バランス
リンを調整
合成坂防止剤不使用

とあります


送料を無料にしようと まとめ買いしてあるカリカリが3袋
あれ 捨てるしかないな‥

そういえば 賞味期限内なのに 開封すると変な匂いがしていたもんな
流通の間の保管場所が悪かったんだろうか
それとも中に さわらに合わないものが入っていたんだろうか


ちょっと高いけど さわらのためならエンヤコ~ラ ♪



おまけ

P4030019.JPG
いよいよ 足場の組み立てが始まりました




2017年3月26日

婚姻色

まるでなにかの呪いがかかったかのように
一心不乱に庭の雪割りをしていましたが さすがに少々息切れがしてきました

昨日は 気分転換にカメラを持って近所の公園をひと回り

あぁ 出かけてよかった

やわらかな光のなんと暖かく
なんとやさしいこと

温んだ水面にぷかぷかと浮くカモのそばには
婚姻色のダイサギが1羽

美しい‥ 

P3255735.JPG

背から広がる みの状の飾り羽
黄色から黒へと変わりつつあるくちばし

目先を彩る 緑のシャドー
( これから青味が増してきます)

赤味を帯びた足

まだ完全とは言えませんが
今まで見たことのない 美しい繁殖羽(夏羽)のダイサギです


P3255610.JPG

アップで

P3255759.JPG

羽繕い

これで チラリと目が見えていればなぁ‥

P3255739.JPG

一昨日 昨日と降った雪はほとんどとけて
以前の状態に戻りました

婚姻色のダイサギが
春を引き寄せてくれました




おまけ

P3170005.JPG
あたしも 色変わる?



2017年3月12日

エゾリス

もう 可愛すぎでしょ!

エゾリスちゃん


ドーン!

P3124319.JPG
木から降りて うんと近づいて来たエゾリスちゃん

でもね この子
低い声で鳴いていたんです

グルルルって

この鳴きかた
人でいえば 「やめろよぉ」 って感じらしいです


ごめん ごめん
声をかけたの 嫌だった?
驚かしちゃったかな




こちらは えらい人馴れしたエゾリスさん

誰かにヒマワリの種をもらったみたいです

夢中で食べる姿はかわいいんだけど
あまり人に慣れすぎるのも ちょっと心配

警戒心を忘れちゃダメだよ


P3124286.JPG

P3124296.JPG

それにしても めんこちゃんだ

P3124289.JPG

今日もいいお天気でした

少しずつ雪がとけて
日が長くなっています

でも耳毛が短くなるのは きっともう少し先
本物の春は もう少し先です



おまけ

P3100015.JPG
あたしの耳毛は?



2017年3月 7日

春の予感

ピーッ ピーッ  甲高い鳥の声が聞こえてきます

ヒヨドリです

水浴びをしようと
小川に飛び込むタイミングを見計らっているようです

3月に入り気温が上がり
日の光も力を増してきました

ヒヨドリ
P2283216.JPG


 庭の雪はまだまだたっぷりですが
もう凍てつくような寒さはありません

シジュウカラ
P2273043.JPG

むかわ辺り(胆振地方)では ずいぶん雪どけが進み
本州から渡ってきた渡り鳥の数が増えてきました

マガン
P3053733.JPG

マガン
P3053745.JPG

こちらは千歳川のオオハクチョウ
見ているだけで ほっこりしてくるから不思議です

オオハクチョウ
P3064109.JPG

朝方ちらついていた雪もやんだみたいです

長く厳しい冬の峠は過ぎました
春に向かって ゆっくり時間が流れてゆきます