ホーム >

花咲か日記

2017年12月11日

雷雨

昨日の最低気温は-13.7℃
今日は-1.8℃

朝方降ったのは 雨でした
それも雷つきの激しいやつ


昨日までよく見かけた 美しい氷の結晶や

PC100006.JPG

パウダースノーは どこへやら

PC100017.JPG

今はこんな感じ

道はもう ぐっちゃぐちゃです

PC110008.JPG

これは雪どけ水の逃げ道を作っておかなきゃまずいな

埋もれた側溝の蓋部分の雪を放り投げ
( この蓋 なんでもグレーチングというのだそうです )

ついでに玄関アプローチと車庫前も おいしょ!おいしょ!
( なんたって きれいにとけて乾けば あとが楽だからね ) 

作業終了直前

あっ 腰‥が



おぉい さわらぁ
どうやら またやってしまったよ

でも腰ベルト巻いていれば すぐに治ると思うんだ

なんたって年末だもんね
寝てる場合じゃないからね

ねぇ 聞いてる?

PC105357.JPG
スースー




2017年12月 9日

あっという間に

まるで早春のような風景ですが
下の写真を撮ったのは わずか5日前のこと

PC044683.JPG

この翌日から雪が積もり始め

PC044691.JPG

今ではすっかり冬景色です

PC075060.JPG

街並みもご覧のとおり

PC090021.JPG

公園の池は 半分以上が凍りついてしまいました

PC090163.JPG

それでも 月曜には寒気が緩むとか

雨の予報も出ているようだから
とけて 凍って とけて 凍って‥

これは ツルツル路面を覚悟しておかなきゃダメですね

という事で
北国の皆様 「すってんころりん」 には十分に気をつけましょう!




おまけ

P3040189.JPG
は~い!




2017年12月 8日

北国の冬が好き


降りしきる雪で 町全体が深い霧に包まれたように
ぼんやりと霞んで見えます

恵庭の積雪は40cm を超えました
このまま根雪になっちゃうのかな

午前中はあんなに晴れていたのにね

エゾリス君
君はどう思う?

PC075056.JPG

キーンと冷えた日の雪は
歩くと キュッキュッと音がします

手袋をしていても すぐに指先が冷たくなって
そのうちジンジンと痛みがやってきます

ジンジンは嫌だけれど キュッキュッは大好き
なんだか得をしたような気分になるんです

PC075284.JPG

雪晴れの日に キラキラと輝く雪や

芸術的な風雪紋や樹氷

立ち上る川霧や 煌めくダイヤモンドダスト

あと何度 この美しい季節を楽しめるのでしょう


 
厳しい寒さで ナナカマドの実が
食べ頃になってきたようです

PC075290.JPG

さあ お食べ お食べ 赤い実を
お腹いっぱいになるまでね

ハチジョウツグミ
PC075273.JPG

雪 止みそうにないな

明日も雪かき がんばろうっと!




2017年12月 5日

降りました

一晩で景色が変わりました

右を見ても左を見ても どこを見ても真っ白け

午後11時現在 積雪22 cm  気温-11.2℃
寒いはずですね


PC050017.JPG

屋根の雪は いつの間にかすべり落ちていました

PC050024.JPG

雪かきは全部で3回

まだ薄暗かった早朝と
夕方と それに夜 除雪車が入った後

PC050033.JPG

右肘がちょっと痛いけれど 多分 一晩寝れば治るでしょう


PC050036.JPG

明日は冷え込みそうです
暖かくして 風邪をひかないようにお過ごしくださいね




おまけ

写真展に飾っていたフラワーアレンジメント

この花は何かしら?
と尋ねられたのだけれど 答えられませんでした

ご存じの方がいらしたら コメントをいただけると嬉しいです
よろしくお願いします (ぺこぺこ)

PC050053.JPG
PC050052.JPG
では おやすみなさい



追記

謎の植物の名前が判明しました

名前は クリスマスブッシュ

ちなみに学名は Ceratopetalum  gummiferum

クノニア科 ケラトペタルム属 の常緑高木です

オーストラリア ニューサウスウェールズ州に分布する常緑樹だそうで
晩春に白い小花を咲かせ
花後 クリスマスの頃にガクが肥大し深紅色になるのだとか

耐寒性は弱く 国内で栽培できるのは和歌山以南らしいです

いろいろ調べてくださった皆さん
ほんとうにありがとうございました



  




2017年11月24日

氷晶とアップルパイ

キラキラと光り輝やくエノコログサ

真冬並みの寒波がやってきた4日前
お昼前になっても  薄い氷の衣はとけないまま

きれいだな


樹枝状結晶の霜 ( 撮影地 / 長都沼 )
PB200150.JPG

降り積もった雪の上にも 美しい霜の花

薄ーく削られたかき氷のように ふわっふわです

PB204386.JPG


こちらはアップルパイ目当てで訪れた 長沼のハーベスト

PB200179.JPG

自宅から車で40分弱程度なのに
なんと雪の多いこと

わずかの距離で景色が様変わりです

この時期車で移動する度に思うことですが
北海道は 変化に富んでいて面白い

PB200185.JPG

おっ 来た来た
熱々のアップルパイ


うーん これ これ!

バター風味が効いたサクサクの生地に
旨味たっぷりのアップルフィリングがぎっしり

期間限定のハーベストのアップルパイ
40分かけても 食べに来たくなるのよね





おまけ

PB180087.JPG
あたしはお家で かまくら ごっこ




2017年11月19日

長い冬

長い冬の始まりです

外は-3℃

木々は白く凍りつき 吹きつける風の冷たいこと‥


( 撮影日 11/16 ・ 撮影地 占冠 )
P1010046.JPG
PB160080.JPG

青空が消え 太陽が雲に隠れると

PB160072.JPG

景色は墨絵の世界に一変

PB160061.JPG

耳の奥がジーンとするような静寂が 辺りを包み込みます

PB160057.JPG


PB160052.JPG


夜明け前

冷え込んだ農道や畑は凍りつき

( 撮影日 11/16 ・ 撮影地 由仁町 )
P1010006.JPG

低い山は雲海に覆われていました

P1010017.JPG

そして 今朝

ついに我が家も

PB190094.JPG

PB190117.JPG


おまけ

PB180082.JPG
ここは ぽかぽかだよ




2017年11月14日

冬がやってきた

いつの間にか11月も半ば

雪をいただいた山並みや

日高山脈
PB103157.JPG

冷たく 物悲しげな海

PB103431.JPG

シベリアから渡ってきた ワシ達や

左) オオワシ幼鳥  右) オジロワシ幼鳥  (沙流川)
PB103539.JPG
身を切るような鋭い北風
すっかり葉を落とした銀杏の木

辺りはすっかり初冬の風景です


昨日 庭には霜が降りました
地面はカチコチ

前日に 排雪業者さん用の目印の旗と竹を立てておいてよかった‥

PB130030.JPG

一昨日 庭の冬支度がようやく終わりました

直径 2m 以上に広がっていたアメリカテマリシモツケは
ギュッと縛ってこんな具合

細‥

ちなみに上の方は 脚立を使って
えぇい ギュッ!ギュッ!ギュッ!

ストレス解消にはもってこいですよ

PB130050.JPG

軒下のバラやイングリッシュラベンダーは入念に囲い
根が傷まないように株元を完熟堆肥で覆ってやりました

今シーズンは がんばっておくれよ

PB130023.JPG

地上部の枯れている宿根草は 地際からカットします

イトススキもペニセタムも 地際からバッサリ!

そう言えば一昨日
北側通路で枯れたホスタの葉をカットしていて
びっくりすることがありました

突然フウチソウが カサカサ と音をたて 大きく揺れ始めたのです

へっ 何? と凍りつく私

と 次の瞬間見えたのは 黒い猫のしっぽ

なんだ 猫だったのか

小刻みにプルプルと震えているところを見ると
きっとそこで 用を足しているのでしょう

 何やってんの? と声をかけると
大きな黒猫が姿を現し
チリチリと鈴を鳴らしながら一目散に逃げて行ったというわけでして

仕方なく私 フレッシュなおしっこまみれのフウチソウを
チョキチョキとカットいたしました(涙)

PB020018.JPG

話はそれましたが
その後も雑草抜きやら落ち葉の掃除やら
残っていた庭仕事を片付け

最後に 床下の換気口を閉じて‥ はい おしまい!

PB130065.JPG
 
朝から降っていた雨があがったようです

未だにできてない衣替え やろうかなぁ‥



おまけ

PA310094.JPG
黒い猫 あたしより強い?




2017年10月31日

晩秋

赤いナナカマドに 黄色い銀杏
昨日の強風で ほとんどの葉が散ってしまいました

寂しい 寂しい

美しい秋が終わってしまいそうです


ナナカマド
PA190121.JPG

ツルウメモドキ
PA250014.JPG

ススキ
PA190113.JPG

紅桜公園
PA190094.JPG

シベリアからやって来た オオハクチョウは

PA272755.JPG

コウ コウ コウ と鳴きます
胸が ぎゅうってなるような 切ない切ない鳴き声です

オオハクチョウ
PA272654.JPG

細い糸にぶら下がった葉は 秋を漂い
ぶらん ぶらん

PA211587.JPG

藁ぼっち
PA250024.JPG

ずいぶん日が暮れるのが早くなりました

PA250051.JPG

午後4時25分だと このくらいで
PA250098.JPG

午後4時27分だと このくらい
PA250113.JPG




おまけ

PA310089.JPG

新米の季節

この ゆめぴりか (2Kg )は

PA310080.JPG
誕生日に ヨーカドーのガラポンで手に入れました
ちなみに私 さそり座のAB型です




2017年10月27日

シャクトリムシとナツツバキ

手 肘 肩 膝 背中
体中に湿布剤を貼っています

昨日はナツツバキの剪定をしました

ナツツバキは自然樹形の美しい素晴らしい庭木です
広い場所に植えてやれば 剪定いらずの手間いらず

そうと知りつつも 新米ガーデナーだった私は
隣家との境界線に目隠し目的で植えてしまい ( しかも2本も )
お隣には迷惑をかけるわ ナツツバキには窮屈な思いをさせるわ

ぐんぐん伸び続け6~7mとはあろうかという高木となった今
そのまま放置するわけにもいかず
ついに思い切った剪定をすることとなった次第でありまして‥
(後半に続く)



※※※ ※※※ ※※※ ※※※



さて 突然話は変わります

こちらはエゾリスの好物 チョウセンゴヨウマツの実(松ぼっくり)
ファインダーを覗いていて 小さな緑色の虫を見つけました

シャクトリムシの仲間です

体を ギュッ と曲げ

PA180848.JPG

うにょーん と伸ばし 前に進みますが
着地する場所がない

どうしたものかと 空中をぶらぶらと漂い
辺りを見回している様が可笑しくって仕方ない

PA180851.JPG

アップにすると こんな感じ

ユーモラスでしょ

えっ 気持ち悪い?


PA180851-001.JPG

以前 ずず ( ぽんず姫 ) が拾った松ぼっくりに
小さな虫が潜んでいたことを思い出しました

こんなこともあろうかと 玩具のお鍋に入れ玄関に置いていたのですが
それがピンクのお鍋の中をもぞもぞと歩いている

黒い小さな虫でした
捕まえようと手を伸ばしたら

それがね
ピタリと動くのを止めて 死んだふりをするんですよ
そういうのを見ちゃうと殺生ができない

ガーデニングでは ずいぶん殺しているんですけど
自己満足だなーって思いながら 外に虫を出してやったりして



※※※ ※※※ ※※※ ※※※




さて 話はナツツバキに戻ります

剪定の難しいナツツバキ
右から 左から 近くから 遠くから眺め
落とす枝を決め

PA270021.JPG

高ーい脚立の上に立って
ノコギリで ギコギコ

PA270051.JPG

ギコギコ チョッキン
ギコギコ チョッキン

2本のナツツバキを半分ほどの高さに剪定したところで
手前の1本は地際で切ろうと決断し

さらに ギコギコ ギコギコ

許せ ナツツバキ

PA270055.JPG

PA270045.JPG

斑入りエゾノコンギクの後ろには
切り落とされたナツツバキの山

燃えるような赤いナツツバキ

狭い所に植えてしまった私がいけなかった
ごめんよ

PA270018.JPG

剪定した大小のナツツバキの枝
今日は1日 後始末に追われることになりそうです

がんばれ 私




2017年10月16日

錦秋

娘に2人目の子供が生まれ 手伝いのため
ひと月ほど家を空けていました

季節は移り変わり

濃い緑に覆われていた森は鮮やかな色に彩られ
風は冬の始まりを感じさせる鋭利なものに変わっていました


PA150068.JPG

PA150093.JPG

恵庭の今朝の最低気温は氷点下
色づいた紅葉が早くも散り始めています


PA150057.JPG

4日前 関東は夏でしたが
翌日 私が北海道に戻る日は
冷たい雨の降る 秋の始まりを思わせるような寒さでした

小さな傘を握りしめ レインコートを着た ぽんず姫が
ママに抱かれたピカピカ王子2号と一緒に 雨の中 見送ってくれました


新千歳空港から家に戻る途中
車窓から真っ赤に色づいたナナカマドが見えました

関東も寒くなったと思っていましたが
北海道の寒さは これまた‥


PA150080.JPG

久しぶりのさわらは 抱き上げると肩の上でふみふみ

長く伸びた爪がシャツにひっかりり
肩がチクチクと痛みました


PA141373.JPG

寒くはない?

片づけていた湯たんぽを取り出し
お湯を入れてやります

トクトクトク‥

あどけないチビ達の笑顔や小さな手
香しいキンモクセイの香りや 真っ赤なピラカンサの実

立ち上がる湯気を見ながら
あれは ほんとうにあったことだったのかしら
と 千葉での毎日を不思議な気持ちで振り返ります

ええと
燃えるゴミの日は月曜だっけ?

しばらく混乱した日が続きそうです



おまけ

PA030688.JPG
はじめまして
ぽんず弟です




2017年7月29日

夕焼け

久しぶりに 絵に描いたような 美しい夕焼けに出会いました

水平線には雲がなく

海の中へと沈んでゆく太陽が
最後まで くっきりと見えました

P7260333.JPG



※※※ ※※※ ※※※



昼間 あれほど暑かった海岸は
陽が傾くと同時に一気に冷え

緩やかに吹く風の なんと心地いいこと

P7260199.JPG

沈みかけた太陽が

のっぺりとした海面や

P7260239.JPG

漂う雲を照らし

P7260309.JPG

辺りはゆっくりと 茜色に染まってゆきます

P7260346.JPG

やがて太陽はすっかり海の中へ姿を隠し

P7260354.JPG

今にもとけて無くなりそうな三日月が
薄っすらと空に浮かんでいることに気付きました

P7267078.JPG

帰り道
大滝で見た満天の星は

昔 音羽橋で見たあの夜空に負けず劣らずの
圧倒的な美しさでした


あっ 流れ星!

最後はボッて燃え尽きるみたいに消えていった流れ星

ずいぶん大きかったけど
とても願い事をする暇はなかったな

もしも たっぷりと時間があったら
何をお願いすればよかっただろう


真っ赤な夕焼け空と 満天の星

たくさんの贈り物を貰った1日でした





2017年7月19日

ナキウサギ

窓を開けようかどうしようか 迷っています

室温20℃

あの暑かった毎日は幻だったのかと
疑いたくなるような涼しさです



5日ほど前に
望岳台(十勝岳)に行ったときも 暑かったなぁ

なにしろガレ場には日陰が少ないし
ちょっとした低木の陰には 既に先客があって

ジリジリ照りつける太陽の下
ひたすらナキウサギを待ったのだけれど

いつまで経っても姿が見えなくって

出てくるにしても 涼しくなった夕方かもしれない
それまで頑張れるだろうか

なんてことを考えていたら

いた!いた!いた!

突然 カメラマンの興奮した声が聞こえてきて

レンズの先を探したら
ホントだ いた いた

ちびっこだ!


P7135834-001.JPG
ガレ場の隙間から ちょこんと顔を出したナキウサギ

なんて めんこい‥
小さな足の指 全部で4本かぁ


十勝岳
P7130039.JPG

とぼけた顔のナキウサギ

氷河期の生き残りだっていうから
きっと この暑さは辛抱ならないと思うのだけれど

暑さに負けずに出て来てくれたんだね

ありがとう


P7135862.JPG

こーんな かわいいポージングや

P7135927.JPG

こーんな 笑顔(?)まで披露してくれて

もう おばさんは
なんてお礼を言ったらいいのか分からないよ

P7135919.JPG

毎年おかしな天候が続いて
時々みんなの事が心配になるけど

負けないで 一緒にがんばろうね




おまけ

P7100095.JPG
あたしも がんばります