ホーム >

花咲か日記

2018年5月11日

若葉


パラパラと雨の音がします
今の気温は3.6℃

ブラインドを開けると 雲の切れ間から青空がのぞいています
黒い雲の流れの早いこと


千葉から戻った翌日(8日)の夜に 体調を崩してしまいました
熱は下がりましたが なかなか咳が止まりません



北海道は ようやく春の装いです


つくし
P5100231.JPG


散ってしまったかと思っていた桜には なんとか間に合いました

ソメイヨシノ
P5080012.JPG

エゾヤマザクラは ほぼ咲き終わっていましたが

P5085055.JPG

ソメイヨシノは ぎりぎりセーフ

P5080059.JPG


こちらは 昨日撮った我が家の庭です

P5100108.JPG


チューリップ グリンスター

P5100165.JPG


ミヤママタタビ

若葉が美しい ミヤママタタビ
葉に薄っすらと白が入ってきました

P5100190.JPG


ユキヤナギ

満開です

P5100261.JPG

八重咲きサンギナリア

白い花は散り
肉厚の葉が ぐんと大きくなっていました

P5100071.JPG

ヤマアジサイ(さつき姫)

こちらは ヤマアジサイの若葉
生命力にあふれた若葉は 春の象徴のようです

瑞々しく 美しく 希望に満ちています

P5070041.JPG

ルナリア(ゴウダソウ/ギンセンソウ)

出かける前蕾だったルナリアは
色鮮やかな花を咲かせていました

P5100142.JPG

また雨脚が強くなってきました
いいお湿りになそうです
 



おまけ

P5090002.JPG
いい匂い




2018年4月19日

ご褒美

最近絶不調で
やることなすこと うまくいきません

かわいいミスもあるけれど
落ち込むような失敗もあったりして
どうも いけません


でも 今朝はよかった

だって‥


蜘蛛の糸
P4190117.JPG

P4190109.JPG

フキノトウ
P4190102.JPG

写真をクリックしてみてね
カチッ!

P4190011.JPG


P4190042.JPG

それにね
朝 すぐそばで ウグイスが歌ってくれたんです

それもゴミ出しをしているとき

心配事が吹っ飛んでしまうような 澄んだ美しいさえずりでした




※※※ ※※※ ※※※ ※※※




昨日の庭仕事

バラ 15本分の施肥
(株の周囲に穴を掘り 元肥と完熟堆肥を入れ 土を戻す)

花壇への堆肥の鋤き込み

ビオラの苗を定植(15ポット)

ノイバラの剪定と誘引

コデマリの移植



チューリップが大きくなって 少しずつ春の庭らしくなってきました

今日もいいお天気です

よーし 残りのバラの施肥 片付けちゃうぞー!


P4190048-001.JPG
皆様も よい1日を!




おまけ

P4160015-001.JPG
春の匂いだ




2018年3月27日

春を探しに Ⅱ


小さな女の子が居た公園の第二弾
今回登場するのはシマリスです

まだ眠そうなシマリスは 冬眠から目覚めたばかりのようで
動きもどこか緩慢で

陽だまりで まどろんだり ぼんやりこちらを眺めたり


おはよー

P3253062.JPG

思い出したように走り出しては 木の実を見つけてムシャムシャ

ピンク色の小さな舌 見えていますよー

P3253161.JPG

カメラ目線で

どーも!

P3253078.JPG

こちらは杉林で見つけたマヒワ

山に戻る前に 公園でひと休みです

漂鳥(ひょうちょう)もまた 春の到来を教えてくれる鳥なんですねー

マヒワ(オス)
P3252938-001.JPG



※※※ ※※※ ※※※



さわらに起こされて 今朝は3時に目が覚めました

二度寝しようとベッドにもぐり込みましたが
なかなか寝付けず そのまま起きることに

淹れたてのコーヒーを片手に外に出てみたら
空いっぱいに星が広がっていました

うわぁ きれい

久しぶりの星空です


ちなみに下の写真は 昨日の朝の光景

最近は霧の朝が多くて‥
これも春が近づいたせいでしょうか

P3260006.JPG

自宅で見つけた春をもうひとつ

最近 庭にやって来るシジュウカラやスズメが
盛んに巣箱をチェックするようになりました

繁殖に向けて着々と準備を進めているようです

それにしても カエデに取りつけた古い巣箱
雨漏りは大丈夫かしら


シジュウカラ
P3260075.JPG



おまけ

P3240131.JPG
これも巣箱?




2018年3月19日

研究林のめんこちゃん

目が覚めたら眩しいほどの明るさで
一瞬今が 朝なのか昼なのかわからなくなってしまいました

そうだ 私 疲れて昼寝をしたんだった


キクイタダキ(オス)
P3182307.JPG

昨日はかなりのハードスケジュールでした

マガンの「ねぐら立ち」を撮りたくて
家を出たのが朝の5時前

ウトナイ湖に着いたのは 5時30前後でした

なんとか「ねぐら立ち」には間に合いましたが
空は一面の雲に覆われ真っ暗です

天気予報では晴れだったんだけどなぁ‥

飛び立ったマガンの群れは 鉛色の空に吸収され
ぼんやりと霞んで見えました


まぁ こんなこともあるさ


ねぐら立ち後 すっかり静かになった ウトナイ湖
P3180011.JPG

P3180017.JPG

P3180014.JPG



こちらは北大研究林

ウトナイ湖から車で25分ほどの所にある
豊かな自然に恵まれた景勝地です

名前のとおり 北海道大学(農学部)の研究目的で造られたものなのですが(1904年)
市街地から近いこともあり 地域住民にも親しまれる憩いの場所となっています

ちなみに敷地面積は およそ2,700ha
東京ドーム 577.5個分の広大な土地なんですよ


そして写真は そこに棲みついているめんこちゃん達


ふわふわ もこもこ

シマエナガ
P3182490.JPG


いただきま~す

エゾリス
P3182430.JPG

こんにちは~

キクイタダキ
P3182208.JPG

まだ雪の残る研究林ですが 春を迎え緑が芽吹く頃になると
それはそれは美しくて

楽しみです




おまけ

「ダーウィンが来た」を鑑賞する猫

P3180034-001.JPG

あっ エナガの赤ちゃんが



2018年2月16日

海の向こうから


「道内旅行で一番心に残っている所はどこ?」

「 野付の夕日かな 
 なにもないのよ ただ海の中に真っ直ぐな道があって
海の向こうから 太陽が昇ってくるの」

私が野付に興味を持ったきっかけは
友人の このひと言でした

それ以来ずっと 心の中に棲みついて離れなくなった野付半島

地図を見て 「 こんな遠くなのかぁ‥」と一時は落胆したものの
いつの間にか野付への撮影旅行も 複数回

執念ってすごいですね(笑)

電柱の上にとまっているのは 絶滅危惧種のオオワシです

P2090047-001.JPG

ふわり とろとろ

P2090074.JPG

海の中に続く 細長い道

下の写真の 道を隔てて右側が 野付湾で
左側が 野付水道(海峡)です
( 野付湾はカチンコチンに結氷していました )

全長26kmほどの砂でできた半島は
一番狭い所だと 幅わずか50 m ほどしかありません


P2089633.JPG

うぅ 寒い

夜明け前 刺すような冷気が体温を奪い
思うように指が動きません

こんなことで負けてたまるか!

おそよ400Km  所用時間 6時間弱
ここに来るのは簡単じゃないんだ


白み始めた空

あれは何?
ピンク色をした空と青い海の境界線に 星のような光が並んでいます

漁船だ

なんて きれい‥ 

P2089617-001.JPG

これがホタテ漁の漁船の灯りだと分ったのは
ずいぶんあとになってからのことでした

P2090048-001.JPG

茜色に染まり始めた空に 黒く浮かび上がる漁船のシルエット
 
P2089628-001.JPG

あっ 太陽が見えた!

P2089668-001.JPG

ゆらゆら

P2089649.JPG

ゆらゆら

P2089659.JPG

ゆらゆら

P2090110-001.JPG

陽が昇り 朝の光が 生きもの達を照らし始め
新しい1日がまた始まります

オオワシ
P2090153.JPG

エゾシカ

P2090129-001.JPG

極寒の野付半島

見どころいっぱいで どんな順番で紹介すればいいのか
どの写真を使えばいいのか 迷いに迷っています

キタキツネの第2段は とりあえず先延ばしにしました
次はどうしようかな

フィギュアの試合を観てから 考えるか






2018年2月11日

野付へ

一昨日の夜 野付から戻ってきました

慣れない夜の運転に疲れ果て 荷物もそのまま
さわらのトイレだけ片づけ ベッドにもぐり込み爆睡です

おかげで翌日はスッキリ‥

の予定でしたが あれあれ 喉が痛い 体中が痛い
軟弱な私 また風邪をひいてしまったようです

空っぽの冷蔵庫

とりあえず買い物だけすませ
撮った写真をPCに取り込みましたが その数3000枚

整理にしばらく時間がかかりそうです

で 今回はとりあえずエゾシカの写真を1枚だけアップ
お気に入りの1枚です

P2080505-001.JPG

背景に写っているのは 知床連山です

大好きな野付半島

少し時間はかかるかもしれませんが
たっぷりと紹介していきますので 楽しみにしていてくださいね




おまけ

P2060016.JPG
お帰り~ すりすり


 

2018年2月 3日

冬景色

厳しい寒さが続いています

今朝の恵庭の最低気温は-16.6℃
昨日は-22.2℃

さすが北海道です(笑)



樹氷

木々の枝にびっしりとついているのは 雪ではなく氷の結晶です

冬晴れの空に映える樹氷
美しいですね~

P2020049.JPG


アスファルト

アスファルトに張り付いた厚い氷

車に踏まれてできた氷のひびが
陽の光に反射して 輝き揺らめいて見えました

まるで水の中を覗き込んでいるような 不思議な感覚

きらきら ゆらゆら
 
P2020127.JPG


しぶき氷

公園を流れる小さな川にできた しぶき氷

これを見ると どうしても写真を撮りたくなっちゃうんです

そして 今回ようやく気が付いたんです
ピントがあまいのは 橋が揺れているからだって

気付くの 遅すぎ‥

P2020205.JPG


床下の蜘蛛の糸

長都沼展望台の階段を上っている途中
隙間から 蜘蛛の糸が見えました

糸には氷の結晶がびっしりとついています

樹氷と一緒
神様は公平ですね

P2020151.JPG


長都沼

長都沼はほとんど結氷していました
(積雪のないネイビーブルーの部分も カチンコチンに凍っています)

わずかに開いた水のそばで
ハクチョウが10羽ほど羽を休めているのが見えました

P2020145.JPG


白い妖精 シマエナガ

ジュルジュルと鳴いているのは シマエナガ

混み合った枝の中を行ったり来たり

寒さなんてなんのその
白い妖精は元気いっぱいでした

P2028793.JPG


雪原と樹氷とキタキツネ

昨日運転中 樹氷のそばで
それはそれは美しいキツネを見ました

広大な雪原と光り輝く樹氷の森 そこに佇む1匹のキタキツネ

その美しく幻想的な光景に心揺さぶられ
思わず車を路肩に停め 窓越しに再確認

こちらに気付いたキタキツネは
静かに樹氷の森へと消えてゆきました

はぁ なんてきれいな‥

写真こそ撮れませんでしたが
素晴らしいものを見せてもらった嬉しさで胸がいっぱいになりました

心に残る出会いでした

P2020126.JPG


厳しい寒さを逆手にとって 各地で冬の催しが開かれます

雪まつりに 氷濤(ひょうとう)祭り 小樽雪あかりの路 流氷まつり

恵庭でも今日から キャンドルイベント
えにわシーニックナイトが始まります

犬ぞり大会もね

風邪もすっかりよくなったし いっちょ楽しみますか!



おまけ

P1280011.JPG
わたしは寒くても平気です




2018年2月 1日

欠ける月 赤い月

昨日から寒気が止まらない
喉が痛いし鼻水も出る 体の節々がひどく痛む

どうやら風邪をひいてしまったみたいだ

それでも3年ぶりの皆既月食と聞いては じっとしていられない
見るだけもと カーテンを開ける

まん丸の月が夜空にくっきりと見える

1枚だけでもという気になり 窓を開け カメラを構える
外は氷点下10度
冷気が容赦なく室内に入り込んでくる

ダウンコートを羽織り マフラーをぐるぐる巻きにしても寒くてたまらない
風邪をひいているんだから 当たり前か‥

月はみるみる欠けてゆく

21:10
P1318639-001.JPG

1時間前はこんなだったのにね

20:20
P1318557-001.JPG

三日月になった月はとけてなくなり
代わりに赤い月が現れた

21:48
P1318663-001.JPG

腕が悪いにもかかわらず
三脚も立てず 手持ちで撮ったこともあって
写真はボロボロ

でも まっ いいか!


娘が ぽんず と ぽんずパパが月を見ている写真を送ってくれた
同じ月をみていたんだなと思うと なんだかうれしくなった

同じ時間 きっとたくさんの人が
この月を見上げていたんだろうな





2018年1月26日

雪だるま

北海道らしい雪と 北海道らしい寒さがやってきました

昨日の最低気温は -22.5℃
今日は暖かくなりましたが それでも-9.8℃ 

P1260017.JPG

雪は結晶のまま降ってきます
ふわり ふわり

この2日間で 30cm ほどあった積雪が58cm になりました



昨日作った 玄関ポーチの小さな雪だるま

帽子も マフラーも 手袋も うっすらと雪化粧です
お屋根があるのにね


P1260024.JPG

さらさらの雪でできた雪だるま

お目目は ボタン
お鼻は ニンジン
お口は ワイヤー

手袋は 大人用の夏物で 胸のボタンもないけれど
とびっきりの笑顔でしょ


あっ 影法師 見~つけ!
おまえはホントに 強い子だね


P1250044.JPG

雪が止んで青空が見えてきました
さあ 2度目の雪かき がんばりますか



おまけ

P1250040.JPG
あたしも 強い




2017年12月20日

カチンコチン 漁川河川敷


久しぶりに漁川の河川敷を歩いてみました
気温は-10℃以下

積もった雪はさらさら
深さも20cm ほどで 歩くのに不自由はありません

カメラの用意をしているうちに みるみる川霧がはれ
幻想的な写真は撮れずじまいでしたが

決して寒さが緩んだわけではなく
鋭い冷気に思わず身震い!

うぅ しばれるねぇ 



低木も

PC180043.JPG

ナナカマドの実も

PC180052.JPG

枯草も

PC180186.JPG

カチンコチン! の カチンコチン! です

PC180113.JPG

土手上に続く二つの道

ひとつは歩くスキーの跡で
ひとつはウォーキング用

この寒さの中を みんな すごいなぁ

怠け者の私には とても真似できないよ

PC180085.JPG

陽の光に照らせれても 霜の結晶はなかなかとけません
手袋をしていても 指がジンジンします

ダメだ感覚がなくなってきた

1時間が限界かな‥

PC180073.JPG

帰り道 落葉高木の枝にオジロワシを見つけました

毎年恵庭にやって来るオジロワシのうちの1羽です

カッカッカッカッカ

白い樹氷に覆われた漁川に オジロの鳴き声が響き渡ります


PC180131.JPG

どうかんばっても近づけそうもないので
とりあえず添え物として ぼんやりと撮影
 
PC180145.JPG

今年も元気な姿を見られて嬉しかった
戻ってきてくれて ありがとう



極寒の北国の冬
やっぱり好きです



おまけ

PC190007.JPG
あたしは 留守番します




2017年12月18日

カチンコチン 冬の風景


カチンコチン カチンコチン

なにもかもが凍りついてしまいました


厚真川 橋梁 (日高本線)
PC170036.JPG

冬の陽射しは弱々しくて
昨日の雪も 一昨日の雪も うまくとかすことができません

傾斜のついた橋の上
こういう所は特に慎重に慎重に‥

PC170061.JPG

しばれあがった土はコンクリートのように固く
ダンプが通っても崩れません

PC170057.JPG

茂みの中から エゾシカがこちらを見ているのに気づきました

三又四尖の角をもった 立派な牡鹿です

そばにいた雌鹿や小鹿数頭が逃げても
 じっとこちらを見つめています

かっこいいなぁ おまえ

エゾシカ オス
PC175657.JPG

まだ 2 時台(午後)だというのに 早くも日が傾き始め
樽前山は ほんのりとピンク色

PC170065.JPG

午後3時半
薄暗い空を 次々と旅客機が横切ってゆきます

PC175662.JPG


今日の恵庭島松の最低気温は -18.6℃でした
ちなみに昨日は -16.5℃

寒い日が続いています
どうぞ皆様 ご自愛ください




おまけ

PC105358.JPG
あたしも 元気になりました
(昨日はちょっぴり不調でした)




2017年12月11日

雷雨

昨日の最低気温は-13.7℃
今日は-1.8℃

朝方降ったのは 雨でした
それも雷つきの激しいやつ


昨日までよく見かけた 美しい氷の結晶や

PC100006.JPG

パウダースノーは どこへやら

PC100017.JPG

今はこんな感じ

道はもう ぐっちゃぐちゃです

PC110008.JPG

これは雪どけ水の逃げ道を作っておかなきゃまずいな

埋もれた側溝の蓋部分の雪を放り投げ
( この蓋 なんでもグレーチングというのだそうです )

ついでに玄関アプローチと車庫前も おいしょ!おいしょ!
( なんたって きれいにとけて乾けば あとが楽だからね ) 

作業終了直前

あっ 腰‥が



おぉい さわらぁ
どうやら またやってしまったよ

でも腰ベルト巻いていれば すぐに治ると思うんだ

なんたって年末だもんね
寝てる場合じゃないからね

ねぇ 聞いてる?

PC105357.JPG
スースー