ホーム >

花咲か日記

2017年5月 6日

さくら

1年に1度
わずか数日しか咲かない 北海道の桜

本州とは違い 花と同時に葉が開く
素朴で美しい桜だ

厳しい北国の寒さに耐えて よくぞ咲いてくれたね 

P5050220.JPG

P5050218.JPG

P5050212.JPG

P5050234.JPG

P5050206.JPG

去年の春は わがやの庭でも
たくさんの花を咲かせたチシマザクラ

今年はぱらぱらと数えるほどしか咲かなかった

あまり土がいいと 大きくなるばかりで
かえって花つきが悪くなるかもしれないとアドバイスを貰い
肥料分の少ない土に植えたのだけれど
もしかしたら失敗だったかな

周りにバーク堆肥でも鋤き込んでやろうか

P5040063.JPG

洗練された優美な 本州の桜
風になびく野趣あふれる 北海道の桜


この時期になると 無性に観に行きたくなるのは
日本人のDNA のせいかな




おまけ

P5030192.JPG
あたしも 日本人?




2017年4月23日

セアノサス


本格的なガーデニングは 外壁工事が終わってから
そう思ってはいるのだけれど

ぽかぽかと暖かな日は ついナーサリーに足が向いてしまいます


先日 店内に飾られたセアノサスの大鉢を見て
また悪い病気が出てしまいました

欲しい欲しい病‥

今年は鉢植えを増やすのはよしておこうと思っていたはずなのに
あの数え入れないほどの青い花を見たら もう我慢ができませんでした


セアノサス ( 別名 カルフォリニアライラック )

学名  Ceanothus クロウメモドキ科 セアノサス属

常緑低木(半落葉低木)  開花期 春から初夏

P4230093.JPG

セアノサスの存在を知ったのは ガーデニングを始めて間がない頃

当時教科書代わりに読んでいた本に
崇拝するガーデナー ラッセルさんお勧めの低木として紹介されていました

ただこのセアノサス あまり耐寒性がありません

-5℃以下になると冬越しが難しいので
北海道辺りだと冬は屋内に取り込む必要があります
( 関東以南は屋外で越冬可能 )

したがって 寒冷地での栽培は鉢植え

ガーデニング初心者の私が育てるには
難易度が高すぎると諦めたことを覚えています


ちなみにセアノサスの栽培ポイントは
日当たりと風通しのよい場所で乾燥気味に育てること
過湿になると枯死してしまうようなので 要注意です



※※※ ※※※ ※※※ ※※※




朝方 濡れていたアスファルトはすっかり乾き
養生シート越しに青空も見えます

しばらくお休みだった工事が再開しました
今日は塗装屋さんが入っています

お天気がいいのは 明後日まで
コーキングに足場の撤去
間に合うといいんだけど



おまけ

P4190017.JPG
ケセラ~セラ~ ♪

93 ちゃん 8 ちゃん 
あたしに会いに来てくれてありがとう




2017年3月 8日

ミヤママタタビ 再スタート

せ 背中が痛い‥

今日はがんばりました

朝の8時過ぎから午後3時まで
休みなしで ミヤママタタビの剪定と 後片付けをしました

えっ なんでミヤママタタビの剪定を?

実は もうすぐ 外壁工事で
 壁に取り付けてある梯子を外すんです

梯子に絡んだミヤママタタビを取り除くのは私の役目

工事の予定は今月中旬から
今日はもう8日 うかうかしていられません

で がんばりました

ちなみに左下の黒いかたまりが 剪定したミヤママタタビのつるです

P3080105-001.JPG


屋根近くまで伸びたつるを ぎこぎこ! チョキンチョキン!

最初はしまった雪の上
次は三脚の上
最後は梯子によじ登って

やればできるもんですね

屋根近くのつるが ちょっぴり残りましたが
これは ご愛嬌

P3080067.JPG


落葉蔓性木本のミヤママタタビ

ノコギリで切った切り口には年輪がはっきりと見えました
今まで ありがとうね

P3080079.JPG

なんとか残せそうな つる1本
今日から再スタートだよ

P3080075.JPG

こちらは剪定したつるの山

P3080122.JPG

この後始末が大変でした
太いつるは適当な長さに切って束ね

残りは小さく切って燃えるごみに
同じ姿勢で ひたすらギコギコ チョッキン

お腹がぐぅ~って鳴っても
雪が降り出しても
手が痛くなっても
憧れの鳥が出ていると聞いても

ひたすら ギコギコ チョキン!


P3080129.JPG
お昼ごはんを食べたのは午後3時を過ぎてから

もう8時前かぁ‥
お腹が空いてきたから お揚げのぎょうざでも食べるかな




おまけ

P3080030.JPG
こんな時間に食べるの?




2017年2月17日

アオキの冬越し

アオキの新芽が芽吹いてきました

鉢あげして2度目の玄関での冬越し
今年も順調です

P2152690-001.JPG

冬に氷点下15℃以下になる恵庭では
屋外で越冬することの難しい常緑広葉樹

アオキの耐寒性は微妙で
株自体が枯死してしまうことは少ないのですが
厳しい寒さと春先の乾いた風で
どうしても葉が傷み株がダメージを受けてしまいます

ネットで巻いたり 落ち葉で覆ったり 鉢あげして横倒しにしたり
雪の中に埋めてみたりと色々試してみましたが なかなかうまくいきません

それならと 暖房の入っていない玄関で冬越しをさせてみたら
これが大成功!

(外に出すタイミングには要注意ですけれどね)


この調子ならスキミア(シキミア)の越冬も 成功するかもしれない

でも待てよ
確かスキミアは日当たりを好むはず

冬になると陽の射さない我が家じゃ 徒長しちゃうか?
鉢植えが増えちゃうと 家を空けるとき困っちゃうしな‥


しばらく忘れていたガーデニングへの思い
春の予感と一緒に 一気に戻ってきました(笑)




2016年9月18日

おまさ バラを買う

今朝は冷え込みました

路面が濡れているから 雨が降ったんだな
なんてぼんやり外を見ていたら 本格的に降り始めました

今日は庭仕事 無理かな



先日 秋植え球根を買いにナーサリーに寄って
久しぶりにバラに一目惚れをしてしまいました

バラの名前は ハツネ

アプリコット色の花びらが ゆるやかに波打っていて
素朴で優しい感じのするバラです

がっしりとした枝は真っ直ぐに伸びて いかにも丈夫そうに見えます

一晩考えて 購入することにしました

フェンス沿いのホワイト メイディランドの隣に置いてみたら
なかなかいい感じです

P9180021.JPG

天気がよくなったら 芝を剥がして ここに植えてやるとするかな

P9180031.JPG

ハツネ(フロリバンダ)

直立型で樹高が1.2m
花は中輪(7~8cm )で 波状弁咲き

赤い花芯と花びらのコントラストがとてもステキです

P9170098.JPG
調べてみるとこのバラ 2012年に作られたというから
まだ新しいバラなんですね


耐寒性 耐暑性 耐病性に問題なし
フロリバンダだから きっと花つきもいいはずです

30%オフのハツネ
いい買い物でした



先ほど秋植え球根を買いにナーサリーに ‥ と言いましたが
実はナーサリーに寄ったのには もうひとつの目的がありました

ハツネとは別にどうしても手に入れたいバラがあったのです

 それが このバラ
スノー ペーブメント(シュネー コッペ)

ハイブリッドルゴサ
ハマナスの仲間です

P9170028.JPG

友達のブログに載っていたこのバラの写真を見て
どうにもこうにも我慢ができなくなっちゃいました

こちらは即決
その日のうちにナーサリーに注文をしたのですが

事の顛末を友達に話したら
すぐに注文をキャンセルするように言われました

注文なんてしなくても 分けてあげるから
ホント丈夫なバラなんだよ
根伏せでもつくんだから

そして翌日には我が家の庭の仲間入りをしたというわけでして‥

うっ 優しい


それにしても私が新しくバラを欲しがるなんて
自分でもびっくりです

年のせいで抑制がきかなくなっちゃたのかしら



おまけ

P9180002.JPG
あたしも シュネー コッペ 欲しい~!



2016年5月 5日

さくら さくら

今年は例年より早かった桜の開花
今まさに見頃を迎えています

花曇り

P5055178.JPG

北海道では開花と同時に葉が開くことの多い桜

あちらこちから葉が出ていますが
これみんな 決して葉桜ではありません

それが証拠に 地面には
1枚の桜の花びらも落ちていませんから

P5050209.JPG

青空を背景に パシャ!

P5055133.JPG


P5050003.JPG

桜を背景にパシャ!

P4270186.JPG


P5030268.JPG

レンギョウを背景に パシャ!

P5050029.JPG


おまけ

P5050215.JPG
我が家のチシマザクラも咲き始めました

蕾は淡いピンク色をしていましたが 開くと白い花でした

元々チシマザクラは白花のようで
ピンクのものは ミネザクラへの先祖返り もしくは
エゾヤマザクラ等との交雑が考えられるとのこと

そうね 白花も悪くない

満開になったら さわらとお花見をすることにしましょう
散らし寿司とカリカリでも持って




2016年4月 4日

ヤマボウシ

今日は午後からよく晴れました

さわらと一緒に庭の巡回~♪
怪しい者はいないかな?

P4040007.JPG

変なのがにょきにょき生えてるよ

P3310011.JPG

こっちにも!

P4030015.JPG

それはクリスマスローズ
もう少ししたら かわいい花が咲くんだよ

カラスに蕾を落とされないといいね



※※※ ※※※ ※※※ ※※※



何年経っても花つきの悪かったヤマボウシ
ウチに来た時から うどんこ病だったヤマボウシ

晩秋に丁寧に剪定しても
翌年の夏にはぐんぐん枝が伸び 葉が茂り ワッサワサ!

脚立にまたがり  そんなヤマボウシの剪定をすることが苦痛になったのは
6年くらい前からかな‥

我が家に来て16年目 
この春 ついにヤマボウシを抜くことになりました

ごめんね ごめんね


今日 株元に植えたスズランやホスタ・アスチルベを鉢あげしました
おまえたちも ヤマボウシとお別れだよ

ヤマボウシさん 今までほんとうにありがとう



2016年3月 9日

うずうず

春を思わせるような陽気が続いていましたが
明日から週末にかけて また寒さが戻ってくるようです

あ~ 春が待ち遠しい~

P3090015.JPG

去年の春に鉢植えにしたアオキ
今シーズンは屋内での冬越しを試してみました

寒~い玄関に置いて 水やりもほとんどしないでいましたが
ここにきて早くも新芽が‥

ちび姫が滞在中 
玄関のストーブもつけちゃったからなぁ

アオキ
P3090031.JPG
やわらかな新しい葉

外に出すタイミングを間違えたら
寒さにやられて一巻の終わりですね

出すとしたら5月の連休あたりかな

庭いじり やりたいな~




おまけ

P3060025.JPG
あたしも お外で遊びたいです




2015年7月 7日

ナツツバキ

午前中 雨が降りました

P7050168.JPG

降り出す前 庭に落ちているナツツバキの花を片づけました
すごい数です

いったいどれぐらいあるのだろうと
拾いながら数えてみたら なんと244個
たった一晩でです

今年の花つきの良さは特別のようです

P7070004.JPG

マルハナバチの仲間
P7050068.JPG

1日花のナツツバキ
落ちる時は パサッと音がします

きれいな姿のまま落ちていきます

そんなに急いで落ちなくててもいいのに‥


P7050021-001.JPG

花後できる実はとても大きくて
たくさんの小鳥が種を目当てに集まります

それを見るのが好きです

落ちた花が無駄じゃなかったと
そう思える気がします


ラプソディー イン ブルー
P7050087.JPG

さわら 待って‥

P7050212.JPG



おまけ

P7060021-002.JPG
気がついたら花友に抱っこされていたさわら
こんなことは 初めてです




2014年9月28日

メギ

今朝は 広報車の町内清掃の知らせで目が覚めました。

慌てて身支度をし、簡単な朝食をすませて外に出ると
空はどんより、今にも雨が降りそうなお天気でした。

しばらく続いていた好天もどうやら昨日まで。
今週は ぐずついたお天気が多くなりそうです。

メギ (ローズグロー) と ヒメヒラタアブ
P9220051-001.JPG
手間のかかる庭木が多い中で、メギはとってもお利口さんです。

放任していてもそれなりに樹形がまとまるので、面倒な剪定が必要ありません。
耐寒性も耐暑性もあって、痩せ地でも育つし、
刈込みにも強い扱いやすい庭木です。

P9280024.JPG
美しい葉色はもちろん、黄色い小さな花や赤い実も愉しめます。
我が家のメギはローズグロー。

P9280034.JPG
濃紅茶色とピンク色の葉が美しいタイプですが、
黄緑色をしたオーレアなどの品種もあります。
これがまたいいんですよね。

棘が鋭いので通路などに植えるのは避けた方が無難な事と、
日当たりに植えた方がいいこと、
それ以外は特に注意することもありません。

お勧めの低木です。



おまけ

P9220043.JPG
でも トゲトゲ、あたしは苦手です。





2014年5月27日

ディアボロの花

今朝 窓の外を見たら、ディアボロに花芽らしきものが見えました。
慌てて外に飛び出し 枝先を確認したら、間違いなく小さな蕾がついていました。

植えて7年目、いや8年目でしょうか。
今年初めて花が咲きます。

P5270019.JPG
なかなか花をつけてくれないディアボロに、「育て方に問題があるのかなぁ?」
と首をかしげていましたが、一昨年だったでしょうか。
庭を見にいらした方から、
花が咲くようになるまでに何年もかかるということを教えて戴きました。

理由あってその年の秋に移植をしたので
開花はまた遠のくと覚悟していましたが、
どうやら今年 念願の花を見ることができそうです。

何年も待って咲く花には、特別の喜びがあります。
今日はなんだか素敵な1日になりそうです。



おまけ

キッチンカウンターに隠れたさわらが狙っているのは、
私の持っている計量スプーン。

カメラの近くでカチカチ鳴らしたら、かなり耳障りな音になってしまいました。
どうぞボリュームを落としてご覧になってくださいね。

2014年3月 6日

ローズマリー

憧れのローズマリー。
庭に植えたかったのですが、北海道では越冬できません。

去年購入したポット苗を、一回り大きなスリット鉢に植え替えて
室内で越冬させています。

P3067764.JPG
ローズマリーは、シソ科マンネンロウ属の常緑小低木で
品種により30~200cmと 樹高に幅があります。

草姿から、立性、半匍匐性、匍匐性の3タイプに分けられるのですが、
我が家のはどうやら半匍匐性みたい。

今はキッチンに置いていますが、
雪がとけて本物の春が来たら 外に出すつもりです。

シックな鉢に植え替えて、よく陽の当たる所に置いてやろう。
今年花が咲くといいな。


昨日の夜から強い風が吹き荒れています。
地吹雪で視界が悪く、外出を諦めました。

P3067902.JPG
時々陽が射しましたが、長続きしません。
数分後には、そこいらじゅうが真っ白。
空から降ってくる雪なのか、積もった雪が吹き飛ばされているのか、
区別すらつきません。

風でできた雪の風紋。
春に向かって二歩後退です。
P3067769.JPG



おまけ
P3067815.JPG
昨日ワクチン打ったから、あたし雪かき無理です。
念のため。