ホーム >

花咲か日記

2018年5月16日

チビ おまえもか


激しい咳 真っ赤な喉 ガラガラ声 鼻水と鼻づまり 熱と倦怠感

次にやってきたのは筋肉痛でした

ウイルスが全身を駆け廻っている感じです


ゴミ箱のティッシュの山を眺めながら
もう そろそろいいだろう と独り言‥

風邪も長引くとやっかいですね


昨日娘から電話がかかってきて
ぽんず姉弟も風邪でダウンしていると知り あちゃー!

P5040900.JPG

私が北海道に戻った翌日に
ぽんずは風邪で保育園を休んでいました

先週の木曜には 「復活した」と聞いて 安心していたのですが
完治していなかったんですね

かわいそうに


弟の方は高熱が出ているようで心配です

せめて娘に風邪が移りませんように




※※※ ※※※ ※※※ ※※※





今週になってカメラを触っていません

最後に撮った写真は 先週末ベランダで撮った
ミヤママタタビと 鉢植えのズミ


夫お手製の構造物に絡む ミヤママタタビ

P5140054.JPG

ランダムに白が入った若葉が 今 とてもきれいです

P5140058.JPG

鉢植えのズミには 蕾がいっぱいつきました

P5140046.JPG

今朝ゴミ出しに玄関のドアを開けたとき
風圧のせいで ドアが少し開いたままだったんですね

「気をつけなくっちゃ」と思いながら ドアを閉めて鍵をカチャ!

部屋に戻って 数分
さわらの姿が見えないことに気付きました

名前を呼んでもやって来ません
ベッドの下にも ベランダにも 何処にもいません

もしやと思い玄関のドアを開けると
しっぽが太くなったさわらが 仁王立ちになっていました

ごめん ごめん
さわら ごめんよぉ


体調が悪いと 頭の回転も遅くなります
気をつけなくては‥

では そろそろベッドに戻りますか





おまけ

P5090021.JPG
こわかった




2018年5月 8日

5泊6日で


寒い

今朝は堪りかねて ポータブルストーブに火を入れました
オレンジ色の炎がかすかに見え 石油の匂いが鼻を突きます

関東と北海道じゃ こんなに違うんだな



今月2日から6日間ほど娘の所に出かけていました

関東は夏のような暑さで 半袖を持って来ればよかったと
ちょっぴり後悔です


どろんこ広場 (こどもの広場)

P5060679.JPG

P5060641.JPG

P5060653.JPG



関東は既に新緑の季節を迎えていて

P5040637-001.JPG

あちらこちらで バラがきれいに咲いていました

P5040784.JPG


道端でお花を摘んだり‥

積んだお花の名前を調べたり

ハルジオンに ニワゼキショウ チチコグサ ヘラオオバコ
コヒルガオにアイスランドポピー カタバミに ムラサキツメクサ

押し花を作ってみたり‥

P5030523.JPG

公園のはしごをしたり‥

大人にはキツイ~

P5041104.JPG

ボルタリング
P5041213.JPG

あはは
子どもにも キツかった

すやすや
P5041313.JPG

玩具で遊んだり‥

P5030533.JPG

ママと一緒にオムレツ作ったり‥

P5060323.JPG

お洒落なレストランでお食事をしたり‥

シェラトン  ブッフェ ダイニング グランカフェ

P5050156.JPG

P5050158.JPG

パパと一緒に作った わたあめを

P5050142.JPG

何度もちぎって 口にいれてくれました

P5050147.JPG

こちらは素通り

浦安市運動公園 躍動の門 (岡本太郎 作品)

P5050202.JPG

ディズニー シー

P5050198.JPG

一緒にマンションからスカイツリーを眺めたり‥

P5041341.JPG

おまさは とっても楽しかったよ
ありがとう ぽんず


こどもに つきまとわれるのは小学3年生くらいまでだと
先輩方が教えてくれます

あと5年

あっ ぽんず弟がいるから
あと7年か

もうしばらく楽しい時間が続きそうです




おまけ

P5070001.JPG
さわら  ひとりで留守番 よくがんばりました





2018年2月25日

赤いカメラ

時々娘から スマホに電話がかかってきます

最近はLINEのビデオ通話のことが多く
画面いっぱいの 「 ぽんずのおでこ」に吹き出しそうになりながら
他愛のないやりとりを楽しんでいます


P1280393-001.JPG

でも 先日のスマホのぽんずは
いつもとちょっぴり様子が違っていました

口数が少なく ひどく浮かない顔をしています

どうしたのかと よくよく画面を見たら
ほっぺに涙のあとが残っています

「あら どうしたの?
涙が出てるじゃない なにかあったの?」

と言った途端に ぽんず わーって泣きだしてしまいました


P2250002.JPG

少し離れた所から ぽんずを励ます娘の声が聞こえてきます

「がんばろう 大丈夫だから」

「うぇーん がんばれない」
「がんばれないよぉ」

何をがんばれないのか分らないまま
とりあえず さわらを抱き上げて

「 ほら 猫ちゃんだよ~」

でも ぽんずの泣き声は大きくなるばかり
あっ ぽんずに鼻ちょうちんが

そんな喧騒の中 聞こえてきた娘の声
「これから予防接種なの」

なんだ それで泣いていたのか‥
機嫌を直すのに私に電話をよこしんたんだ(笑)

ほんず がんばれ!


P1280393-002.JPG

1月に娘一家を訪ねたとき
ぽんずが ピカピカのコンデジを見せてくれました

娘達からぽんずへのバースデープレゼント
小型の赤いコンデジです

誕生日になにが欲しいと尋ねたら
カメラがいいと言ったのだそうです


私がカメラを構えると ぽんずが同じようにコンデジを構えます

小さなぽんずの手
赤いカメラにちょうどの大きさでした






おまけ


カーリング女子と女子マススタートのメダル獲得
やりましたー!

今日でオリンピックも終わり
たくさんの感動をありがとう~


P2070040.JPG
あたし 祈っていました




2018年1月27日

おめでとう!

北海道らしい寒さがやって来て
俄然やる気が出てきました

雪だるまに続いて作ったのは 
雪のバースデイ ケーキ

甘くないから 虫歯の心配もないよ


ケーキのそばで陽気に歌っているのは
ダイソーで見つけた フラミンゴペン達

Happy Birthday to You ♪

P1270093.JPG

わわわわ ♪

P1270013.JPG

お誕生日 おめでとう!

ほんとうはロウソクに火をつけたかったんだけれど
風が強くてダメだった


遠くからだけど いつも想っているよ
大好きだよ




2018年1月24日

四世代集合!

母の顔を見に 愛媛に帰省していました

しばらくぶりに見る故郷はとても長閑で
まるで桃源郷のよう


瓦屋根の上に猫が二匹
日向ぼっこかな

ぽかぽかぽか 気持ちいいね

P1200363.JPG


真っ青な空に 満開のロウバイ

そばを通ると甘い香りがして
あ~ 幸せ!

P1210550.JPG


樹齢800年以上のビャクシンは 堂々とした佇まいで

「トトロが居そうだね」
って言ったら

「どこ?」
と ぽんず

P1200289.JPG

そうなんです
今回は 子供達も一緒の帰省でした


ほらほら そこに何かいるよ」

P1200293.JPG

アスファルトじゃない道
段差のある道

両手を広げて バランスとって

パパの所まで 歩こ~う ♪ 歩こ~う ♪

P1200323.JPG

ついこの間生まれたと思っていたのに
おまえ もうこんなに大きくなったの?

ひいおばあたんに抱かれて
大おばたん(妹)に抱かれて
お姉たん(いとこおば/ 妹の娘)に抱かれて

おじたん(息子)に抱かれて
はい パシャ!

P1200419.JPG

母は年老いていたけれど まだまだ元気で

妹夫婦のことや 孫のこと ひ孫のこと 私のことを
あれこれ心配していて

いくつになっても 母は母
いくつになっても 子は子なんだなぁ って‥


P1190171.JPG

お母さん

またみんなで遊びに行くから
きっと きっと 元気でいてね




おまけ

P1190138.JPG
あ~う~




2018年1月 6日

手袋

年が明けてから 暖かな日が続いています

陽射しこそ少ないものの 雪はちらつく程度
雪かきや厳しい寒さから解放されて なんだか物足りないくらいです

なーんてことを言って 後でとんでもないことになっても困るから
やっぱり前言取り消します(笑)


恵庭の現在の積雪深は 約20cm

例年より少ない気もしますが 本当のところはどうなんでしょうね


PC310087.JPG

写真は去年の暮れに撮ったもの
この日は-10℃以下まで気温が下がり なにもかもが凍りついていました

寒かったけど きれいでしたよ


PC310142-001.JPG

川霧の中のマガモとオナガガモ

PC310059.JPG

昔 まだ夫が元気だった頃
初日の出の写真を撮りたいというので
一緒に出かけたことがあります

本音を言うと 北国の冬の早朝
撮影に付き合うのは気が重かったのですが
(この頃 私は写真にまったく興味がありませんでした)

嬉しそうに「一緒に行こうと」誘われると
断ることもできず 仕方なくの同行でした


キーンと冷えた極寒の日の出前
余りの寒さに音を上げ 早々に車に逃げ込む私に対し
なかなか現れない太陽を ひたすら外で待つ夫

カメラを握っている夫の手は素手でした
凍えるような夫の手

カチン コチン カチン コチン

あのとき どうして夫は素手だったのか
どうして私は 夫に手袋をはめるように勧めなかったのか

冷たい冷たい夫の手
忘れることができません





おまけ

PC286370.JPG
ガシッ!




2017年12月21日

クリスマスカード


ぽんずからのクリスマスカード

おまさにクリスマス送るの
と言いながら描いてくれたのだそうです

ぽんず画伯 ありがとう

また宝物が増えた
大切に 大切に するね


PC210019.JPG

生姜のはちみつ漬けは
思いがけない人からのプレゼント

冷え性ですぐに風邪をひく私を案じてくれんだなぁ と思うと
ありがたいやら 勿体ないやら

せめてこれをいただく時は お気に入りのカップで

S さん 温かな思いやりをありがとう


PC210007.JPG

クリスマスが近づく度
あの人には こんなプレゼント
この人には こんなプレゼント

毎年一生懸命に考えているのに
ハッと気付くと クリスマス数日前

ダメだ 今年も間に合わなかった‥

おまさのバカバカ!
おまさのポンコツ!


ちょっと早いけれど 来年の目標はこれだ

思っているだけじゃなくて 行動で示す
(きっぱり!)

1年先のクリスマス ちゃんとがんばりますので
どうぞ皆様 失礼な私をお許しください



おまけ

PC190013.JPG
あたしにもサンタさん 来るかなぁ?

‥‥‥



2017年11月27日

あたし 7才になりました

あたし 昨日 7才になりました

あたし達の年は人間に換算すると

生後1年で 17才
生後2年で 23才
生後3年で 28才

その後は1年で4才ずつ年を取るんですって

つまり あたしは人間でいえば 44才

結構な年です

PB270010.JPG

7才のお誕生祝いに 新しいキャットタワーを買ってもらいました

すごくステキなの

おまさに 「 ありがとう 」 って言ったら
「 これ ぽんずのパパとママが買ってくれたんだよ 」 ですって

びっくり!

すぐにお礼状を出そうと思ったんだけれど
あたしの手じゃ字を書くのが難しくて

仕方ないので スマホのテレビ電話で
にゃ~ にゃ~ お礼を言ったんです

画面は ぽんず姫のおでこでいっぱいだったけれど
多分 ママやパパにも気持は伝わったはず

PB270015-001.JPG
まだ試したことないんだれど
この中に隠れて こっそり野鳥観察だってできちゃう

おまさが 「 いいなぁ~ 」 って言うの
でもね さすがにおまさは入れない

なんてったって ここはあたしの基地だから

PB270041.JPG

昨日はおまさが Happy  Birthday  to  you  ♪

って 何度も歌ってくれて

カリカリが いつもよりちょっと多かった


あたし 決心したんです
ず~っと元気で おまさのそばに居てあげようって

あれじゃあ 一人で放置できないから
がんばります あたし




2017年10月17日

パパとママとずずとあかちゃんとおまたと


ぽつぽつと雨の音が聞こえています

ただ今の気温4.5℃
ストーブのそばには 丸くなった猫が1匹

また いつもの静かな暮らしが戻ってきました



まるで戦場のような
それでいて楽しくて しっちゃかめっちゃかだった一か月

ずず (ぽんず)はみ~んな忘れてしまうのかなぁ

P9200655-001.JPG

おまた(おまさ)は忘れないよ

エノコログサが太陽に透けて きらきらと光っていたこと

ママのために摘んだ オキザリスの花が
日が暮れてしぼんでしまったこと

テントウムシやスズメやオナガや猫や犬や

P9210698.JPG

シャボン玉を追いかけたり

P9240057.JPG

歌を歌いながら お山を駆け登ったり

P9190605.JPG

大きな滑り台をよじ登ったり
勇気を出して滑り下りたり

PA040867.JPG

ライバルの出現で

P9220729.JPG

揺れる ずずの気持ちや

P9160459.JPG

おまたの真似っこして お手製のカメラを作っていたこと

全~部 全~部 全~部だよ

P9170520.JPG

ずずは 風が気持ちいいね とか
空がきれいだよ とか よくおまたに教えてくれたよね

二人で手をつないで 何度も夕日を見たね
あれは ほんとうにステキな時間だった
 
PA050945.JPG

次に会うときは ちゃんと 「おまさ 」って言えるようになっているかな?

ちょっぴり寂しい気もするけれど
やっぱり 「おまた」 は危険だものね


P9240027-001.JPG

ずず 宝物のような時間をありがとう
パパとママとあかちゃんに よろしくね

ずっと大好きだよ



2017年10月16日

錦秋

娘に2人目の子供が生まれ 手伝いのため
ひと月ほど家を空けていました

季節は移り変わり

濃い緑に覆われていた森は鮮やかな色に彩られ
風は冬の始まりを感じさせる鋭利なものに変わっていました


PA150068.JPG

PA150093.JPG

恵庭の今朝の最低気温は氷点下
色づいた紅葉が早くも散り始めています


PA150057.JPG

4日前 関東は夏でしたが
翌日 私が北海道に戻る日は
冷たい雨の降る 秋の始まりを思わせるような寒さでした

小さな傘を握りしめ レインコートを着た ぽんず姫が
ママに抱かれたピカピカ王子2号と一緒に 雨の中 見送ってくれました


新千歳空港から家に戻る途中
車窓から真っ赤に色づいたナナカマドが見えました

関東も寒くなったと思っていましたが
北海道の寒さは これまた‥


PA150080.JPG

久しぶりのさわらは 抱き上げると肩の上でふみふみ

長く伸びた爪がシャツにひっかりり
肩がチクチクと痛みました


PA141373.JPG

寒くはない?

片づけていた湯たんぽを取り出し
お湯を入れてやります

トクトクトク‥

あどけないチビ達の笑顔や小さな手
香しいキンモクセイの香りや 真っ赤なピラカンサの実

立ち上がる湯気を見ながら
あれは ほんとうにあったことだったのかしら
と 千葉での毎日を不思議な気持ちで振り返ります

ええと
燃えるゴミの日は月曜だっけ?

しばらく混乱した日が続きそうです



おまけ

PA030688.JPG
はじめまして
ぽんず弟です




2017年5月 3日

さわらのお庭散歩 くんくん編


5月3日

前日から帰省していた息子が
この日は朝から友人と約束があるというので

1日 庭仕事をがんばりました

バラを剪定して
掘った株の周りに堆肥と肥料を入れて
株元をマルチング

花壇にも堆肥を鋤き込んで
ラベンダーは弱剪定っと

ふぅ 暑い 暑い


オリエンタルポピー(パティーズプラム)
P5030213.JPG

ミニチューリップ(タリダ)
P5020011.JPG

作業が一段落してから さわらと庭めぐりです

タリダを くんくん

P5020060.JPG

フリチラリア
P5010012.JPG

ビオラも くんくん

P5020042.JPG

クリスマスローズ
P5030115.JPG

サンカヨウ
P5030147.JPG

ミヤママタタビも くんくん

P5040084.JPG

もひとつ くんくん

P5040072.JPG

ペロリ

P5040077.JPG

で 最後にミニフェンスに顔をこすりつけて 終了~!

P5020083.JPG

今日(5月5日) お昼過ぎに息子を駅まで送って
また さわらと2人の気楽な生活が始まりました

でも なんだろうね
この寂しさ





おまけ

P5010002-001.JPG
にいにい‥




2017年2月 3日

自動給餌器

寒いのは嫌いじゃない

でも 寒さに強いのかと聞かれると
そうとも言えない

好きと強いは必ずしも一致しないのだ


娘の所から戻ってすぐに また風邪をひいてしまった
どうも ぽんずの風邪を貰ったみたい


ストーブを焚いて 厚着をして
それでも寒気がする

風邪をひいているのに
素手でユキウサギを作ったりしたからかな‥


P2030073.JPG

留守中 さわらの世話は友達に頼んでいた

最初の日 さわらは友達が来ても
知らん顔をしていたらしい

私が帰ってくると思っていたんじゃないか
と友達は言った

言われてみれば 思い当たるふしがある

いつもなら 見送りのとき
さわらは廊下で置物のように固まっていて

名前を呼んでも ぴくりとも動かない
暗い顔をして ただ上目づかいに私を見つめるのだ

後ろ髪をひかれるような思いで いつも私は出かけてゆく


でも今回は違っていた
さわらはベッドですやすやと眠っていた


P2030002.JPG

5日分の荷物と土産物を詰め込んだスーツケースは
家を空ける数日前に宅急便で送っていた

その日 妙にさわらがベタベタしていたのを覚えている



次に友達が家に来たとき さわらの反応はまるで違っていたらしい
ママは帰って来ないと悟ったのだ
と友達は笑った


P2030001.JPG

自動給餌器で 餌は1日2回 3日分用意できる
でも 給餌器ができるのは それだけ

頼りは友達


一人暮らしをするようになって 今年で何年目だっけ‥

昔は人に甘えることの苦手だったけど
すっかり変わっちゃったな