ホーム >

花咲か日記

花咲か日記で“その他”タグの付いているブログ記事

2017年5月 1日

黄砂は少ないというけれど


ぽつぽつと降っていた雨も午後にはあがり
日が差してきました

眩しい 強い日差しです



先日 無事に外壁のリフォームが終わり
なんとか 5月に入る前に 冬囲いをはずせました

ぎりぎりセーフ ♪

窮屈そうだった庭木や草花が
ちょっぴり のびやかに見えます

プルモナリア ( スモーキー ブルー )
P5010018-001.JPG

手前から
ヒューケラ 斑入りイワミツバ チューリップ スノードロップ

P5010017.JPG


チューリップ(タリダ)
P5010025.JPG

チューリップ(スプリンググリーン)
P5010066.JPG


裸ん坊の彫像の奥に
ぼんやりと見えているバラは ブラッシュノアゼットです

芽吹き始めたバラ達の剪定と誘引
そうのんびりとはできません

急いで
でも芽を傷めないように注意して 慎重に慎重に‥
よし こんなもんかな


おぉ そうだ
小さくなった ミヤママタタビも誘引してやらなきゃ


P5010063.JPG



※※※ ※※※ ※※※




最近 雨が降るたび 黄砂が降ったみたいに家が汚れます

塗装して間がない屋根も ベランダの手すりも 玄関ポーチの屋根(波板)も
あっという間に ドロドロです

P5010001-001.JPG

リグラリアの葉も このとおり

P5010011.JPG

でも調べてみると
昨年の5月8日に確認されてから 今年4月末日まで
黄砂は降っていないらしいんですよね

とすると
これって何なんでしょう?

土みたいに見えるけど もしかして花粉?


何にしろ せっかくきれいにしてもらった外壁と屋根
1度きれいな雨で 汚れをすっきりと洗い流してもらいたいと思う気持ち
ダメでしょうかぁ~? (涙)




おまけ

P5010056.JPG
隊長!
こっちも ドロドロです



2017年4月26日

恥ずかしい話

一昨日 さわらのごはんを買いに 動物病院に向かったんだけど
珍しく車が1台も停まっていない

そうだ
午後の診療は4時からだった‥

動物病院を素通りし Uターンをして帰宅

午後4時を過ぎて 今度こそ動物病院に到着

変だな 他の車がないけど
なんでだろう

入口にかかった 本日休診の札

嘘 今日月曜日?


マジか?
P4220053.JPG

久しぶりにスカートをはいて 映画を観に行ったときのこと

チケット売り場に並んでいたら
後ろに居たおじさまが

ぶっきらぼうに 「スカート」 と言う

咄嗟になんのことかわからず ぼんやりしていたら
私の腰のあたりを指さし
再び 「スカート」

もしやと思い お尻のあたりを触ってみたら
スカートがごっそりストッキングの中に入っていた

いや~!

「失礼しました」 でもなく 「ありがとうございました」 でもなく
私から出てきた言葉は 「いや~!」

スカートを元に戻しながら レストルームに猛ダッシュ!

さすがにこのときは ちょっと落ち込んだ‥

おじさま 数々の失礼を どうぞお許しください


アズマイチゲ
P4247540.JPG

先日 灯油を入れにガソリンスタンドに行ったときの話

1缶 18 リットルのポリタンク 2缶

合わせて36 リットルを指定し
半分入ったら 次のポリタンクに入れようとしたのだけど

2つめのタンクから灯油があふれそうになった

あれっ もしかしたら2つめのタンクに灯油が残っていたのかな?
ちゃんと 16 リットル入れてから次のタンクに移したのに‥

と友達に話たら

16 リットル? 1缶 18 リットルでしょ
と笑われた

18 × 2 だから36 と思っていたのに
なんでいつの間に 36 ÷ 2 が16 になっちゃったんだろう

あぁ まったく情けない


最近は 誰もがみんな天才に見える
どうしてみんな失敗もせず ちゃんとやっていけるのだろう

友だちは笑いながら
みんな失敗してるんだよ
言わないだけだよ

そう言って慰めてくれたけど 私 大丈夫かぁ?




2017年4月20日

春の風景 田舎道

北海道に移り住んだ頃は 驚きの連続でした

真っ直ぐな広い道
終わりのない大地の広がり
美しい白樺並木
煉瓦造りのサイロ

身近に見られる風景にも どこか異国情緒が漂っていて
毎日が夢心地でした

あれから22年と半年

さすがにもう 真っ直ぐな道を見ても驚かなくはなりましたが
こういう景色に出会うと やっぱり感激しちゃう

The 北海道って感じで


P4160056.JPG

P4160070.JPG

P4160027.JPG

P4160037-002.JPG

P4160068.JPG



※※※ ※※※ ※※※



さて ここちらは我が家

着工した頃は晴天続きでしたが 最近は雨が多くて
思うように工事がはかどりません

それでも 屋根の塗装と 2階のサイディングボードは張り終わりました
残りは1階の塗装と全体のコーキング

大型連休前に終わって欲しかったけど
どうかなぁ‥

束ねたままのバラの芽が今にも動きだしそうで 少々気が揉めます


P4140024.JPG

こちらは残ったサイディングボードの切れ端 
といっても 40数㎝×1m くらいのサイズです

将来のために捨てないで取っておくことにしました
なにかあったときに使えるかもしれませんものね

1枚10Kg ほどのボードを8枚
物置にキープです

力仕事 続くなぁ‥

P4140009.JPG
裏 表 裏 表 表




おまけ

P4170074.JPG
あたしも手伝うよ 力仕事



2017年4月16日

春の風景 ビニールトンネル


のどかな春の光景に出会いました

霜よけのビニールトンネル張りです

なだらかな傾斜の畑の向こうには
春霞にとけこんだ山と針葉樹の林が広がるだけ

とても住宅地から1Km と離れていない場所とは思えません

P4150110.JPG

それまで土色をしていた畑は あっという間に白一色に早変わり
 
P4150099.JPG

行儀よく並んだビニールトンネルは まるで真珠の粒のようです

P4150124.JPG

傾いた太陽が辺りを茜色に染める中
作業は 静かに 穏やかに 着々と進められてゆきます 

P4150079.JPG

道の反対側に ひっそりと水芭蕉が咲いているのを見つけました

いつの間にか 4月も中旬
そこここに 春の風景が広がっています
 
P4150141.JPG


おまけ

P4120006.JPG
あたし トンネルが好き




2017年4月14日

雪のち15度

昨日は雪でした

毎年4月になっても何度か雪が降るので
とりたてて驚くようなことではないのだけど

チューリップや

P4130044.JPG

エゾエンゴサクの芽が雪に埋もれているのを見ると
なんだか落ち着かない気持ちになります

P4130060.JPG

昨日の朝 サイディングをはるために待機していていたお兄さん達は
結局雪の中 戻ってゆきました

現場に来たものの 2日連続仕事ができなかったわけで
なんとも気の毒になってしまいます

代わりにやって来たのは塗装屋さん
少々天気が悪くても洗浄ならできると
寒い中 がんばって作業をしてくれました

ジャー!

P4130009.JPG

ぐずついたお天気もようやく終わり
今日は朝から青空が広がっています

雪のち晴れ

予報では最高気温が14℃というから
残っている雪もすぐにとけちゃいますね

ちなみに現在の気温 -1.1℃
気温差15℃かぁ

負けないぞ



おまけ

P4130075-001.JPG
窓がジャー って



2017年4月13日

ひとりごと


P4120059.JPG

昔 まだ私が若かった頃
きっと夏の夕暮れ時だったと思うんだけど

車窓越しに 明りを灯した家族団らんの風景が見えてきて
急に涙がとまらなくなったことがあって

どこの誰とも知らない人達の姿を見て
どうしてそんな気持ちになったのか自分でも理由がわからず
電車の中で ひどく戸惑ったのだけれど

今年になって読んだ星野道夫さんの「旅をする本」に
似たような体験談が書かれていて
私だけじゃなかったんだと 少しホッとしたりして‥


星野さんは

あれはいったい何だったのだろう
見知らぬ人々が ぼくの知らない人生を送っている不思議さだったのかもしれない
同じ時代を生きながら その人々と決して出会えない悲しさだったのかもしれない

と綴っておられるけれど

私の胸がしめつけられるようなあの感覚は
星野さんの写真集を見たときのそれに似ていて

とてつもない広い世界に生きる 無名の 小さく 儚く
けれど善良で美しい人の姿に 激しく胸を打たれたような‥


無力な自分に落ち込むことも多いけれど
温かな灯りのある生活を送っていきたい

ねっ さわら




おまけ

P4120036-001.JPG
あたしは暗くてもよく見えます





2017年4月 5日

今日もいい天気

工事が始まって今日で3日目

足場の組み立てと養生シート張りが終わり
いよいよ今日から外壁の解体作業が始まります


こちらは一昨日の 足場組立作業の様子です

P4030015-001.JPG
( おまさ 心の声 )

なんという機敏な身のこなし
しなやかで美しい動き まるで体操選手だね

やっぱ プロは違うね
へっぴり腰で梯子を登る私とは大違いだ

って 比べること自体が間違いか
 
もしこれを子供の頃に見ていたら 間違いなく
将来は足場を組む人になりたいって思っただろうな


P4030022.JPG

昨日の養生シート張り作業は2時間弱で終了
こちらも無駄のない見事な作業工程でございました

P4040173.JPG

さて こちらは庭の様子

まだ雪の残っている花壇ですが
ぽつりぽつりとチューリップの芽が出てきました

日当たりのいい場所に植えたクロッカスには 花芽もついています

チューリップの芽
P4040177-001.JPG

そして 大好きなエゾエンゴサクやカタクリの芽も にょきっ ♪

踏まれて死んじゃわないように
目印に割り箸をさしておきました

おいしょ!

エゾエンゴサク
P4030036.JPG



おまけ

P3190009.JPG
あたしは今日病院なの




2017年3月31日

もうひと頑張り

昨日は寒い1日でした

吐く息は真っ白だったし
朝に降り出した みぞれは 昼前には雪に変わっていたし

湿った雪は夜中も降り続いて
何度となく屋根から滑り落ちて

あ~ ウソでしょ‥


10cm 弱は積もったでしょうか

朝起きると
昨日まで見えていたラベンダーの支柱もバラの枝も
屋根からの落雪ですっかり見えなくなっていました


午前5時

熱いコーヒーを1杯飲んで
スコップ片手に いざ出陣!


P3310017.JPG

屋根からすべり落ちてできた雪山を スコップで崩してゆきます
中に埋もれているバラやラベンダーを傷つけないよう
細心の注意をはらって

ザクッ! ザクッ!

1時間近くやったでしょうか
作業が終わる頃 ちょうどお日さまが顔を出しました

きれいだな~

P3310014.JPG


P3310024.JPG

P3310005.JPG

今日はいいお天気です

11時現在の気温は2.8℃というから
それほど暖かいわけじゃないけれど
陽射しのある分 雪どけは順調です


この分なら 着工日になんとか足場が組めるかも‥

え~と おまえは誰だっけ・

P3310035.JPG

問題は北側の通路だな
よし 今からもうひと頑張りだ

がんばれ~ 私



おまけ

P3180092.JPG
おきばりやす



2017年3月24日

おうどん

がんばっても がんばっても なかなか落ちなかった体重

もう年だから仕方ないのかな と あきらめかけていましたが
糖質ダイエットのおかげで なんとか目的を達成しました

BMI 21

はじけ飛びそうだったボタンは ちゃんと閉められるようになり
窮屈だったジーンズにはゆとりができ
以前のように軽快に動けるようになりました


P3240007.JPG

でも‥
なんだかシワが増えた気がする

年なんだから仕方がないかな と思いつつ
目じりを指で引き上げてみたりして‥

あ~ 複雑なお年頃



今日はご褒美に
ず~っと我慢していた おうどん を食べちゃおうかな

小麦粉さん 久しぶりだなぁ





おまけ

P3240003.JPG
あたしはずっとカリカリなの



2017年3月23日

大雪だ

朝目覚めたら なにもかもが冬に逆戻り

ふんわりとした雪が15 cm くらいかな
新しく積もっていて

昨日まで見えていたフッキソウも クロッカスも
どこにあるのか さっぱり分かりません

なんてこと
今日は 外壁工事の下見の日だっていうのに‥


P3230040-002.JPG

それでも気温はそれほど低くないし
お昼には雪も止む予報だし

積もった雪もすぐにとけちゃうだろうと たかをくくっていたのだけれど
雪は断続的に降り続き とける気配がありません

 そのうち屋根に積もった雪が 音をたてて庭にすべり落ち
リビングの前に りっぱな雪山ができてしまいました

うぅ 元の木阿弥‥


P3230035-002.JPG

下見は雪の降りしきる中始まり
結局 着工は来月上旬に変更となりました


雪がなくなった頃 もう1回来なくちゃな‥
と業者さん

そうですよね
こんなに雪があっちゃ 下見にだってならない

でもね でもね
昨日まで ラベンダーの支柱がちゃんと見えていたんですよ
もう少しのところまでいってたんですよ
女神さんなんて腰のあたりまで見えてたんですから

私 毎日雪割りをがんばっていたんですよ

って言っても きっと信じてもらえないよね
この雪の量だもの



おまけ

P3230016.JPG
まぁ そう力を落とさずに




2017年3月20日

スタックとコイン洗車

3連休はお天気続きでした

雪がすっかり消えたベランダは
ヒマワリの種と鳥の糞だらけ

ていねいに掃き掃除をすませた後
ぬるま湯をかけながら デッキブラシでゴシゴシゴシ!


どうだい 気持ちいいかい?

P3190018.JPG

午前中たっぷりと陽の当たる庭の東側も
ずいぶん雪どけが進みました

犬走りの砂利の上に
干からびたホスタの葉がへばりついています

雪のなくなった花壇の隅に
斑入りのクロッカスの芽を見つけました

細くて小さな芽がツンツン




※※※ ※※※ ※※※


 

先日 生まれて初めて 駐車場でスタックしてしまいました

雪の上を走ってたのですが
やわらかくなった雪の下には ぬかるんだ地面が‥

なんてこった
埋まってしまった

脱出のノウハウを知らない私は
タイヤの向きも確認しないまま アクセルを踏み前進

前がダメなら 今度は後ろだと
ギアをバックに入れ 再びアクセルを踏み込みましたが
タイヤは埋まったまま‥

まずい

と そこへ男性が1人

おぉ 人が居たのか
動転していて気が付かなかった


「タイヤを真っ直ぐにして」 と男性

え~と 今タイヤってどっちに向いているんだっけ
仕方ない ここは恥を忍んで聞くしかないな

「あの~ 今タイヤって どっち向いてるんですかね?」

この薄らとんかちな質問に この男性怒りもせず

「左に切って」 と やさしく神対応
そしてプッシュ! 

と そこへやって来た トラック1台

結局 総勢4名の男性の力を借りて 愛車は無事にぬかるみから脱出

皆様 その節は大変お世話になりました



帰り道 コイン洗車で
泥まみれになった私の愛車は ピッカピカ

人生2度目のコイン洗車でした



おまけ

P3190016.JPG
いい人が居て よかったね




2017年3月18日

雪割りと彫像

陽射しが強くなってきました

日当たりのいいキッチンは
日中なら 暖房なしでも快適です


P3180081.JPG

雪どけも順調に進んでいます

とけかけの雪は 粗いかき氷のようにざらざらとしていて
日の光に当たると きらきらと輝いて それはそれはきれいです


P3180024.JPG

ここ数日 毎日のように
アルミスコップを振り回し 雪割りをがんばっています

ガッ ガッ!

外壁工事が待ってるぞ
がんばれ~おまさ~

うん ここは特別固い
きっと氷の層ができているんだな

足を使って
ええ~い!

ガッ!

と その瞬間思い出しました

しまった
ここは彫像を置いている場所だ‥

慌てて 手で雪をかき分け
スコップを入れたあたりをチェックしようと試みたのですが
いかんせん 雪が固い

出てきたのは左手と壺だけ( あれ 羽だっけ? )

仕方ない
自然に雪がとけるのを待つとしよう


P3180014.JPG

気温が上がり 雪がやわらくなった今日の午後
注意深く周りの雪を取り除き
いざ チェック!

よかった
ひび割れ 見当たりません!

( お巡りさん 大丈夫でしたよ )


P3180052.JPG

家の周囲にバラやら 低木やら つる性植物やらを植えているので
おまさは ただいま大忙し

足場の邪魔にならないように
ロサグラウカを剪定して束ねて
シャラも縛り直して

そうそう壁面に巻きつけていたワイヤーも切って
ポールズヒマラヤンムスクも 思い切ってバッサリ

駐車スペースの確保だっているぞ
空家になったお向かいの雪山
これも雪割り必要だなぁ‥

うわぁ~ 間に合うかな?



おまけ

P3180083.JPG
ところで なんで お巡りさんなの?




2017年3月16日

ハイヒール

私の身長は167cm
女性としてはかなり大きいほうです

子供の頃から 背の順に並ぶと
たいていは後ろから2番目か3番目あたり

フォークダンスの授業では 時々男子のパーツを踊ったりして
思春期は かなりへこみました

小さくてかわいらしい女性を見ると ほんとうに羨ましかったなぁ


時代が変わり 女性も男性も背が伸びて
昔ほどは 自分の背の高さが気にならなくなりましたけどね


P3160010.JPG

先日 やわらかな素材のシンプルなハイヒールを見つけました
履き心地 抜群です

あまり履く機会はないかもしれないけれど
どうしても手放せず
そのままレジに向かい清算

予定外の出費だったけれど 気持ちは弾んでいて
  それもあまり気になりませんでした

つい昨日までは‥


でも見ちゃったんです
買った靴が30%引きになっていたのを

うっ




おまけ

P3160024.JPG
あちゃ~



2017年3月15日

お気に入り

1年くらい前からお鍋でご飯を炊いています

沸騰して10分ほど中火で炊いて
火を止めて15分蒸らす

たったそれだけで ふっくらとした美味しいご飯ができあがります

節電にもなるし 時短にもなる
これはいい ♪


P3150019.JPG

一時 糖質ダイエットで出番の減っていたルクルーゼだけれど
不眠事件をきっかけに再び活躍の場を取り戻しました

最近はもっぱら雑穀米ですが
もちもちとして これがなかなか美味しいんですよ

P3150029.JPG


昨日 久しぶりにお米を買いに行きました

いつもの品種を見つけ 手を伸ばしたのですが
あれ あれ?

同じお米なのに 150円引きの商品と 300円引の商品
それに値引きなしのものが並んでいます

不思議に思って 精米の日を確認したら
3日ずつしか違わない

いったいどういう理由で値段に違いがあるのか
知りたくて知りたくて

我慢できずに店員さんに尋ねたら にこやかに返答が‥

コープでは精米日から12日を過ぎると売ることができなくなるから
日が経つと順次値引きしているんですよ

へぇ 知らなかった
たった12日で?

そんな微妙な差なんて 私にとってはなんでもないので
迷わず300円値引のお米を買いました

ムフフ

って これって常識?
知らないの私だけ?

P3150023.JPG

こちらは100円ショップで購入したミニ懐中電灯
これもお気に入りの商品です

夜の撮影で 写真仲間が使っていたので真似をして2本買いました
1本は 有事の際に役立つかもと ベッドサイドに
1本は車の中に

軽くて 明るくて 使いやすくて 丈夫で 長持ち
100円ショップ 恐るべし

P3150035.JPG

そして最後に登場するのは これ ♪

数年前から愛用している湯たんぽです
これ ほんとうに暖かいんですよ

ぽっかぽか

冬は もうこれなしでは生きていけません

P3150042.JPG
ねっ さわら!


P3150049.JPG
確かに



2017年3月10日

雪庇と雪割りと宝くじ

玄関ポーチの屋根からせり出した雪のかたまり
下の部分は凍りついて氷のようになっています

屋根に緩やかな傾斜があるようで
気温があがってくると どんどんせり出してきます

もしこれが落ちて人にでも当たったら大変です

P3080089.JPG

引きで見るとこんな感じ

そのまま放置できないので 2Fの窓から屋根の上に出て
へっぴり腰で押してみましたが びくともしません

そりゃあ そうよね

仕方ないので アルミスコップで少しずつ雪をくずし
雪庇部分は雪をこそげ落として凍りついた部分だけにしました

それでも厚さはおよそ4cm

できれば落としておきたいと
スコップでコンコンやってみましたが
簡単には落ちません

とりあえず雪庇部分から少し手前の雪を入念に取り除き
落下する面積を減らすことにしました

多分これなら真下に落ちてくれるはず‥

うぅ こわ


P3080121.JPG
翌日 雪庇は真下の雪山(フラワーボックス)に無事に落下

ユキヤナギが一枝だけ折れてしまいましたが
樹勢の強いユキヤナギのこと

許しておくれ



※※※ ※※※ ※※※



春が近づき 雪が固くしまってきました

今ならスノーシューを履かなくても
忍者のようにスタスタと歩けます

土日は気温がぐんと上がるみたいだから
雪割りでもがんばりますか

外壁工事のこともあるしね

P3080119.JPG

屋根の下にできた大きな雪山をスコップで崩してゆきます

ガチン! ガチン!
所々氷の層になっていますが そこは根性でクリアー!

よし 第一弾はこんなもんかな

P3100003.JPG



※※※ ※※※ ※※※




家を建てておよそ20年
遠目にはきれいに見える外壁も 近くで見ると傷んでいます

特に2Fの コーナー部分やサイディングボード下部の傷みはひどくて
放置できなくなってしまいました

ボロボロ~ 

P3080087.JPG

何年か前にやった塗装 あまり効果がなかったみたい(涙)

で 私 十数年ぶりに宝くじを買いました
1枚だけだけど



おまけ

P3100008-001.JPG
なに~ これ?




2017年2月13日

ありがとう スマイルジャパン

 
昨日 苫小牧で行われた
アイスホッケー女子のオリンピック最終予選
最後の戦いを観戦してきました

カードは日本対ドイツ

相手チームのドイツは
上背のあるがっしりとした体格揃いの いかにも強そうなチームです

一方 日本代表は 小さくてかわいらしい感じ

これだけ体格差があってホントに大丈夫なのかな~
と少々心配になりましたが

練習風景を見て すぐに不安は消えました

スピード感のある キレキレの動き
これならいける!


結果は 3 - 1 で ドイツに快勝

アイスホッケー日本女子代表
オリンピックの出場権を2大会連続で獲得しました

ほんとうに おめでとう!


P2121881.JPG



ここからは ちょっと時間を巻き戻し(笑)


昨日は 私にとって生まれて初めての国際試合観戦でした

自分が日の丸の旗が揺れている観客席に座わることなんて
多分一生涯ないだろうな~と思っていたのですが

チケットは自由席で1500円
しかも場所は苫小牧

そのうえ写真も撮っていいらしいと聞き
これはチャンスと思った次第でして‥

人生 面白いもんですね

P2120096.JPG

ちなみに日本チームの前に行われた フランス対オーストリア戦
こちらは3 - 1 でフランスが勝利しました

P2121175.JPG


さあ いよいよ日本対ドイツ
最終試合の始まりです

P2121848.JPG

固唾をのんで見守る観客
いや 応援団かな(笑)

P2121628.JPG

激しい攻防

P2121604.JPG

P2121925.JPG

アイスホッケーって
ほんとうに‥激しいんです

P2122006.JPG

P2121745.JPG

しかも 優美

P2121393.JPG

歓喜の瞬間

P2122060.JPG

P2122151.JPG

国歌斉唱

P2122235.JPG

昨日は興奮してなかなか眠れませんでした
今もまだ アドレナリンが‥(笑)

スマイルジャパン
誘ってくれた友達
そして大会にかかわった全ての人に

幸せな時間をありがとう




おまけ

P2121320.JPG
トマチョーップ!




2017年2月11日

写真集

誰かの写真を見て泣いたのは これが初めてです

小高い丘の上に寄り添い
果てしなく広がる 雪山を見つめるムースの親子

親子があまりに小さくて
アラスカの自然があまりにも大きくて

おまさ 感涙‥


写真家の名前は星野道夫


国内の大学を卒業した数年後
アラスカ大学 野生動物管理学部に入学し
その後はアラスカを生活の中心とし
写真撮影と執筆活動を続けました


星野さんの写真は 愛にあふれています

アラスカを愛し いきものを愛し

危うさを抱えながら懸命に生きる動植物の姿を 見事に写し撮りました


P2110005-001.JPG

1952年生まれというから 生きていれば今年65歳

今から20年ほど前に 取材先のロシア(カムチャッカ半島)で
ヒグマに襲われて亡くなりました

襲ったヒグマは 地元テレビ局のオーナーによって
餌付けされたクマだったそうです

こんな悲しいことってあるでしょうか


でも 私が写真を見て涙したのはそのせいじゃありません

小さな いきものの向こうに見えるる とてつもない自然の広がりと
いきもののもつ 儚さと強さ

それを慈しむ写真家の眼差し 

そうしたものに胸を打たれるのです

ようやく手に入れた星野さんの写真集
私の大切な宝物がまたひとつ増えました

 


2017年2月 7日

ダイエット

珍しく続いている糖質ダイエット
3ヶ月で 5Kg ちょっと体重が落ちました

以前よりも野菜をたくさん食べるようになったし

P2070008.JPG

摂るタンパク質の量も増えました

ちなみに奥にぼんやりと写っているのは 油揚げのピザ
たっぷりのチーズに マヨネーズまで入った
ボリュームたっぷりの1品です

P2070022.JPG

こちらは タンドリーチキン風

ヨーグルトとカレー粉と塩のたれに10分ほど漬けこんで
あとはレンジでチン という簡単なレシピ

大好物のカレーライスを我慢しているので
このカレー風味は欲求不満を解消するには最適

骨をしゃぶりながら時間をかけていただいています

P2070029.JPG

ダイエットを始めるようになってから
大豆製品もずいぶん食べるようになりました


こちらは市内のお豆腐屋さんで売っている ビッグサイズのお揚げ
土日限定で 午前中に売り切れてしまうこともある人気商品です

フライパンで表面をカリカリに焼いて
たっぷりのおろし大根とポン酢でいただいたり
ねぎと一緒に生姜醤油で食したりしています

肉厚のお揚げ
口に入れると中からじゅわぁ~と汁が出てきて もう最高ですよ

P2060004.JPG

そしてこちらは 鶴の子寄せ豆腐
やわらかくて ほんとうに美味しいんですよね

醤油なしでそのままでも食べられちゃう

P2060018.JPG

ここの ゆばも最高なんですよ
おからだってよそのお店とは違う

あぁ いけない 忘れるところでした
お店の名前は 豆てっぽう

住所は 恵庭市戸磯201-18

他にも豆乳ドーナッツとか 美味しそうなお惣菜もいっぱいあります
近くにお越しの際は 是非 ♪



それにしても こんなに食べて痩せるなんて‥




おまけ



P2050022.JPG
体重計が壊れているとか



2017年1月23日

ピーチャーエール

さらさらの乾いた雪が
手からこぼれ落ちてゆきます

気温-6℃

ここまで気温が低いと 雪玉を作るのにも一苦労です

そうかと言って 暖かな日に雪だるまを作っても
すぐにとけてしまいます

で 結局 私が雪だるまを作るのは
いつも寒~い 雪の固まらない時(笑)


今季初めての雪だるま

ボディーは雪山を削って作りました
帽子は百円ショップ(300円)で
目はボタン
鼻はさわらの毛玉ボール
お口はワイヤー

ボタンと毛玉ボールは クリップを使って固定してみました

P1230011.JPG

よし これで完成!
  
P1230001.JPG

と 一旦は思ったのだけれど

近所のかわいい王子さまが
「胸にボタンがあった方がいいよ」 とアドバイスをくれ

P1230037.JPG

ジャーン!

やっぱり こうじゃなくっちゃね ♪

P1230021.JPG

ついでに王子さまに 名前もつけてもらいました

ピーチャーエール

この子は今日から
もう ただの雪だるまじゃありません

P1230032.JPG

名付け親の 王子さま
今日は 楽しい時間をありがとう



明日の最低気温は -21.2℃で
最高気温が -7.7℃ ‥

とりあえず とける心配なさそうだね




2017年1月13日

ツバメと王子とスズメと

ウトナイ湖の道の駅に かわいい衣装を着たスズメ達がいます

新年を迎えた今は お正月モード

背中に乗っているのは ニワトリさん
今年は酉年だものね


P1110019.JPG

スチールでできた雀には 羽毛もなにもないけれど
やさしい人の計らいで ぽっかぽか

見ているこちらまで 温かな気持ちになります

P1110018.JPG

この幸せそうなスズメ達を見る度
子供の頃に読んだ 「幸福な王子」のお話を思い出してしまいます

貧しい人々のために自分の体についた宝石を
届けて欲しいとツバメに委ね
どんどんみすぼらしい姿になってしまう王子(像)と

それに応え続け 南に渡る機会を失って
ついには命を落としてしまうツバメ

 「幸福な王子」のお話は とても切なくて
読み終わったあとも なかなか寝付かれませんでした

我が身を犠牲にして困窮している人々を救ったのに
世間の人には まったく顧みられない
そういう理不尽さを 子供の私は受け入れられなかったんです

P1110023.JPG


神様の計らいで ゴミ溜めに捨てられた王子の心臓とツバメは
楽園で永遠に幸せに暮らすことになります

幸福な王子

世間からは顧みられることがなかったけれど
ちゃんと神様は見ていてくださった

そして最後はほんとうの幸せを手にした
というお話です

P1110025.JPG

でもね 私 思うんです
王子がほんとうに幸せだったのは
ツバメが最後まで王子の元に残ってくれたこと
王子を愛してくれたことだったんじゃないかな~って

そして王子自身も
ツバメを心から愛していた
心臓が真っ二つに割れてしまうほどにね
そのことが王子とツバメを幸せにしたんじゃないかなって

そういう大切な人がいるってステキなことですよね

おや 朝から長々と‥失礼しました
それでは皆様 今日もいい1日を




2017年1月10日

お手柔らかに

玄関前の階段が 氷でコーティングされてしまいました

ツルツルのテカテカです

きっと昨日一時的に寒波が緩んで
雨やみぞれが降ったせいですね

当分このままだろうから
気をつけて昇り降りしなくっちゃ‥


P1109176.JPG

道のデコボコは 以前に増して更にひどくなりました

車に乗っているのか 馬に乗っているのか
分からなくなるくらいの揺れっぷりです

除雪車が入って 道を削ってくれるとありがたいんだけどな~
と思っていたら

気持ちが通じたのか

ジャーン!

P1109414.JPG

これは除雪グレーダ

ギザギザのついた鉄の板で凍りついたデコボコ道を削り
平らにしてくれます

P1109392.JPG
ガリガリガリ

P1109397.JPG

削り取った雪は 路肩に

P1109192.JPG

既にできていた路肩の雪山は
ロータリー除雪車が 大きな回転翼で切り崩して吹き飛ばし
横付けしていたトラックの荷台へ

あっという間に荷台は雪で満杯になります

P1109379.JPG

除雪作業が終わったのは 大きな生活路のみ

我が家の前の道は 相変わらずですが
それでも ずいぶん助かりました


まだまだ続く冬

どうかお手柔らかにお願いします




2017年1月 9日

測量

キシキシと乾いた音は
水面を覆っていた氷がきしむ音

時々 パリンと大きな音がします

風がないのは救いだけれど 寒さで手足がちぎれそう‥



厳冬のオホーツク海を思わせるような 沙流川河口を
のんびりと泳いでいるのは1羽のウミウです

P1068517-001.JPG

トプン トプン

寒さなんて関係ないとでもいうように
気持ちよさそうに水中に潜ります

P1068518-001.JPG

まったく お見それいたしました
とても人間には真似ができません

P1068573-001.JPG

と思っていたら ‥

あれ あれ?

P1068248.JPG

あれ~?

P1068249.JPG

うわぁ~ すごいことになってる


羽毛もなにも持ち合わせない人間だけれど
こんなこともできるんだ

やっぱりすごいぞ 人間は


それにしても仕事とはいえ 真冬の海に長時間‥

あの方 大丈夫だったかしら
風邪とか ひいてないかしら




おまけ

PC240003-001.JPG

ハッ ハッ ハクショーン!



2017年1月 6日

クリーム2つの

私は普段 コーヒーに
温めた牛乳をたっぷりと入れて飲んでいます

友達や来客のほとんどは 砂糖やクリーム(ミルク)を使いません
そういう時はちょっぴり背伸びをして私もブラックで飲むのですが
正直 あまり美味しいと思えません


先日 実家から新千歳空港に向かう機内で偶然隣り合わせになった女性が
コーヒーにクリームを2個使い

あぁ 世の中には私と同じタイプの人が居るんだ
と なんだか嬉しくなってしまいました


P1020104.JPG

これも何かの縁と話しかけ すっかり意気投合

偶然って怖いですね
この女性と私 他にも共通点がたくさんあったんです

まず驚くべきは
彼女が現在一人暮らしで 猫を飼っていたこと

同じ頃に大切な家族を亡くしていたこと

年齢がほぼ同じであること

趣味が写真であること
もっともこれは 彼女は大学時代からのベテランで
私とは腕が全く違うのですけどね


P1020034.JPG

偶然持ち合わせていた展示会の作品集を見せて戴いたのだけど
とっても素晴らしかった‥


P1020039.JPG

機内ではずっとしゃべりっぱなしの2人


P1020086.JPG

猫と一緒だと ほんとうに寂しくないですよね

満面の笑顔の彼女


ほんとうに寂しくない人は きっと
「寂しくない」 なんて言わなくていいのかもしれないけれど

私には彼女の気持ちが痛いほど解るから
笑顔で こっくり


また会えるかしら
クリーム2つの女性

会えるといいな



2017年1月 3日

ご挨拶


ふわふわの雪が降ってきました
ゆっくり ゆっくり

空が明るいので
どうやら 降り積もるような雪ではなさそうです



2017年が始まりました

本年も さわら共々 どうぞよろしくお願いいたします

P1030051-001.JPG
お願いします




2016年12月29日

雪かきと白米とダンボールと猫と


22日から23日にかけてのドカ雪で
広かった北国の道は どこもグンと狭くなりました

路肩の雪山は大きく高くなり
路面はツルツル デコボコのガタガタです

我が家の前も ようやく車が1台分通れる道幅になってしまい
車庫前や路肩に積み上げたを
1日も早く 排雪業者さんに持って行って貰いたいと願う日々でしたが

昨日(28日)業者から電話が入り
大雪で作業が2日遅れになっていて
早くても29日の夜 遅ければ30日にずれ込むとのこと‥

車を出せない日が まだ続く?


PC280040.JPG

5日くらいなら車に乗れなくてもなんとかなると思っていましたが
8日間ともなると そうのんびりと待っているわけにもいきません

買い物にも行きたいしね


「自然相手のことだから 仕方ありませんよね
無理をして身体をこわさないでください」

そう電話で話しながら
車庫前の雪山は 自力でなんとかするしかないと
この時悟りました



昨日は日中でも-6℃前後という寒い日で
雪が結晶のまま ふわふわと舞い落ちてきます

PC280071.JPG

積み上げてあった雪は 寒さで凍りつき ガチガチのコチコチ

プラスチック製では雪山を崩すことができないので
アルミ製のスコップを使って 

えい! えい!

PC280065.JPG
庭側の路肩の雪山を踏み固め
ママさんダンプが通れる道を作り
崩した雪を えっちら ほっちら 運んでいきます

所用時間2時間半

お疲れ おまさ!



※※※ ※※※ ※※※



昨日の夕食
1か月半ぶりに白米を食べました


と言ってもこれ
雪かきで消費したカロリーを補うという理由からではありません


実は私
1週間ほど前から夜中に度々目が覚めるようになり
なんだか不眠が続いていました

いくらなんでもこれはおかしいと調べてみたら
糖質カットのやり過ぎで 不眠の弊害ってあるらしいんですよね

糖質が足りないと
セラトニンやメラトニンが不足して
それが原因で不眠になるケースがあるらしいんですよ

PC280080.JPG
解決策は簡単で 糖質を補えばいいだけのこと

試しに昨日の夕食でご飯を軽く1膳食べたら
ありゃりゃ不思議 眠い‥眠い‥

また太ってしまわないために
1回の炭水化物の量は43g以下 1日の摂取量は130g以下に
ご飯に換算すると1日330g 以下に抑えるといいそうです

知らなかったわ~

参考サイト

http://katherinegodinlaw.com/fumin-353.html




あれっ また雪が降ってる!

なんだか積もりそうな降り方だぞぉ‥



おまけ

PC250032.JPG
ダンボールが動いたと思ったら‥


PC250022.JPG
この人(猫)が入っていました(笑)



2016年12月 1日

おまさ ダイエットに挑戦中

食べたい放題で体重計にも乗らずにいたら
いつの間にか過去最高の体重になっていました

さすがにこのままではマズイとダイエットを始めたのが
今から 半月前くらいだったしょうか

今まで何度となく繰り返してきたダイエット
かなりストイックにカロリーを制限して
なんとか体重を落とすものの
長続きせず しばらくすると元の木阿弥に

そういうことを繰り返してきたわけでして

これではイカンと
今回はしっかり食べながら痩せる方法に挑戦中です


チリビーンズ
PC010006.JPG


しっかり食べるといっても 何でもOK というわけではありません

ご飯やめんが主体の一品料理を避け
野菜や肉や魚を中心に食べ
甘いものを控える

大好きなジャガイモやソース ケチャップ カレールーは
糖質が高いのでしばく我慢です

パンもご飯も 食事の最後に少な目に

ストレスが溜まりそうですが おかずを何品も食べるので
以前のように空腹感に悩まされるということはあまりありません

今のところ順調に体重が落ちてきています

このまま上手くいくかどうかは私次第
がんばれ~私~!



おまけ

PB180005.JPG
あたしのご飯は減らさないでください

きっぱり!



2016年11月20日

漁港へ

時々 無性に海を見たくなります

波の音や あの独特の匂い

きびきびとした漁師さんの動きや
きらきらと光る漁網

それから海鳥

そういうものに とても惹かれます

PB200031.JPG

係留用ロープ
PB200025.JPG

PB200046.JPG

PB200035.JPG

PB200041.JPG

シノリガモ
PB200332.JPG

PB200308.JPG

ヒメウ
PB200226.JPG

さわらにも1度海を見せてやりたいけど
怖がるかな

その前に車の移動が問題か‥



おまけ

PB190013.JPG
海ってなに?




2016年10月31日

ちょっと休憩

昨日午前6時
広報車のスピーカーの音で目が覚めました

そうか
公共清掃日って今日だったんだ

慌てて身支度をし 簡単な朝食をすませて外に出ます

うっ 寒い
それもそのはず この日7時の気温は2℃
これじゃあ 秋の清掃と言うより 冬の清掃です


植木マスに落ちた銀杏の葉をかき集め
草取り鎌で雑草を掘り起こします

そのうち体がぽかぽかしてきて 寒さを感じなくなりました
風さえ吹かなければ 案外大丈夫なもんですね


庭の冬支度が 9割方終わりました

蕾をつけていた いくつかのバラは家の中で咲いて

PA297477.JPG

気の早いのが 散っていきました

PA310079.JPG

枯れた宿根草をカットして処分していたら
リグラリア( ブラッドマリー クロフォード )の種が出てきました

まるで 「羽根つき」 の 「羽根」みたいです

捨ててしまうのが勿体ない気がして
少しだけ家の中に持って入りました

記念に1枚 パシャ!

PA310087.JPG

庭の冬支度 ほぼよし
タイヤ交換 よし
排雪業者への振り込み よし
灯油 よし

まだやんなきゃいけない事あるけど
とりあえず今日は ちょっとだけ のんびりしようかな~



おまけ

PA300076.JPG
今日はあいにくのお天気だけれど

Happy  Halloween  ♪




2016年10月28日

一応は一生懸命なんだけど


不器用な私は 同時にあれもこれも というのが苦手で
何かを始めると しばらくそれにかかりっきりになる事が多い

今は 明けても暮れても庭の冬支度ばかり

ちなみに今日は

朝8時から12時まで庭仕事
12時から13時まで休憩して
再び13時からから17時まで庭仕事

やり始めると止まらない

おかげで家の中は猫の毛だらけ
食事は手抜き
ついでに 全身筋肉痛

よ~し 今日は庭仕事休んで
家事をがんばろうっと!

たまにそう思うんだけど
これが ふらふらと鳥見に出かけてしまう

オオハクチョウ
PA256666.JPG
この日は無風
水面を境に2羽の白鳥が走っているのが見えた

PA256554.JPG

先日 顔見知りの方に

ゴミを出しに外に出ただけで

「奥さん ほんとうに一生懸命ね」
と言われてしまった

きっといつも 一心不乱に庭仕事をしている私を見ていらしたのだろう

でも猫毛だらけの部屋の中を見たら
化けの皮が剥がれるに違いない

私の一生懸命 ちょっと偏っているんだよな~




おまけ

PA277472.JPG
何 これ?



2016年10月26日

シャンディ ニヴァース カフェ

知りませんでした
こんな所に 本格インドカリーのお店があったなんて

夕張郡長沼町東4線南10番地
鳥見でちょくちょく通っている所からそれほど離れていません

お店の名前は
Shandi nivas cafe (シャンディ ニヴァース カフェ)

どこまでも続く田園風景に ぽつんと1軒


PA260082.JPG
ちなみに私が注文したのは
2種のカレー チキンカレーと野菜カレー

お友達は 海老とココナッツミルクのカレーとチキンマサラ
海老とココナッツミルクのカレーとキーマカレー

どれも美味しかったけれど(シェアしたのだ)
海老とココナッツミルクのカレーはとってもクリーミーで
スパイシーなカレーと組み合わせると
間違いないって感じ

付け合せのサラダのドレッシングも 美味しかったなぁ~


飲み物は カボスソーダをチョイス
これがまた最高で‥

このお店 カレーだけじゃなくて
ドリンクや手作りケーキもなかなかなんです

PA260089.JPG

それにしても なんてお洒落なお店でしょう

白と茶色にこだわった統一感のある店内は
元農家さんの民家をリフォームしたらしいけれど
そのセンスの良さにはびっくり!


PA260096-001.JPG

レトロな雰囲気を残しつつも
洗練されたイメージのお店

PA260044.JPG

PA260047.JPG

温もりのある電球や
やわらかな木のテーブルとイス

PA260092-001.JPG

ナプキンやおしぼり ブランケットに至るまで
全てが茶色という こだわりようです

PA260063-001.JPG

PA260064.JPG

スリガラス なんだか懐かしい~

PA260066.JPG

私達が案内された席からは
北海道らしい田園風景がよく見えました

道外から来た人なら このロケーションに
驚くこと間違いなし(かも)


すてきなお店を教えてくれた お友達へ
今日はほんとうに ありがとう~!




おまけ

PA240033-001.JPG
カレー味のカリカリ ありますか

く ‥ 暗い



2016年10月 6日

袋の実

冷たい雨があがって晴れ間も見えてきたけれど
路面はまだ濡れいて 真っ黒くろすけです

吹き飛ばされた落ち葉を掃き集めたついでに
庭を一回り

今日も風が強いなぁ~

あれ いつの間にかシダが元気になってる
涼しくなったおかげかな

PA062670.JPG

夏に切り戻した斑入りイワミツバも いい感じ ♪

せっかくのキレイな葉
霜が降りるのは ずっと先でありますように~

PA062668.JPG

こちらは今年買ったオリエンタルポピー

ローズピンクの花を見るのを楽しみにしていたんだけれど
植え場所が悪かったのか どんどん葉が枯れていっちゃって

残り2枚というところで さすがにこのままじゃマズイと鉢あげしたのが
今から2ヶ月くらい前

しばらくして新しい葉が出てきて 今ではこんな風になりました
よく頑張ってくれました

来年は花が見られるといいな

PA062657.JPG

フランシス E レスターの実

PA062673.JPG


最近ちょっと落ち込むことがあって
沈んだ顔気持ちで 宿根草の株分けをしていたら

天使のような男の子が にこにこしながら私に近づいて
ナイロン袋に入った実を手渡してくれました

「 これ 私が貰っていいの?」

男の子はこれ以上ないという笑顔で こっくりと頷きます

「ありがとう」

モヤモヤがすっと消えていくような気がしました

PA062684.JPG

落ち込んだ事情を知っている友人は
そのことには何も触れないで
美味しいものでも食べようと食事に誘ってくれました

その気持が嬉しくて 心が ほわぁ~と温かくなりました

PA042620.JPG

打たれ弱い私

いい年をして
ええい しっかりせい!


いつの間にか 路面もすっかり乾きました




2016年10月 3日

アートピクニック

今月1日2日の2日間
長沼町で アートピクニックという催しが開かれました

町内に点在するアート作家さんの工房を開放して
2日間は誰でも気軽に芸術に触れることができるというもの

創作人形 陶芸 彫刻 版画 絵画 家具 木工 書道 写真と
内容は実に多彩です

残念ながらこの日は午後から約束があり
私が伺うことができたのは1店だけ

でも これが ほんとうに素晴らしかった

訪ねたのは アトリエ DZA-DZA さんの工房


ご覧ください
フェルトで作られた この愛らしい人形の数々を

PA010030.JPG

実はこのフェルト生地
全て手作りなんです

染めも 織りも

驚きでしょ

PA010065.JPG

ガラスケースの中には たくさんのフェルト猫

PA010063.JPG

PA010031.JPG

こちらはクマさん

PA010058.JPG

招き猫風のこの子は
飼い猫ちゃんがモデルだそうです

PA010026.JPG

石だってできちゃうんですね
これこそ本物の軽石~
なんちゃって

PA010001.JPG

お洒落な帽子だって もちろん全部手づくりです

PA010013.JPG

こちらは機織り機

PA010067.JPG

ほんとうは織っているところをお見せしたかったんだけれど
まだ横糸を通してなくって‥

そう仰る作家(オーナー)さんは
笑顔がステキな とてもチャーミングな方

手に持っていらしゃる布は絹
もちろんこれも 作家さんが織ったものです

これが人の手で作られたなんて ちょっと信じがたいでしょ
ふ~む 同じ人間と思えない‥

PA010101-001.JPG

PA010039.JPG

すてきな焼きものは お姉様の作品

PA010060.JPG

こちらはキタキツネ君

PA010015.JPG

そして エゾリスちゃん

PA010005.JPG
PA010086.JPG
他にも作品はいっぱい

どれもステキで 全部紹介したいんだけれど
そうもいかないので 今回はこの辺で



おまけ

P9280015.JPG
あのね 内緒だけど あたしの妹もフェルトでできてるの




2016年9月28日

回想

鳥見を始めて間がない頃 何度か怖い思いをした事があります

1度目は 雪の残る春先

そうとは気づかず 雪の下の側溝に片足を踏み入れてしまい
バランスを崩してそのまま溝の中に体がすっぽりと
はまってしまいました

幅40cm ほどだったでしょうか
起き上がろうとするんだけど 手も足もぴくりとも動かない
余裕のない場所に 真っ直ぐ仰向けに寝ていると こういうもんなんですね

目と鼻の先にコンクリートの壁があって
真上には青い空

水がなかったから平気だったけれど
たかだか30cm の深さでも 下手をしたら命取りになるかもしれないと
このときはさすがに肝を冷やしました


P9260177.JPG

2度目は 森の中で 雪の吹き溜まりに片足を突っ込んだとき

膝上20cm ほどまで足が沈んでしまい
簡単に抜けません

もう片方の足まで雪に埋もれてしまったら終わりだと
周囲の雪の深さを探りながら 時間をかけ慎重に足を抜きました

このときも 怖かった~


鳥見を始めて 7年 いや8年かな
もう以前のような無茶はしなくなりました

雪深い所を歩くときは 面倒がらないでスノーシューを履くし
雪の下に何があるか分からない所へは 近寄りません
1人で不安なときは 躊躇しないで仲間に助けてもらっています

もし私がずっとあのままの私だったら
命がいくつあっても足りなかったかもしれませんね

でもね 時々あの頃の私が眩しく思えるんです
もうあの頃には戻れない

私 年をとったのかな


おまけ

P9280026.JPG
戻らないでください



2016年9月14日

札幌市資料館(旧札幌控訴院)

オータムフェストに来たついでに
大通り13丁目にある札幌資料館まで足を延ばしました

ここに来たのは何年ぶりだろう‥

ちなみに手前のオベリスクの赤いバラは レッド メイディランド
奥のバラ園も なかなかきれいでしたよ

P9120075.JPG

12丁目入口には狛犬1対が にらみを利かしています

どうしてこんな所に狛犬が?
と 不思議に思って調べてみたら

これ 友好都市の瀋陽市(中国)から贈られたものなのだそうです

なるほど

P9120068.JPG

P9120066.JPG

札幌資料館

P9120063.JPG

正面の軟石に刻まれた札幌控訴院の文字

のちに札幌高等裁判所になったこの建物は
1973年の裁判所移転にともなって 資料館に変わりました

ちなみに目隠しをされた女性の彫刻は ギリシャ神話の法の神テミスだそうで
貧富の差や権力にとらわれない法の前の平等を示しているのだとか

ふ~む 面白いですね

P9120087.JPG

正面の扉上から透けて見えるシャンデリアとステンドグラス

建物も重厚だけれど 中もすごいです

P9120088.JPG

まるで大粒の真珠みたい

P9120103.JPG

真下から見上げると こんな感じ


P9120092.JPG

ステンドグラス

P9120100.JPG

回り階段

P9120108.JPG
たまにはこういう場所を訪ねてみるもいいですね
さわらには無理かもしれないけれど‥




2016年9月13日

さっぽろオータムフェスト2016


今月9日から始まった さっぽろオータムフェスト2016
今年は10月1日までの開催だそうです

くいしんぼうの私も 秋晴れに誘われ 昨日出かけてきました

P9120007.JPG

平日だったので比較的すいていましたが
それでもラーメン店の並ぶ5丁目会場はなかなかの混雑ぶり

土日祝日ともなれば かなりの人出になりそうです


P9120127.JPG

この日1番の楽しみは
12丁目会場の 「さっぽろシェフズキッチン」

札幌市内の人気シェフの料理を安価で食べられるというので
張り切って列の最後尾に並びました
ちなみに この1皿で1,100円の値段です

この日はイタリアレストラン オステリアジリオの担当でした
お味?

もう 最高でしたよ!
これでワインが飲めればなぁ‥
それだけが残念~

P9120057.JPG

4丁目会場では まる余ベーカリーさんの
ポークシチューパンに挑戦 ♪

余市産の麦豚と新じゃが売りのメニューでしたが
パンもふわふわで実に美味でした

かなりのボリュームなので
1人だとこれだけでお腹がいっぱいになっちゃうかも

ちなみに私は友達とシェアしたので なんとか大丈夫でしたよ

P9120014.JPG

P9120029.JPG

ホタテのバターしょうゆ焼きも美味しかったな~

ふっくらとした大きなホタテは新鮮そのもの
こんがりと焼けたバターと醤油の相性が最高でした

P9120022.JPG

ステーキ丼

P9120025.JPG

セイコマート ワインバー

P9120010.JPG

楽しみにしていたスープカレーは
お腹いっぱいで挑戦できず

横目で見ながら 通り過ぎました

P9120032.JPG

6丁目会場の リトルジュースバーには
若者を中心にずらりと長い列ができていました

P9120138.JPG

以前から気になっていた いちごけずり
デザートならまだイケると 試してみました

あら 美味しい~

薄くスライスされた凍ったイチゴは 甘酸っぱくてさっぱりとしています
上に乗っかったふわふわの練乳の生ムースと一緒に食べると もう最高~

わっしょ~い!

P9120151.JPG

カラりと晴れた気持ちのよい初秋
気の置けない友人やご家族 恋人などと
のんびり過ごすのもいいかもしれませんね



おまけ

P9090029.JPG
だから
次は一緒に連れて行って行ってあげるから‥




2016年8月31日

台風一過

午前中 降ったり止んだりしていた雨も
お昼にはすっかり上がりました

いっぱいに開けた窓から 気持ちのいい風が吹き込んできます

いつもより風が強いのは
温帯低気圧になった台風10号の影響かな


今回の台風では
岩手や北海道の各地で大きな被害が出てしまいました

台風の少ないはずの北国に 今年は何度も台風がやってきます


暑さでぐったりの猫
P8260015.JPG

大した被害のなかった我が家の庭ですが
それでもバラの枝は何本か折れてしまいました


P8260019.JPG

吹き飛んだ落ち葉も どっさりです

暑くなる前に ひと仕事しようと

ノースリーブにショートパンツという出で立ちのまま
庭に出たから さあ大変

気がつけば 足に蚊がとまっています
払いのけても 払いのけてもやって来ます

えぇ~い! しつこい蚊だ!

今年は蚊が少ないと思っていたけれど
やっぱりこんな恰好じゃダメですね


8月も今日で終わり
でも 明日はまた暑くなるそうです

もうひと頑張りかな




2016年8月30日

暑いよぉ

お盆を過ぎて朝の気温がグッと下がり
いよいよ夏も終わりかな なんて思っていましたが

昨日はホントに暑かったですね~


汗をかきかき 蓮の花を見に行ったのだけれど

P8290185.JPG

炎天のもとではご覧の有様

チリチリ‥

P8290102.JPG

蕾の時はシャンとしているんだけれど

P8290101.JPG

P8290091.JPG

開くと みんな ぐったり

比較的きれいに咲いていた花を撮ってみましたが

う~ん‥ 今ひとつですね

P8290110.JPG

お花畑の虫さん達は 元気でしたけれどね

モンキチョウ
P8290126.JPG

キアゲハ
P8290141.JPG
ヒラヒラ~

P8290128.JPG

クジャクチョウ
P8290204.JPG

ちなみに今年買った メコノプシス(ヒマラヤの青いケシ)
地上部が完全に枯れてしまいました

茶色くなった茎を眺めながら
なんとか頑張っておくれと 毎日言い聞かせています



おまけ

エンジェルス トランペット
P8290206.JPG
あたしは これくらいの暑さ へっちゃらよ~



大きな台風がやって来ているみたいです
みなさま お気をつけて




2016年8月21日

ついこの間 北海道に台風が上陸したばかりなのに
また新しい台風が日本列島に接近中です
しかも3個も

北海道は台風11号と前線の影響で
しばらく雨が続く予報です

大きな被害が出なきゃいいけれど‥


閉め切った部屋の中は蒸し暑くていけません
扇風機フル稼働で 暑さを凌ぎます



庭では バラの2番花が雨に打たれています

スタンウェル パーペチュアル
P8180014.JPG

ラプソディー イン ブルー
P8180019.JPG

P8180004.JPG

アンブリッジローズ
P8180030.JPG
せっかく咲いた花なのに かわいそうだなぁ‥


ギボウシ
P8180044.JPG

セダム(オータム ジョイ)
P8210026.JPG

リグラリア
( ブリッド マリー クロフォード )
P8210002.JPG




おまけ


ケンブリッジ! ケンブリッジ! ケンブリッジ! ケンブリッジ~!

男子400mリレーを観て絶叫する私

隣にいた さわらは 恐怖で耳が倒れ 瞳がまん丸になっていました
驚かせて ごめん!


P8200088.JPG
あ~ びっくりした~



2016年8月 9日

花魁道中 その2

夜中 激しい雨音で目が覚めました

慌てて窓を閉め そのままベッドにもぐり込みます

屋根に叩きつける雨音は すぐに遠のいて
 あっという間に眠りに落ちましたが
朝起きた時は 薄っすらと汗ばんでいました

雨はすっかり上がっていました
窓を開けると ひんやりとした風が入ってきて
あ~ 気持ちいい



半年ぶりに風邪をひいてしまいました
熱もなく 咳が出るわけでもないのだけれど
喉が少し痛くて 体が怠い

2日ほど 家でごろごろしていました

今日になって俄然元気が出てきたので
気になっていた花魁道中の残りの写真をアップすることにしました


新造
P8040462.JPG

花魁
P8040584.JPG

旦那 (三浦雄一郎さん)
P8040760.JPG

女将
P8040715.JPG

P8040525.JPG

かむろ
P8040805.JPG

この日ススキノの街には
およそ100軒の屋台が並びました

P8040204.JPG

毎日R1を飲んでいたのですが 風邪とは‥とほほ
寝不足と疲労で 少し免疫力が落ちていたのかもしれません

まだまだ暑い日が続きます
みなさまも ご自愛くださいね




2016年8月 6日

花魁道中 その1

すずらん踊りだ シャシャンコシャン
恵庭音頭だ シャシャンコシャン

恵庭の夏祭りは
ベランダに踏み台を置いて わずかに見える花火を眺め
遠くから聞こえてくる 盆踊りの曲を一緒に口ずさむだけで終わってしまいました

これではあまりに寂しい夏になってしまう と
一昨日  " すすきの祭り " の目玉となるイベント
 " 花魁道中 " を見に行ってまいりました


すすきので最初に花魁道中が行われたのは 1872年(明治5年)
その再現が始まったのが1984年(昭和59年)だそうです

すっかり日の落ちた2016年のすすきの街を
新造や禿(かむろ)役を従えた花魁役が ゆっくりと練り歩きます


肩貸し と 花魁
P8040566.JPG

見習い遊女
禿(かむろ)
P8040614.JPG

P8040775.JPG

薄暗い街に浮き上がる 白塗りの花魁
妖艶ですね~

花魁(佳津乃太夫)
P8040640.JPG

沿道には 人 人 そして人

P8040744.JPG

この道中には2人の花魁がいました

こちらはもう一人の花魁 夢千代太夫の一行です
手前右に見えているのは 新造 デビュー前の遊女です

P8040361.JPG

禿(かむろ)の足元
P8040781.JPG

そしてこちらは花魁の足元

三枚歯 黒塗りの高下駄を履いた花魁は
外八文字という独特の歩き方で
豊川稲荷から南4条通までを1時間半かけて ゆっくりと歩きます

それにしても‥高い

着物とかつらを合わせて30Kg
不安定な高下駄を履いて
暑い中 ほんとうにお疲れ様でした

P8040803.JPG

新造
P8040731.JPG

たくさんの写真を撮りました
1度に紹介しきれないので続きは次回に 



2016年8月 3日

ハンモック

午前中の涼しいうちに
気になっていた芝のエッジ部分をバリカンで刈った

細長くいびつな形をした我が家の芝は 結構手がかかる

昨日の暑さに比べれば幾分楽なのだけれど
作業が終わったときは 汗でぐっしょりと濡れていた


シャワーを浴びてさっぱりした後で

急に思い立って
物置の奥からハンモックを引っ張り出した

10年ぶりに見たハンモック

ベランダの物干しのフックに固定してみる

見た目にはよさそう


P8020052.JPG

真ん中に腰を下ろすと ハンモックが大きく揺れた

揺れが収まるのを待って 方向転換
背中を倒して 足を入れる

不安定にゆらゆらと揺れるハンモック
腰の位置を少しずらして バランスをとってみる

こんな感じかな

揺れは少しずつ小さくなったけれど
物干しのフックとフックの間が少し短いみたいで
結構 腰が沈んでる

思い描いていたのとちょっとちがうけれど
でも気持ちがいい


さわら おまえもおいで

P8020028.JPG

さわらは不安定なハンモックが苦手らしく
乗せても 乗せても すぐに降りる

P8020005-001.JPG

仕方がない
一緒に乗ろう

ほら 母さんのお腹なら安心でしょ


入道雲が もくもく~

P8020022.JPG

10年前 ハンモックは庭で揺れていた

気持ちよさそうに眠る夫の顔に 真っ赤な麦わら帽子
ツバの狭い 娘の麦わら帽子

あの帽子 どこに行っちゃったかな




2016年7月 5日

お詫び

カーディガンを羽織りながら
大阪や神戸の暑さを思い出しています


義理の母が亡くなったと連絡が入ったのは 6月最後の日の午後でした
慌てふためきながら飛行機のチケットを取り
翌日には神戸に向かいました

飛行機から降りた途端 むっとする湿気と暑さがまとわりつき驚きました
北海道には少ない南国のような暑さです


P6300164.JPG


久しぶりに会った義父はすっかり耳が遠くなっていました

気丈に振舞う分 義父の悲しみの深さが伝わってきて
少し苦しくなりました


初七日法要を済ませたあと
母のアルバムにジョンクレアの写真を見つけました

LUMIXで撮った 私の下手くそな写真でした

バラを買えないならせめて写真が欲しいと
義母に頼まれた記憶が蘇ってきました

お義母さん ずっと持っていてくれたんだな



※※※ ※※※ ※※※ 



3日後

戻って来た北海道は薄曇りで
半袖では少し肌寒いほどでした


きれいに咲いていた ポールズ ヒマラヤン ムスク は
風にお煽られ 雪のようにはらはらと散っていました

ポールズ ヒマラヤン ムスク
P6300225.JPG

戻る前日の夜中には 激しい雨が降っていたそうです

ぐっしょりと濡れた ラプソディー イン ブルー は
数個の花を残して散っていました

入れ替わるように
軒下のイングリッシュローズやオールドローズが開花
小さなマイガーデンも 時間と共に少しずつ変化していきます

P7040374.JPG

フランシス E レスターや

P7040415.JPG

ホワイト メイディランドは あっという間に満開に!

P7040452.JPG

フェルディナンド ピシャール
P6300186.JPG

アンジェラは盛りを過ぎましたが 遠目にはまだ大丈夫のようです

P7040387.JPG

マサコ
P7040389.JPG
P6300194.JPG

キャサリン モーレー
P7040336.JPG

メアリーローズ
P6300204.JPG

留守中 オープンガーデンをお休みしていました

楽しみにしていた花友との再会や出会いもキャンセル
せっかく訪ねてくださった方には 事前に連絡もできず
大変な失礼をしてしまいました

ほんとうに すみませんでした


わずかに残った庭の公開期間

帰宅してから大急ぎで庭の手入れをがんばり
なんとかお客様をお迎えできる体裁を整えました

お勧めは曇りの日ですが
これからはしばらく晴天が続きそうですね


P7040445.JPG

メコノプシス
P7040431.JPG

気温が少しずつ上がってきました
長袖シャツ1枚でちょうど良さそうな気温です

さあ 今日もがんばるぞぉ!



2016年6月23日

ちょっとだけお出かけ

車の中から 赤いポピーの群生を見つけました

細長い華奢な花茎と 薄い花が
風が吹くたび一斉に揺れます

右に左に 左に右に

しゃがみ込んで シャッターを切ります

P6230173.JPG

午後からちょっとだけお出かけ

久しぶりに 美味しいお料理を たらふく いただいて

P6230146.JPG

すっかり耳毛の短くなったエゾリスに 挨拶をしてきました

P6230203.JPG

緑の中の赤も色々ですね

ドキリとするような鮮やかな赤があれば

P6230169.JPG

くすんだ深みのある赤があったりして

薄っすらと向こう側が透けて見えた カエデの実
渋い‥

P6230131.JPG

見慣れぬクレマチスは とても渋い色をしていたけれど
可憐そのもの

渋くてかわいい
そんなのも在りなんだ

P6230145.JPG

こちらは青の群生
緑の中の青もいいですね

P6230133.JPG

いつもと違う景色がやけに新鮮に見えた
午後からのプチお出かけでした



2016年6月 8日

ひとりごと

ウトナイ湖の駐車場

出て行くときには気づかなかったけれど
隣の車に犬が乗っていました

ご主人を待っているのでしょう
窓越しに食い入るように外を見ています

今にも泣き出しそうな顔をしていました

P6070606.JPG


恵庭公園

丸いカツラの若葉に 陽の光が当たっていました

風で揺れる度 光の位置が変わります

ゆらゆらゆら
影の位置も変わります

P6060021.JPG

橋の下

頭の上を車の行き交う音が聞こえる 真っ暗な橋の下

ひんやりと肌寒い暗闇は 土とカビの臭いがします

暗闇の中に人影を見つけドキリ
こちらを見つめ じっと立ったまま動きません

息をひそめ ゆっくりと歩きます

手前に別の人の気配がしたと思ったら
数メートル先に土が飛んで来ました

子どもです

緊張がとけ 大きな声が出ます

「 土 投げないでね 今通るから 」
「 うん 」

半袖を着た少年が3人
川岸の斜面に座り込んで遊んでいました

月曜日の昼間
運動会の振り替え休日だそうです

少し離れて立っていた少年が
「写真を撮っているの?」と聞いてきました

「そうだよ」

カッコウをつけてシャッターを切ってみました

P6060061.JPG
P6060067.JPG


長都沼

あんまり天気がいいので 夕日を見たくなりました
傾いた陽の光が いつもの風景を変えます

P6050206.JPG

ポッポ ポッポ ポッポ‥
低いホルンのような鳴き声が 胸に響きます

P6050272.JPG


北大研究林(苫小牧)

川のほとりに カラマツソウを見つけました
白くて小さな線香花火

チリッ チリッ って音が聞こえてきそうです

P6070098.JPG

やわらかなシダの若葉が 伸びをしていました

う~ん!

P6070031-001.JPG

ミョーキン ミョーキン ケケケケケ‥

きれいに撮ってあげるから 飛ぶんじゃないよ
ねっ エゾハルゼミ君

P6070087.JPG

緑の中に浮き上がった 白い花と白い蝶

昔 旭岳で出会った賢そうな青年に
蝶と蛾の識別について尋ねたことがありました

蝶の数はしれているから名前を全部覚えればいいんだと
青年はいとも簡単に言ったけれど
昨日の夕食のメニューも思い出せない今の私にはとても無理

だから白い花と白い蝶
これで許して

P6070017.JPG

ぽわぽわのマガモの赤ちゃん

左上の隅に見えるのは 母さんガモのお腹
少し下に見えるのは 母さんガモの足です

P6070595.JPG

オープンガーデンが始まりましたが
ちょくちょく外に出ています

留守にしていたらごめんなさい

どうしてもと言う方はブログにコメントをいただければ
家に待機しておりますので気軽にお声をかけてくださいね

もちろん 庭の公開期間(6/4~7/8)は
私が不在でも庭の中をご覧いただけますのでご安心ください
( 駐車等 ご近所への配慮にご協力くださいね)




2016年3月29日

春がきた

春を探しに フィールドを歩いてきました

やわらかな春の陽射しの なんと気持ちいいこと

ヒバリのさえずり アカゲラのドラミング
トビの鳴き声さえ 楽しげに聞こえます


福寿草

P3270020.JPG

フキノトウ

P3290009.JPG


我が家の庭では ビオラが蕾をつけました
去年の秋にチューリップの球根と一緒に植えた 寄せ植えのビオラです

ユリ咲きの白いチューリップに合わせ
シックな黒い色を選びました

今年は株が元気です
チューリップの芽も出てきました

ビオラ

P3290011-001.JPG


昨日 ほとんどの庭木の冬囲いを外してやりました

フェチダスにかぶせていた鉢も そろりと取ってやります
ふにゃりとした弱々しい葉が寒そうです

フェチダス

P3290026-001.JPG

竹で囲った方のフェチダスは シャンとしています

フェチダス

P3290024-001.JPG


さて 前回の電気温水器の水漏れ騒動のその後

28日に業者さんのおかげで 無事に修理が終わりました
代用のパイプが上手く接続でき 温水器本体の交換を免れました

浴室の調整蛇口の取り替えも無事終了し ホッと一息です

修理翌日 洗濯機の蛇口から少量の水漏れがありましたが
これは栓が緩んでいただけだったので
固く締めなおして完了~(業者さんがやってくれました)


温水器の水漏れ
浴室の調整蛇口の故障
洗濯機の蛇口からの水漏れ
長靴の穴で靴下べちゃべちゃ事件

わずかの間に次々と起きる災難に少々嫌気がさしていますが
終わりよければ全てよし

ご近所さんの親切心や 業者さんの誠意ある対応には
心から感謝しています
ほんとうにお世話になりました

そして皆様にも
応援をありがとうございました~!


これで水漏れのお話は全て終わりです
‥終わりだよね?



おまけ

P3170138.JPG
あ~! 水が漏れてる (さわら)

こら 嘘つくな! (おまさ)



2016年3月25日

凍解(いてどけ)と温水器

朝方降ったのでしょうか
アスファルトに うっすらと雪が積もっています

でも こんなお天気も そろそろ終わり
これから一気に気温が上がり 北国にも春が駆け足で近づいてくるとか


日本各地で桜の便りが聞こえてくるようになりました


コサメビタキ  撮影 2013-5-22
P5224312.JPG

桜が咲く頃は庭仕事の1番忙しいとき

庭を眺め さあどうしよかと腕を組みます

粗方プランが決まったら
宿根草の株分けやら 植え替え 春の寄せ植え

お目当ての植物を手に入れるための ナーサリー通い

そうそう 肝心の土作りを忘れちゃいけませんね


この辺りの桜の時期は 例年通りだと5月の連休明けの頃ですから
まだまだ先のことになりますが

各地の桜の頼りに心躍らせながら
まずは雪が消え 地面のしばれ(凍結)がゆるむのを待ちます

杉苔
P3250019.JPG

チューリップの芽
P3250020.JPG

庭にると 時々ハクチョウの声が聞こえてきます

渡り鳥の動向を気にしつつ
浮き上がったゼニゴケを取るという
実に平和な時間を過ごしていたとき

突然それはやってきました

水漏れ‥

設置して18年になる電気温水器の本体下から
水(お湯)がポタポタと漏れているのです

P3250033.JPG

水漏れは恐ろしい‥
過去の惨事を思い出しプチパニックになりつつ
蛇口の下にたまった水を雑巾で拭きとり
ほくでんさんに紹介してもらった会社に急いで連絡をとりました
 
そうこうしているうちに
ぽたぽたと落ちていたお湯が細い糸のようになって落ち始めます
気が動転する私

電気機器メンテナンス会社からは
「伺えるのは夕方になります」 とのこと

「それまではどうしたらいいんでしょう?」
と食い下がる私に
事務の女性が「水の元栓を閉めれば水漏れは止まると思うんですけれど
元栓を閉めても トイレの水は出ますから」
とアドバイスをくれました

ところが すっとこどっこい!
肝心の水の元栓がどれか分からない
赤いのや黒いのやら バルブがいくつもあるし
壁の近くにはレバーみたいなのもある

試しに温水器の下の青い水栓を回してみたけれど
水漏れは一向に止まらない
これじゃないんだ‥

P3250040.JPG
途方にくれ思い余った私は
恥を忍んでご近所さんに助けを求めることにしました
 ピンポーン!

何?どしたの?

あのぉ~かくかくしかじかで‥

いいよ! いいよ!

かくして目出度く水漏れは止まり 業者さんの出番となったわけですが
事態は深刻です

なんでもパイプにピンホールがあって そこからお湯が漏れているらしく
部品を交換できればいいのだけれど
既に同じパイプは流通しておらず 温水器本体をまるごと取り替えるしかないとのこと
1番安い温水器でも25万円するというから 絶句です

「試しに来週 ダメ元でパイプの修理を試みようと思うけれど
それで上手くいくかどうかは分かりません」

すがるような思いで修理を依頼し 水漏れの始末を続ける私

あれっ?元栓を閉めて水漏れは止まったんじゃないの?

そうなんです
実は元栓を閉めると温水器本体に圧がかかってよくないのだそうで
相変わらず30分おきの雑巾絞りの日々が続いているのです

あ~ん 何処にも出られないよぉ~(号泣)



2016年2月 9日

寒さが緩んだ

寒さが緩みました

夜明け前
湿った重い雪が強風に煽られて飛んでゆきます

このまま降り続いたら 雪かきが大変だろうなぁ
と気を揉んでいましたが
昼前には強い風も雪もおさまり 青空が広がりました

積もった雪は8㎝ほど
大雪にならなくてよかった‥


ランブラーローズにぶら下がった氷柱を
ポキリと折って雪に刺してみます

P2090036.JPG

窓についた水滴は 気温が上がった証

ただ今の気温 3.9℃
さわら 今日は暖かいね

P2090008.JPG

さっぽろ雪まつりの雪像 大丈夫かな
 


 

2016年2月 7日

花氷

今日も冷え込みました

朝7時の気温は 氷点下19.9℃
まるで冷凍庫です


気温が低すぎたのが悪かったのでしょうか
それとも 水道水をそのまま使ったのがいけなかったのでしょうか

初めて挑戦した花氷は 透明度が今ひとつでした


失敗作
P2070017-001.JPG

きれいなお花だったのに ごめんね

P2070037-001.JPG

透明度の高い氷を作るには できるだけ不純物を除いて
時間をかけてゆっくりと凍らせるのがよいのだそうです

作る前にちゃんと調べておけば良かったな



※※※ ※※※ ※※※ 



毎日餌台にやって来る 番いのシジュウカラ

そのうちの1羽が
今日は姿を見せませんでした

昨日からひどく体調が悪そうで心配していましたが
今日は特別寒かったからなぁ


P2064112.JPG

もう1羽のシジュウカラが さかんに鳴いています
見えなくなったパートナーを呼んでいるのでしょうか


厳しい寒さも あと少し
もう ひと頑張りで 春がやってくるからね



2016年2月 2日

フローズン パンツ

アメリカで ジーンズを凍らせて遊ぶ
フローズンパンツ(Frozen Pants) というものが流行っているというので
試しにちょっとやってみました

今朝の恵庭島松の最低気温は氷点下11℃

昨夜からベランダに干してあったジーンズは
朝 バリバリに凍りついていました

とりあえず 庭で記念撮影

P2020026.JPG

一緒に凍らせていた厚手のロングTシャツを着せて カシャ!
シュールな映像‥

P2020048.JPG

暗闇の中でこれを見たら ちょっと怖いかもしれませんね

P2020028.JPG


おまけ

P1290115-001.JPG



2016年1月31日

犬ぞりレース

何年ぶりかで 犬ぞりレースを観戦してきました

雪を蹴散らしながら疾走する犬
かっこよかったな~

P1310725.JPG

必死の形相

P1310416.JPG

P1310627.JPG

レースの時とは打って変わって 物静かなわんこちゃん

P1310460.JPG

心を通わせる人と犬
素敵ですね~

P1310495.JPG


おまけ

P1310565.JPG
あたしは 見るだけ~





2016年1月27日

アイスキャンドル

北国の長い冬

寒い寒いと文句を言ってばかりではつまらないと
極寒の朝に始めたアイスキャンドルづくり

ところがその日を境に寒気が緩み
思うように水が凍りません

ベランダの物干しにぶら下げられた水入り風船は
お日さまが当たって眩しそうです


P1250001.JPG

どうやら吊るす場所を間違えたみたい

風船を吊るせる日陰は‥

ないな~

仕方ない
とりあえず ガレージ脇の雪の上に置いてみよう


P1260063.JPG

強い冷え込みとは言えませんでしたが
翌朝 いくつかの風船の水は ほどよく凍っていました

凍っていない箇所から水を出し
雫型のアイスキャンドルが出来上がりです
( かなり貧弱ですけれど‥ )


P1260072.JPG

底が不安定なので 雪の上に置いてみました

一回り小さくなったスノーマンは
気に入ってくれたでしょうか


P1260055.JPG

残りのアイスキャンドルが仕上がったら
中に小さなロウソクを入れてみよう

上手くいくといいな


おまけ

P1270030.JPG
アイスキャンドル 食べてみたいです



2016年1月15日

 Walking in The Air

絵本作家 レイモンド・ブリッグズ原作のスノーマン

映像化されて 今でもクリスマスシーズンにテレビ放送されたりしているけれど
私が最初に観たのは映画館だったような気がします

台詞もなにもないアニメーションで
美しい音楽と温かみのあるソフトな絵が印象的でした

特に Walking in  The Air  の調べにのせて
スノーマンと少年が夜空を飛ぶシーンは
映画を観終わったあとも長く心に残りました


P1140026-002.JPG


また雪が降ってきました

夜中 パジャマの上にガウンを羽織って
こっそりスノーマンの所に行けば
私もまた空を飛べるでしょうか




2016年1月12日

真冬日

最低気温が氷点下10℃を下回る 厳しい寒さが続いています

路肩に残ったわずかな雪が
とけないでいつまでも残っています

雪だるまを作ったら きっと長持ちするのだろうけれど
肝心の雪が見当たりません

ドカンと降らないかな
なんて言ったら不謹慎かな‥


P1029649.JPG

毎年 厳しい寒さがやって来る度
カメラをぶら下げ川縁を歩いたりしたものだけれど
年明けから体調が今ひとつで どうも調子が出ません


PC289505.JPG

こういう時は無理をしない方がいいのかな


立位前屈~

P1010048.JPG

少しずつ日が長くなってきました







2016年1月 8日

おとぎの国 その2

厳しい寒さが続いていますが 雪が降りません

乾いた道路や雪かきのない生活は快適そのものですが
むき出しの庭の植物達が少し心配です




さて 去年のクリスマス前に出かけた チョコレート ファクトリー
ずいぶん時間が空いてしまいましたが 続編をお届けしますね

今回は館内の様子を‥

と言っても 館内は暖を取るついでに駆け足でまわる程度のものだったので
見学したのはほんの一部

もちろん それでも十分楽しめましたけれどね


ちなみにこちらは キャンディーラボの様子です

PC230177.JPG

飴細工作りは時間との勝負
職人さんの無駄のない動きで 色とりどりの飴が組み合わさり
あっという間に美しい模様の塊になってゆきます

PC230410.JPG

まるで魔法のように飴ができていく様子を
子ども達は固唾をのんで見守ります

PC230337-001.JPG

太い飴の塊は 職人さんの手で引き伸ばされ
小さな機械を通り抜け
熱々のカラフルなキャンディーに仕上がります

美味しそう~

PC230367.JPG

こちらは見事な飴細工

PC230208.JPG



館内はとってもゴージャスで

PC230183.JPG

そして やっぱりおとぎの国

PC230186.JPG

おもちゃの博物館(無料)には
懐かしい玩具などがたくさん展示されていていました

PC230246.JPG

これは真実の口(笑)

ちょこっと手を入れてみたけれど何も起きず
油断をしていたら 
若い男性が手を入れた瞬間 恐ろしい音がしてドキリ!

そばにいた小さな女の子は
母親の手を引いて「帰ろう~!」と半べそをかいていましたが
父親は構わず手を入れようと ずんずん真実の口に近づきます

女の子は恐怖のあまり「やめて~!」と絶叫し
父親は笑いながら真実の口から離れました

PC230261.JPG

チョコレート ファクトリーはおとぎの国

PC230044.JPG

小さかったあの頃を思い出しながら
のんびりと時間を過ごすのも悪くないかもしれません




2016年1月 5日

夢の話

鳥見を始めた頃 空を飛ぶ夢をよくみました

助走をつけて勢いよく地面を蹴ると 体がふわりと浮き上がり
眼下に地上を歩く人の姿が見えました

鳥のように風をつかみ 空を自由に飛ぶことは
夢とは言え 例えようもなく楽しいものでした
 

ハイイロチュウヒ(メス)
P1039894.JPG

体の重いハクチョウは
飛び立つ前 大きく羽ばたきながらバタバタと走ります

夢の中の私も必死でした

上手く飛べない時は坂の上から走ったり
高い崖の上から飛び降りたり‥

どこか妙にリアルで
夢の中で 現実と夢の区別がつかなくなることもありました


P1039927.JPG

タカの仲間は飛翔能力に長けていて
美しい見事なフライトを見せてくれます

2日前の鳥見で ハイイロチュウヒ(タカの仲間)のメスに出会いました

風に乗って 草原の上を滑るように飛ぶ姿は
それは美しく 優雅そのものでした


P1039920.JPG

もう何年も空を飛ぶ夢をみていません

あの感覚をもう一度味わいたいのですが
どういう訳か私は飛べなくなってしまいました


目覚めるために夢を見るのだ
と言っていたのは レイモンド・カーヴァー
(間違っていたらごめんなさい)

夢をみるために 僕は毎朝目覚めるのです
と言っていたのは 村上春樹

 
私にとっての夢って何だろうな‥

ちなみに今年の初夢は ゴリラの群れに襲われる夢でした




2016年1月 3日

今年の抱負

年末 年始 雪かきらしい雪かきもせず
食べたり 飲んだり ぐうたらしていたら 恐ろしいことになっていました

PC300026.JPG
新年の抱負に毎年登場するダイエット

今年こそは‥と真剣に臨むのですが 
結果 2年連続の失敗となってしまいました

もしかしたら目標が立派すぎるのかもしれません

で 今年は目標のハードルを下げ

体重の現状維持と
毎日10分のカーヴィーダンス
これのみとしました

結果は1年後に~(笑)



おまけ

PC220032.JPG
見ているだけ‥




2016年1月 1日

ご挨拶

明けましておめでとうございます


P1010061-001.JPG
2016の始まりは 青空の広がる穏やかな日となりました


この1年が皆様にとって
平穏で喜びに満ちた年になりますように

さわら共々よろしくお願いいたします



2015年12月29日

ありがとうございました

今年も今日を入れてあと3日
時の過ぎるのは早いものですね

「花咲か日記」の更新も どうやら今回が今年最後になりそうです

振り返ってみれば この1年も色々な事がありました

私にとって一番の大事件は
なんと言ってもぽんず の誕生かな

P7240279.JPG
娘夫婦に授かった ぽんず姫

健康にすくすくと育ち 
私達はすぐに仲良しになりました



なつとの出会いも私にとっては大事件でした

P8190013-thumb-360x240.jpg
迷い猫だった小さな子猫は

良い里親さんに恵まれ
今 愛情たっぷりに育っています

そして嬉しいことに
里親さんにとっても
なつの存在が大きな支えになっているらしいのです
最高です


ウチで預かったとき なつは私にくっついて眠りました
温かくて やわらかくて
私は なつをもっと好きになりました

さわらも なつを好きになりました



今年は庭仕事を頑張りました

P7050101.JPG
それもこれも 腰痛が治ったおかげ

去年 庭で立ち上がれなくなったことも
今では懐かしい思い出です

ほんとうに健康ってありがたいですね



庭が育ち 昆虫や野鳥が増えてきたことも
強く印象に残りました

P6250109-thumb-240x180.jpg
マルハナバチがぶんぶんと飛び回り
エゾシロチョウがひらひらと舞い
スズメやシジュウカラがナツツバキの種子をついばむ

庭が自然の一部になったような気がして 嬉しくてたまりません
もちろんスズメバチやイラガは今も苦手ですけれどね



雄大な自然を求めて あちこち出歩いたことも
忘れられません

P9150371-thumb-540x304.jpg
生きていることが嬉しくなるような そんな時間をたくさん持てました



泣きたくなるような出来事もありました

P7050113.JPG
今年の秋 過去のほとんどの写真データが消えてしまったときは
正直 かなり落ち込みました

(ちなみに上の写真2・4・5枚目は
以前のブログの写真をコピーしたものです)

今年一番の失敗でした


でも元気なら また撮り直せばいい
そうだよね さわら

PC230015.JPG
その通りです
キッパリ!




最後になりましたが この1年
拙いブログをご覧いただきありがとうございました

温かなコメントやお手紙 カード
どれほど嬉しく どれほど勇気づけられたことか
感謝の気持ちでいっぱいです


どうぞお体に気をつけて よいお年をお迎えください

 

2015年12月24日

おとぎの国 その1

そこは おとぎの国のようでした

背高のっぽの時計塔

情緒たっぷりのガス灯

色とりどりのイルミネーションに

PC230444-001.JPG

ヨーロッパの街並みを思わせる美しい建物

PC230477-001.JPG

塔はからくり時計になっていて

毎正時になると

一輪車に乗ったタンチョウや 玉乗りをするオットセイ 牛に乗ったウサギ
小太鼓をたたくクマ  サッカーボールに乗ったドーレ君がパレードを始めます

そして どこからともなく飛んで来る無数のシャボン玉

PC230125.JPG

隠れていたシマフクロウがひょいと現れ 音楽に合わせダンスを始め

ルリビタキやシジュウカラも負けじと 自慢の美声を披露します

まるでカーニバルです!

PC230629-001.JPG

クマにペンギン ウサギ リス シカ

あ~ ピカピカやぽんずにも見せてやりたいな~

PC230500-001.JPG

窓ガラスに映った オーナメントの光や

PC230144.JPG

赤や黄色の雪だるま君

PC230521-001.JPG

時計塔とマッチした 白くまくんと青い電飾

夢がいっぱい詰まったお洒落な場所

ここはもしかして‥

PC230507-001.JPG

そうです ここは‥

PC230528-001.JPG

チョコレートファクトリー(白い恋人パーク)

PC230445-001.JPG

今日はクリスマスイブ

笑顔いっぱいの1日でありますように



2015年12月20日

もうすぐクリスマス

もうすぐクリスマス

小さな子ども達は 願いどおりのプレゼントが届くことを夢見て
いつもよりちょっとだけいい子になります

若いお父さんやお母さんは
サンタさんに教えられたように 子ども達の夢を叶える準備を進めます


少し大きくなった子どもは
家族のために知恵を絞ってプレゼントを用意します

それは なけなしのお小遣いで買った駄菓子だったり
クレヨンで描いた家族の絵だったりします

そして親はサンタさんの代わりであることを止め
それぞれが子ども達のために心を込めてプレゼントを選びます


みんな相手の笑顔を思い浮かべ
どうすれば喜んでもらえるだろうかと 知恵を絞りドキドキしながら贈り物を用意します


PC060210.JPG

でも もしかしたら

一生懸命いい子でいたのに
朝起きても枕元に何もない‥

そんな事があるかもしれません


もしかしたらプレゼントを用意したくても
そうできない事だってあるかもしれません


PC060215.JPG

サンタさん
どうかどうかお願いです

もし一つのプレゼントが届かなくても
子ども達のせいじゃないと伝えてください


みんな愛されているのだと

きっと伝えてください



メリー クリスマス
よい聖夜を!




2015年12月13日

師走

あれよあれよ言う間に 今年も残り2週間

気楽な1人と1匹暮らしとは言えども
そういつまでものんびりとは していられません

昨日は髪を染め ついでにチョキチョキと自分でカット

今日は洗車とお風呂の排水管掃除
それに年賀状の宛名書き(印刷)を済ませました

チビ達にクリスマスプレゼントの絵本を贈って
そうだ 写真の整理をちゃんとやっておかなきゃ!


という訳で 以前のように
気ままにふらりと鳥見に出かける余裕がなくなりました


しばらくはエゾリスともお別れ

PC086614.JPG

越冬翡翠(カワセミ)を追いかけたり

PC066541.JPG

岩の上に座って呑気にダイサギを眺めたり

PC127595.JPG

フクロウが目覚めるのを じっと待ったりするのも
お預けです

PC086716.JPG

家事 がんばろ~っと ♪

PC070454.JPG


おまけ

そんな事言ってても またすぐに遊びに行っちゃうんでしょ?

PC070003.JPG
見透かされている‥




2015年12月 7日

ホワイトイルミネーション

午前中いっぱい雪が降りました

降り始めふわふわだった雪は
昼前には湿った重い雪になりましたが
午後からはいいお天気

青空の下の雪かきは なかなか気持ちいいものです

運動には 半日くらいの雪がちょうどかもしれません




昨日もまずまずのお天気でした

お天気がいいとじっとしていられない私

午前中はウトナイ湖周辺でマヒワ探し
午後からは 札幌大通り公園でホワイトイルミネーションの鑑賞と
50代にしてはちょっぴりハードな1日を過ごしました

でも出かけてよかった‥

リニューアルしたホワイトイルミネーション
きれいでした

PC060400.JPG

こちらは以前と同じ
美しい~

PC060284.JPG

開催中のミュンヘン・クリスマス市も たくさんの人で賑わっていましたよ
期間は11/27~12/24までだそうです

PC060262.JPG
PC060303.JPG

かわいいオーナメントや お洒落な雑貨がずらりと並び
見ているだけで幸せになっちゃう

PC060226.JPG

PC060199.JPG

PC060412.JPG


PC060272.JPG


PC060268.JPG

美味しそうなソーセージや厚切りのベーコンの焼ける匂い
たっぷりとエビの乗ったパエリア
美味しそう~

夢中で写真を撮っていたら
お店の中から片言の 「いいね~」 という大きな声

背の高いハンサムなおじさんが ニコニコしながらこちらを見ています
(こういう場所で望遠レンズつけてる人 珍しいですものね)

シャイな私は急に恥ずかしくなって
微笑を返したあと 人混みの中に逃げ込みました

PC060255.JPG

みんな幸せそうに見えました

PC060418.JPG

とても幸せそうに見えました

PC060350.JPG

サンタさん サンタさん
この幸せがいつまでも続きますように

PC060203.JPG



おまけ

PC020061.JPG
サンタさん ちっちゃい‥



2015年11月23日

ぶどう

最近 カリフォルニア産のぶどうにハマっています
皮ごと食べられる種なしぶどうです

写真のぶどうはオータムキング
パリッとした皮と ほどよい甘味のジューシーな果肉
くせになる味です

PB230019.JPG

先日 このぶどう目当てにスーパーに行きました

そろそろ店頭に並ぶのも終わりかな
まとめて2パックくらい買っておこうかな~

なんて考えながら 売り場で品定めしていたら

別のお客さんの手が伸びてきて
透明フィルム(シート)の隙間から
直にぶどうを指で モミモミ モミモミ

ぶどうは 売り場に残りましたが
どうしてもそのぶどうを買う気持ちにはなれませんでした



しばらくして そのお客さんが
母親らしき老婆に寄り添って歩いているのが見えました

背中に手をやって 労わるようにゆっくりゆっくり歩いています

優しい思いやりのある人だったんだ‥


きっと自分勝手な人なんだろうな~
なんて思っていた自分が
とても 恥ずかしくなりました


ぶどう 洗えばいいだけだったのにね




2015年11月21日

なす子さんとかぼどん

近所に お気に入りの豆腐屋さんがあります

コクがあってとっても美味しいお豆腐を売っています
ゆばやお惣菜 できたての豆腐アンパンやドーナツもなかなかです


店の入口付近には お客様を出迎えるため
「かぼどん」と「なす子さん」が待ち構えています

いらっしゃい
お待ちしてました!

新人 かぼどん
PB190004.JPG

なす子さんの顔の横にはメモ書きが‥

寒くなってきました
私もそろそろお店に入りますネ
みなさん また来年


遊び心満載ですね

お顔がすっかりシワシワのなす子さん
長い間 ご苦労様でした

PB190005.JPG

お豆腐屋さんの名前は 豆てっぽう
住所は恵庭市戸磯201-18(山口食品)
 
年中無休 10:00~17:00の営業です 

PB190001.JPG


おまけ

wn1447460175369_20151120172918.jpg
ひいおばあちゃんとあたしのお手て
(撮影 ぽんずの母)



2015年11月18日

断捨離

物のない時代を生きたせいでしょうか
亡くなった父も 年老いた母も 物を捨てることが苦手です

使わない物があふれる実家で
少しばかり片づけの手伝いをしてきました

これは〇〇さんに戴いたものだから‥
それはいつか使うかもしれないから‥
勿体ない まだ新しいのに‥

なかなか物を減らすのは難しいです


自宅に戻って 私も家の片づけを始めました

PB170030.JPG
着なくなった洋服
使わない小物

山のような本

亡くなった夫は物欲の少ない人でしたが
本だけは別でした

ずしりと重い専門書が 2Fの本棚にぎっしり
本の重みで床が抜けるんじゃないかと
本気で娘が心配していたものです


夫が亡くなって8年
今まで何度となく本の処分をしてきました
それでも誰にも読まれることのない本がまだまだあふれています

多くの本には 付箋がついていたり アンダーラインが引かれていたりして
本には夫の想いが詰まっています

本棚から抜き取ったり 戻したり

え~い! 子供達に迷惑をかけないためだ


スズランテープで本を縛ります

ご苦労様
今まで本当にありがとう



おまけ

PB110347.JPG
お化粧~



2015年11月 1日

ときめき

昨日は暖かな日でした

朝から昼の3時過ぎまで しゃかりきになって庭で働きました

ひと休みして外に出ると
西に傾いた太陽が見えました

昼間は直視できない太陽の輪郭が くっきりと浮かび出ていました
それは完璧な球体で
圧倒的な美しさと神々しさをもって私に迫ってきました


胸がどきどきとしました


朝焼け
PA190001.JPG

雑木黄葉

燃えるような紅葉もいいけれど
素朴な雑木の重なリ合う黄葉に心惹かれます

きれいに撮ってあげたいな

思いを込めてシャッターを切ります

PA060108.JPG

銀扇草(ぎんせんそう)にできた果実は
薄っぺらで まんまるです

薄茶色をしていた果実は
種と共に果皮が剥がれ落ち
日に当たってきらきらと光ります

それは まるでお月さまのようです

銀扇草 ( ルナリア、合田草 )
PA290031.JPG

今日もいい日でありますように



2015年10月30日

ハロウィン

明日はハロウィン
あちらこちらの玄関に くり抜いたカボチャが置かれています
ジャック オー ランタンというのだそうです

怖~い顔を作り 悪霊を追い払うためにハロウィンの晩 戸口に飾るのだとか

暗闇に光る怪しげな光と影
面白そうです

小さい子供がいれば きっと私も作っただろうな~

PA290009-001.JPG
節分の豆まきは人気が今ひとつだけれど
ハロウィン人気は年々高まる一方です

今の時代に合っているのかもしれませんね


ねぇ さわら
アメリカではハロウィンに小さい子が魔女やお化けの恰好をして
近所の家をまわってお菓子を貰うらしいよ

おまえはどうみても魔女にもお化けにも見えないけれど
かわいいから特別にカリカリをあげようか?




2015年9月29日

ピンチです

今朝は冷え込みました

最低気温は一桁
もう毛布1枚じゃ風邪を引きそうです

エゾリスの耳毛も少し伸びてきました
生きものは冬に向かって 着実に準備を進めているようです

P9230116.JPG

昨日写真の整理中
外付けハードディスクの調子がおかしくなってしまいました
ピンチです!

写真は全て このハードディスクに保存しています

ちなみにエゾリスの写真は
デスクトップに作ったフォルダー内に保存してあったわずかな写真のうちの1枚
(800ピクセルの縮小版ですけど)

昨日は珍しく眠れませんでした
がんばっておくれ BUFFALO



2015年8月30日

ひまわりの季節

ひまわりが咲いています

ちょっぴり大人しく見えるのは 曇り空のせいかもしれません

ひまわりには 元気いっぱいの青空が似合います

眩しい太陽に目を細め 汗をかきながらシャッターを切る
そうしないと ひまわり本来の魅力が写しだせない気がします

P8270098.JPG

ひまわりは夏を象徴する花

でも北海道に移り住んで その自信が揺らぎつつあります

既に秋の気配が漂い始めている北海道

子供達の夏休みは2週間も前に終わり

気の早い鉢植えのブルーベリーの葉は真っ赤っ赤

P9010010.JPG

きのこがにょきにょきと顔を出しています

P8300494.JPG

睡蓮は夏の花?

P8300566.JPG

コスモスは秋の花?

P9010014.JPG


私のへなちょこな頭は 時々混乱するのです
ひまわりは 夏の花でいいんだよね



おまけ

P8280139.JPG
眩しい‥



2015年6月11日

ヒスタミン

6月2日 夜

寒気がした
少しムカムカするような気もするが
毛布を手繰り寄せて無理やり目を閉じる

やっぱり寒い
それでも片付けたばかりの冬布団を出すのは億劫だった
身を縮め すっぽりと頭ごと毛布の中にもぐり込んだ


P6050019.JPG

いつの間にか眠ったらしい

強い吐き気で目を覚ましたのは
ベッドに入ってほんの1時間足らずのことだった

小走りでトイレに向かう
吐くと少し楽になったような気がした

このまま朝まで眠れるといいんだけれど‥

ベッドに戻り目を閉じたが
10分も経たないうちに あの強烈な吐き気が襲ってくる

そしてまたトイレ
さわらが 何事かとベッドの上で立ち上がる

吐き気は朝まで続いた

目じりに溜まった涙を拭いながら
まいったなぁ‥ と 一人つぶやく

P6110004.JPG

激しい嘔吐は翌朝には治まったが
下痢はしばらく続き ちゃんと庭に出られるようになったのは3日後だった


P6110097.JPG

体力の回復が十分でないことは分かっていたので
くれぐれも無理のないようにと 自分では気を付けていたつもりだった


P6110064.JPG

でも それも最初の一日二日

何事もないことが分かると
いつのまにか 時間を忘れて庭仕事に没頭するようになってしまった

アホな私



6月8日

早朝 突然それはやってきた
身もだえするような激しい痒み

服を脱ぐと 手足に無数の湿疹ができている
うわぁ~ 気持ち悪い~

盛り上がった小さな赤い湿疹は 時間の経過とともに膨れ上がり
やがて湿疹同士が融合していく

何十年ぶりだろう
こりゃ 蕁麻疹だ!

きっと体力が落ちているのに 無理をしたせいだ


蕁麻疹は出ているときは地獄だけれど
消えてしまえばなんてことはない

大人しくしていれば 直に治るだろうと
その時はそれほど深刻に考えていなかった


6月 9日

ところが
翌朝もまた 同じように蕁麻疹が出る

おかしい‥

激しい痒みと 薄気味の悪い自分の手足を眺めながら
心まで暗くなってしまう

若い頃 海やプールで体が冷えるとよく蕁麻疹が出ていたけれど
まさか この時期に寒冷蕁麻疹?

まっ 取りあえず試してみよう
ストーブをつけて しっかり着込んで‥
さあ どんなもんだ!
これで明日はスッキリだ~


6月10日

翌朝 起きてすぐに熱いシャワーを浴び 事態は悪化

足に出ていた湿疹がやっと消えたと思ったら
次は手 足の裏 腕 お腹と
蕁麻疹は次々と場所を変え 容赦なく襲いかかってくる


さすがに これには参った

で スズメバチに襲撃された時以来6年ぶりに
皮膚科を受診することに

P6110001.JPG

先生曰く

慢性化を防ぐためにお薬を出しておきましょう
5日分ありますから 症状が出なくなっても全部飲みきってください 

貝類や青魚 トマトや長芋は ヒスタミンをたくさん含んでいるから
食べないでください

しめつけるような服装は避けてください
刺激になって蕁麻疹が出やすくなります

それから 熱いお風呂もダメですよ
やはり蕁麻疹が出やすくなりますから


ストーブつけて 熱いシャワー浴びて
ぎゅうぎゅうのガードルをはいていた私って‥


 
教訓

どんなに愉しくても 無理は厳禁
素人判断で いいかげんな療養は止めよう




2015年5月17日

宙玉

シャボン玉に閉じ込められた草花が
ふわふわと空中を漂っているような不思議な写真

何 これは?

これ?
これは宙玉(そらたま)レンズを使って撮った写真だよ

ちょっと面白いでしょ

これは アエゴポデューム
P5170006-001.JPG

こっちは アスチルベ
P5170052-001.JPG

マイズルソウ
P5170013-001.JPG

ホスタ
P5170011-002.JPG

ビオラ
P5170064.JPG

そして花友の庭に咲く 満開のシバザクラ
P5170046-002.JPG
P5170048-001.JPG
何だって閉じ込められる


ポテトチップスの空き箱でできた宙玉レンズ
道行く人が訝しげにこちらを見ているのが分かったけれど
でも そんなの関係ない ♪

こう見えてすごいレンズなんだよ
だって こんな写真が簡単に撮れちゃうんだから



おまけ

P5170075-001.JPG
出してにゃん




2015年5月 6日

おばさん

久しぶりに降った雨で
カスカスだった芝生がふんわりとしました

間違って踏みつけてしまったエリンジュームにも
ついに若葉が出てきました

雨の力ってすごいです

ホスタの葉の先には 玉のような雫がつきました

ホスタ
P5050021.JPG

シダ
P5050074.JPG

雨上がりの朝は
いつもの庭が少し違って見えます

P5050059-001.JPG
P5050048.JPG

この日
一昨年に植えたミヤママタタビの葉の一部が
ちゃんと白くなっているのに気づきました

ひゃっほう~

去年はどうしたわけか葉が全部緑色で
ひどくがっかりしたのですが どうやら大丈夫のようです

P5060051-001.JPG


※※※ ※※※ ※※※ 



昨日 彫像を購入しました
20Kg 前後はあろうと思われる 重~い彫像です

2,000円の配達料を倹約するため
マイカーに積んでもらったはいいものの
果たして自分で車から下ろして庭まで運べるかどうか‥

一抹の不安を抱えながら帰宅いたしました

P5060019.JPG
庭に車を横付けし さてどうするかと思案していると‥

おや そこに居るのはお巡りさんじゃないの

そうだ お巡りさんは市民の味方
困った市民を見れば きっと力になってくれるはず

でも‥できない そんなこと

じゃあ自分1人で頑張る?
また腰を痛めるかもしれないよ‥

ええい ままよ!

こんにちは~
おまわりさんですか?
( 今思うと かなり変な質問 )

こんにちは
そうです

あのぉ こんな事をお願いしていいのかどうか分からないんですけど
今 とても困っていまして
助けて戴けるとありがたいんですが

実は かくかくしかじかで‥

あぁ いいですよ

というわけで 私とお巡りさんは
プチプチ(気泡入り緩衝材)にぐるぐる巻きにされた彫像を
仲良く抱きかかえ 庭に運んだのでありました


しばらくして近所の花友が
ねぇ ま〇ちゃん
さっきお巡りさんと一緒に 何か持って庭に入って行かなかった?

事の顛末を話す間中 花友はずっと笑っておりました

若くて背の高いハンサムなお巡りさん
きっと一生このブログをご覧になることはないと思うけれど
その節はホントにお世話になりました



おまけ

P4290159-001.JPG
うわっ 見てられない
(こそこそ)



2015年5月 4日

思い出

雨が降っています
久しぶりの恵みの雨です

庭は潤い 植物は活気づいています

雨上がりの庭を歩くのが愉しみです

芽吹き始めたホスタの先端や
アルケミラモリスの葉にできる玉のような雫

雨でガラスのように透き通るらしいサンカヨウの花

明日の朝が待ちきれない気分です

ツルアジサイ
P5030038.JPG

3日ほど前 恵庭公園で桜を撮りました

P5010052-001.JPG
満開の桜でした

桜は私にとって ずっと暮らしの一部でした
夏に海で泳いだり 秋に紅葉狩りをするのと同じように
春のお花見はなくてはならないものでした

P5010081-001.JPG
桜さん 桜さん

ありがとう

P5010091-002.JPG

ありがとう

P5010093-001.JPG

たくさんの思い出を ありがとう

P5010078-001.JPG

女子高生のみなさん
先日は快く写真を撮らせてくれて ありがとうございました

お言葉に甘えブログに写真を使わせて戴きました

これからも桜の下
いい思い出をいっぱいつくってくださいね





2015年4月 9日

ダメな日

ここ数日寒い日が続きました

今日の最低気温は氷点下6.6℃
冬に逆戻りしたような寒さです


夜明け前(午前4時30分) 窓を開けて写真を1枚撮りました

夜と朝の境界線
見飽きることのない美しい時間です

P4090025.JPG

庭仕事には寒すぎると 朝は恵庭公園を散策することにしました

歩く度 霜柱がザクザクと音をたて崩れていきます

P4090034.JPG

アカゲラのドラミングの音が森に響き渡ります
ドドドドドド‥

ミソサザイの力強いさえずりに胸が高鳴ります

落ち葉を押し上げ出てきたアズマイチゲには
かわいらしい花がついていました

寒さなんてへっちゃらだ
そんな声が聞こえてきそうです

P4090090.JPG
公園ですっかり癒された私
少なくても車に乗り込む少し前までは とても幸せでした



※※※ ※※※ ※※※ 



たっぷりの陽射しで 日中は8℃を超す暖かさとなりました
こうなるとじっとしていられません

ブラッシュノアゼットを誘引し
広がり過ぎた斑入りクサヨシを抜き

小さな鉢に ビオラとスイートアリッサムを植えてやりました

P4090171.JPG
P4090157.JPG

ブラッシュノアゼットを誘引するとき
不注意で太い枝を 付け根からポキンと折ってしまいました

そのうえ足元に植えてあったエリンジューム(アルピナム)の新芽を
踏んづけ ぐしゃり!

なかなか市場に出てこない品種なのに‥トホホです


斑入りクサヨシを抜くときには
間違ってお気に入りのスミレをザクリ!


ついでに告白すると
恵庭公園から引き上げるとき
肩にかけたカメラがずれて 車にゴン!

あ~ 傷が!傷が!
カメラは 大丈夫かぁ~?


次から次へと失態を繰り返した私
もう今日は何もしない方がいいかもしれません
早く寝よ‥

こういうことって ありますよね?
もしかして私だけ?



おまけ

P4070013.JPG
どんまい~



2015年4月 5日

晴れるといいな

昨日の夜は 部屋から月を眺めました

窓を開けると さわらが飛んで来て
「 何だ 何だ 」 と外を覗き込みます

「 落ちないでよ 」

ひんやりとした空気が 暗闇から流れ込みます

「 まんまるのお月さまだね
これからだんだん欠けていくんだよ」

「 寒いね 窓閉めようか‥」

P4040065.JPG
肝心の皆既月食の写真の出来は今ひとつ
まだまだ修行が足りません



今日は風が強くて 庭仕事を諦めました
陽射しもあまりなく クロッカスの花は閉じたままです

寄り添って寒風を凌いでいるようなクロッカス
明日のお天気はどうなんだろうね

P4050088.JPG

雪の下で越冬したビオラとチューリップの寄せ植え
こちらは順調です

チューリップの芽がぐんぐん伸びて ビオラも花を咲かせ始めました

P4050081.JPG

しとしとと雨の降る音が聞こえてきます

伸び過ぎたミヤママタタビのツル カットしなきゃなぁ
明日 できるかな‥



おまけ

P3280064.JPG
あたしも またお外で遊びたいです



2015年4月 3日

お返事

出席をとります

今から名前を呼びますから
みんな元気にお返事をしてくださいね

シマリスちゃん

P3290165.JPG

はい ♪

P3290164.JPG

なきうさぎちゃん

P7130180.JPG

はい!

P7130189.JPG

さわらちゃん

P3180143.JPG

ひょい

P3180142.JPG

あら お返事が聞こえませんねぇ
さわらちゃんは居ないのかな?


あ~い!

P4010002.JPG

小さい頃 私は大きな声で返事ができませんでした
精一杯声を出したつもりなのに 声はかすれ 聞き取れないほど‥

気弱な子だったから きっと緊張し過ぎていたんですね


もうすぐ入学式です

真新しいランドセルを背負ったちびっこ達
大きな声で返事ができなくても大丈夫だよ
そのうち 「 うるさいなぁ 」 なんて言われるようになるかもしれないからね




2015年1月 9日

モノクローム

雪で景色が一変しました

目の前には 白と黒の墨絵のような世界が広がっています

静寂に包まれた庭園は
まるで時間まで止まってしまったようです

P1090017.JPG

ナナカマドの実や

P1090026.JPG

除雪道具

P1090010.JPG

信号の赤い色を見て ちょっとホッとします

P1090038.JPG

雪に覆われた世界は例えようもなく美しいけれど
どこか不思議で 少し怖い‥



出かける時止んでいた雪が また勢いよく降り始めました
急ぎ足で家路に向かいます


除雪をしていたご近所さんが 声をかけてくれます

「何? こんな雪の中を カメラ持って?」
「出た時は晴れていたんです」
「あははは!」

私もつられて笑います

ご近所さん ナナカマドの実と一緒だ‥

玄関を開けると さわらが頭をこすりつけてきます
「 ただいま さわら 」





2015年1月 6日

雨のち雪


凍えるような寒さが続いていたと思ったら 今日は気温が急上昇
朝から雨が降っています
強い南風と横殴りの雨 荒れた天気です

このあと気温が下がリ 夜になると南風は北風に
雨は雪に変わるそうです

PC220030.JPG

今シーズン 私はまだちゃんとした雪かきをしていません
雪の量が少ないのです

腰に不安を抱える私としては大変助かっているのですが
庭の植物が少し心配です

雪は植物を寒さから守ってくれます
むき出しのフッキソウやフェチダスは
気温が下がる度 葉を丸め じっと寒さに耐えています 
常緑の植物にとっては試練のとき
みんな がんばっておくれ~


明日の恵庭は1日雪の予報です
植物にとっては恵みの雪となりそうです


P1050012.JPG

ただ 植物にとっては恵みの雪でも
人にとっては侮れない雪

風は今日より強くなるとか‥
どうか皆さん くれぐれもお気をつけて




2015年1月 4日

2015年 抱負


明けましておめでとうございます

昨年はブログをご覧いただき ありがとうございました
今年もさわらと一緒に いっぱい笑って過ごしたいなぁ と思っています

どうぞよろしくお願いいたします

P1030041.JPG
年が明けてから寒い日が続いている恵庭です
昨日は今シーズン一番の冷え込みとなりました

山も川も大地も空も 何もかもが凍りついて
まるで氷の国にいるような気分です


葉を落とした広葉樹には 美しい氷の花が咲きました

P1030145.JPG

拡大してみると こんな感じです

ちなみに写真の鳥は スズメ目アトリ科の「シメ」
家庭の庭でもよく見られる鳥です

P1030152.JPG

枯草も氷のデコレーションでグレードアップ♪

P1030162.JPG

さて 恒例の年頭の抱負を‥

去年は何度も風邪を引き ぎっくり腰でも苦労しました
しかも体重はうなぎのぼり‥

で 今年の目標はシンプルに 
「丈夫な体をつくろう」にいたしました

食生活の見直し
うがい手洗いの励行
規則正しい生活
適度の運動

風邪を引かないよう
太り過ぎないよう
ぎっくり腰にならないよう

今年こそ地道に頑張ろう~

その前に まずは今の風邪を治さなくっちゃ‥(汗)



おまけ

本年もよろしく
P1040048.JPG
お願い申し上げます
P1040050.JPG


2014年12月31日

ゆく年

2014年も残すところ わずか数時間となりました

ずいぶん昔のことのような気がするけれど 
娘が嫁いだのも 息子夫婦にピカピカが生まれたのも今年のことでした

人生初の車中泊をしたり 腰を痛めて動けなくなったのも今年
ともかく色々あった1年でした


霜の花 (恵庭駅)
PC270003.JPG

今年最後のイベントは子供達との忘年会
場所は千葉にある娘夫婦の自宅です

さわらに留守番を頼み
年末 2泊3日で行って来ました



下の写真は葛西臨海公園の鳥類園から撮りました
えっ 忘年会のはずが もしかして鳥見?

そうなんです
実はこれ婿殿と娘からのプレゼント
近くに鳥見のできる所があるからと わざわざ車で連れて行ってくれたというわけでして‥
ホント泣けてきます


対岸に見えるシンデレラ城
PC270050.JPG



翌日は息子夫婦とピカピカも娘の家に泊りました


ずっしりと重くなったピカピカ
気合を入れて抱き上げました

おぉ‥予想以上だ


ピカピカはよく笑います
きゃっきゃと笑うピカピカにつられて みんなも笑います

みかんを食べるとき 顔を小刻みに震わせます
それが可笑しくてまたみんなで笑います

PC290343.JPG

夕食は わ~わ~言いいながら 脂の乗ったブリのしゃぶしゃぶや手巻きずしを戴きました


PC280291.JPG
PC280290.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北海道に戻る日 娘がバス停まで見送りに来てくれました
座席に座って窓の外を見ると もう帰ったと思っていた娘の姿が見えました
昔 空港に見送りに来た夫が 私が見えなくなるまでずっとこちらを見ていたことを思い出しました

 
家に戻ると 玄関でさわらが出迎えてくれました
顔を足にこすりつけ ゴロゴロと喉を鳴らしています
いい子だ いい子だ

PC080169-001.JPG


最後に 今年1年稚拙なブログをご覧戴きましたこと 心よりお礼申し上げます
皆様にとって新しい年が 実り多い素晴らしい年となりますように‥



2014年12月24日

メリークリスマス

昨日 何年かぶりに 
ミュンヘン クリスマス市(札幌)に行ってまいりました

最高気温が氷点下の真冬日ということでしたが
風がなく観光にはもってこいの日

覚悟していたツルツル路面もそれほどでなく 
店頭に並ぶ商品をきょろきょろと眺めながら クリスマス気分を満喫してきました

PC230077.JPG
それにしてもこのサンタ人形 クオリティー高くないですか?

PC230085.JPG

ガラス細工のクリスマスツリー
ツリーを飾るお洒落なオーナメント‥

わくわくするような商品がこれでもかと店頭に並び
自制心のない私は 物欲を抑えるのに苦労しました

PC230100.JPG
この日のイベントは2回
出演者はサッポロ・ジャズ・クワイヤ と NATUKI VOCAL SCHOOL
のびやかで美しい歌声が 会場を満たします

私も 目立たぬ場所で密かにくねくね‥

PC230042.JPG

とあるお店で ガラス細工の素敵なサンタさんを見つけました
背の高いスマートなサンタさんです

光に透かして見ると ほんのりと赤みが増しなんともいえません
ボディーが スノードームのようにキラキラと光っています

お値段は‥う~んちょっと高い
で 勇気を出して値切ってみました

やってみるものですね
2割引きの値段になりました

じゃあ帰りに寄りますから
完全に物欲に負けた私は 売り場のお姉さんと口約束をして
一旦その場を離れることにしました

PC230128.JPG

午後4時半
電飾に光が灯ります

PC230320.JPG
PC230389.JPG
PC230250.JPG
PC230437.JPG
ホワイトイルミネーションは 相変わらずきれいでした
ただ 愉しみにしていた「クリスマスツリーとサンタと雪だるま」が見当たりません

そう言えば スズランもない‥
ずいぶん規模が小さくなっているんだな

よく見ると 街灯がついているのは片側だけです
そうか 市も節電を頑張っているんだ‥


私も頑張ろうっと ♪
 
PC230379.JPG


よし あのノッポサンタを買いに行こう!

確かこのお店だったはず
あれっ?

すみませ~ん
さっき 帰りに寄るからって約束していた者なんですけれど

あぁ あれね 2体とも売れちゃいました
完売で~す


へっ‥そうなんですね



何はともあれ 
皆様 よいクリスマスを!

PC230109.JPG





2014年12月19日

年末

今年も残りわずか

クリスマス 忘年会 大掃除 年賀状‥
街を歩く人の姿も どことなく気忙しく見えます


鳥見三昧だった私も ここにきてそろそろ焦リ始めました


やるか!

まずはお風呂の排水溝を掃除して
ついでにキッチンのシンクをきれいにしましょう~
クエン酸!クエン酸!

PC190009.JPG

よ~し エンジンがかかってきたぞ ♪

この勢いで換気扇もやっちゃおう
熱湯をジャーッっとかけて‥ うん いい感じ

きれいになると やっぱり気持ちがいいね




さあ 年賀状も仕上げちゃうよ!

PC180015-001.JPG
切手を貼って
「年賀」のスタンプを押してっと‥
ふぅ 完成~

さわら~ 乾くまで絶対に触っちゃダメだよぉ~!



お腹が空いたと思ったら もうお昼じゃない
ランチ ランチ~♪

タルタルソースは‥あぁ あった!
あれっ 残り少ないね

でも 大丈夫
こういう時はね こうやって思いっきり振り下ろすと‥

PC190004.JPG

ひぇっ!

PC180009.JPG




おまけ

PC180007-001.JPG
そこの年賀状にソースついてるよ‥


2014年12月18日

爆弾低気圧

現在暴風雪警報の出ている恵庭ですが 今のところ雪はほとんど降っていません
風も思ったほどではありません

一昨日の夜は横殴りの雨(みぞれ)が激しく窓を叩き 
「これは用心しなくちゃ」 と身構えていたのですが

昨日(12/17)の朝は 青空が広がり風もありませんでした

PC170148.JPG

予報でも午前中はまずまずのお天気だったので
これなら大丈夫と
諦めていた鳥見に出かけることにました

と言っても 遠出は危険
鳥見先は恵庭市内です

PC160068.JPG

市内を流れる漁川(いざりがわ)のほとりで オジロワシに出会い

PC170112.JPG

小走りに道を渡って行くキタキツネや
ナナカマドの実をついばむツグミを愛でて
この日の鳥見は早々と終了



昨日午後4時
ブラインドの間から赤い光が漏れてきます
外を覗くと 西の空が赤黒く焼けているのが見えました

美しいけれど 何処が落ち着かない
嵐の前を予感させるような焼け方です

PC170053-001.JPG
道東が心配です

大雪で動けなくなっている方 いらっしゃるんじゃないでしょうか
停電になったお宅も多いと聞きます

みんな 大丈夫かなぁ‥




おまけ

PC150080.JPG
どうか みんなをお守りください




2014年12月10日

故郷


早く涼しくならないかと 扇風機の前でため息をついたのは
つい最近のような気がするのに
今はストーブの前で暖かくなるのを待ち望む毎日

時間が過ぎるのが早いな‥

PC090042-001.JPG

先日降った雪は 翌日になってもふわふわのままでした

きめの細かい かき氷のように 軽~い雪です
息を吹きかけたら簡単に飛んでいっちゃう

きっと気温が低いせいですね

PC080248.JPG

故郷に降る雪は 翌日にはほとんど とけてしまう
水分をたっぷり含んだ重い雪でした

北海道に移り住んで間もない頃は とけない雪が珍しくて
いい大人が雪が降る度わくわくしたものです

箒で雪が掃けるなんて夢のようだったし
握っても握っても雪がほろほろと崩れて 雪玉が作れず驚いたり‥

そうそう 北国には夏靴と冬靴というくくりがあるんですよ
ノーマルタイヤやスタッドレスタイヤよりも 夏タイヤ冬タイヤ 
雪道ではなく冬道

ちょっと脱線するけれど お花見はお弁当でなくジンギスカンだったり
お赤飯に甘納豆が入っていたり
‥脱線し過ぎですかね

ともかく驚くことが多かったんです
でも一番びっくりしたのは スケールの大きさですかね
とにかく広い
そして美しい

P1063222.JPG
(過去の写真を使用)


夫が亡くなってしばらく 私は毎日のように森や川縁を歩きました
ただただ歩きました

北の大自然はありのままの私を受け入れ 包み込み 
固くなった私の心を ゆっくりととかしてくれました

私の故郷は二つあります

一つは穏やかな瀬戸内に
一つは雄大な北の大地に




2014年12月 3日

意志薄弱

オール電化の家で、まさか石油ストーブのお世話になるとは思っていなかったけれど、
使ってみるとこれがなかなかのもの。

暖かいのはもちろん、お湯だって沸かせるし

PB280008-001.JPG

最上級の焼き芋が簡単に作れちゃう。
これ、美味しいよぉ~。

バターといきたいところだけど、ここはちょっと我慢。
カロリーオフのマーガリンをつけて
ほふほふほふ。

PB260016-001.JPG

お餅を焼いてみたら、またこれが美味しいのなんのって‥。

外はカリカリ、中はもっちり。
お~、伸びる、伸びる。

PC030019.JPG

ただ、問題がひとつ。

私、最近怖くて体重計に乗れないんです。(汗)



おまけ

PC030007.JPG
やはり今年も
目標、達成できそうもありませんね。



2014年12月 2日

井戸端会議

雪が降り始めました。

朝から気温が下がり始め、14時30分現在 氷点下3℃。
寒くなるのは今日からだったんですね。

PC020014.JPG

冬枯れの庭で、ノイバラの赤い実が鮮やかです。

ヒヨドリさん、ヒヨドリさん。
そろそろ食べごろですよ。

PC020020.JPG

そうそう、もうひとつ鮮やかなのが残っていました。

秋植えのビオラです。
冷え込む度、花びらがくしゃくしゃになりますが、
気温が上がると見事復活します。

「これは春まで咲いているの?」
通りがかりのご近所さんが、不思議そうな顔をして尋ねます。

「これは来年用なんですよ。」

雪の下に埋もれて、ビオラは春を待ちます。
そして早春、誰よりも早くとびっきりきれいな花を披露してくれます。

PC020006.JPG

冬支度をしている頃、通りすがりの方に よく声をかけられました。

一生懸命ですね。
ええ、地面が凍りつく前に片付けちゃわないと‥。
一人でやっているの。
そうなんですよ。

庭の話から始まって、いつしか互いの身の上話になって
気がついたら30分近く話し込んじゃったりして。

井戸端会議。
他愛のない話ばかりだけれど、ゆったりとした時間が心地よかったな‥。



おまけ

PB280026.JPG
すやすや‥



2014年11月24日

お月さまに誘われて

目が覚めて窓の外を見たら、夜明け前の空に三日月が出ていました。

なめていた飴が 消えてなくなりかけた時のような
細くて 今にも壊れてしまいそうな月です。

窓越しじゃ物足りないな‥。

急いで身支度をすませ、カメラを持って外に出ます。

PB200007.JPG

誰も居ない通りは いつもとは違って見えて、
おばさんの冒険心を駆り立てます。

そのまま近くの公園まで歩くことにしました。
月が一緒について来ます。

吐く息が白く見えます。
でも、ちっとも寒くない。

公園はひっそりと静まり返っていました。
眠っていたマガモ達が私の気配に驚いて、
グェッ、グェッと鳴きます。


東の空に朝焼けが広がり‥

PB200028.JPG

暗い夜が終わって、新しい朝が始まります。

PB200035.JPG


おまけ


開かないです。




2014年11月21日

放鷹

撮りためた写真の整理をしていましたが、なかなか作業が進みません。
気分転換にと、カメラを持ってふらりと出かけました。

丘の上に人影が見えます。
もしやあれは‥。

PB190271.JPG
若い鷹匠の腕にとまっているのは、ハリスホーク(モモアカノスリ)。
鷹の仲間です。

聞けば、今から鷹狩(放鷹 / ほうよう)の訓練をするとのこと。 
それはすごい。

ためらいながら
「写真を撮らせて戴いてもいいですか?」と尋ねると、
にっこり笑って、「 いいですよ!」とのお返事。

ありがとう。

かくして おばさんは、
めいっぱい両足を踏ん張って 「 さあ来い!」とカメラを構えたのでした。

PB190101.JPG
PB190215.JPG
PB190182.JPG
地面すれすれを滑るように‥
PB190460.JPG
戻る場所は‥
PB190241.JPG
少女の手。
PB190431.JPG
お帰り。
PB190208.JPG





2014年11月16日

独り言

蛇口をひょいと持ち上げれば 当たり前に水が出て、
お湯が出て、美味しい水が飲める。
スイッチひとつで、真冬でもぽかぽかと暖かな部屋になる。

お掃除だって、ロボットがやってくれる時代だ。

それを悪いとは思わない。

PB080206.JPG

でも、便利な生活に慣れ過ぎてしまうと、そのことに麻痺してしまうことがある。
我慢することも、工夫することも、感謝することも
いつの間にか忘れてしまう。

私はそうだった。
今もそうかな。


子供の頃、冬は寒かった。
ダウンジャケットもなかったし、あたたかなブーツもなかった。

しもやけになる子が普通に居た。

それでも晴れると近所の子供達が集まって、みんな外で暗くなるまで遊んだ。

PB080037.JPG


消費税が上がり、電気料金が上がり、
それまでのようにのんびりとしていられなくなった。

節約生活のために、とりあえず洗い物にお湯を使うのを止めてみた。
厚手のゴム手袋をはめると、真冬でも冷たくない。

我慢ばかりではつまらないので、
お洒落な色の手袋を買った。
ちょっぴり洗い物が愉しくなった。

PB160013.JPG

寒さ対策に湯たんぽを使っている。

コーヒーポットから 熱いお湯をトポトポと入れる。

ベッドの中に湯たんぽを入れておくと、
掛け布団の上から、さわらが体をくっつけるようにして寝る。

猫用の小さなブランケットをかけて、
背中を優しくトントンしてやる。
スースーと小さな寝息が聞こえる。

PB140001.JPG

そっとさわらの耳を触ると、ほんのりと温かい。


少し手間がかかる暮らし。
ちょっぴり我慢のいる暮らし。

もしかしたら、そう悪くないかもしれない。




2014年11月15日

寒気

とうとう冬がやってきました。

灰色の空から 静かに雪が降ってきます。
次から次へと。


ディアボロ
PB150007.JPG

積もるほどの雪ではないけれど、景色が一変しました。
空が凍り、地面が凍り、吐く息も真っ白です。



ロサ・グラウカ
PB150013.JPG

湯たんぽと厚着で凌いできた寒さも、この辺りが限界。

PB140008-001.JPG

昨日の夜、始めて家に暖房を入れました。

ぽかぽかだね。
幸せだね。

PB150032.JPG

石油ストーブは‥
おぉ、ちゃんとついたね~。

PB150008-002.JPG

おまけ

PB150015-001.JPG
PB150016.JPG



2014年11月 7日

ハクチョウのおはなし  ピカピカらへ


さむい北の国シベリアからハクチョウがやってきました。
羽を広げると お父さんやお母さんよりも大きな鳥です。

ここは北海道、ウトナイ湖。
ハクチョウたちは 冬をあたたかな日本で過ごすため、遠い国から旅をしてきました。
ここでしばらく休んだあと、もっとあたたかな本州へわたっていきます。

1羽のハクチョウがバシャバシャと水しぶきをあげて 湖の上を走りだしました。

PB060157.JPG

少しはなれた仲間のところへ行くためです。

コゥ、コゥ、コゥ。

すんだ11月の空にハクチョウの声がひびきわたります。
仲間も首を上げ下げして、あいさつにこたえます。

PB060160.JPG

2羽はしばらく よりそっていましたが、
やがて1羽のハクチョウが なごりおしそうにはなれていきました。

PB060166.JPG

待って‥。

残されたハクチョウは羽をばたつかせ、追いつこうとけんめいに走ります。
でも、うまく飛びあがれません。

左の羽が ひどくいたんでいるのです。

PB060173.JPG

もう1羽のハクチョウはふわりと浮きあがり、
ゆっくりと他の仲間のところへ飛んでいきました。

PB060177.JPG

飛べないオオハクチョウは、静かに岸に向かって泳ぎ始めます。
ぼくはみんなと一緒に、南にわたって行かれない‥。

PB060187.JPG

岸には ヒシクイという鳥がいました。
仲間と離れ、何年もウトナイ湖の近くですごしているこの鳥も、
やはり羽をいためていました。

PB060198.JPG

ヒシクイはいいました。

さあ、むねをはって!
羽を広げて!

ぼくらは一人じゃない。
羽の色はちがうけど、ぼくたちは仲間だ。

そうさ、仲間なんだ。

PB060152.JPG

ハクチョウは羽を広げてみました。
バサ、バサ、バサ。

体は少しも浮きあがりはしなかったけれど、
なんだか体の底から力がわいてくる気がしました。

PB060192.JPG



2014年11月 4日

笑い声

12月上旬並みの寒気が入り込んだ北海道。
とうとう恵庭にも雪が降りました。

取り込み忘れていたハリネズミの泥落としが、花壇の中でひっくり返っていました。
昨日の強風で吹き飛ばされたんですね。
背中に少し雪が乗っかっていました。

せっかくなので芝の上に置いて記念撮影です。

PB040027-001.JPG

赤く熟したノイバラの実に ヒヨドリがやって来るようになりました。
ロサグラカの実も真っ赤ですが、こちらの人気は今ひとつ。

何がどう違うのか。
ヒヨドリさん、ホントのところはどうなの?

PB040010.JPG
庭の冬支度、残り2割りになりました。

明日からは しばらく良いお天気が続きそうです。
今週中に全部片付けた方がよさそうですね。


※※※ ※※※ ※※※ ※※※ 



昨日母と電話で話しました。

PA300066.JPG
耳の遠くなった母との会話。
大きな声でゆっくり話しますが、なかなか通じません。
何度も繰り返し話ているうちに、ハッとします。
これじゃあまるで怒鳴っているみたい。

お母さん、ごめんね。


気付けばいつの間にか私も50代。
以前のように無理がきかなくなりました。
みんな順番に年をとっていきます。

耳の遠くなった母は、大きな声で笑います。
お腹の底から絞り出すような、低く力強い笑い声です。

どんなに年をとっても、できれば笑っていたいな。
母さんみたいに。



おまけ

PA300289.JPG
にゃはは。



2014年10月16日

雪虫

雪虫が飛び始めました。

今日の恵庭の最低気温は0.5℃。
ついに1℃を下回りました。

PA120547.JPG
ほくでんの再値上げの申請が経済産業省で認可され、
来月1日から実施されます。

家庭の値上げ幅は、ほくでんの申請した17.03%から15.33%に下がり、
冬の暖房費がかさむ来年3月までは12.43%に留まるそうです。
それでも厳しい値上げ幅であることに変わりありません。

しかもオール電化の場合、この値上げ幅ではすまないみたい‥。

ちなみにほくでんの試算によると、
標準家庭の1年間のお負担増は、11,424円。
オール電化住宅では、85,110円とのことです。


とりあえず、石油ストーブを買ってみました。

PA130010.JPG
それでもって、さわらにも‥

PA130044.JPG
PA130046.JPG
ドーン!

猫用のちゃんちゃんこ(M寸)を買ってあげました。

PA130090.JPG
とろん‥

PA130104.JPG
暖房を電気に頼る北国のオール電化住宅の悲鳴、ほくでんさんに届いているのかなぁ。

安易な値上げは、絶対反対。
先を見据えた電力の供給、しっかりとお願いします。



2014年9月21日

モエレ沼芸術花火 2014

今日は終日秋晴れの爽やかなお天気でした。

昼間は21℃まで上がりましたが、朝は冷え込んでたったの6℃。
長袖シャツも薄手では間に合わなくなってきました。


昨日、モエレ沼公園で花火を観てきました。

P9200050.JPG
花火の打ち上げ開始時間は午後8時でしたが、
場所の確保のため、例によって早めの場内入り。

有料ゲートが開場される午後5時に合わせて家を出ました。
それでもゲート前には開場を待つ長い列ができていて、びっくりです。


三脚を担ぎ、指定された写真撮影場所「後方指定エリア」に向かいます。
観覧エリアの後方、アカエゾマツ林と黄色いテープの隙間に三脚を設置。
よし、とりあえず準備完了。
あとはライブステージを愉しみつつ、あれこれ試し撮りを‥。

うぅ、冷え込んできたなぁ。
日が落ちると一気に気温が下がります。

周囲の人も防寒着を着込み始めました。
私も用意していたストールを巻いて、毛糸の帽子を被ります。
よし暖かくなった!
 
そうこうしているうちに‥えっ、まさかの雨?

P9200097.JPG
慌てふためきつつカメラにビニールをかぶせ、
持って来ていた雨具を着ます。

半袖でステージに立つバンドヴォーカルが、
「北海道の寒さをなめていました。」と話すのが聞こえてきます。
気の毒すぎる‥。

P9200100.JPG
なんとか 打ち上げ時間までに雨があがってくれますように‥。

祈りが通じたのか、
打ち上げ数十分前に雨があがりました。

いつの間にか開場は人でいっぱいです。

P9200112.JPG

そして、始まりました。

P9200136.JPG
P9200287.JPG
P9200229.JPG
P9200186.JPG

動画も撮ってみました。
見てね。




帰りは恐ろしく時間がかかりました。
東ゲートを抜け、シャトルバスに乗り込むまで1時間少々。
なんとかJRの最終便に間に合ったけれど、もうハラハラでした。

まぁ、あれだけの花火を観せてくれるんだから、それも我慢できるか。
うん、我慢できる!


最後になりましたが、現場で花火の撮り方を指導してくださった皆さん、
本当にありがとうございました。




2014年9月19日

流鏑馬

時間は更に遡って、午前11時。
場所は北海道神宮。

この日神宮で、明治天皇御増祀50年を記念して流鏑馬(やぶさめ)奉納が行われました。

関連行事は午後1時から、疾走は午後2時半ということでしたが、
撮影場所を確保しようと早めに現場入り。
気合、入っています。

P9140392.JPG
午後1時半。

境内の特設馬場に向かって、道産馬に乗った射手がゆっくりと進んで来ます。
古式ゆかしい装束を身にまとった射手を見ていると、
一瞬 今が平成の世であることを忘れてしまいそうになります。

トーン、トーン、トーン。
太鼓の音が静かに響きます。


今回流鏑馬に使われる馬は全て道産馬とのこと。
サラブレッドなどの洋種馬に比べると、
一回り小さく ずんぐりとした体型をしていますが、
みんな大人しくていい子ばかりです。

P9140241.JPG

さあ、いよいよ始まりました。
勢いよく駆ける馬の足元から砂が舞い上がります。

P9140819.JPG

馬上の射手は、3つの的に向かって弓を放ちます。
ターン!

P9140666.JPG

弓が的に当たると、ギャラリーから歓声と拍手が沸き起こります。

P9140583.JPG

今回のやぶさめ神事には外国人の射手も混じっていました。

P9140876.JPG

きりきりと引かれる弓。
狙いを定めて矢が放たれる瞬間。

馬の駆ける音。
いななき。

無駄のない射手の所作が、見る者を圧倒してゆきます。

P9140909.JPG
美しく気高い、日本の騎射(うまゆみ)文化。
いつまでも残して欲しいな‥。

P9140257.JPG

毎年えこりん村で開かれていた流鏑馬ですが、今年はどうも開かれそうにありません。
寂しいな‥と思っていたら、
写真仲間から「北海道神宮で流鏑馬奉納があるみたいだ」との情報を戴き、大喜び。

仲間は大切にしなきゃ。

さて、長々と続いた9月14日物語も今日で終わりです。
お付き合いくださいました皆様にも、心からお礼申し上げます。
ありがとうございました。



2014年9月15日

オータムフェスト 2014

今朝の恵庭市の最低気温は、7.2℃。
大雪山系では紅葉が見頃を迎えているとか。
いよいよ秋本番ですね。

今月12日から「さっぽろオータムフェスト2014」が始まりました。

P9141278-002.JPG

昨日、所用で札幌に出たついでに、せっかくなので会場に寄ってみました。
3連休の中日とあって、人の多いこと。

午後5時

陽が傾いてきました。まだ5 時過ぎなのに。
いつの間にか日が短くなってしまって‥寂しいですね。

P9141280-001.JPG

あちらこちらからいい匂いがしてきますが、どこのお店も行列がずらり。
お腹すいたぁ‥。

6丁目会場で、焼肉 徳寿の列の最後尾に並び
「ミルフィーユステーキ」を頼んでみました。

これを注文している人が多かったので真似てみたのですが、正解でした。

重なった薄切りの白老和牛にソースが絡み、まぁ絶妙の味。
お肉の上に乗っかった こんがりと焼けたガーリックスライスと一緒に戴くと、なお美味しい。
付け合せの細身のフライドポテトもカリカリで、
大満足です。

P9141282.JPG

(普段は時間の経過に従ってブログの記事を書くのですが、
今回は時計の針を逆に回していくことに‥。)


午後4時半。

大通り公園の一角で、パフォーマンスをしている青年を発見。

これ、ダブルダッチって言うんですね。
2本の縄跳びを使って、かっこよくジャンプするやつ。

P9141206.JPG
P9141250.JPG
人前で腕試しかぁ。
大したもんだな。

最近の若い人達はすごい。
日本の将来、捨てたもんじゃないかも。


次回はもう少し時間を巻き戻します。



2014年9月 7日

ドングリが落ちてきた

ナナカマドの実が赤くなり、
早くも落葉樹が色づき始めました。
P9030092-001.JPG

コサメビタキの背景も、いつの間にか秋色です。
P9030072-001.JPG

ポトポトと勢いよくドングリの実が落ちてきます。
うわぁ、すごい。
まるで雹みたい‥。

頭に当たりませんようにと祈りながらシャッターを切ります。
P9060092-001.JPG

マムシグサ(コウライテンナンショウ)の実が赤くなってきました。
P9030078-001.JPG

こちらはヤマハギ。
P9060101-001.JPG

ナツアカネ
P9060077-001.JPG

ツリフネソウ
P9030018-001.JPG

日が短くなってきました。
朝晩は肌寒いほどです。
青い空にすじ雲が流れていきます。

そろそろ来シーズンに向けて、庭の構想も練らなきゃ。
宿根草の移植時期だしね。

北国の短い秋。
うかうかしていられません。

さぁ、忙しくなるぞぉ~。



2014年9月 5日

線香花火

ドーンという音がします。
花火です。

急いでベランダに出るけれど、隣家の屋根に隠れて見えません。
やっぱりここからじゃダメだな。

P8300216.JPG
我が家から花火を見ることはできません。

外に出て辺りをうろうろしてみますが、やっぱり見えません。
諦めて音だけ聞きます。

ドーン!
P8300239.JPG
パラパラパラ
P8300240.JPG

子供の頃、庭先でよく花火をしました。

派手に火をふく花火より、チリチリと細い火花を放つ線香花火が好きでした。
ワラスボ(稲の茎)の先に黒い火薬のついた、あれです。

火薬に火をつけると、赤い玉から赤橙の光の筋がこぼれ落ち始め
やがてぷるぷると小刻みに震える玉から火花がはじけ出します。

玉が落ちてしまわぬように、そっと、そっと‥。
どちらが長く玉を落とさないでいられるか、何度も妹と競争しました。

小さくなった玉から放たれる光の筋は弱々しくなり、
最後にぽとりと地面に落ちてゆきます。

昔の線香花火はきれいでした。
切なくなるほど きれいでした。



おまけ

P9020034-001.JPG
花火、見えません。(さわら)
昼だし‥。(おまさ)




2014年8月 4日

涼しいうちに

風が吹き抜けていきます。
朝は涼しくて気持ちがいい~。

夏の朝は大忙し。

庭仕事に家事全般、それに写真の整理やブログの更新。
涼しいうちに済ませておきたいことがいっぱいです。

P8030027-001.JPG
先日、甘~いミニトマトと上等のモッツァレラチーズを戴きました。

Caroli (カロリ)のオリーブオイル(レモンフレーバー)が手元にあったので、
カプレーゼを作ってみました。

作ると言っても、
よく冷えたトマトとモッツァレラチーズをカットして、塩コショウをパラパラ。
その上にオリーブオイルをかけるだけ。

スイートバジルがなかったのは残念だったけれど、それでもお味は最高でした。
素材がいいと違いますね~。
ちなみにこのオリーブオイルも 、別の友だちに戴いたものです。


残ったモッツァレラチーズは、他の具材と一緒に
焼きたてのパンに乗せてオーブントースターでチ~ン。
ピザ風にして戴きました。
トロリと溶けたチーズとカリカリに焼けたパン、これまた美味しかった~。

補足すると、このパンも友だちからの戴きもの。
忙しい合間に私のために焼いてくれました。

なんだか私、みんなに養ってもらっているみたいですね。
みんな~、ありがとう!

P8030037.JPG

じっとしていても汗ばむ日中、バテ気味の私に庭仕事はちょっとキツイ。
朝夕の涼しい時間に申し訳程度の手入れをするのですが、ダメですね。

斑入りイワミツバは暑さで茶色くなってきているし、
アンジェラの葉の裏にはイラガがついている。
芝もまたツンツン伸びてきました。

そんな手入れの行き届かない真夏の庭で、健気に頑張ってくれている子もいます。


【ヘメロカリス】

去年まで鉢植えにしていたヘメロカリス。
花がつかなくなったので
今年の春、地植えにしてやったら、暑さに負けず次々と花を咲かせてくれています。

P8040013-001.JPG

【アガスターシェ ブラックアダー】

お友だちに戴いたブラックアダー。
噂通りのすごい子でした。

ずいぶん前に咲いた花が、褪せることなく咲き続けています。
花穂も大きいし、なによりこの色がいい。

来年はもっと目立つ所に移植し~ようっと。

P8040009.JPG

【セダム ホセオバージン】

セダムも開花直前です。

シルバーのアサギリソウ、青いホスタ(ハルシオン)、
そしてシックな銅葉のセダム。
この取り合わせが気に入っています。

P8040011.JPG


おまけ

暑くて窓を開けっ放しにしていたら、
いつの間にかクジャクチョウが家の中に入っていました。

P7280001.JPG
P7280003.JPG
網戸に新たな穴が2つ。
またちょっぴり 風通しがよくなりました。


2014年7月28日

夏野菜と卵

真っ赤に熟したトマト、瑞々しいブロッコリー、つやつやの茄子。
しかも、「え~、こんなに安い?」

気づけば、段ボール箱にいっぱいの夏野菜。
一人暮らしなのにこの量。
また買い過ぎてしまいました。

P7280038.JPG

道の駅「花ロードえにわ」に併設された恵庭農畜産物直売所、「かのな」。

直売所というだけあって、ここの野菜はどれも新鮮そのもの。
ブロッコリーなんて、茎がポキポキ音を出して折れちゃう。

美味しそうを通り越して、芸術的とも言える野菜達を見ていると
どうしてもそのままやり過ごせない私。

必要かどうかという事よりも、その出来栄えに目がいってしまうんです。
あ~、アホだ。


※※※ ※※※ ※※※ 


買い過ぎといえば、先日 
1日に4パックもの卵を買ってしまったことがありました。

最初のお店で卵2パック。
いつも160円台で購入できるので、大抵はここですませてしまいます。

ところが次に寄ったお店で、120円台の卵を発見。
もう必要はないのだけれど、どうしても120円という安さがひっかかります。

この値段の卵をスルーするなんて、あり得ない‥。
で、もう1パック。

P7240170.JPG

さすがに3パックは買い過ぎた‥。

得をしたような、損をしたようなモヤモヤした気持ちで
3件目のお店に入りました。

ん?そんなバカな~。
卵が、卵が、卵が‥
110円台で売られています。
うぅ‥。

おい、おまさ。
ここで卵を買えば4パックだぞ。
そんなに買ってどうする。
これ以上買っちゃダメだってことは、子供だって分かること。


でも、110円だもん‥。
えぇ~い、やけくそだ~!

こんな中高年って居るのかなぁ。(汗)


※※※ ※※※ ※※※ 


「かのな」で買った朝採りのとうきび。
パラパラっと塩をふって、ラップにくるんで、レンジでチン。
(600Wで6分前後)

甘~い、美味しい 夏の味がしました。

P7280025.JPG


おまけ

P7250002-001.JPG
あれっ、またちょっと太った?