ホーム >

花咲か日記

花咲か日記で“つる性植物”タグの付いているブログ記事

2008年10月21日

紅葉と庭仕事

シャラや鉢植えのジューンベリー、ツリバナにスモークツリー。次々と葉が落ち、落葉樹は休眠期に向かってまっしぐらです。

それでも写真の3兄弟は、まだまだキレイ。左からナツヅタ、ヘンリーヅタ、そして多肉植物の「虹の玉」です。 

134510(1).JPG

134354(1).JPG

074700(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はお天気がよく、日当たりのいい場所ではポカポカと暖かでした。こういう日は、庭仕事にも つい力が入ります。

10:30 に始めた庭仕事、気がついたら14:00を過ぎていました。軽い昼食を取った後、すぐに作業の再開です。

昨日に引き続き、鉢植え植物の解体と移植。膨らみのある鉢物は、中の植物を出すだけでも一苦労です。棒を入れて隙間を作ったり、押したり引いたり、切込みを入れたり‥。ふ~、ふ~言いながら、それでも一つずつ仕事が片付いていくのは気持ちのよいものです。

結局片づけを終えて家に戻ったのは、辺りが暗くなり始めた頃でした。ちょっと疲れたけれど、仕事をした~という達成感がいいですねぇ!好きだなぁ、ガーデニング ♪ 

2008年8月26日

クレマティスの果球

090153.JPG

153430(1).JPG

花がらを摘まないで、うっかりそのままにしていたらご覧のようなカワイらしい果球ができました。

左の写真がインテグリフォリア系のアラベラ、右の写真がパテンス系のバガボンドです。こうして見ると、花もいいけれど果球もなかなかですね。 

クレマティスといえば、庭仲間のTちゃんのガレージにはヴィダルバ系のサマースノーが、今見事に咲いています。数年前から指をくわえて見ていましたが、今日エコリン村で おまさも ついにゲット!

しかも‥悪運の強いおまさは、その苗を3割引で手に入れたのでした。おぉ‥

来年は花は咲かないかもしれませんが、再来年あたりはあの美しい花を我が家の庭でも見られるかもしれません♪ ドキドキ‥

2008年6月 4日

モンタナ・ルーベンス 

145718.JPG

154148(1).JPG

数日前まで、ストーブを入れていたのが嘘のようです。我が家のギンフミズキに、アゲハチョウがやってきました。羽化して間がないのか、ピッカピカの美しさです。うらやましい‥。 

我が家の庭の蜜は飲み放題です。お好きなだけ召しあがれ。でも‥どうか、どうか、ここで卵を産むことだけは許してくだされ。

 

左の写真

ご近所の庭のクレマチス(モンタナ・ルーベンス)があまりにもきれいだったので、お願いして写真を撮らせていただきました。そばに行くと、風に乗って甘いバニラの香りが‥。深~く、息を吸い込むと、どんどん元気になるような気がしました。おまさはロマンチストなおばちゃんでした。

2008年5月14日

メギとミヤママタタビ

085758.JPG

084233(1).JPG 左、奥の写真

メギ・ローズグローです。黄色くて可愛らしい花が咲き始めました。5mmにも満たない小さな花は、丸くてコロコロしています。 思わず触りたくなるような愛らしさですが、うかつに手を出すと大変です。別名、コトリトマラズといわれるメギの鋭いトゲはとにかくスゴイ!みなさん、くれぐれもメギには注意しましょう ♪  イタタ‥

右の写真

ミヤママタタビです。 花はまだですが、蕾が膨らんできました。葉も少し白くなってきました。ヒゲ君が山から持ち帰った一枝のミヤママタタビ。挿し木にして、根付いたときは嬉しかったなぁ。 あれから何年経ったのかな‥。グングン大きくなるミヤママタタビ。天まで届け~!

 

2008年5月 8日

サンガーデンさんのクレマチス

4年もののクレマチスの苗を、破格の安値でゲットしました ♪ 苗の状態はご覧の通り、素晴らしいコンディションです。つるの長さは既に1m以上で、新芽も元気いっぱいです。(ちなみに、写真に写っている手は、友人のものです。快く写真撮影に協力してくれたTちゃん、 いつもありがとう!

133411(1).JPG 140416(1).JPG

品種は、ビチセラ系の「ポリッシュ・スピリット」。

花径が8~10cmほどで大きすぎず、紫色のシンプルな花はジャックマニー似です。剪定は強剪定でいいから簡単!

まさに、探していたクレマチスの条件にピッタリでした~。

早速今日、腐葉土をたっぷりすき込んだ場所に植えつけてやりました。綺麗な根でした。

それにしても不思議。こんな大苗が、たったの2000円なんて‥。

2007年10月 9日

ナツユキカズラ


夏の終わりからずっと、美しい花を咲かせています。でも、今が一番綺麗かな。
その清楚でやさしげな雰囲気からは、想像もつかない樹勢の強さ。あっという間にそこいらじゅうが、ナツユキカズラだらけになってしまいます。隣のツルバラが負けないようにと、しょっちゅうチョッキン、チョッキン剪定をしておりますが、なかなかどうして‥ナツユキ君、エライ根性しています。
え~い、手のかかるヤツじゃ。

080500(1).JPG

080517(2).JPG