ホーム >

花咲か日記

花咲か日記で“ガーデンプラン”タグの付いているブログ記事

2009年3月 4日

寄せ植え、ハンギング

昨日関東では 季節外れの雪が降ったようですが、今日の北海道は暖かい一日になりました ♪

こういう日は、なおさら春が恋しくなります。

 解けていく雪を見ながら、「今シーズンの寄せ植えはどうしようかしら? 」なんて考えてる方、多いんじゃないでしょうか?

そこで今日は、素敵だなぁと思ったハンギングや寄せ植えの写真を集めてみました~。

 

083555.JPG

144935(1).JPG

134419.JPG

 

 

 

 

 

 

左端は多肉植物の寄せ植えです。手間いらずなので、忙しい人にお勧め!

真ん中は、球根ベコニア。ゴージャスなので、混植しなくても充分楽しめますよ ♪ ただし、出回るのはずっと先かな‥。

右端はインパチェンスを使ったハンギングです。バーベナや斑入りのツルニチニチソウ、グラス類などを上手く使っていますね。これは、滝野すずらん丘陵公園で撮らせて頂いた写真です。 う~ん、うっとり‥。

 

092601(2).JPG

092545(1).JPG

134252(1).JPG

こちらは、西島松のサンガーデンさん の寄せ植えとハンギングです。

白い花に斑入り葉のオリズルランやワイヤープランツ、ラミウムヤツルニチニチソウを組み合わせて、上品でシックな寄せ植えを作っています。さすがですね~♪  

右端のハンギングは、ヘリクリサム(オーレア)に、リリカシャワー(ディープイエロー)、銅葉の球根ベコニア、ユーフォルビア、プラクトランサスが入っているのかな? 

まったく同じ植物でなくても、応用がききそうじゃありませんか?

133958(1).JPG

134028(1).JPG

100018.JPG

110819.JPG

左2枚は、サンガーデンさん、右2枚は滝野すずらん丘陵公園のハンギングです。

サンガーデンさんのハンギングは夏バージョン、滝野のハンギングは春バージョンです。

ここまで見事なものは無理でも、色使いやなんやら参考になりそうですね~!

いや~、こうして色とりどりの美しい花をみていると、血が騒ぎますね。

ガーデニング開始まで、あと何日かな‥?

2009年2月 3日

庭づくりの参考に Ⅳ

075410.JPG

171005(1).JPG

gardenfurniture01.JPG

庭をつくるときに是非お勧めしたいのが、寛ぎのスペースの確保です。

我が家の狭い庭にも、ベンチ付きのパーゴラや、イス・テーブルを置いた場所があります。

庭仕事に疲れたとき、ちょっと外でお茶を飲みたい、本を読みたいと思ったとき、こういう場所があると便利です。 

「生活の中の庭」‥いい響きだと思いませんか?

サンドイッチをつまみながら 紅茶を飲み、草花を愛でる‥ふぅ‥

「素晴らしきガーデニング生活」を夢見て、スコップを持って立ち上がりましょう!(春になったらね)

 

左上の写真2枚は我が家の庭で、右端の写真はアルテピアッツァ美唄で撮った写真です。

2009年2月 1日

庭づくりの参考に Ⅲ

  162313(1).JPG

どこの庭にも、見せたくない場所というのはあるはず。

我が家の場合も、殺風景な物置や味気ないコンクリート塀など、できれば隠したいと思うものがいくつもありました。 

そんなときどうすればよいのか?

 

ヘナチョコおまさが、自分なりに試行錯誤を繰り返して見つけ出した方法を一挙大公開です ♪

庭づくりの、何かのヒントになれば嬉しいです。

 

055534(2).JPG

145603(1).JPG

071758.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家の場合は、隣家との境界部分に隠したいものが多かったので そこをどうするかが一番の問題でした。

手っ取り早いのは、大型のフェンスを作ることでしたが、おまさが選んだのは庭木を育てて、目隠しを兼ねた緑の背景を作る方法です。

一番上と左上の写真を見て頂くと、ボーダー花壇の後ろにある庭木が自然な目隠しになり、前の草花を引き立てる存在になっていることが分かって頂けると思います。

目隠しには、上中央の写真のようなオールドローズや、右下のツルアジサイを使うこともできます。狭い空間の場合は、ツルアジサイや右上のナツヅタなどは とても重宝します。(ちなみに、このナツヅタはコンクリート塀を覆っています。)

ただ植物を利用して目隠しする場合は、かなりの時間がかかることを覚悟しなくてはなりません。もし、それが気にならないのであれば、とてもリーズナブルでお勧めの方法ですよ。

 

100920(1).JPG

172557(1).JPG

左下の写真は、銀河庭園で見つけたものです。排水口をさりげなく隠していました。

借景になるような素晴らしいロケーションをお持ちでないガーデナーのみなさん、共にがんばりましょう~ ♪

 

 

ガーデニング関係の本の紹介はこちらからどうぞ。http://www.omasa.org/shokai.html

2009年1月25日

庭づくりの参考に Ⅱ

昨日に引き続き、庭づくりの参考になりそうな写真を紹介します。今回は、フォーカルポイントについて。

まるで雑誌に出てきそうな下の写真は、スイートグラスと銀河庭園で撮ったものです。

深い緑を背景に、2本の白樺の木と青く塗られた美しいガーデンチェアー。

淡いブルーのアーチの奥に置かれた装飾的な石のコンテナ。  

パンパスグラスの入った、特大サイズの寄せ植え。うわぁ~、どれもオシャレで素敵~♪

 

113346(1).JPG

100753(1).JPG

105013(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、うちのような狭い庭じゃねぇ‥なんてご心配は無用。小さなコンテナ一つでも、ちょっとした寄せ植え一つでも、十分人目を引くフォーカルポイントは作れますよ。

ちなみに左下と右下の写真は、我が家の庭の写真です。コーナーに天使の像を置いてみたり、ポール仕立てにしたノイバラで、庭を印象づけるポイントをつくっています。

真ん中の写真は、滝野すずらん丘陵公園のハンギングバスケットです。綺麗ですね~♪ 目が釘付けになってしまいます。

ちょっとしたバードバスや、オベリスク、ニューサイランなどを使った寄せ植えなんていうのも、いいかもしれませんね。

もし「庭が単調でつまらない。」なんてお悩みの方がいらしたら、春にフォーカルポイントづくりなんていうのはいかがでしょう。

 

105931(1).JPG

100018.JPG

092453(1).JPG

 

 

 

 

 

 

 

おまさが庭づくりをするのに、参考になった本の紹介を始めました。

興味のある方は、こちらへどうぞ。 http://www.omasa.org/shokai.html

2009年1月24日

庭づくりの参考に Ⅰ

「これは素敵。我が家の庭にも取り入れたいなぁ。」そんな、庭づくりの参考になりそうな写真を、撮りためたものの中から拾い出してみました。

下の写真は去年の夏に、銀河庭園や「いころの森」で撮ったものです。

 本当はガーデニングシーズンに紹介するつもりでしたが、忙しい毎日に追われあえなく挫折。

これから春に向かってガーデニングプランを立てる参考になればと、この時期思い切ってアップしましたよ。

105333(1).JPG

101611.JPG

101542(1).JPG

 

 

 

 

 

 

左上の写真は苫小牧の「いころの森」で、残り2枚は恵庭の銀河庭園で撮った写真です。

 

左端の写真は、板を交互に編んだフェンスです。とても美しい仕上がりで、手前に植えたライムグリーンのシダを美しく引き立てています。

もしこれが、無機質なブロック塀だったらと想像してみると‥。

庭づくりというと植物だけに目が行きがちですが、庭の構造物で雰囲気はずいぶん変わりますよね。う~ん。やっぱり、このフェンスはいいなぁ‥。

後の2枚の写真は、ヤナギを編んだフェンスです。こちらもお洒落~♪ 

細くて繊細な枝で作るバスケットウィーブパターンは、荒削りな感じがなくていい感じ!ナチュラルガーデンにはうってつけですね。

庭のイメージに合った素敵な構造物を入れると、庭がワンランク上になります。

成功の秘訣は、夫婦で仲良くしてご主人様に日曜大工をがんばってもらうこと!

おまさのような独身女性の場合は‥う~ん、どうしよう?? あは‥

2009年1月10日

ガーデンプラン

141338(1).JPG

142117(1).JPG

142850.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 雪に閉ざされた北国のガーデナーにとって、冬の時間は貴重です。

忙しすぎてできなかった庭の見直しや、夏の間に浮かんだアイデアをまとめたりするのにはもってこいの時間ですから。

ここに載せた写真は、おまさの庭づくりに欠かせない本や、実際に作った庭の植栽プランのメモなどです。

ちなみに、上段右端(下半分)の写真は庭づくりを始めた頃に、カタログの写真を切り貼りして庭の色彩計画を立てたものです。

142200(1).JPG

142011.JPG

 

本は、何も分からないおまさにとって、ガーデニング生活の頼もしい先生役でした。 

美しい写真でイメージを膨らませ‥

植物の特性を学んだり、宿根草の組み合わせや、カラースキムを教わったり‥

 

生き物相手のガーデニングですから計画通りにいかないことも多いですが、冬の余った時間に夢を膨らませるのも楽しい作業かもしれません。

P.S. ついでながら、上段左端の左下に写っている植物は「カタナンケ」です。^^