ホーム >

花咲か日記

花咲か日記で“園芸作業”タグの付いているブログ記事

2014年5月12日

お気に入りのガーデニングツール

今回は、普段私が使っているお気に入りのガーデニングツールを紹介します。

1、剣先スコップ  2、移植ごて  3、包丁  4、剪定鋸(生木用)  5、じょうろ

P5120021.JPG
えっ、包丁?
と驚かれる方がいらっしゃるかもしれませんが、
包丁は芝のラインを整えるのにとても便利なんですよ~。

じょうろは 外観にこだわらないなら、
プラスティック製などの軽いものが使いやすいかもしれません。
毎日のことなので、腰を痛めては大変ですから。


1、園芸用バケツ(TUBTRUGS タブトラッグス)  2、ガーデニングシューズ

P5120006-001.JPG
園芸用バケツはLサイズのものを使っていましが、
中身をゴミ袋に移しかえるときにちょっと大変でした。
Mサイズがお勧めかも。
持ち運びにも便利ですしね。
L サイズは雨水を溜めるのにいいですよ。

ガーデニングシューズは短いものを履いています。
長靴は、しゃがみ込んで作業するときにちょっと抵抗が‥。
慣れれば平気なのかもしれませんけれど。


1、ガーデニングツールホルダー  2、ワイヤー入りビニールひも  3、結束バンド(ロックタイ)
4、ハサミ  5、剪定ばさみ  6、使い捨てゴム手袋(極薄タイプ)  7、UVカット眼鏡

P5120004-002.JPG
2~5の道具を1のホルダーに入れて腰にぶら下げています。
大概のことはこの道具で間に合います。

結束バンドは強度があるので、植物以外のちょっとしたDIYにも使えるんですよ。

剪定ばさみは、アルスがお気に入り。
とても使いやすいです。

使い捨てのゴム手袋は、細かい作業をするのに欠かせません。
ゴム手だけじゃ心もとないときは(バラを触るときなど)、この上に園芸用のグローブをつけます。

そして最近になって購入したUVカットの眼鏡。
度は入っていません。
お年頃なので、紫外線から目を守るために用意しました。


1、2、支柱  3、土入器  4、園芸用手袋
P5120007.JPG
1の支柱はアムソニア(チョウジソウ)等のように大きな株に育つものに、
2の支柱はユリなどに、
どちらもとても重宝しています。


あと必要なのは、帽子。
なかなか気に入った帽子が見つからないんです。
10年以上探しているというのに。
根底に、帽子が苦手というのがあるからなんでしょうかねぇ。

あぁ、そうそう。それに体力も必要でした!
何処かで安く売っているといいのですけれど。(笑)



おまけ

P5120052.JPG
あたしも帽子、苦手なんです。



2010年11月 1日

初冬

PA314550.JPG

愛媛から戻る前日、北海道には雪が降りました。

帰宅して見た景色は、10日前のそれとは全く違っていました。

枝にしがみついているモミジは寒さで縮れたものが殆どでしたし、川面に映った木の枝はすっかり葉を落としていました。 

それらは、長い冬の始まりを予感させるのに十分に思えました。 

 

PA314635.JPG

PA314636.JPG

色のない静寂の世界は寂しげです。

間近に迫った厳しい寒さや悪路を想像し、ちょっぴり溜息‥。

 

 

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

PA303946.JPG

PA303953.JPG

左の写真は、我が家の庭の植物達です。

白っぽい扇のような子は、銀扇草(ルナリア)。中にあった種の殆どが落ち、透き通った莢(果実)だけが残っています。

バラの実は赤く熟してきました。写真の実は、ノイバラ(ムルチフローラ)。そろそろヒヨドリが食べに来る頃です。

ユキムシも飛んでいます。さあ、のんびりはしていられません。本格的な冬がやって来る前に、冬囲い、冬囲い! 

PB015225.JPG

PB015227.JPG

PB015232.JPG

        

 

 

 

 

 

 

 

 

PB015230.JPG

ラベンダーは強剪定をし、支柱を立てます。支柱と一緒にラベンダーを縄で巻いて固定しますが、とりあえずその作業は後回しに‥。

バラは葉を取り、株元をキレイに掃除します。何箇所か枝をまとめておいて、支柱をエイ、エイ!こちらも縄は後回し。とにかく まずは、地面の柔らかいうちに支柱を立てなくっちゃね。

ツルバラは、葉を取り除いた後、束ねて何箇所かを紐で結びます。こうして、地面に寝かせて冬越しをさせます。寝かせる時は、立ち上がり部分が雪の重みで折れてしまわないように気をつけます。ちなみに私の場合は、プラスチックの鉢を枝折れ防止用に株元に置いています。

冬の準備は時間との戦い。鳥見にも行きたいし、やらなきゃならない事も少なくない。いつになく忙しい11月。おまさは、既に走っているのでした~。 がんばれ~、私~! 

2009年6月 6日

努力しています

      先月11日に張り替えた法面の芝

P6057571.JPG

先月の中旬に張り替えた法面の芝が、なんとか根づいたようです。

やれやれ‥。

「庭をやっていて、何が一番大変ですか?」 

時々そういった質問が来ますが、そういう時は迷わず

「芝です!」と答えます。

「バラじゃなくて?」と再度質問を受けることが多いのですが、

「はい、芝です。」ときっぱり!

 

我が家の場合は、法面、エッジ部分だけでなく、全体にレンガを敷いていることもあって、芝のほとんどをバリカンで刈っています。

芝刈りの間隔は、ほぼ1週間に1回。

地味で退屈な作業ですが、綺麗に刈り込まれた芝は、庭全体をスッキリと見せます。

 

あとはエッジ部分をスコップでしっかりと整えてやれば、それだけで「いかにも手入れの行き届いた庭」に見えるから不思議です。

下の2枚の写真は、3年前に夫が撮ったものです。迫力の芝の植え替え作業と、地味~なバリカンでの芝刈り作業。

はい。わたくし おまさは、何でも自分でいたします ♪

庭仕事の様子をこまめに写真に撮って紹介したいのですが、なにせ自分で作業しながら 写真を撮ることができません。

う~ん、何かいい方法はないものか‥。思案中です。 

 

         芝の張替え作業                      バリカンでの芝刈り作業 

芝の張替え.JPG

162340(1).JPG