[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム >花の図鑑 >マイガーデン >初夏の庭-02

初夏の庭

ボーダー花壇の植栽

近くで花壇を見ると、またちょっと違って見えますね。
これがまたガーデニングの面白いところです。
先ほどの写真には写っていませんが、アムソニアの青い花やブロワリアの紫の花が綺麗です。
グラミスキャッスルやホワイトグルーテンドルス、マサコなんかのバラも、ちらほら咲いてきました。
それにしても、ルッコラはちょっと植え場所を間違ってしまいましたね。
もう少し後ろに植えてやらないと、アンバランスです。失敗、失敗!
ガーデニングはバランスが命ですからね。

スタンウェル・パーペチュアルとボーダー花壇

手前に見えるバラは、スタンウェル・パーペチュアルです。
オールドローズらしい優しい雰囲気があります。早咲きの品種で、6月中旬にはこのとおりです。
ボーダーのバラは、まだ殆ど咲いていないようですね。
ジギタリスやホワイトバレリアンなどの、白い花に混じってアゲラタムの紫、ラムズイヤーのシルバーリーフが目につきます。
スモークツリーの銅葉が、庭にちょっとした変化を出していて面白いかな‥。

出窓の下

日当たりのよい出窓の下には、バラとラベンダーを植えています。
バラはジョン・クレア、キャサリン・モーレー、スピリッド・オブ・フリーダム、ジャック・カルチエ、ブラザーカドフィールなど。
いずれも四季咲きで、繰り返しよく咲きます。バラとラベンダーとの相性は抜群で、個人的にもお気に入りのコンビネーションです。
手前に見えている白い花はホワイト・バレリアン。
初夏から秋にかけて休むことなく咲き続ける、ガーデニングにはお勧めの宿根草です。

次へ