[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム >花の図鑑 >マイガーデン >初夏の庭-04

初夏の庭

満開の東側ボーダー&ランブラーローズ

この年にはポールズ・ヒマラヤン・ムスク、7月上旬に満開になっていますね。
左上に見えるヤマボウシにも花がついています。
デルフィニウムやヤツシロソウ、アルケミラモリス、ラムズイヤージギタリスと、庭は右も左も花盛りです。
北海道のガーデニングでは初夏に咲く宿根草が一番多いかもしれませんねぇ。よし、よし。

朝日を受けて

こちらは、ポールズ・ヒマラヤン・ムスクのアップの写真です。
ランブラーローズはナチュラルガーデンには最適のバラ。
柔らかくしなる枝に小さな花がたくさんついて、満開になると息を呑む美しさです。
買って3年目の夏に初めて花を見た時は、感動しました。
以来、毎年愛らしい花を咲かせてくれています。
ガーデニングをしているとこういった感動がいっぱいあります。

シェードガーデン‘

東側の庭を抜けると、庭の雰囲気はまた一変します。
幅2m足らずの通路ですが、ギボウシを中心に 在来種の植物で独特の雰囲気を‥。
春の時のような華やかさはありませんが、緑と白の落ち着いた感じが結構気に入っています。
写真の中央やや右辺りに、白いクリスマスローズの花がまだ咲いているのが分かります。
恐るべし、北海道のガーデニング。

次へ