[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム >花の図鑑 >マイガーデン >晩夏の庭-02

晩夏の庭

8月の庭

8月に入ると、バラの花はまばらになり宿根草もくたびれたものが目立ち始めます。
宿根草には開花期間の短いものも多くあります。
狭い庭で、それぞれの季節ごとに楽しめる庭をつくるのは至難の業です。
特に夏の庭は、頑張りどころ。
毎年、去年よりはちょっとでもマシな庭になるようにと頑張ってはいるのですが‥なかなか上手くいかない‥奥の深~いガーデニング、めげずに頑張りま~す!

東側、ボーダー花壇

ここのコーナーはアナベルとオカトラノオの咲く、ホワイトコーナー。
開花時期の遅い両者のおかげで、夏の間も寂しくなることがありません。
ラムズイヤーや斑入りイワミツバ、銅葉のスモークツリーなどを加えることで、庭が単調にならないように工夫しています。
アナベルは手間もかからず、長期間花を咲かせ続けます。
ホワイトガーデンでなくても、庭に是非取り入れたいお勧めの植物です。

オカトラノオ

先ほど登場した夏の花、オカトラノオです。
野生味のあるこの宿根草はナチュラルガーデンにピッタリで、和洋どちらの庭にもよくマッチします。
半日陰でも十分に育つので、ずっと日当たりより半日陰の好きな植物だろうと勘違いしていました。
ガーデニングの本を調べていて、日当たりの好きな植物であると知りビックリです。
まぁ、それだけ丈夫な育てやすい宿根草と言えるのでしょう。

次へ