[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム >花の図鑑 >マイガーデン >晩夏の庭-05

晩夏の庭

カサブランカ

月日が過ぎ夏のガーデニングが終盤を迎える頃、庭の花数は更に減ってきます。
そんな中、元気な姿を見せてくれるのがユリ。
緑だけの庭に、鮮やかな白い花が際立ちます。
花壇のあちらこちらにユリの球根を植えておけば、この時期一斉にユリの花を見られるわけで‥それもいいなぁと思いつつ、実行できないでいます。
思い切った買い物ができないシブチンのおまさに愛の手を‥。

バガボンド

こちらは遅咲きのクレマチスです。
8月中旬頃に満開になります。
そばに見えている白い花はナツユキカズラ。
白い花と紫の花はステキな組み合わせかな‥と思って植えました。
が‥ナツユキカズラ、強過ぎました。
わんさか茂って、クレマチスを覆う勢い。
結局、後日植え替えをすることとなりました。
悲し~!植え替えに向かない植物はいろいろありますが、クレマチスもその一つ。
またやってしまいました‥。

ギボウシ

晩夏の庭、最後に登場するのはギボウシです。
我が家ではギボウシを北側の通路に植えているせいか、花は8月に入ってから咲き出すものがほとんどです。
ガーデニングを始めた頃は、このギボウシの良さがあまり分かりませんでした。
地味で陰気な印象だったような気がします。でも、今ではすっかりその魅力の虜です。
葉色の違うギボウシを組み合わせると、それだけでシックでお洒落な空間ができちゃいます。
花よりも葉が美しいと思うことも、稀ではなくなりました。

マイガーデントップへ