[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム >花の図鑑 >マイガーデン >盛夏の庭-02

盛夏の庭

イングシッシュローズを

イングリッシュガーデンに憧れて、庭にバラとラベンダーを植えました。
ここは、我が家の庭で一番日当たりのよい特等席です。
お日様の光を受けて、気持ちよさそう。
リビングの出窓のそばなので、家の中からも楽しめます。
窓を開けると、バラとラベンダーの香りが‥うふっ‥ちょっと贅沢だと思いませんか。
こんな日は、「ガーデニングをやっていてよかったなぁ~。」ってしみじみ思うのです。

ジョン・クレア

先ほどのバラ、ジョン・クレアのアップの写真です。
ガーデニングを始めて8年。気がつけば庭はバラだらけになっていました。
初めて買ったバラは、イングリッシュローズのブラザー・カドフィールでした。
その魅力にすっかり虜になり、以来庭にバラは増え続けました。
そう言えば、ご近所の庭にもずいぶんとバラが増えましたよ。
どうやらバラ熱は伝染するようですね。

2004年、庭づくり5年目の夏

さてこちらのピンクのバラは、アンジェラというツルバラです。
ガーデニングを始めた時からずっと、我が家の象徴のような存在でした。
このバラの満開の時が、なんと言っても庭が一番華やぐ時。
淡い色合いの庭をぐっと引き締めてくれます。
毎年このバラが満開になる頃、家族揃って写真を撮りました。
私たち家族にとっては特別のアンジェラなのです。

次へ