[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > 花の図鑑 >多年草–

フタマタイチゲ

フタマタイチゲ
フタマタイチゲ

【学名】Anemone dichotoma

【園芸分類】キンポウゲ科 イチリンソウ属

【草丈】40~60cm

【特徴】北海道の湿った原野などに群生する。
直立する茎は二又に分かれ、分岐点から花柄を伸ばし白い花を咲かせる。
開花期は6~7月。花びらに見えるのはガク片で、花弁はない。
葉は3深裂し対生する。

【フタマタイチゲの育て方】日当たりから半日陰の湿った場所を好む。
乾燥に弱いので、水もちのよい土作りを心がける。植え付け時に腐葉土などをすき込んでおくとよい。
耐寒性のある丈夫な多年草で、環境が合えば放任していてもよく殖える。

そのほかの写真

  • 茎が二又に分かれ、そこから花柄を伸ばす
  • 6月下旬、満開になる
  • 深い切れ込みの入った葉