[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > 花の図鑑 >多年草–

カンパニュラ パーシフォリア

カンパニュラ パーシフォリア
カンパニュラ パーシフォリア

【学名】Campanula persifolia

【園芸分類】キキョウ科 カンパニュラ属

【草丈】60~80cm

【特徴】別名、モモバギキョウ。
直立する茎に、キキョウに似たベル型の小花を多数咲かせる。葉は細長く、桃の葉に似ている。
花色は白と淡い紫で、一重咲きと八重咲きのものがある。開花期は初夏。花もちがよく、切花にも向く。

【カンパニュラ パーシフォリアの育て方】日当たりから半日陰の水はけ、風通しのよい場所で育てる。
耐寒性のある丈夫な多年草で育てやすいが、暖地では夏の蒸れに注意する。
2~3年おきに株分けをし、込み合って蒸れるのを防ぐとよい。

そのほかの写真

  • キキョウに似たベル型の花
  • 大株のカンパニュラ(ユニガーデンで撮影)
  • 細い茎に次々と咲く、淡い紫の美花