[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > 花の図鑑 >多年草–

カンパニュラ ラプンクロイデス

カンパニュラ ラプンクロイデス
カンパニュラ ラプンクロイデス

【学名】Campanula rapunculoides

【園芸分類】キキョウ科 カンパニュラ属

【草丈】60~90cm

【特徴】直立する茎に紫色の小花がたくさんつく。
開花期は7月~8月にかけて。夏越しの難しいカンパニュラだが、ラプンクロイデスは比較的暑さに強い。
寒冷地ではよく育ち、道端のあちらこちらに雑草のごとく育っているのを見かける。
自然な雰囲気を持つ宿根草なので、ナチュラルガーデンには最適。
銅葉などと合わせると、花色が引き立つ。

【カンパニュラ ラプンクロイデスの育て方】日当たりから半日陰まで、よく育つが、暖地では真夏に半日陰になるような場所が適当。
花後、切り戻すと繰り返しよく咲く。

そのほかの写真

  • ベル型の可憐な花