[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > 花の図鑑 >多年草–

ギボウシ

ギボウシ
ギボウシ

【学名】Hosta

【園芸分類】ユリ科 ギボウシ属

【草丈】20~100cm

【特徴】別名、ホスタ。
日本、中国原産の植物で、山間の湿地などに自生する。
日本古来からの園芸品だが、欧米で広く普及し、近年再認識された。
葉がとても美しく、日陰でもよく育つため人気が高い。
洋風、和風どちらの庭によく合う植物。夏に長く伸びた花茎の先に、紫、白、ピンク色の花を咲かせる。
花は短命で一日でしぼんでしまう。

【ギボウシの育て方】寒さに強い丈夫な多年草で放任でもよく育つが、葉焼けするため真夏の直射日光や西日は避ける。
半日陰の水はけのよい場所で育てるとよい。
水はけが悪い場合は川砂等を混ぜ込み、土壌を改良する。
品種によっては大株になるものもあるので、成長時の大きさをよく確かめて植え場所を決めるようにする。
3~4年に1回は株分けをするとよい。

そのほかの写真

  • 青みがかったホスタの葉
  • 7月下旬、ボリュームいっぱいの花が咲く
  • 日陰でも次々と咲く花