[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > 花の図鑑 >多年草–

キャットミント

キャットミント
キャットミント

【学名】Nepeta mussinii

【園芸分類】シソ科 イヌハッカ属(ネペタ属)

【草丈】30~50cm

【特徴】いくつかの品種があるが、写真はブルーキャットミント(ネペタ ムッシーニ)とその白花品種のホワイトキャットミント。
松茸に似た香りがする。晩春から初夏にかけて、美しい小花を穂状にたくさん咲かせる。
茎は柔らかく、立ち上がらずに地面を覆う。
こぼれ種でよく増える。背丈が低いので、花壇の縁取りに向く。

【キャットミントの育て方】日当たりと水はけのよい場所で育てる。
暖地では夏の西日を避け、乾かしすぎないよう注意する。
茎が伸びすぎて草姿が乱れてきたら、全体を切り戻すとよい。

そのほかの写真

  • やさしい雰囲気の花は、他の植物とよく調和する
  • ホワイトキャトミント(ブルーキャットミントの白花品種)