[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > 花の図鑑 >多年草–

クレマチス ジャックマニー

クレマチス ジャックマニー
クレマチス ジャックマニー

【学名】Jackmanii

【園芸分類】キンポウゲ科 センニンソウ属

【草丈】1.5~2m

【特徴】ジャックマニー系(Jackmanii group)。
原種ではないが、たくさんの園芸品種の交配に使われる。
暗紫色の4~6弁花で、黄色い花芯とのコントラストが美しい。
花つきのとてもよい品種で、満開時は見事な景観になる。遅咲きで、開花期間は長い。

【クレマチス ジャックマニーの育て方】日当たりと水はけ、水持ちのよい場所に植える。
植え付け時に腐葉土などをすき込んでやるとよい。
新枝咲きなので、剪定は強剪定。

そのほかの写真

  • 濃い紫に黄色い花芯が美しい
  • 花びらは4枚のものが多いが、5枚や6枚のこともある。百合が原公園で撮影
  • 多花性のジャックマニー、百合が原公園で撮影