[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > 花の図鑑 >多年草–

クレマチス バイオレットエリザベス

クレマチス バイオレットエリザベス
クレマチス バイオレットエリザベス

【学名】Clematis 'Violet Elizabeth'

【園芸分類】キンポゲ科 クレマチス属

【草丈】2~3m

【特徴】パンテス系(Patens Group)。
紫がかったピンク色の大輪花が、初夏から繰り返し咲く。花は剣弁の八重咲き種で、非常に豪華。
花芯は品のよいソフトイエローで、花弁とよく調和する。

【クレマチス バイオレットエリザベスの育て方】日当たりから半日陰の水持ちのよい肥沃な土地で育てる。
植え付け前にあらかじめ腐葉土や完熟堆肥をすき込んでおくとよい。
新旧の両枝咲きなので、剪定は中剪定。
花後弱剪定すると1月半前後で枝先に2番花が咲く。
花後、(今年伸びた新梢の1/3だけ残して)強剪定すると約2ヶ月後に新梢の節々に2番花がたくさん咲く。

そのほかの写真

  • 6月中旬、開花直前の様子
  • 花弁と花芯の美しい取り合わせ