[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > 花の図鑑 >多年草–

ラムズイヤー

ラムズイヤー
ラムズイヤー

【学名】Stachys byzantina

【園芸分類】シソ科 スタキス属

【草丈】30~60cm

【特徴】別名ワタチョロギ。
灰白色の綿毛に覆われた葉が、横に伸びて広がっていく。
名前の通り、子羊の耳のようなふわふわした感触がおもしろい。
初夏に、濃い赤紫の小さな花を咲かせる。

【ラムズイヤーの育て方】日当たりから半日陰の、水はけのよい場所で育てる。
丈夫で乾燥に強いが、高温多湿には弱く蒸れて葉が枯れこんでくる。
こまめに枯葉を取り除き、風通しをよくしてやるとよい。
花後は2、3節下の花茎の分かれ目の上で切り戻すと、次々に花を楽しめる。
花壇の前面やロックガーデン、コンテナ栽培に向く。
まとめて植えてグランドカバーとして楽しむのもよい。
ナメクジや、蛾や蝶の幼虫に食害を受けやすいので注意する。

そのほかの写真

  • シルバーグレーのふわふわの葉
  • 後ろに見えるのは、ベロニカ・ロイヤルキャ­ンドル
  • 花茎が伸びる6月中旬