[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > 花の図鑑 >多年草–

ツバメオモト

ツバメオモト
ツバメオモト

【学名】Clintonia udensis

【園芸分類】ユリ科 ツバメオモト属

【草丈】20~30cm

【特徴】亜高山の針葉樹林内に自生する。
ユリ科のオモトに似ていると言われる葉は、光沢のある長い楕円形で数枚が重なるようにして付く。
春、葉の間から伸びる細い花茎の先に、白い小さな花を咲かせる。
花は数個固まって咲き、とても美しい。
花後にできる球形の実は、濃い藍色をしていて観賞価値が高い。

【ツバメオモトの育て方】木漏れ日の当たるような半日陰で、乾燥しないように育てる。
腐植に富んだ土を好むので、あらかじめ腐葉土や完熟堆肥などをすき込んでやるとよい。

そのほかの写真

  • 5月中旬、蕾がふくらむ
  • 伸びた花茎の先に、数輪ずつ花が咲く
  • 肉厚で光沢のある葉と、清楚な白い花