[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > 花の図鑑 >多年草–

八重咲サンギナリア

八重咲サンギナリア
八重咲サンギナリア

【学名】Sanguinaria canadensis(=L.platyphylla)

【園芸分類】ケシ科 サンギナリア属

【草丈】10~20cm

【特徴】別名、八重咲カナダゲシ。
根や茎を切ると血の様な赤い液体が出ることから、英名でbloodrootとも呼ばれる。
属名のサンギナリアもラテン語のsanguis(血の赤の意味)が由来らしい。
早春に、純白の美しい花を花茎の先に咲かせる。
切れ込みの入った厚みのある葉は、花後に展開する。

【八重咲サンギナリアの育て方】日当たりから半日陰の、水はけのよい場所で育てる。
夏の間は直射日光を避け、風通しに注意する。
水はけが悪い場合は、鹿沼土や赤玉土などを使い過湿にならないようにする。
開花前と花後に肥料を与えるとよい。

そのほかの写真

  • 葉が開く前に蕾が膨らむ
  • 開花後に葉が展開する
  • 5月上旬から中旬にかけて開く花