[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > 花の図鑑 >多年草–

ユーフォルビア キパリッシアス

ユーフォルビア キパリッシアス
ユーフォルビア キパリッシアス

【学名】Euphorbia cyparissias

【園芸分類】トウダイグサ科 ユーフォルビア属

【草丈】20~40cm

【特徴】別名マツバトウダイ。
ヨーロッパ原産で、乾燥した荒地や岩場に生える。
這うようにしてマット状に広がる。
葉は細長く密に茂り、春から初夏にかけ枝先に散形状の花序を出し黄色い花を咲かせる。
苞はライムグリーンで、花の周りを包み込む。
秋には葉が黄色からオレンジに色づき美しい。

【ユーフォルビア キパリッシアスの育て方】日当たりから半日陰の水はけのよい場所で育てる。
冷涼な気候を好み高温多湿に弱いので、夏は通風の良い涼しい所で管理する。
植物から出る液に触れると、かぶれることがあるので注意する。

そのほかの写真

  • 散形状の花序と黄色い花
  • コンテナ栽培で‥
  • 秋の紅葉