[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム花の図鑑 > マイガーデン >シェードガーデン-02

シェードガーデン

ミヤママタタビ

初めてミヤママタタビを見る方は、大抵この葉色に驚きます。
6月中旬、白くなった葉の一部がピンク色に変わり始めます。
目を凝らしてよく見ると奥の方に白い小花が咲いているのが分かります。
北側通路の壁側に支柱を立て這わせていますが、植えてから6年経ち随分大きくなりました。
3mくらいにはなったでしょうか。
壁面を覆うように茂らせたいのですが、外壁のメンテナンスのことを考えると少々考え込んでしまいます。どうしようかなぁ‥。

光を受けて‥

ガーデニング真っ盛りの夏の庭。
タイムやツルニチニチソウの花が終わると、緑と白が中心の落ち着いたコーナーに変わります。
写真の左側にちらっと写っているのは、ロクベンシモツケとアストランチアの白い花です。アスチルベも何株か使っていますが、全て白でまとめてみました。
反対側に振り向くと、グランドカバーにしているシコタンハコベやアナベルが咲いています。
季節によって違う表情を見せる庭も、なかなか味があっていいものです。

シコタンハコベの開花

そして、これが振り向いた反対側の様子です。地面を覆う白い小花が、シコタンハコベ。
派手さはないけれど清楚な花は、見る人の心を奪うようで、庭にいらした方に「この白い花は何ですか?」とよく聞かれます。
タイムの花が終わった頃、取って代わって咲くシコタンハコベの花。
ご近所の方に分けて頂いた大切なものです。
写真の上の方に見える淡いピンク色の小花は、ゲラニウム・ビオコボ。
優しげな雰囲気のあるガーデニングコーナーです。
アナベルの花はまだ小さくて緑色ですね。目を凝らして見ないと、ちょっと分からないかも‥。

次へ